« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月

大晦日の思い出(過ごし方の工夫)

「年末年始を楽しく過ごす工夫をした」

で、
いつも夫が思い出すのだけど、

大晦日といえば
年越しソバ、とか
実家ではすき焼きとかね、
アイスをコタツで食べたり
食べる楽しみしか思いつかなくて、
「除去しているのにどうしよう・・・どう楽しもう・・・」
と、
除去の始めの頃の大晦日には
本当に困った。


苦肉の策が

天井から果物をいっぱい紐でぶら下げて、
時々好きなものを取って食べる。

って、

なんじゃそりゃー!

なんですが
結構面白かったです。
子ども、小さかったしね。

今も語り草です。

| | コメント (0)

ご飯とじゃがいものお焼き(ご飯が中途半端に残ったときに)

今日のお昼ご飯デス。
子どもの小さい頃には、よくお昼に作りました。
ご飯が中途半端に残っているときに。

<材料>
残りご飯(温かい方が作りやすい)
ジャガイモ
米しょう油(または使えるダシしょう油)
塩か、塩スープのもと
青海苔
(油)

<作り方>
1.ジャガイモをゆでてつぶす(このときベーコンを切ったやつを入れてもグッド!)
2.ボールに1とご飯、塩(スープのもと)を入れて混ぜる
3.丸めて、フライパンかホットプレートで焼く(表面に焼き目をつけるだけでよい)
4.最後に(ダシ)しょう油を回し入れ
5.皿に盛ってから、青海苔をふる

ぱりっとおいしいです!
大食漢の我が子は、4個ずつ食べました。051229_1303.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御節の新作(豚肉昆布巻き・伊達巻風カステラ)

皆さん、お疲れ様です!

ふーはー、していることでしょう。
私もです・・・。

今年は、なぜか、年末年始の行事にやる気モードにならず、
準備が遅れております。
やっと、買出しをしてまいりました。

今年は、
御節として、新たにタイトルにある物を作る予定です。

苦節○年。
いろんな御節に挑戦し、成功したり失敗したり。
その中で生き残ってきたおせち料理の数々。
新年にご紹介できたら、と思います。

今は、アレルギー用の御節セットとか、売ってるんですね。

時代は変わったなー。

でも、なんだかね、
私が除去食を始めた当初には、
おいしくて素敵なケーキも
御節の商品も
なかったことが
もしかして、
ラッキーだったのかな、
と思うこともあります。

何とか行事を楽しみたくて、
どうすれば楽しくなるか?
工夫した数々が、
はじめは「苦労」に思えても、
だんだん面白く感じるときもあったりして、

その気持ちが子どもにも伝わるのか
子どもたちも
ケーキ作りや、御節作りを
イベントとして楽しんだり、
新しい料理のアイデアが
子どもの方から提案されたり、
なんだか
それ自体で、お祭りみたいに楽しめて、

新しい幸せを感じるようになった。

もし
自分が除去を始めたときに、
今みたいに素敵な商品があったら、
多分、そっちに手を出したかもしれない。
手作りするのは「趣味の人」みたいな感じに思って。

でも、なんだか
肩肘張らずに、できる範囲で、新しい料理に挑戦して、
それが新しい楽しみになったのは、
ラッキーだったんじゃないかなあ、と思う。

我が家の子どもたちにとって、
御節、はご馳走です。
すごく楽しみにしてくれて、とっても楽しんで食べてくれて、
そのことも
すごく幸せです。

さて、

年末年始は、
解除しつつも制限している、魚や大豆製品が入ってくるし、
3回続けて食べれば蕁麻疹!の餅も食べなきゃだし、
やっぱり肉も多くなるので、

今日から粗食(実は、手抜き料理)です。

おなかを休めて、
万全を期して、

年末年始を楽しむぞー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスのデザート

DSCF1364

(写真失敗しました、すみません)
なんて名づければいいのかな?
アイスクリームパンケーキ?
ケーキは子ども二人の誕生日と、
クリスマスに作り続けて、
はや20種類くらい?
同じものを作ったことはありません。
作ったときは80%の確率で「今回のが最高!」と思うのですが、
時間がたつと、
「いまいちだったような~」
と思い始め、
結局、次の会は別のものを作ります。
このたびの写真はぼけてしまい、すみません。
見た目よりもおいしかったと思います!(?)
夫いわく「一生心に残り続けるうまさ!すばらしい!」
(注;夫はお調子者です)
パンケーキは子どもが作り、
アイスは、豆乳花(という商品)から作り、
ソースはメープルシロップから作りました。
パンケーキの作り方
(我が家のスポンジケーキの基本)
<材料・・・3人分>
米の粉(リファーヌより辻安全の米粉マジックの方が、うまくいく気がしているタケ)・・・110g
サツマイモフレーク(ヘルシーハット)・・・・20g
砂糖系・・・・・・30g
ベーキングパウダー・・・・6g
結実ショートニング(辻安全)・・・・30g
水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・130cc
<作り方>
1.ショートニングをレンジで溶かす
2.1に砂糖を混ぜて溶かす
3.粉類を混ぜる。
4.水を少しずつ足す。
5.今回は、ホットプレートで焼きました
(蒸しても、180度のオーブンで焼いても、良し)
アイスの作り方(今回実験的にやってみました)
<材料>
豆乳花
白い砂糖
<作り方>
1.豆乳花の本体と、砂糖を混ぜて混ぜて混ぜまくる(前回の写真)
2.よく冷えたアイスクリームメーカーで、アイスにする
3.さらに冷凍庫で、硬さを追求
ソースの作り方
1.メープルシロップを鍋にあけて煮詰める。時間は、全体があわ立つほど煮たってから5秒から10秒という世界。「勘」で
ナッツの代わりに、ドライフルーツのバナナを砕いて乗せました。(あと、不評だったけど、乾燥イチゴも)
あと果物とかね。
このデザートは
パンケーキと、豆乳花のアイスと、ソースの甘みの調整で、
どうハーモニーをかもし出すか、
ってところがポイントだったように思います。
はっきり言って、
また食べたいおいしさでした。さっぱり系。

| | コメント (0)

ケーキ製作中

ついに、カメラ付携帯を買いました!(今頃)051224_1533.jpg

| | コメント (0)

米の粉のうどん(うどん打ちに初挑戦)

前に
noaiさんのところhttp://blog.livedoor.jp/noai0504/で紹介されていた
米粉のうどん
作ってみましたよ!(1週間前?)

まず始めに作り方、
それから、半鐘屋さんhttp://www.rakuten.ne.jp/gold/hanshoya/happybell/index.htmのセットについて
経験談です。

半鐘屋さんのご紹介調理法

材料(3人分)
上用粉     200g
片栗粉  100g
熱湯  240ml
塩  小さじ1
サラダ油 少々

1.米粉を良く混ぜておく
2.熱湯を注いでよく混ぜる。一塊になったら取り出して3等分、ラップに包んでおく
3.ひとつを丸めて面貌で薄く延ばす。くっつくようなら、薄くサラダ油
4.細くきる
5.沸騰した湯に入れて浮いてきたら出来上がり

です。
我が家の反省点と、感想。
まず、よく練ったのは良かった!(父と息子の役) これでコシが出た気がする。
くっつくからと、油でなく、米粉をさらに敷いたのはよくなかったかも! 茹でる時に、すぐにお湯がどろどろしちゃうし、粉っぽくなったかも。
薄く伸ばして切るのがいいみたい! 伸びるよ!
ここで気分は、DASH村!
出来上がりは、見た感じ、すんごく、「うどん!」です。透き通って、きれい・・・。
味は、すんごく「だんご」でした・・・!
すっごくおなかが一杯になります・・・(重いかもしれません)

普通のめんつゆうどんと、
フォー風の塩スープで作ると、
やはり後者の方がおいしいかも。
団子、っぽいことを生かして、
例えば、すき焼きの最後にうどん玉やお餅を投入したりしますよね?
あれなんかに使うといいかも!と思いました。(大晦日にやる予定)

あと、
うどんとしては、
例えば、片栗粉ではなくタピオカ粉にするとか、
もち米の粉を少し混ぜるとか、
何か、混ぜ物を工夫することで、団子っぽさから脱却できるのではないか、
と、
今後試行錯誤してみようと思います。

残った麺は、
乾燥させて、まず、網で焼いてみる(せんべいのつもり)

うーん、粉っぽくて、いまいち!

揚げてみる

塩→粉っぽさが抜けない・・・
砂糖醤油→なかなか、んまい! お子様好評。でも、おなかにもたれるかも。

半鐘屋さんの米のうどんセットですが、
分量がきっちり入っているのではなく、塩は小さじ1でいいのに、
750グラムの「製品」が入っています
私は、そのあたりを知らずに、いきなり「5個セット」を頼んでしまったところ、
半鐘屋さんから直接お電話をいただき、
「とっても重くなってしまうので、まず、1つから試されたほうがいいかも・・・」
と親切に教えてくださいました。
半鐘屋さんは、注文前に私がメールで「米の粉のほかに混ざり物はありますか?」と聞いたときも、丁寧に答えてくださって、
とても感じの良いお店でしたよ!
しかし、送料が高い・・・
という点で、皆さんご検討くださいませ。

noaiさん、ありがとう!
(米の粉のうどんの記事にトラックバックを貼ろうとしたんだけど、見つけられなかった・・・ごめんなさい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

煮びたし(重ね煮=陰陽調和料理)

昨日は冬至でした。
我が家のメニューは

・普通のかぼちゃ煮(ばあちゃんからのおすそ分け)
・ハム(もらい物)の厚切りとかぼちゃのコンソメ(辻アレルギーのオニオンスープ)煮
・いとこ煮(かぼちゃとあんこで煮たやつ)
それから
・煮びたし(朝の残り)
・ぜんご漬(郷土の漬物。既製品)

簡単ですね~、つか、いい加減ですね~(-_-;)
コンソメ煮は、本当はココナッツミルクでミルク煮にしたかったのですが、
ココナッツミルクの買い置きがなくなっていましたー。
しかし、いろんなかぼちゃの味が楽しめ、口も飽きずに、おいしかったです。
家族も全員、がつがつ!でした。

今日は、
「朝に作った煮びたし」の作り方。

前に、ひじき煮のところでも書いた、
重ね煮(陰陽調和料理)で作ります。

重ね煮は、梅崎和子さんという方が紹介している料理で、
アトピー料理本をあさった方の中には、見つけられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

簡単に紹介すると、
鍋の中に、火を通す食材を平らに順番に重ねるように入れて、
蓋をしてゆっくり蒸し煮(弱火~中火)にする料理
です。

梅崎さんによれば、陰の物を下に、陽の物を上に順番に重ねる。
陰の物である葉物野菜などは上に伸びる力があり、
陽の物である根菜などは下に伸びる力があり、
これを重ねて煮ることで、上に伸びる力と下に伸びる力が調和しあって、
「うまみの小宇宙」をつくりあげる、
というものです。

タケによれば
水気の出る食材をじっくり温めていく事で、
うまみのある蒸気が出て、上の食材がそのうまみのある蒸気で蒸される

って、感じです。

同じおひたしを作るのでも、
この方法だと確かにおいしい。
子どもも、重ね煮にしたら、おひたしを食べるようになりました。

具体的には
上から順に
⑥軽く塩パラパラ
⑤ニンジン
④ニラ
③小松菜
②もやし
①少量の水
で作りました。
単純に、これらが冷蔵庫に残っていたからですね。
さいごに、ちぎった海苔などを混ぜてしょう油。
この「もやし」とか「のり」とかを入れるのが、
子どもが食べやすい条件かもしれません・・・

ひじき煮は、たとえば
⑦軽く塩パラパラ
⑥インゲン
⑤ニンジン細切り
④ひじき
③糸こん
②干ししいたけスライス
①少量の水
です。(梅崎さん、間違っていたらごめんなさい! これはタケ流です)
味付けは、ある程度火が通ってからにします。

アレルギーのある野菜でも、重ね煮にすると症状がでなかった、
という報告もあるみたいです。
そのあたりの科学性は良くわかりませんが、
おいしく作る方法のひとつではあります。

時間がかかるから、
ローフードの
お手本みたいな調理法ですよね。

ご紹介まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉団子の甘酢あんかけ(父親の治療参加)

雪がすごいです。
夫の足が不自由なので、私が雪かきしています。
(ブログ更新がなかなかできませんでした)
ふーはーしているのを見かねたのか、
夫が夕ごはんを作りました。

肉団子の甘酢あんかけの作り方をしつこく聞いたのですが「酔っ払いながら作ったから、覚えてねえ」だそうです。

甘酢あんは、ケチャップで、たまねぎにんじんピーマンシメジなどが入っていました。肉団子は、ひき肉・たまねぎ・しいたけ、にんにくのすりおろしに、しょうが汁、それからレンコンのすりおろしは少なくとも入っていて、プリッとして、すごくおいしかった

肉団子は、ホットプレートで焼いて、各自熱々のそれを、銘々皿に盛り、さらに甘酢あんを自分でかけていただくという演出でした。

翌日の朝も、夫が作りました。
ご飯・味噌汁・かぼちゃと肉の煮物(昆布だし)・ほうれん草とベーコンのしゃきっと炒め・ポテトサラダ・・・
朝から豪勢だ!

アレルギー食を作るとは、なんと見上げた父ちゃんでしょうか!
私も、アレルギー治療が明るくできるかどうかは、夫の協力、いや、夫婦の相互理解がされているかどうかが、すごく大きなファクターだと思っています。
タケさんのところは、いいわね~、状態なんですが、今は。
昔は、こうではありませんでした。

夫は独身時代は自炊していたし、結婚してからも、結構料理を作ってくれました、

やはり、アレルギー食になると、サーっと手を引き、お勝手から遠のき、
出されたものは「うまいじゃん!」と食べてくれるものの、
私の布団掃除機かけは「趣味」と捉えていたし、
いろいろ訴えても、聞いてはくれるのですが「ふーん」てなもんで、「いろいろ考えちゃうのは、君の性格だから、ま、大変だろうけど、がんばって。多分、余計なことをしていると思うけどね」って感じの態度でした。

変わったのは
上の子が、小学校入学前に、アンダーム(軟膏)負けと紫外線過敏で、自宅に軟禁状態になったとき。実はそのとき、夫も足を怪我して自宅療養中だったのです。
アレルギーっ子と朝から晩まで一緒にいることで、初めて、アレルギー治療とは何か、この子には何が必要か、がわかったみたいなのです。
それまでも、よく子供と一緒にいる人だったんですよ? 子ども大好き。
それでも、やっぱり、一日子どもの様子を見て、はじめて、あ、この子には対策が必要だ、でないと苦しめることになる、ちょっと携わってみる・・・コリャ大変だ!妻一人ではできないんじゃないか?!と、多分、そういう思考回路をたどったのでしょうか、一番無視していた布団掃除機かけを、「俺のやり方が一番効くのだ」(そうか?と思うが、黙っている)と、せっせとやり始めました。それから、時々、料理を作るようになり、といっても始めはワンパターンだったのですが、少しずつやれることが増えて、今日に至っています。

これはうちの場合で、一般論として、父親がどう子どものアレルギー治療にかかわっていくものなのか、まったく議論展開できません。
夫は、子どものアレルギーにどう感じ・付き合い始め・かかわっているのか。
全国のアレルギーっ子父に、アンケートでもとりたい気持ちです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

除去食(アレルギー食)は栄養障害になる?

カルシウムと成長のことを少し書いたので、
「成長」つながりで
除去(という言葉が適当でなければアレルギー食)について、
経験から思うことを、一言。

「除去」

というと、
「栄養障害」
とか
「食べられないものを食べないで起こる、心の問題」
とか言われますよね。
昔はかなり言われたし、
今も、少なくないお医者さんが口にします。

確かに、そういう問題はあるけど、
じゃあ
それは、オールナッシングにすべきなのか
といったら、そうじゃないですよね。

今は、「除去食」は、結構当たり前に対策として採られますけど、
昔は風当たりが強かった。
私は、
「学会の平均的な治療でいこう」
と思っていたので、
除去食に対しては、慎重でした。
お医者さんに
「除去なんてとんでもない!ステロイドで上手に直しましょう」
と言われると、
「そうですよねー」
なんて、ほっとしてました。

しかし

その後紆余曲折を経て、
小学校入学前に、かなり厳格な除去をやり始めました

それで、肌がきれいになっていったのもあるのですが、
何よりびっくりしたのは、

子どもの食欲増進!

体重増加!

です。

「そりゃあ、消化の良いものばかり食べているから、おなかがすくんでしょう」
と言われれば、そうかもしれないけど、
とにかく、

食の細かったうちの子が、バリバリもりもり食べだし、
食べる量は、小学2年生女児にして、小学6年男児に匹敵する量。

体の骨格がしっかりしてきて、肉がついて、
がっしりしてきた!

それまで細いと言うより「薄い」と言ったほうがいいような体だったのが、
しっかりした肉付きの「細い」になってきたのです。

今まで、(うちの子にとっては)中途半端な除去をしてきて、
実は、体に負担だったのかなあ、
だから、あまり食べなかったのかなあ
などと思いました。

そして身長は、小学入学当時、前から4番目くらいでしたが、
今は後ろから4番目ぐらいで、にょきにょき大きくなりました。

今も、細い方なので
昔を知らない人は
「やっぱり除去をしているから、(栄養不足で?)細いのね」
と思うかもしれないですが、
わたしは、今の除去状態に、結構満足です。

布団の掃除機もかけているのですが、
とにかく、風邪を引きません。
どんなに保育園で風邪がはやろうと、
小学校で学級閉鎖が起ころうと、
うちの子は、風邪を引かない。

これ、って、自信になりますよねー。

そういうわけで、

「こんなに除去しているの? それなのに、結構良く育っているね」

なんて言われても

心の中で

「まあね! まかしてがってん!」(て、なんのこっちゃ)

と思って、

かなり(心の中で!)ふんぞり返っている私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひじきの煮物(「すききらい」ってどうよ?)

先日は、学校給食のメニューにひじきの煮物があったので、
何ヶ月ぶりかに、ひじきの煮物を作りました。

以前は1週間~10日に1度は、絶対にひじきが食卓に出たのですが、
例の「ヒ素」の指摘がされてから、
ほとんど摂らなくなり、
摂らない、って決めたほうがいいかもしれないのですが、
まあ、今回は作りました・・・。

作り方は、
陰陽調和料理の「重ね煮」です。
これについては、次回に。

今回は、
このヒ素問題に絡んで。

前に、
子どもの毛髪検査をしたことがある、と書きましたが、
そのとき、上のお姉ちゃんについて
かなりヒ素が多かったのです。

下の子はたいしたことないのですが。

「むむむむむぅ~~」

と思っていたところなので、
「妊婦はひじきの摂取に要注意」
というお達しが出たあとは、
速攻、摂るのをやめました。

お姉ちゃんは
基本的に海藻類が嫌い。

でも、こっちとしたら、カルシウム源として
海草
って、重要なわけです。

そうでなくても、牛乳と魚を摂っていません、なんて言うと、
「じゃあ、カルシウムはどうするの?! 育ち盛りなのに!」
という言葉をしばしば浴びてしまう身としては

「おらおら! そうでなくても食べられるものが少ないんだから、好き嫌い言うなー!」

って感じで、
手を変え品を変え、工夫して海草を摂るようにしていました。

しかし、
この「ヒ素」問題、と、お姉ちゃんのヒ素汚染され度・・・。

「すききらい」

って、「わがまま」と同義に使われるけど、
どうなんだろうか?とこの頃思います。
私も、牛乳・パンは、好きではありませんでした。
学校給食は、我慢してゴックン完食でしたが、
私生活では、本当、摂らなかったもの。
今は、
きちんと検査したことはないけど、
小麦(特に輸入小麦)・乳製品を摂ると、
具合が悪くなるので、たぶんアレルギーだと思う。

ちゃんと

その人それぞれ、
自分の体に合わないもの、を、選別しているんじゃないだろうかね。
それが「すききらい」となって、現れてくるんじゃないんだろうか。

そりゃあ、「わがまま」の部分もあるでしょう。

また、甘いものや、アミノ酸等の化学物質を多く摂ると、嗜好性が強くなって、
本来の嗜好がわからなくなる、っていうのもあると思います。

「すききらい」

必ずしも「わがまま」と同義ではないんじゃないか

と、

思うわけなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のアレルギー状況

我が家とアレルギーの歴史を書くのは大変なのですが、

我が家のアレルギー状況を書くのは

最低限のエチケットかな、と思うので、

プロフィールの長い文のあとに、

さらに、その点を付け加えてみました。

以下が、付け加えた部分です。

<我が家のアレルギー状況>
食物;卵、乳製品、小麦、大豆油(大豆製品は徐々に解除中)、牛肉、鶏肉、魚介類(小魚・いとよりのすり身などは解除)、そば、ナッツ類(くるみいりクッキーで、アナフィラキシーの経験あり)
浮遊物;ダニ・ハウスダスト、スギ花粉、かもがやとキク科花粉も少し。
化学物質;過敏。神経伝達障害になったことあり。むちゃくちゃ過敏で症状出まくりというわけではないが、それは気をつけているからで、検査では、やっぱりかなり弱いみたいです。
紫外線過敏;おねえちゃんの方。当たりすぎると、肌がグチュグチュになる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活性炭入りマスク(飛行機に乗る)

「検査」に行ってきました。

本当にいろいろあったんですが、

何が一番印象に残ったかというと、

飛行機や新幹線は、定期的に「消毒」「殺虫」剤を撒いているから、
化学物質過敏の人には、つらい
ということを教えてもらったこと。
そして、
その対応には
活性炭入りマスクが、結構いいよ

ということでした。

じつは

春に、アメリカ旅行を予定しています。
(アレルギーっ子の海外旅行!)

今回の検査結果でも、
我が子は相当に化学物質に弱い、
とわかったので
「活性炭入りマスク」
は、
必携!

脳天に叩き込まれたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生ハム入り五目寿司(急いで弁当だー!)

最近、むちゃくちゃ忙しく、
自分が朝ごはんや昼ごはんを食べたのか、はっきりしないほどです。
(いや、食べてます!)

今日は、泊りがけで出かける日(行楽じゃなくて、「検査」ね。とほほ)

ぎゃー!
雪、積もってるしー!
いそげー!

こんなときは、手抜きでおいしい(と思う)生ハム五目寿司だ。

にんじんインゲン干ししいたけの具のほかに、

生ハムを細く切って入れるのです。

五目寿司には、いつも、肉と干ししいたけを甘辛く煮たやつと、
塩ゆでしたにんじんとインゲンがお決まりだったのですが、
ある日、「肉」がなく(命綱なのに!)、なぜか、生ハムが冷蔵庫にあったので、
これを入れたところが、

なにこれ、おいしいじゃん!

サラダ風のおいしい五目寿司です。

寿司飯は
すしの粉で作っていもいいけど、
『小林カツ代 料理の辞典』

米酢70cc
塩 小1
砂糖 大1
(以上米2合に対して)

で作ってもイケルです。

そして、この本のとおりに、うちは「飯台」がないので、
大きいボールに、固く絞った濡れぶきんを敷いて
対応しております。
ご飯を炊くときに、ダシ昆布を置くというのは、今日初めてやってみよう。
考えただけでも、つばが沸きますね。

五目寿司は
おかずも簡単でいいし(無くてもいいし)
握らないで、タッパーに詰めるだけだから、手間も簡単なので、急ぎの弁当にはもってこいです!

あー、でも
生ハムは、体に悪そうかも・・・
体調と相談して、ごくたまに、にしておりますよ。はい。

いしょげー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が家のアレルギープロフィール

我が家のアレルギーのプロフィール
を、
書かなくては、読む人に失礼だよなあ・・・

と思うのですが、

丁寧に書くと膨大、
な上に、
まだ、自分の心の整理ができていないので、
書くことがかなりむずかしい・・・・様な気がします。

上の子を妊娠した頃から、
いろいろ気をつけたり、情報を集めたりして
でも、食物やダニアレルギーについての治療方針が「固定」したのは
入学直前。

これで終わりかと思いきや、
化学物質関係のいろいろがあって、
これの治療が「固定」したのが
入学から3年以上たってからでした。

結局、

「我が家はこれで行こう」
と決まるまで、
10年かかりました。
10年かかったのは、
親の動揺が多かったと言うより、
子どもの症状がいろいろで、
確定し切れなかった、というところによると思います。

その10年の間の、私の心理状況は、
本当に、
まあ
・・・・・書けません。今は・・・・

この頃やっと、
客観的に見られるようになってきて、
心にたまった澱(おり)を吐き出すつもりで、
ブログをはじめてます。

それゆえ見苦しいなあ、読みにくいなあ、
と自分でも思っているのですが、
澱を吐き出すうちに、少しずつ、読みやすい文章が書けるようになってくるとも思われるので
・・・・・申し訳ありません。

現在進行形で、
アレルギーとの付き合いをHPで書かれている方を、
本当にまぶしく見ています。
自分は、
渦中にいるときは、
本音の言葉は、
自分ですら気がつかないように、
奥の奥に閉じ込めて、
ただただ、
がんばって、
とても、外に発信するようなことができる心理状態ではありませんでした。
明るくやってはいたんですが、
今思うと、
本当に、
暗かったと思います。
自分が暗い、というよりも、
暗闇の中で、気丈に笑っていた感じ?
でも
仕方なかったよなー、とも思う。

そういうわけで、
我が家のアレルギープロフィールがなかなかかけずにおりますが、
勘弁ください。

でも、
質問に答えるのはできるので、
いくらでもしてください
。ませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化学物質過敏(新築の建物)

うちの子は、化学物質過敏です。

問診による診断のみによれば、実は私のほうが、過敏度は高いみたいなんですが、
うちの子の場合は、咳が出たり、目が痛くなったりするほかに、神経伝達障害、っていう症状も2年ほどあったことがありまして、その他いろいろ、現代医学でははっきりしていない症状も出たりして、それなりに苦労したので、新築の建物に入る、時は、「環境アンテナ神経」がピキピキピキ!と音を立てて、高くそびえます。

子どももすでに、自覚できる歳ですので
「う!お母さん、この建物やばい!」
といって、自ら避難します。

主に、有機溶剤系です。
ボンドとか、合板に良く使われていますよね。
あと、ニス系なんかもそう。

子どもが直接被害にあったのは、有機リン酸系農薬で、この頃はだいぶ使われなくなったと思いますが、地方にいくと、町内会で撒いてたりなんかする薬剤です。
が、これは、いかにも「毒!」って感じで、共感してもらえ安いのですが、
「新築の建物」
って、それだけでおめでたいので、これに弱い、と言うと、なんかそれだけで
「おめでたいことに、けちをつける」
感じになってしまい、なかなか、わかってもらうのが難しい。

最近では、自治体の作った新築の美術館で、それは起こりました。
「新築だから、やばかったら、出ようね」
といいつつ、絵の鑑賞をしていたのですが、
姉が「お母さん、目が痛い。やばいかも」
見れば、充血!
と同時に、弟がごほごほ咳き込み始めて

ぎゃー!やばいやばい!すぐさま、脱出ジャー!

と逃げたのでした。

じつは
この春から夏にかけて、うちの子の小学校で、増築工事があったんですよね。
「環境アンテナ神経」がピキピキ音を立てて、高く伸び、
学校側とも何度も話をしたのに、
新築したてのその部屋に2学期から入れ、
というお知らせに、
あまりにも心配だから、避けたい
と言ったら、教室を変更してもらえました。
でも・・・・
もしかして、これは神経伝達上の症状?
と思われないこともないような状況がありまして、
(増築校舎に近い教室にいる)
今週末に、高速に乗って遠い病院で診察を受けることになっています。

この、算段もなかなか大変だったのですが・・・(かなーり、疲れた・・・。)

たぶん、なんともないよ、と言われると思うのですが、念のための診察です。

何かあったら、報告しますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ビーフンそば(お友達になんて言う?)

昨日のお昼はビーフンのキノコそば。

<作り方のポイント>
●ビーフン麺をゆでるお鍋と、おつゆのお鍋は並行して火にかける
●ビーフンは、好みの硬さにゆでた後、よく水でさらしてしめる。これをするとブツブツ切れにくくなる。
●水にさらしたビーフンをおつゆの鍋に入れるので、おつゆは少し濃い目に作る

食べながらの会話(弟君=2年生。姉さん=6年生)
母   「これを食べたらすぐ、犬を洗おう!」
(我が家は禁断の犬・・・短毛外飼い・・・を飼っている。毛の扱いには十分注意!)
母   「シャンプーは、犬用を買ってみた。でも、うちの犬はアレルギーだから、一番刺激が弱そうなやつね」
(うちの犬は、アレルギーもちで、アレルギー食を食べています。いつか書きます)
弟君  「俺らのアレルギーうつったかなあ?くすっ」
母   「アレルギーはうつらないでしょうが」
弟君  「知ってる、知ってる。だから、友達にも、移らない病気だ、って言ってる。」
母   「あー。何度説明しても、うつる、って思っている子、っているよね」
姉さん 「いるいる。そうそう」
母   「あとさ、病気、って言うと、うつる感じするから、体質、って言ったほうがいいんじゃない?」
弟君  「体質、ってなに?」
母   「うーん。体の性質? 日に焼けやすい性質の人とか、いろいろいるじゃん? でもそういうの、ってうつらないでしょう? だから、体質って言った方がいいんじゃないのかな」
弟君  「説明しようとすると、言葉が難しいんだよねー。お姉ちゃんはなんて言ってるの?」
姉さん 「(そばをズリズリ食べながら)『は?!うつらねーし』って言ってる」
母   「・・・・・・正確には、アレルギー体質、だな。」
弟君  「アレルギーって、どう説明すんだよ」
母   「うーん・・・。難しい言葉を遣えば簡単に説明できるんだけどねえ・・・。悪いものと戦う力が異常に強すぎる、とか?」
弟君  「アレルギー体質、って言って、友達が、どういうこと?って言うから、じゃあ、アレルギーと、体質、と、どっちから先に説明しようか?って言うと、どっちもいっぺんに説明して、とか言って、俺もどうしていいかわかんなくなっちゃうんだよ」
母   「ふーむ。・・・・みんな苦労してんだなあ・・・」

本当に、友達への説明は何度繰り返しても、多すぎる、ってことはないですよね。
先生にお願いして、事あるごとに、クラスでも触れてもらうようにしても、その話を聞いていないのか、または家庭で何か言われるのか、「おばちゃん、アレルギーってうつるんでしょ?」って言われることがある。あ、遺伝とごっちゃにしてるのかな? 肌の状態の悪い人を見ると、うつる、って感じがするのかなあ。

これは、本当に、我が子が、それぞれの性格を生かして上手に説明していく方法を体得していくしかないので、そのたびごとにフォローしていこうとは思っていますが、がんばってもらうしかない。

がんばれ!

それにしても、いろいろ考えたり、経験したりしてきているんだねえ、二人とも、と改めて思った会話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

骨密度

個人的なお話です。自分のこと。

昨日、
人間ドッグの結果が来て、オプションで受けた骨密度の測定結果も来ていました。

母乳育児の上に、子どもと一緒に牛乳等飲んでいないので、
骨密度がやばいことになっているのじゃないかと心配して測定したのですが、

同年代比で 140%
若い人と比べても 120%
でした。

もともと牛乳があまり好きでなく、
学校給食以外はほとんど飲んでいなかったのですが、
若い頃からの貯金があったのでしょうか・・・・?

2年ほど前、
子どもに「毛髪検査」なるものをやってもらって
ミネラル摂取状況を調べてもらったのですが
下の子は、カルシウムに関しては、「多い」
上の子は、なぜか「少ない」

下の子は、生まれたときから徹底除去をしていたので、
乳製品を口にしたことは一度もありません。

上の子は、治療法を考え考えやっていたので、
5歳くらいまでは、ほどほどに乳製品を摂っていました。

体質も関係あるのですかね?

とにかく、
乳製品・魚除去=骨がすかすかになる
という図式は単純には当てはまらないな
、という教訓にはなりました。

もちろん、カルシウムを摂取する努力はしましたよ。
小松菜、海草、乾物など・・・

でも、十分ではないだろうと思っていたので・・・・

とりあえず、
嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小麦を使わない天ぷら(アレルギー食はダイエット食)

おとといは、冷蔵庫のものを一掃する「天ぷら」をしました。

天ぷらの衣は、ずばり

大和芋

です。

長芋ではなく、大和芋。

・・・・・

天ぷらはその昔、「小麦を冷水で溶いて揚げる」でしたが、

この頃「天ぷら粉」という名の、大方、卵入りの粉が発売されて、

あれだと「冷水」無しでもからっと揚がるんですよね。

うちは、卵はもちろん小麦にも縁がないので、

しばらくは米の粉とかタピオカ粉を使っていましたが、

から揚げ風には適していても、どうも、あの天ぷらの衣感が出ず、なんとかならないか?と常々思っておりました。

「大和芋」を使う技は、テレビのダイエットコーナーで紹介していました。

大和芋をすりおろして、具に絡めて使うのです。

かなり粘っこいのですが、しつこく混ぜ合わせるようにして絡めていました。

すりおろすときは、穴の開いたすりおろし器ではなく、

板(アルミ?)が毛羽だったようなタイプのすりおろし器、あれを使ったほうがやりやすいです。

終わったら、酢水で手を洗うのを忘れずに。痒くなります。

・・・・・

まずはお試しに、サツマイモをスティック状に切って、大和芋のすりおろしに絡めて(サツマイモ1本を絡めるのだったら、大匙2杯分もあれば良いと思う)揚げて、塩でもふって食べてみてください。これでコツと、大和芋の実力がわかると思います。私は天ぷら粉よりおいしいと思います。カラッとしているし、衣にもほのかに味があるし。油っこくないし。

これで、油を吸いまくる小麦の天ぷらに比べて、カロリー激減だそうです。

天ぷらは野菜揚げとかいろいろあるので、天ぷら全般には、大和芋に米の粉と水を具材に合わせて適量混ぜて、泡だて器で混ぜて使っています。大和芋、って結構お高いしね。

やったことのないひとは、ぜひ、一度試してみてください。

・・・・

余談ですが、アレルギー食を子どもと一緒に食べていると、健康的にダイエットできますよね。やり方にもよるのでしょうが、きちんと子どもと同じにして、アルコールさえ採らなければ、腰周りの肉が確実に落ちます!(と思うよ、少なくとも私はテキメン)

友人らに「子どもと一緒の食事なの?・・・・どう?(怪訝そうな顔)」と聞かれても、「うーん・・・・。腰周りの肉が激減!」と言うと、ぱっと顔が明るくなって「私もやろうかな?」と8割がたの人が言います。アレルギー食のよさをいろいろ説明してもいいんだけど、まずは、この一言から対応しております。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »