« 我が家のアレルギー状況 | トップページ | 除去食(アレルギー食)は栄養障害になる? »

ひじきの煮物(「すききらい」ってどうよ?)

先日は、学校給食のメニューにひじきの煮物があったので、
何ヶ月ぶりかに、ひじきの煮物を作りました。

以前は1週間~10日に1度は、絶対にひじきが食卓に出たのですが、
例の「ヒ素」の指摘がされてから、
ほとんど摂らなくなり、
摂らない、って決めたほうがいいかもしれないのですが、
まあ、今回は作りました・・・。

作り方は、
陰陽調和料理の「重ね煮」です。
これについては、次回に。

今回は、
このヒ素問題に絡んで。

前に、
子どもの毛髪検査をしたことがある、と書きましたが、
そのとき、上のお姉ちゃんについて
かなりヒ素が多かったのです。

下の子はたいしたことないのですが。

「むむむむむぅ~~」

と思っていたところなので、
「妊婦はひじきの摂取に要注意」
というお達しが出たあとは、
速攻、摂るのをやめました。

お姉ちゃんは
基本的に海藻類が嫌い。

でも、こっちとしたら、カルシウム源として
海草
って、重要なわけです。

そうでなくても、牛乳と魚を摂っていません、なんて言うと、
「じゃあ、カルシウムはどうするの?! 育ち盛りなのに!」
という言葉をしばしば浴びてしまう身としては

「おらおら! そうでなくても食べられるものが少ないんだから、好き嫌い言うなー!」

って感じで、
手を変え品を変え、工夫して海草を摂るようにしていました。

しかし、
この「ヒ素」問題、と、お姉ちゃんのヒ素汚染され度・・・。

「すききらい」

って、「わがまま」と同義に使われるけど、
どうなんだろうか?とこの頃思います。
私も、牛乳・パンは、好きではありませんでした。
学校給食は、我慢してゴックン完食でしたが、
私生活では、本当、摂らなかったもの。
今は、
きちんと検査したことはないけど、
小麦(特に輸入小麦)・乳製品を摂ると、
具合が悪くなるので、たぶんアレルギーだと思う。

ちゃんと

その人それぞれ、
自分の体に合わないもの、を、選別しているんじゃないだろうかね。
それが「すききらい」となって、現れてくるんじゃないんだろうか。

そりゃあ、「わがまま」の部分もあるでしょう。

また、甘いものや、アミノ酸等の化学物質を多く摂ると、嗜好性が強くなって、
本来の嗜好がわからなくなる、っていうのもあると思います。

「すききらい」

必ずしも「わがまま」と同義ではないんじゃないか

と、

思うわけなんです。

|

« 我が家のアレルギー状況 | トップページ | 除去食(アレルギー食)は栄養障害になる? »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/7614948

この記事へのトラックバック一覧です: ひじきの煮物(「すききらい」ってどうよ?):

« 我が家のアレルギー状況 | トップページ | 除去食(アレルギー食)は栄養障害になる? »