« クリスマスのデザート | トップページ | ご飯とじゃがいものお焼き(ご飯が中途半端に残ったときに) »

御節の新作(豚肉昆布巻き・伊達巻風カステラ)

皆さん、お疲れ様です!

ふーはー、していることでしょう。
私もです・・・。

今年は、なぜか、年末年始の行事にやる気モードにならず、
準備が遅れております。
やっと、買出しをしてまいりました。

今年は、
御節として、新たにタイトルにある物を作る予定です。

苦節○年。
いろんな御節に挑戦し、成功したり失敗したり。
その中で生き残ってきたおせち料理の数々。
新年にご紹介できたら、と思います。

今は、アレルギー用の御節セットとか、売ってるんですね。

時代は変わったなー。

でも、なんだかね、
私が除去食を始めた当初には、
おいしくて素敵なケーキも
御節の商品も
なかったことが
もしかして、
ラッキーだったのかな、
と思うこともあります。

何とか行事を楽しみたくて、
どうすれば楽しくなるか?
工夫した数々が、
はじめは「苦労」に思えても、
だんだん面白く感じるときもあったりして、

その気持ちが子どもにも伝わるのか
子どもたちも
ケーキ作りや、御節作りを
イベントとして楽しんだり、
新しい料理のアイデアが
子どもの方から提案されたり、
なんだか
それ自体で、お祭りみたいに楽しめて、

新しい幸せを感じるようになった。

もし
自分が除去を始めたときに、
今みたいに素敵な商品があったら、
多分、そっちに手を出したかもしれない。
手作りするのは「趣味の人」みたいな感じに思って。

でも、なんだか
肩肘張らずに、できる範囲で、新しい料理に挑戦して、
それが新しい楽しみになったのは、
ラッキーだったんじゃないかなあ、と思う。

我が家の子どもたちにとって、
御節、はご馳走です。
すごく楽しみにしてくれて、とっても楽しんで食べてくれて、
そのことも
すごく幸せです。

さて、

年末年始は、
解除しつつも制限している、魚や大豆製品が入ってくるし、
3回続けて食べれば蕁麻疹!の餅も食べなきゃだし、
やっぱり肉も多くなるので、

今日から粗食(実は、手抜き料理)です。

おなかを休めて、
万全を期して、

年末年始を楽しむぞー!

|

« クリスマスのデザート | トップページ | ご飯とじゃがいものお焼き(ご飯が中途半端に残ったときに) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/7890222

この記事へのトラックバック一覧です: 御節の新作(豚肉昆布巻き・伊達巻風カステラ):

« クリスマスのデザート | トップページ | ご飯とじゃがいものお焼き(ご飯が中途半端に残ったときに) »