« なぜ餅をつこうと思ったか((ゆっくり作ることのおいしさ) | トップページ | 手作り御節のいいところ »

アレルギーっ子の手作り御節

DSCF1379 えー。

時期遅れになっちゃうといけないんで、一応アップ。

おせちです。

一の重には
黒豆
伊達巻風カステラ
ちょろぎ
栗きんとん
田作り
5色なます
ハリハリ漬け
口取り(白あんのお菓子。鯛の形のやつです)

二の重には
ハム2種
豚肉の昆布巻き
千草焼き風
ウィンナーソーセージ
ままかりの酢漬け

で三の重には
煮しめ

です。

実はここに盛り付けていないもので
紅白ゼリー
フルーツ金とん
フランクフルト
豚の角煮
スペアリブ

などもあります。
これらは、日にちを変えて、詰め替えられたお重に入り、
飽きないように、工夫しています。

正月は、
ここの田舎のスーパーにも、
普段見られないちょっとよい材料のハムやソーセージが出ていて
良い材料のもの、ってたいてい卵白などが入っていなくて、食べられる。
で、
ついいろいろ買っちゃいますね。

「口取り」
って、私も良く知らないのですが、
飾りで派手になるので、買い、です。
何種類か出ているうち、人口着色料を使っていないやつを買います。

家族に
「何が一番受けた?」
と聞いたら

夫→千草風
娘→千草風、伊達巻風カステラ
息子→栗きんとん

でした。

いろいろ思いいれはあって、つい説明したくなっちゃうんですが、
次回、いくつか説明をつけたいと思っています・・・いいかな?

|

« なぜ餅をつこうと思ったか((ゆっくり作ることのおいしさ) | トップページ | 手作り御節のいいところ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。(^o^)

うわぁ~!市販のアレルギー用御節かと思っちゃいました。
手作りなんですね。ブログタイトルの「いい加減COOKING」なんてとんでもない。今年もアレルギーを理由に御節なしの我が家から見れば、尊敬してしまいます。でも、タケさんの記事を読んでいたら、私もやってみようかなという気になってきました。何を詰めたらいいのか、勉強してみます。

投稿: napatan | 2006-01-04 14:32

nopatanさん、今年もよろしくお願いします!

そーですよねー「いい加減」とつけたわりには、
気張った記事が多いかも・・・

やっぱり、アレルギー対策をやっていると
「私、こんなにがんばってんだよー! 誰か見てー!」
みたいになっちゃうところ、ありますね・・(恥)

しかし、
きんとんも、裏ごしナシのすじだらけだし、
やっぱり、結構、いい加減です(汗;;;

始めの頃は、お重箱も持っていなかったし、
フルーツきんとんだけ作って、きれいなお皿にちょこっと盛る、
とかから始めていました。

その程度でずーっとやろう、という心構えだったのが、
面白がっているうちに、
ここまできたかも、って感じです。

楽しくやるのが、一番!
ですよね。その家庭に合ったやり方で。

お節で一番参考にしたのは
小林カツ代(またです!)『小林カツ代のやさしいおせち』講談社
でした。!

投稿: タケ | 2006-01-05 09:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/7975504

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギーっ子の手作り御節:

« なぜ餅をつこうと思ったか((ゆっくり作ることのおいしさ) | トップページ | 手作り御節のいいところ »