« 弟君の経緯(化学物質) | トップページ | つなまよさんのホットケーキ(アレっ子はアメリカでどこに泊まる?) »

タケの湿疹(リンパ管とアトピー)

(学校のお話は少しお休みして・・)

私には、今、痒いところがあります。

足首のくるぶしの裏辺り。
アキレス腱の辺りともう少し下辺りです。

1・2年に1度くらいの症状です。手の指がなることもある。

自分の体に無頓着なので、いつもあとから気がつくのですが、
始めに、ちょっと大き目の湿疹ができて、
何気にこすっているうちに全体が熱を帯びて腫れてきて
少しジンジンしてきて
「あ、やばいかな?」
とやっと気づいて、適当な薬(かゆみ止めも含む)を塗っているうちに、

枯れてきて、消失。
というのが、パターンです。

「何で、できるんだろう?ここに。」

ふと思いました。

ここは、リンパ節が多い場所だな?

リンパ管が多く集まっていたり、リンパ節があるところ、って
ほかに、ひざの裏とか、
腿の付け根とか?
わきの下とか。

汗をかきやすいところでもあるけれど、
同時に湿疹ができやすいところでもありますよね!

 

リンパ管というと思い出すこと。

今小6のお姉ちゃんが、小1の頃だったかなあ。
仲良くしていた整体士のママ友が(←自他共に認める健康オタク)、

「温灸」なるものを教えてくれた。
アトピーの人の中では知られているかもしれない
「テルミー」という器具を使ってリンパマッサージをするものです。

試験管みたいな形をしたステンレス製(?)の容器の中に、
火のついた棒状の専用線香を入れ、
その容器がちょっと熱いかな?というくらいの状態で、
体のリンパの流れに沿って、軽く肌の上を滑らすのです。

これねー
当時のお姉ちゃんにすごく効いたんですよ。
あれ?!っと言うくらい、小さい湿疹が、サー!っと消えた。

びっくりしました。

リンパの流れと湿疹て、すごく関係があるんだ!

速攻で、テルミーを買って、やりました。

やはし・・・

線香の煙、いけません

でも、温灸は子供にも気持ちが良いらしく、
お姉ちゃんはリラックスしてうっとりしているし、
私は、湿疹がどんどん良くなるので、
止めたくない!

換気扇の下でやるとか、
すぐそばで掃除機で煙を吸いながらやるとかしましたが、

やはり、線香の煙で出る咳は止められず、

友人が「いいよ、いいよ」というので、返品しました・・・。

その後も、通○生活で、電気の温灸なるものを見つけ、
「これだっ!」と購入するものの、
値段が高くて、豪華そうな箱のわりには、
ちーとも「熱く」ならないので、返品。不良品だったのかねぇ・・・。

温灸は、諦めたけど、

リンパの流れと「湿疹」の関係については、
常に頭にあり、

「要は体液だから、体液がさらさらになると、リンパの流れも良くなって、いいんじゃねえ?」


「血液さらさら」
とか、そういう文句に弱い私です。

子供にも、
体を洗うときは、リンパの流れに沿って洗え!」
などと指導しております。

今回、
くるぶしの後ろ辺りの自分の湿疹をまじまじ見ながら

「やはし、リンパだ・・・」

との念を深めたタケでした。
・・・・単に、お風呂でよく洗ってなかっただけの事かにゃ?!

|

« 弟君の経緯(化学物質) | トップページ | つなまよさんのホットケーキ(アレっ子はアメリカでどこに泊まる?) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/8684501

この記事へのトラックバック一覧です: タケの湿疹(リンパ管とアトピー):

« 弟君の経緯(化学物質) | トップページ | つなまよさんのホットケーキ(アレっ子はアメリカでどこに泊まる?) »