« 味噌ラーメン(ビーフンにスープを絡める) | トップページ | 置賜旅行失敗編 »

3・4年前の置賜地方旅行(アレルギーっ子の外泊旅行)

前の記事であきさんの話でいろいろ思い出したので、
つれづれしてみます。

アレルギーっ子の外泊旅行といえば!
コテージっす。

キャンプもいいけど、子供が小さいときや、キャンプするほどのエネルギー(?)がないときなど、
便利ですよね。
コテージは大概広いので(我が家に比べれば、ってことですが)
小さい子供はそれだけで、キャーキャーします

こんなに喜んでインカ帝国くらい、喜んで、驚いたことがあります。
ホテルや旅館だと、騒いだら怒らなきゃいけないけど、
コテージだと、少し安心。
食事の用意、はたまた泊まった翌日の昼の弁当まで作る(アレルギー対応のために)、という旅行は、
手ぶら旅行に慣れた後に行うと、疲れて涙がちょちょぎれますが、
そこは、子供の笑顔で何とか、乗り切ろう!
(と、後になれば、思える。当時はちょっと悲壮だったかもね)

じゃあ、山形県置賜地方(米沢市あたりのことです。南陽ともいうね)への旅行のこと。
4年前だったかな?3年前だったかな?
誰もがここに行ける訳ではないけれど、何かエッセンスになることがあれば幸いです。
(失敗も多かった旅行でした!)

我が家の旅行の立て方は、
1日にひとつビッグイベントを
です。
これがあれば、あとはちょとくらいダメでも、全体としてOK!の企画をひとつ盛り込む。
この時は2泊3日の中で、
道の駅のむかいの「創造の館」での陶芸。
夕鶴の里、での、機織体験、
昭和ミニ資料館の散策(母のみの趣味)
ハイジアパーク南陽のプールと温泉。
リナワールドという遊園地。
高畠ワイナリーで、ワインとぶどうジュースを買って
無添加ソーセージを購入して
「ゆうきの里」のコテージで、バーベキューと、花火。
あと、あんまりよい思い出にならなったんだけど、アメリカンヴィレッジ南陽で、トレーラーハウスに泊まる、
でした。

陶芸は、宮城県の陶芸の里ゆ~らんどの方が、良かったな、私は。
地方限定ネタで申し訳ないのですが、ゆ~らんどは、小さいけれど水着着用の温泉もあるし、コテージも過ごしやすいし、小さな川での石拾いも面白いし、小さい子にはとってもお勧めの施設です。カラオケもある(要予約)。

この「小さい川での石拾い」とかは、ガイドブックにはないんだよねー。こういう、ちょっとした面白さがある施設、ってすごくいいです。

大きな施設の庭に、木製遊具がいっぱいあった!とか、蝶が乱舞していて、気持ち悪いほど取り放題!とか。動いてみると、結構楽しめること、って多い。
だから、旅行、って思い切って出かけると、いいんだよな、と思う。

という観点で、
ゆうきの里!
ここは良かった。ガイドブックにはありません(3・4年前は)。町営だからかな?
はじめ、高畠町のBBホテルに泊まろうと思ったんだけど、そこの支配人(いい人だ!)が、「料理するのはちょっと難しいかも・・・」といって、ファックスで紹介してくれた場所なんす。
http://www.takahata.or.jp/user/sansan/
ちょっと待ってー、今、検索かけたら、ずいぶん、出世したじゃなーい。
4年前は、しょぼかったのにー!
宿泊ログハウスは、破格の太い木材に、暖炉。ひろーくて、気持ちよかです。

4年前はまだ、そうでもなかったのに、は、もう一つあって、
それは、
無添加ソーセージのスモークファイン
http://www.denkokudo.net/ham/
金賞受賞ー!? たべっこ動物並みにすごいのかな。
私が行ったとき(電話で予約した)は、「まじ、ここ?」というくらい普通の家。
夫婦でやっていて、とっても感じがいいのです。
うちは、アレルギーでねー、特にクルミがダメでねー
と話していたら、
この金賞受賞のtakuroが、
「まじっすか? うちの女房もくるみダメなんですよ、アレルギーで。食べさせてみたら、ホント、すごいことになるんですねーっ!」
って、食べさせるなよ、Takuroー! 
奥さん、悔しかったろうね、食べてみろ、って言われて。
でも、感じの良い夫婦で、気持ち的に満たされる交流でした。
今は、手作りソーセージ体験もやっているようだ。

これを、ゆうきの里でバーベキュー(でも、ここのソーセージはボイルの方がおいしい)
花火して、
高畠ワイナリーのワイン(スモークファインからそう遠くない)をがぶがぶ飲んで、
夜になったら、蛍が出たし!
庭の草の上にシートを敷いて、寝巻きのまま、蛍が飛ぶのを眺めていました。
極楽。

続きはまた。
こんなんありました
http://www.okitama-brand.org/taiken/menu-yamazato.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

コテージを知らない方に(少なくとも私は、子供がアレルギーになるまで知らなかった)

宿泊できる「小屋」です。ログハウス風、洋風、和風、いろいろあります。
ベッド、キッチン、風呂、冷蔵庫、(テレビ)付。
寝るところはたいていベッド。
キッチンには、鍋・炊飯器・フライパンや、茶碗や皿・コップ・端やスプーン、お玉やしゃもじ、食器洗い洗剤スポンジなど、みんなついています。(コテージにもよるので、電話で問い合わせを)
もって行くのは、食材のみ。
車で行くのなら、コテージ近くのスーパーで調達するも良し。
この記事のときは、バーベキューをやったけど、バーベキューができないところもある。
たいてい寝る場所とリビングは別部屋なので、
子供を寝かせて、あと、大人だけでゆっくりもできるし、
旅館・ホテルよりもいい点もいっぱいあります。
コテージを特集した雑誌やサイトもあるし、
るるぶなどのガイドブックを見るとき、キャンプ場や公園などの「施設」の欄をよーく見ると、
「コテージ」と書いてあることがある。電話して、どんな内容のコテージか聞くと良いです。

|

« 味噌ラーメン(ビーフンにスープを絡める) | トップページ | 置賜旅行失敗編 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

そそられますね~!
山形ちょっと遠いけど、ガキんちょがもう少し育ったら挑戦してみたいなあ。まるでアウトドアには縁のなかった私ですが、人は変われるのでしょうか?こんなに喜んでインカ帝国・・・う~ん、行ってみたい!無添加ソーセージにも興味津々!

投稿: eri | 2006-02-25 12:16

いや!
たぶん、もっといいところ、ある!
ほかの場所に!
たぶん!
遠くから来て、これかよ(怒)になっても、
責任がもてない・・・
無添加ソーセージ、ちょっち高いよね。
食べるときは、値段のことを忘れるようにすることがポイントです。

投稿: タケ | 2006-02-25 18:21

コテージはいいですよね~。ちょっと立派なところにいくと、ちかくに温泉もあったりしますし。家族では行ったことありませんが、うちも息子がも少し大きくなったらいってみたいなあっておもいました。
ところで。たけさんがお使いのフードプロセッサーってどんなんですか?寸胴で洗いやすい、ハンバーグの具~いろいろ、細かさも調節できる、とあり、きになっています、もしよければ教えてください。

投稿: あき。 | 2006-02-25 21:53

あきさんこんにちは。
置賜地方のことを思い出させてくださって、ありがとうございました。ゆったりしていていいところでした。ご友人にもどうかよろしくお伝えくださいね!(パンのことも! 木村や、って、あの木村屋かな?いつか、買うぞ)

うちで今使っている「寸胴型のフードプロセッサー」は、2代目で、東芝のフードカッターです。精米機能がついていた1台目のやつは、ちょっと思い出せません。東芝のを買ったのは、2年前。今は、また違うのが出ているかもしれません。不満は、もっと大きいものが欲しい!ということかなー。でっかいハンバーグを4つ作るには、ちょっと小さい・・・。
蓋がスイッチになっていて、蓋をかぶせて上から押さないと、スタートしないのも、危険がなくて気に入っています。
細かさの調節は、機械の機能じゃなくて、回転させる時間で自分で調節、です。いつまでもやっていれば、細かくなるし、5秒くらいで終わらせれば、粗い!
材料が多いと挽き具合がムラになるから、時々止めて、ちょっと中身を動かしたり、ものすごく量が少ないと、歯が材料に「当たらず」うまくできなかったり、と、万能ではありません。
あと取り扱い注意点は、肉などをミンチしたら、そのあと歯をすぐに取り出して洗うこと。すぐに洗えば、する!っと落ちますが、時間がたつと、本当に取れません。
こんなところです。
意外と高いんだよね。
あと、それなりに置き場所もとるし。
でも、うちは、炊飯器の横に常備状態です。よく使うので・・・。
などなどをご勘案の上、ご検討ください!

ほかに、何かあったら、また聞いてくださいね!

投稿: タケ | 2006-02-26 06:50

ありがとうございます、そうなんです、置き場所とかも考えます。しまいこんだら使わなくなるだろうし、かといって、で、でーんとおいておくほど、わたしは使うのか?とか。。でも、以前簡単なフードプロセッサーがあったとき、玉ねぎのみじんぎりとかでも役立ってたことがあったので、やはり検討してみますね。ありがとうございました。

投稿: あき。 | 2006-02-26 22:48

ありがとうございます、そうなんです、置き場所とかも考えます。しまいこんだら使わなくなるだろうし、かといって、で、でーんとおいておくほど、わたしは使うのか?とか。。でも、以前簡単なフードプロセッサーがあったとき、玉ねぎのみじんぎりとかでも役立ってたことがあったので、やはり検討してみますね。ありがとうございました。
あ、それと、わたし、カツ代さんもすきですが、もっとつくりかたが簡単にみえる、ケンタロウさんのほうも好きです。

投稿: あき。 | 2006-02-26 22:50

ケンタロウ!
何を隠そう、このブログを始めたのは、ケンタロウさんのブログを見たからです。 

http://trc.cocolog-nifty.com/kentaro/
ケンタロウの「THE ROCKIN'COOKIN'」

「カツ代さん、どうしているんだろう?」
と検索をかけているうちに、当たったブログですが、カツ代さんが倒れられる前あたりで更新が止まっています。で、そこには「山形」の記事が・・・

これは、私にブログをやれ、ということだ!
という勝手な思い込みのもとに、
ケンタロウブログと同じ、Niftyココログに申し込みをして(ここは有料です)、書き始めたのでしたー。

ケンタロウさんの料理は、若者らしい「燃え」のある料理だなー、といつも思っています。料理の後ろに青春を感じるのです。

投稿: タケ | 2006-02-27 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/8824757

この記事へのトラックバック一覧です: 3・4年前の置賜地方旅行(アレルギーっ子の外泊旅行):

« 味噌ラーメン(ビーフンにスープを絡める) | トップページ | 置賜旅行失敗編 »