« ネットサーフィン(化学物質過敏症) | トップページ | タケの湿疹(リンパ管とアトピー) »

弟君の経緯(化学物質)

(今日は、もういいや・・・ナニガ?)

今回の、化学物質「騒ぎ」の始まりは、
弟君(小2.チクリンと,称しておきます)の、秋あたり(10月頃?)からの家での振る舞いがあまりにひどいため
(いらいら、物に当たったり、いつもキレていた)
夫が
「おれさー、チクリンのキレと校舎増築との関係を疑っているんだけど・・・」
と言ったのが、きっかけでした。

私は、チクリンが気難しいのは,生まれつきだし(産院にいる頃からそうだった)
それが、ギャングエイジと言われる歳にさしかかって、拍車がかかっているんだ、
くらいにしか思っていなかったので、「へーえ!」てな感じでした。

でも、
夫がそう感じるのなら、
もうやめようと思っていた、
化学物質過敏の研究の一環として行われていて、我が家も協力していた知能検査
に再び協力するか!
と、
それを実施していた山形大学の講師の方に申し出たら、
「タケさん、それね。ちゃんと検査受けた方がいい!」
と言われ、
「うげ?!」
とおよそ母親らしからぬ反応で、
すったもんだの末、
(実は、担任も、2学期になってから、チクリンが友達とけんかをするようになった、と思っていたそうです)
昨年末の
北里研究所の石川先生(知っている人は知っている)の診察となったのでありました。

そこで、
眼球の動きの異常と、起立性障害(頭の中の血流について)の点で、
指摘がされて、
すごくひどい、とは言われなかったけど、
「異常値」
とは言われた、わけです。

「で、それは具体的には、生活上どのように現れるのですか?」

と聞くと
「自律神経系の異常になって現れます。たとえば、本人はすごく疲労しているのに、それに気がつかない、とか」(by K医師)

思い当たるゾ~!それ!
ちくりんのイライラ爆発も、そんな感じだもの。

「校舎増築との関係はどうなんでしょう」
「確定はできませんが、話を総合すると、可能性は高いですね」
「空気清浄機とか、どうなんでしょうか?」
「つけられるものなら、つけてもらってください。北里の石川がそう言っていたと学校に言ってみて」

ということなんじゃ。

ひじょーに、ビミョーですよね、これ。

でも事実は事実のままに、
ということで、
連絡帳で、担任には話を伝えました。

すると、
うちの担任は、授業も人間性も、非常に高レベルな方と私は思っているのですが、
すぐさまこれをコピーして、
校長・教頭に渡し、「ぜひ、教育委員会にも掛け合ってみてください」
と訴えてくださり、
周りにいた教職員の方にも説明してくれたそうです。

ありがたし。

しかし、
母親は、この体たらくで、
「これで、学校も少しは、ドキッとしただろう?
建材、って、こわい、とすこしはわかったろう(←思い込み)
とりあえず、ここまでで、いいか(何がいいのか)」


清浄機など、はなから期待せず、
また、自分でも、まったく事の次第がわかっていなくて、
ほおっておいてしまったのです。

しかし、
担任が、先日、改めて、教務主任に訴えたところ、
(担任の先生、ありがとう!ごめん! 私、バカで)
山が動き出し・・・
(ポーズだけかも知んないけど)

今に至ったというわけです。

今まで、校長・教頭は、
どうも、教育委員会に持ちかけたりはしていなかったよう・・・かもしれない。
(わたしには、ずっと言ってきました、と言ってたけど)
が、
教育委員会の方に出向いてくれて、話もしたようで、
そこで
「資料」云々
ということになったというわけじゃ。

でもさー、質問が
「どの物質がダメなのか、特定できるんですか?」
とかさ、
それを知ったら、どうなのよ、という質問もあり、
あとは、教室において、効果はあるのか?
とか、
やっぱり、そのあたりですよね。

そのあたりについて、私も資料を集めたわけだけれど。

展開しても長いだけだね。

とりあえず、
こんなところが、現況なのであった。

私も
「異常です」の宣告慣れ(なんでしょう、それ)してしまっていたのと
行政なんか・・・
という、妙に見えている態度がいけなかったかなあ、とか。
でも
「取り付けて!」と騒ぐほどの緊急性も自覚できてないし(今も良くわからない)
これで、うるさいやつがいる、という風になるのも面倒だし(この点、都市部と田舎は温度差が激しいです、すごく)、
どうするかな~~
と難しいと思っていたのも事実。

やれる範囲で、がんばるかあー。

あーあ、よっこらしょ。

|

« ネットサーフィン(化学物質過敏症) | トップページ | タケの湿疹(リンパ管とアトピー) »

化学物質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/8639427

この記事へのトラックバック一覧です: 弟君の経緯(化学物質):

« ネットサーフィン(化学物質過敏症) | トップページ | タケの湿疹(リンパ管とアトピー) »