« 食べられないものの載った本(避ける?) | トップページ | 米粉利用食品(東北版) »

アレルギーで悪口を言われた時

(前回の記事、こはくさんのコメントから。あくまで、タケの経験談)

たとえばさー、「デブ!」っていう悪口があるけど、毎日おやつがぶがぶ食べて太っている自分の子に向かってデブ!と言われるのを聞くのと、持病を治すために飲んでいる薬の副作用で太っている我が子に「デブ!」って言っているのを聞くのとじゃあ、腹の立ち方が違うと思う。
怒っている後者の母親を、誰も責められませんよね。
だってそのことについて、毎日自分も子供も頑張ってるんだもん!!
だから、アレルギーのことについて、憎まれ口をたたいた相手が子供でも、頭に来るのは当然だと思います。
悪意のある行為が、心の糧になることは、ほとんど無い。

 

うちの子も、アレルギーで悪口を言われてたことがある。
「やーい、アレルギー!」とか
「小麦食べられないくせに!」
とか。
小学校1、2年がほとんどだったかな・・・。
我が子について+アレルギーについて、言われることで、鼻血が出そうなほど頭がドカン!!ってする(その上、胸もつぶれそう!)んだけど、「落ち着けタケ!」とまず思って、
「もし、その子が、車椅子(または“チビ”)の人に向かって、同じことを言ったら、自分はどう諭すか?」って、一歩ひいて考えるようにしたのが、私の爆発回避方法でした。(あくまで私の場合ですが) 
そうでないと、カッカしちゃって、何がなんだかわからなくなるから。
 

体の特徴や、障害など、本人の努力だけではどうにもならないことについて、高みからもの(悪口)を言うのは卑怯だと思うんヨ。
そういう卑怯なことは、おばちゃんは許さないよっ! って、相手がその理屈をわかろうがわかるまいが、真剣に怒りました。
おばちゃんもこの子も、食べられないということを、何とかしようと思って毎日一生懸命努力してるのを、そういう風に言われるのは、すごく悲しいんだよ! とか。
相手が5歳児位では、この言い方は、ちょっときついかもしれないけれど、上記のように考えれば、その年齢の子に合った言い方、って見つかると思って。

 

目の前で言われたとき限定で、そう言うことにして、学校とか、もうそういう目の前以外のことでは、でしゃばりすぎもなんだかなー、と思って、目をつぶった。
子供の世界は、結構残酷だし。
それに、この「アレルギー悪口事件」も、よーく観察すると、
気の強い(この場合→)ピカリンが、喧嘩をして相手を追い詰めまくって、
その子が、もう逃げ切れなくなったときに出す、最後の雄たけびが、
この悪口だとわかったりして、
全体を見ないとわからないことも多い、と思って、
とにかく、目の前で起こったこと以外には口を出さないことにした。

 

ただ、そういう悪口やものの言い方を、許さない大人もいる、って、
「その子のためにも」
知ってほしかったしねっ!!!
ほかの大人は許しても、このおばちゃんは、許さない!

 

困るのは、「かわいそう」って言葉を子供じゃなくて、大人も頻繁に使うことだよね。
車椅子の人に「まあ、歩けないの?かわいそう!」なんて言う人は、ほとんどいませんが、食物アレルギーになると「まあ、食べられないの?かわいそう!」って言う人、掃いて捨てるほどいます。

親が家でそう言っていると、子供も言うから、学級懇談会でも、先生との面談でも「かわいそう、という言葉は、子供が最も嫌がる言葉なので、言わないでください。家でも使わないでください。みじめなきもちにしかならないんです」って、これだけは繰り返し言ってる。
それでも、言われるけどね!
「まー、かわいそう。なんて、かわいそう・・・(以下続く)」
と連呼されたりすると、1回だけその人に釘を刺し(刺しても「だって、かわいそうじゃないですか!」と逆ギレのパターンもあり)、あとで、子供たちと「うるせーんだよ!」「かわいそうじゃねー!」「かわいそうなのは、オメーだ!」と、叫びまくってマス。

防御したり、攻撃し返したりしつつ、
これもひとつの試練かも、がんばりや! お母さんは応援してるから!
って、受容する力もつけなきゃかもなー、
と、
いう風に過ごしているところです。
(今も真っ最中)

 

しかし(?)、後日談ですが、
その「悪口を言う子」は、ほかの子にも「メガネザル!」とか言っていたようで、
そういう時
「ピカリンのお母さんに言いつけるよ!」
というと、
「あ、ごめんなさい!」「もうしません!」
と言っていたそうです。

いやはや・・・・

|

« 食べられないものの載った本(避ける?) | トップページ | 米粉利用食品(東北版) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ああ・・・わかります・・・わかります・・・
本人の努力では仕方のないところでの悪口は
私も許さない派です
他のクラスの子でも、妥協しません
去年もってた子がアトピーで、それをネタにされて
口の悪い男児に軽口をたたかれました
すかさず、「ちょっとおいで!」
手を出すと、体罰ってすぐ言われるから
こぶしを握り締めて、声震わせて(多分、そんな時の私は、こわかったと思う)
同じように言いました

自分ちの子に対しての言葉だったら、もっと、許さない!!って思っちゃうかも

子どもに妥協しない大人って、絶対、必要だって思います

投稿: 木が3本 | 2006-05-15 22:14

アレルギーとは関係ないんですが、保育園で、私の見てる前でうちの子がなにもしてないのにいきなり他の子にどつかれたことありました。相手の子はちょっと乱暴な性格で、うちのは鼻っ柱は強いけどチビなものでたまにそういうことあるみたいで。なんだこのくそガキ!と思ったけど咄嗟にその子のお母さんの顔が思い浮かんだりして(←けっこう感じいい人)「こらこらケンカしないの!」とか言ってしまった。(←絶対ケンカじゃなくて一方的なのに)
やっぱり私がどつきかえしとくべきだったな~!一応子どもには、今度やられたらアンパンチしちゃいな!とけしかけておいたんだけど。でも、そういう間違ったことは親が絶対許さない!という毅然とした態度を見せてやるべきだった、と後からすごく後悔。人の子でもちゃんと怒る勇気、大事ですよね。

投稿: eri | 2006-05-15 23:22

主人に「チビ・ハゲ・デブ」など、自分ではどうしようもない身体的な特徴のことをいってはいけない、からかってはいけない、といわれました。(でも主人の場合のデブ(0,1トン)はたんなる食べすぎなのでいってもいい、とおもうのですが。。)

タケさんのよう自分の中でいろいろ消化して後でからっと話せるような、(日記に書けるような)ひとになりたい、といつも、おもってしまいます。

投稿: あき。 | 2006-05-16 01:54

>木が3本しゃま

自分の子供が痛い目にあっていると、不憫で、頭がドカンとなる上に、
こと、アレルギーに関してだと、
自分まで悪口言われた気持ちになって、
ドカンの100乗でがんすがな。
だから、客観的になろう!って思うまでに、すごくエネルギーが要った気がするぅー。

「ちょっとおいで!」で、こぶしにぎしりめました!
一挙に学校の廊下が脳裏に浮かんで、
ドキドキしました。
彼もドキドキして、きっと何かを感じたと思う!
怒る、って難しいよね。
感情的になると、子どもはすぐ見透かすし、
自分が大事に思っていることを、怒りと共に伝える、って難しいなー、と思います。
彼は、木が3本氏に会えて良かったと、私は思うYO!

投稿: タケ | 2006-05-16 09:29

>eriしゃん

子供が目の前で痛い目にあっていると、私の場合、血が逆流して、穂dkるsljふぁslくえらwりえちを!! と、わけわかんなくなって、結局黙っていたり、おざなりのことを言っちゃったり、あとまで悶々としたりとか、よくあった。
でも、亜jlrkjsdふぁしゅふぃぁs!! と思っているときって、間違ったこともよくしちゃうから、とりあえず、黙っておいて正解だったかな、と思うこともよくあった。
難しいね!!
タイミングが。
記事本文中では、とっさにちゃんと対応したように書いているけど、そりゃあ、もう、シミュレーションの連続の上の賜物です。
どうも、子どもがいろいろ言われている様だとわかったときから、チャンスがあれば、こう言ったる!しかし、冷静になるとどう言えばいい? とか、考え抜きましたっ!!なはは。
それでも、今、冷静に話しているつもりの自分のこめかみから、血がプシュー!っと、いっちゃうんじゃないか? と思いながらでしたけどね。
難しいよ、やっぱり。うん。

投稿: タケ | 2006-05-16 09:41

>あき。さん

0.1tですか…。tがつくと、やっぱりすごいne・・・。

「消化」
するまで、時間かかりました~~~。
ほんとですわ。
でも、まだ消化しきってないのもある。(書けない)
ただ、消化したものがあるから、今つらいことも、きっといつか消化できるだろう、って見通しはもてるようになったかな・・・。
前はねー、
何かしていても、悩み事とか、怒りとか、悲しさ悔しさで頭も体もいっぱいになって、ただ、じー・・・と、机の前で過ごしてた、なんてこともよくありました。
先が真っ暗というより、先さえ考えられない。今の自分を持ちこたえさせるので精一杯、なんて瞬間も結構あったように思う。
あき。さんはじめ、アレネットに集う人は、「何とかしよう」という前向きの精神があるから、きっと、今悶々としていることも消化できるときがくると思う。
それはいったいいつ、と言うと、
人それぞれの環境もあるから難しいけど、
悶々な人、きっといっぱいいるから、とりあえず、
今日の分、がんばろ!
と、言いたい。
みんな、全員、「とりあえず、今日の分、がんばろ」って、思って過ごしているよね、きっと。私も。
そして、いつか、今の悩みを振り返られる日がくるのだと思います。

投稿: タケ | 2006-05-16 09:59

そうか、アレルギーで悪口を言われることもあるんですね。
まだ、そんなこと考えてませんでした(恥)
皮膚の状態が悪くて、子どもが、幼稚園で「汚い」といわれたことはあるんですが、その時は、理解してもらうことが大事かなあと思ったのですが…。

私だったらどうするだろう…?考え込んでしまいました。
その場で強く叱るのはあまり得意じゃないし、
でも、ちゃんとそんなことをいったら許せない、と言うべきですよね。
私も、シュミレーション、しておこう…。
それでも、ショックで言いたいことが言えなくなるんだろうなあ…。

「かわいそう」という言葉も、本当に嫌です。
「がんばっているね」とねぎらってくれたら、どんなにかあり難いのに…と思います。

もしできましたら、リンクさせてもらってもいいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿: たんぽぽ | 2006-05-16 10:42

いけません 自分が言われていやなことは 言っちゃ駄目だし
子供だったとしても もしいわれたら
マジ語ってしまうかもしれないです
いや 説教してしまう 
きっと マジ切れちゃうかも 最終泣いて分けわかんなかったりして...
本当 疲れてるときとか 心狭いです
自分でもイヤになっちゃうくらい 色々引っ掛かる
陰で いろいろ想像で 噂されるのも嫌い

確かに 車椅子の人に 「歩けなくてかわいそうだ」とはいわない だけどね~ よく かわいそうって息子はいわれる
毎日 何食べてるの~とか
相手の気持ちになって 考える 本当簡単なようで難しいですね
最近では お腹壊して冷たいもの食べれない甥っ子の前では そういうもの欲しくなるから食べないでね って
けど 息子の前で アイス食べれるんだよ おかしいよ~

息子には あったま 悪くてもいい(本当か?)
思いやりのある 人情厚い人間になってほしい
何があっても人の弱点を付くようなことはして欲しくないな~

投稿: 祐たんママ | 2006-05-16 20:58

>たんぽぽさん、こんにちは。

毎日、コピ弁、がんばってるよね!
わしゃも、これから作るところじゃ。
でも、タンポポさんみたいには、うまくできてナイ・・・。
妥協と開き直りの弁当ばかり作ってます・・・。

悪口を言われる、って、
噂とか、あと、体験談とか?
時々目にしていたから、警戒していたけど、
うちは、思ったほどはなかった気がする。
チクリンにいたっては、聞いたことがないし。
(それでも、アレルギーについて問い詰められたり、弁当を「ずるい」(給食より「良い」と思う子もいる)って言われるだけで、子どもにはかなり負担みたいだけど)
「悪口」は、無理解から始まると思うけど、
子どもには理解の難しそうなアレルギーですが、
じゃ、子どもと大人とどっちが?
と、聞かれると、
私の経験の中では、どうも子どもの方が理解が早いし、受け入れやすいようです。柔軟なのかな。
だから、子どもは、ちゃんと話せば、わかってくれるし(大体はね)、あまり、心配はしなくていいと思います!
でも、いきなりそういう場面に出くわすと、やっぱし、狼狽します・・・。

リンク、こんなブログでよかったら、よろしくお願いします!

投稿: タケ | 2006-05-17 05:15

>祐たんママさん、こんにちは!

私も、思いやりのある子になって欲しいと思う。

子どもたち自身が苦労しているから、思いやりのある子に育つに違いない! と勝手に思っていたが、
「おま・・・。自分が苦労しているのに、どうして人のこと、そういう風に言うか?! あんたが、ああいう人(どういう人だったか忘れた)のことを一番理解できるはずではなかったんかっ!!」
って思うようなことも、言ってたりする。
子育ては、一朝一夕にはいかないもんだ、としみじみ思ったです。
まー、いつも、道徳正しく振舞う子どももいるわけないしね。自分の子供も含めて。
で、周りの大人が、「それは違うよ?」と言ってあげて、それがその子の中で積み重なって、1人の大人の人格になるのだろう、と思います。

頭良くなくてもいい(本当か?)
元気で、いい人になってくれ、
って、ほんと、思います!

投稿: タケ | 2006-05-17 05:27

たけし先生今回もまたひじょーに参考になります!
私が最近よく考えるのは、いわれて嫌な事があったり、それに対してどう対処するかという問題やアレルギーのことはまあ色々とあるわけだけれど、子供の成長過程で起きる衝突に、親がどう向きあうか・・・ということ。
>全体を見ないとわからないことも多い、と思って、
>とにかく、目の前で起こったこと以外には口を出さないことにした。
たけしの↑を読んで、あーだいたいこんな感じでいいんだとすっきりした!
うちのムスメ、最近激しく口が達者になり、お友達をを傷つけていることがあると思う。反対にアレルギーぬきにしても傷つけられてることもあるみたい。こういうお互いの衝突って、無いほうがおかしいかなーって思って、目の前で起きたことに関しては直接喝をいれたとしても、陰で起きた事に直接介入しない!と思っていたところ。
目の前じゃなくても気付いたことは、あとでさしさわりない様にフォローしたり、反対の立場だったら何気なく教えたり・・・ってするしかないのかなーって。

モチロン目の前で言われたらその子のためにも自分のこのためにも言わないとね、大人もいろんなしがらみがあるから勇気がいるけど!(^^;

アレルギーうんぬん抜きにしても、たけしの日記、またもや参考になりますた。さんきゅっきゅー!

投稿: つなまよ | 2006-05-17 14:49

>hello! つなまーよ!

結局、そういうことだよね。
子供同士のことに、どう関わるか、っていう。
でも、こと、それがアレルギーになると、こっちも過敏になっちゃうから、そこを整理しとかないと、って、ことなんかな。
そいえば、
うちのピカリンが、某クンのお金をせびった、というので(小4のとき)、向こうの母親が、ピカリンに直接電話で怒鳴ってきたことあったなー。
結局、某クンが、嘘をついていた、と判明したんだけどね。
判明する前から、「大人の勝手な疑いで、子供にそういう言い方でものを言っていいのか!傷つけるということを考えなかったのかっ!」って、旦那が激怒して、向こうの親と喧嘩してたことがあった・・・。
子どもの喧嘩に親が出るのは良くないけど、ちょっとお金も絡んでたしね。
いろいろあらーなっとっと!

投稿: タケ | 2006-05-18 13:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/10079959

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギーで悪口を言われた時:

« 食べられないものの載った本(避ける?) | トップページ | 米粉利用食品(東北版) »