« (つなぎ)祭りの踊り | トップページ | 代替弁当2種 »

ハウスシック診断士

いろいろ考えてみたのですが、

どーしても、今から1ヶ月は、余裕がない!

ということで、

農薬関係記事はお休みします。

あれは書くのに、ウンウン唸って「下書き」して、

さらに寝かせて推敲しているので、気力も時間もいるのです。

で、

しばらく、下書きの要らない、おきラク(?)アレルギーネタが続きますが、どうかご了承くださいませ。

7月に入ったら一気アップできると思います。

ということで。
明日は、うちのダンナが、ハウスシック診断士補の試験を受けに行くようです。
ふぁっと、いず、いっと?
http://sicklife.jp/index.shtml

アリバイ的な資格なような気もするが、
CS・アレルギーの人の気持ちもわかり、
建築業界の事情もわかる
橋渡し的役割を果たしてくれる人になって欲しいものだが、

宝の持ち腐れになる可能性もあり。

しかし、
こんなのがあるんですねー。

ま、
がんばっちきちくり!

ダンナ!

|

« (つなぎ)祭りの踊り | トップページ | 代替弁当2種 »

化学物質」カテゴリの記事

コメント

なんでもあるもんですね~~~。
びっくりしました。
旦那様、建築関係のお仕事ですか?
実は、私も若い時は建築の仕事をしてました。
今は違う仕事をしてますが、できればまたしたいです。
アレルギーとは関係ない話でした(^^)

投稿: こはく | 2006-06-02 21:17

すごい資格があるんですね~ 時代感じます
マジに シックや環境汚染とか 問題だもの
いつもの記事 下書きとかされていたんですね
とてもわかりやすくて 成り行きがよくわかりました
私 いつも勢いで書いてしまうので 後で自分が読んで
???の時あります
伝えたいことが 先行して意味不明なときあるんで...

投稿: 祐たんママ | 2006-06-03 07:37

タケさん、久しぶりでお邪魔します。
古い話ですが、アメリが旅行が大成功でよかったですね!

「あのときのこと」シリーズは、私にとって衝撃的な内容でした。
自宅の庭を消毒されたら、私なら、その日から家にいられなくなってしまうでしょう。
自宅放棄&家の中の持ち物すべて放棄しなければならなくなります。
私はアレルギーより神経症状がひどくて、
ひと頃は有機リン系農薬の影響で、まっすぐ歩くことができませんでした。
つづき、楽しみですが、ゆっくりゆっくりアップしていってくださいね。

>あれは書くのに、ウンウン唸って「下書き」して、
さらに寝かせて推敲しているので、気力も時間もいるのです。

わかります~。
私のサイトを見た人からは、
「文章をサラサラーっと書けていいわね」なんて言われますが…。
実際は、何度も書き直し、推敲に推敲を重ねるので、とても消耗します。
うまく書けないときなど、床を転げ回るほどの苦しみです。
でも、やりがいがあるからこそ、そこまでやっているんですが…。
苦しんで自分の中で消化して、書き上げると、それだけ得られるものがあります。
つづき楽しみにしています!

投稿: マルガリータ | 2006-06-03 16:36

>こはくしゃん。

ダンナは、建築関係のような、そうでないような、です。
今日は、今年の末の「診断士」の試験を受けるために必要な試験だったので、本気の勝負は、今年の末、みたいです。
今回の試験は、やさしい、と言うか、指定のテキストをちゃんと読んでますか?みたいな試験です。
テキストは、CSの人が見たら、「この薬の症状はそれだけじゃねーだろっ?」って突っ込みたくなっちゃうような記載満載です。
でも、まず第一歩、と考えれば、そのくらいでいいのかな。
誰でも受けられる試験みたいです。

投稿: タケ | 2006-06-03 20:10

>祐たんママ。こんにちは!

下書きは、「あのときのこと」シリーズぐらいです。
あれも、下書きしたり推敲したりしているわりには、うまく書けなくて、でも、いつまでも推敲していても仕方ないかな!と見切り発車で書いてしまっているので、自分としては、恥ずかしい限りです。 が、成り行きが良くわかったと書いていただいて、ほっとして、ありがたく思っています。ありがとうございます。

シックハウス診断士「補」の試験。仙台まで行ったのですが、会場で見た受験生は9人だったそうです。
東北全体で?・・・なのかな・・・

投稿: タケ | 2006-06-03 20:14

>マルガリータさんこんにちは!

長ったらしい、私のブログなので、
読んでいただけて恐縮です!
いやー、これから、「神経症状」書きます。(←予告編)

マルガリータさんのHP、前から、ブログの中できちんと紹介したくて仕方なかったんですが、機会を逸していました。
コメントの中ではなく、きちんと記事にしたいと思っているのですが、

一応
→CSを発症したマルガリータさんの、本当につらい状況から、手探りで症状が好転していく過程が克明に書かれていて、本当に参考になります。参考、なんて軽い言葉な気がするほどの力作です。アレルギーも始めはこんな風に手探りで治療していたと思うし、苦しい中でも少しずつでも前へ進むマルガリータさんの姿勢には、本当に学ばされます。
「掲示板」にある、さまざまな方の投稿も、読んでいてとても勉強になるし、すばらしいHPだと思っています。
マルガリータさんの、知的で思慮深く温かいHP運営にも、頭が下がります。

って、書くと、マルガリータさんは恥ずかしくてイヤだな、って思っちゃうかな。ごめんね! でも、本当です。
おすすめHPです!
おすすめリンクの「化学物質過敏症 私の方法」が、そのHPです。

投稿: タケ | 2006-06-03 20:23

ダンナさん、すっごーい!!身内にそんな資格を持った人が
いるとすごく心強いですね。がんばって受かってくれ…!

農薬関係記事、なかなかサラサラと書ける記事では
ないですよね(~_~;)
ゆっくり温めてください。楽しみにしています。

なんでしようね…真面目な日記ばかり書いていると
その反動がすごくなったりしますよね。
只今、ワタクシ暴走中でございますよ。ウフ。

投稿: サトワカ | 2006-06-04 01:02

>サトワカ様

ありがとう。
うちのダンナ、すごいのかな?と思うと、すんげー抜け作だったりして、やつの喋ることは、どんなことでも30%の疑問を持ちながら聞くことにしているタケです。
でも、少し化学物質に詳しくなり、また、恐ろしさを再認識したようで、除去食物に気をつける段階から、さらに化学物質も避けよう!という私の認識に少し寄り添えるようになってくれたことが、一番の収穫です。(?!)
「おい、タケ! 野菜の輸入物は絶対やめた方がいいぞ! ○○がかなり残留しているぞ!」
とっくに買ってないから!(でも○○は覚えられない私)
だから、うち、エンゲル係数がすごく高いでしょーっ!

まじめなばかりが自分じゃないからね~・・・。
時々崩さないと、かえって、自分を保てないyo。

1ヶ月。ちょっと私事で忙しいので、すんませんです。
途中で止まっているの、って失礼だと思うのですが、
どうか、ご勘弁ください、サトワカ様始め、皆様・・・。

投稿: タケ | 2006-06-04 06:31

すごい、旦那さん!子ども関連で勉強するところが偉い!!
うちの旦那も見習ってほしいものです。。。
だって、除去は私の趣味って思ってるんですもん(TT)
この(子どもの)蕁麻疹が目にはいらぬか~って黄門様に登場してもらいたいです。

投稿: ゆうこりん | 2006-06-05 11:45

>いやいやいや、ゆうこりん。

うちのだんなも、最初から子供のアレルギーに興味があったわけではないぞなもし。
布団掃除機がけも、私の趣味と思っていたしね。
彼が、一時期体の調子を悪くして、自宅療養の頃、
ちょうど、上の子のピカリンが年長さんで、ちょっと紫外線にあたるだけでも悪化!という状態になり、その自宅軟禁の時期と重なったのです。
朝から晩まで、アレルギー症状爆発の子供と過ごす中で、初めて、これは自分も何かしないとまずい、と思い始めたようでした。
ピカリン、当時6歳。
アレルギー歴6年なわけですよ。
ここまで来ないと、しっかりとはわかってくれなかったです・・・。
あとは、診察に、時々行ってもらって、医者と対峙してもらう、というのも「手」として使いました。
医者も、なんだか父親だときついこととか言わないんだけどね。何回か行くうちに、医者の言うことを「ホントかよ?!」と思い始めて、自分でも少し調べたりし始めた、ような気がします。
むずかしいよ!だんなにわかってもらうの。
まー、それはアレルギーに限らないかもしれないけれど?!

投稿: タケ | 2006-06-05 15:03

こんなにお褒めいただいて、恐縮です。
ありがとうございます。
これからもサイトの運営がんばります。
タケさんのブログ、いつも楽しみにしています!

投稿: マルガリータ | 2006-06-11 09:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/10360512

この記事へのトラックバック一覧です: ハウスシック診断士:

« (つなぎ)祭りの踊り | トップページ | 代替弁当2種 »