« ハウスシック診断士 | トップページ | 今の私の弁当の作り方(すばやく大量に作る) »

代替弁当2種

久しぶりに、「いい加減cooking」ということで。

試しにやってみようと始めた代替弁当を2種類作る仕事は、続いています。
朝ごはん作りも入れて、所要時間は、1時間半から2時間くらいかな。
合間に洗濯機も回すし、ボーっと座っている時間もありますが。

いつも、子どもの出発ギリギリに出来上がるので、
写真を撮る余裕などないのですが、
ある日(1週間くらい前?)、奇跡的に早く仕上がったので、写真を撮ってみました。

まず、お姉ちゃん(ピカリン中1)の分

_004 この日の献立は

ご飯
ひき肉の炒り煮
もやしドレッシング
秋刀魚のかば焼き

です。

@ひき肉の炒り煮
は、ほうれん草などの野菜とひき肉を煮たものを卵で閉じてあるメニューです。わがやは、イトヨリ(アレルギー度が低い)のすり身(アレルギー店で入手)にかぼちゃパウダーとみりんとしょう油を入れて練ったものを薄くして、上にかぶせて、それ風にしています。
味も◎。

@秋刀魚のかば焼き
は、たぶん、ひき肉と上記イトヨリすり身、それにかつおダシと片栗粉あたりで練りまくり(こうするとなぜか魚の食感が出る)、この頃油を控えているので、だし汁(みりんしょう油入り)に絡めるように煮付けたのかな。

弟君(チクリン小3の分)

_009 献立は

ごはん
ワンタンスープ
つるおかビーンズ
カルシウムメンチカツ
野菜トッピング

です。

@ワンタンスープ
家でワンタン風スープをするときは、皮なしワンタンスープを作って、食べる直前に、食卓でライスペーパーを各自割ってスープに入れます。ライスペーパーはすぐ溶けちゃうから、煮ない。
こうすると、ワンタンから肉団子がはみ出しちゃったワンタンスープ風になるのね。よしよし。
給食ではこの手が使いにくいので、この日はたしかー、サゴヤシ粉かなんかを肉団子(といっても手でぎゅっと絞ったみたいな形)の周りにまぶして、いきなりスープに入れたような気がする(レシピはなくて、毎回思いつきで作っているので、毎回違うことをやる)。これで、食べたときにちょっぴり、にゅるっとした質感と、スープにトロミが同時にできて、ワンタンスープを同じような満足感が・・・という狙いだったんだけど、どうだったのかは、謎。

@つるおかビーンズ
栄養士さんによると、「まるのままゆでた大豆・だだちゃ豆とキャベツ(さく切り)・ニンジン(いちょう)をゆでたものを調味料とあえるサラダです」
ん?! 間違えたものを作ったな!自分。今気がつきました。
私は、ヒヨコマメなどの豆類を軽く茹で、薄く片栗粉をまぶしてさっと揚げたものを砂糖醤油にまぶし、千切りにしたキャベツとニンジンと和えた
サラダ、って、難しいんだよね。
ドレッシングが、弁当だとたれるじゃない?
それに、給食はいろんなドレッシングで対応するけど、うちは、ごま油も使えないから、なんだかドレッシングもワンパターンになりがち。だから、毎日に変化をつけるために、少し違ったことをやったりしています。

@カルシウムメンチカツ
メンチカツは、子供の頃食べた安っぽいジャンキーな味が忘れられない、憧れの食べ物。ひき肉やみじん切りしてチンした玉ねぎのほかに、きのこやウィンナーのみじん切りを入れて、そこに片栗粉や塩スープのもと(辻)を入れて練ってジャンキーな味に近づける。
米粉をとろりと溶いたものをくぐらせてから、有機コーンフレークを砕いたものをまぶして揚げます。

 

全体的に手がかかりそうだと思ったら、案外早く終わったメニューでした。

手早くやるための、タケなりの方法や道具もあるのですが、またそのうちに紹介したいと思っています!

|

« ハウスシック診断士 | トップページ | 今の私の弁当の作り方(すばやく大量に作る) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ワンタンスープ、目からウロコ!
シューマイでも失敗する私、
ライスペーパーでワンタンは絶対無理だと思ってました。
そうか!
「ワンタンから肉団子がはみ出しちゃったワンタンスープ風」でいいんだ!
待てよ。てことはもしかして、
「包み方下手で皮が破れちゃったシューマイ風」でもいいわけだ!
小麦使用料理でも失敗するくせに、アレルギー料理を
うまく作ろうという思い込みがいけなかったのだと気がつきました!
ありがとう、タケ先生!
(↑ヘンなとこに感謝してすみません。でもなんだかすごく得した気分!)

投稿: eri | 2006-06-06 23:59

>えりりん、いつもありがとう!

わはは! でしょ? 私も、このワンタンはみ出しスープを考え付いたとき、「天才だ」と思ったね。(うそうそ)
子どもだましみたいな料理で、子どもはだまされて喜ぶけど、大人は「?」かも! ライスペーパーは、割るとき飛び散るから注意!です。
素敵なワンタンスープというより、遊べるワンタンスープって、感じっす。合掌。

投稿: タケ | 2006-06-07 08:35

さすがたけ先生!ワンタンスープ、いいねえ!
確かに入れとくととけちゃってあとかたも無いもんね~
っつーかこれだけ内容がかぶってないのに2人分の代替用意、本当に大変!!しかもこんなに美味しそうに作れるなんてすごい!!私絶対二時間じゃできないよ~(_´Д`)ノ~~
↓最後のこれが相当気になる人、いっぱいいるだろうな。私も気になる~ぅっ!
>手早くやるための、タケなりの方法や道具もあるのですが
紹介楽しみにしてまーす

追伸。だんなさまがんばれー!!

投稿: つなまよ | 2006-06-07 12:50

ライスペーパーをよく粉々にする女サトボンです。
あ、その他に水戻しに失敗して分厚いのを作りましたー
↑おいおい…一枚づつやろうよ

これ、普通に(普通って何…と自分で書いて突っ込む)
すごくおいしそうですから。定食みたい。
特にメンチカツ、ごはんと一緒にむさぼりたい。
なんだか我が家の食卓とは違って、写真からも
ホカホカ感が漂ってきますね♪
私もこんなご飯が食べたいです。

投稿: サトワカ | 2006-06-07 17:02

こんばんは。はじめまして。現在、1歳5ヶ月の多品目除去アレルギーっ子の母デス。
 朝の忙しい時間に、2人分のそれも違うメニューのお弁当を完璧につくるなんて、本当にすごいですね。尊敬します。私なんて、「無理だ」と思ったら、すぐに代替食はあきらめて、勝手に違うメニュー(子どもの好物とか)にしちゃってます。だから、なかなかレパートリーも増えず、ワンパターンになっちゃうんですね。タケさんを見習って、いろんなメニューに挑戦してみようと思いました。今後とも、お世話になりますッ。なお、「手早くやるための方法、道具」、私もぜひぜひ知りたいです。また教えてくださいネ。

投稿: つくしんぼ | 2006-06-07 23:19

>みなさま

niftyココログが、長い間メンテに時間をかけていてすみませんでした。

コメント欄に記入しても、
「今、ダメなんだよ。へっへっへー」
という態度で、申し訳なかったと思います。

niftyに代わって、まず、お詫び申し上げます。

投稿: タケ | 2006-06-08 20:30

>つなまよさま。

「コツ」なんて書いてみたものの、そんなに大したことはやってないのだった。でも、すぐ調子に乗るタイプなので、近いうちに、何かアップします!

人から「だんなサマ」といわれると、ひどく驚くタケです。
なんか、静かでダンディーなイメージを抱かせる言葉だもんね。
でもそういえば、人の夫にはそう言うのが普通だよね?
うちのダンナは、子どもと犬にはすごくもてて、寡黙なブライアンからも、「天然」で笑いをとりまくる人なので、「ダンディー」からはかけ離れております。
勉強をしていても、すぐ家事に逃げるほど、家事をやるので、助かるといいたいところだが、無秩序なやり方をするので、これまた疲れる。
と、愚痴るところじゃなかったな!
試験は何とかこなしてきたようだが、うっかり屋なので、楽観はできぬ。

投稿: タケ | 2006-06-09 08:19

>さとぽん

ええー!
サトポンの家だって、ほっかほかの温かいご飯に決まってるぅー!
あの豚マンは、驚愕のあまり、コメントできなかった。
あれね。ケーキとしてショーウィンドーに並べられるレベルだと私は思うよ! マジパンみたい! 豚マンの下の紙が一つ一つ正方形に切られているところだけで、私はおどろきっ!!

コーンフレークのメンチカツ。はっきり言って、うまいっす。
揚げたては、なんでもサイコーだけどね。

ライスペーパー、ってみんなどうやってんだろ。
うちは、水をはったボールを2個用意して、交互に浸しながら、ぬれブキンの上で包む、ってやってるけど・・・。
慣れるまでは、難しくて、はあはあ、してたよ!

投稿: タケ | 2006-06-09 08:30

>つくしんぼさん、はじめまして!
来てくださって、ありがとうございます!!

1歳5ヶ月。
はぁ~・・・かわいいだろうなあ!
うっとりとしてしまう・・・←おばさん化まっしぐら!

でも、子どもが小さいとき、って料理するの、大変だよね。
料理を手早くやるの、ってすごく集中力がいるから、小さい子がいると、何度も中断されて、うまくいくものもうまくいかなくなる。
わたしも、子どもが小さいときは、うまくいかなかったです。
大きくなってきたからこそ、できる!ですよ。(「できてんのかよ」とつっこむ)
子どもが小さい頃は、何であんなに疲れてたかなー、と思うほど、疲れてたですね。
初めての頃は、この1食分のメニューに3・4時間かかってました(かかりすぎ!)。
やっぱ、慣れなのかなあ。
何事も一気にはうまくできないよね。しかも、人によって千差万別のアレルギー食だもん。自分の家庭なりのやり方を作り上げるのには、時間が必要だと思う。

ところで、うちもすぐ、子どもの好物に変換しちゃったりしてるよ。この時は、たまたまできただけデス! いいじゃんよね?それで! おいしくって、満腹になって、健康になれればいいのさ、それで!

投稿: タケ | 2006-06-09 08:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/10399393

この記事へのトラックバック一覧です: 代替弁当2種:

« ハウスシック診断士 | トップページ | 今の私の弁当の作り方(すばやく大量に作る) »