« 代替弁当2種 | トップページ | 続 今の私の弁当の作り方(すばやく大量に作る) »

今の私の弁当の作り方(すばやく大量に作る)

「どうやれば手早く作れるか?」
と、一般的に聞かれると、結構答えるのに難しい。

 

そこで、タイトルどおり、今やっているやり方を紹介してみます。

 

でも、無理やり言えば、
限られた時間で多くのメニューを作るには
「メニュー考える」ことと、「作るときはマシーンになって作業する」ことを、分けるのがコツなのかも。
ただ、アレルギー食を作り始めたばかりの頃は「メニューを考える」事に時間がかかるし、「作るとき」も、迷いや、失敗の連続で、「マシーン」になりきれないところが、やっぱり時間のかかる理由になると思う。

今の私は、かなり、アレルギー食のバリエーションが増えてきているので、以下のようなやり方でやれるのかもな、と思います。

 

今やっている代替2種弁当作りで、
最も大切なことは
予習

です。
これをしっかりやらずして、時間内にうまく作り上げることは、ありえません。
予習は、かなり大変なのですが、
作っているときにパニクルと、ものすごいストレス(子どもも!)なので、
週に1回(5日分)か、2回(3日分+2日分)、必ずやります。

以下がそのやり方です。(わかりやすくするために、1日分1食分に限って書いてみました)

 

Dscf2044 まず、システム手帳に
(本年より「ほぼ日手帳」を使用http://www.1101.com/store/techo/ 薄い方眼目が使いやすい。また、冊子が180度開いたままになるので、使いやすい)
みんな(一般食)のメニューを、表題として記入。
(写真は、手帳の左側。チクリンの欄。右は未記入だけどピカリンの欄)
代替食は、考えているうちに、どんどん一般メニューからずれていくので(別にそれでもいいんだけど)、一般メニューが書いてあると、料理中ハプニングが起こったときも軌道修正しやすい。
手帳の下にあるのは、わが給食センターのHPhttp://www.city.tsuruoka.yamagata.jp/tgkc/にあるメニューを印刷したもの。
料理名だけのメニューは、学校でもみんなに配られるけど、こっちの方がカラーで見やすいので、こちらを利用。
下記に出てくる「献立表」でも料理名はわかるから、1種類の弁当だけなら、下記「献立表」の利用だけで良いのだけど、こちらだと、1ヶ月のメニューを一度に見られるので、ピカリンとチクリンのメニューのダブり具合など(同じメニューが2日後に現れたりする)をチェックしやすい。ので、まず、こっちに目を通す。

 

Dscf2045 次に、
具体的な料理の材料の書いてある「献立表」(一般家庭には配られないので、お願いしていただいています)を見て、どんな料理か想像。

慣れているので、だいたい、どんな代替メニューを作るかも、この時にささっと思いつく。

ポイントは、
同じものを作れるか。ダメなら、材料を除去?・色合いを同じにする?・食感を同じにする?・ほかのメニューとのバランスをとる?・そのメニューのコンセプト(珍しい食べ物・揚げ物である・子どもの好物であるetc.)を生かす? などを考慮して、ふさわしいメニューに変える。
そっくりコピー料理にはこだわらず、子どもの「満足度」(形が同じなら満足というわけではないよね)を基準に考えることにしています。

そして、料理中に必要となる材料を、メニュー表題の下に書き込む。

 

Dscf2046 Dscf2047 次に、買い物忘れをしないための対策。
 

今、家にない材料を、付箋でメニュー上に貼り付けていく。
だいたい献立を考えているときに「あ、あれないなー」と思いつくので、そのときにすかさず貼る。

後でまとめてあるかどうか確認すると時間がかかるので、思いついた端から貼るのがポイントといえばポイント。
使用する食材はだいたい決まっているので、手帳の後ろに食材付箋がまとめて貼ってある(写真左)。そこから取って、メニューの上に貼り付ける。
良く見ると、野菜は、緑色。たんぱく質はピンク色、など、色分けしてある。

この色分けは、スーパーで手早く買い物をするときに威力を発揮する。

 

Dscf2048 3日分くらいの「食材」ができたら、
付箋を色別に貼りなおす。

これを持って、スーパーにレッツゴー!
野菜は野菜売り場で。
肉は肉売り場で、と、手帳を広げながら(!スーパーでは、かなりイッているように見えると思う)一気に買う。
もちろん、面白げなものや、夕飯の材料などもゲット。
買ったものの付箋は、別ページに貼っていくなどしていくと、買い忘れを防げる。(かなりイッているように見えると思う)
手帳が180度に開く利点は、特にここで発揮される。

スーパー以外の材料、特にネットで頼むものは、速攻頼む。
家のストックがもうすぐなくなりそうなときなど、早めに頼むことが大切だよね。
「予習」をしていないと、
前日にあわてたりして、
まー、材料が無きゃ無いで、何とかする技量(度量?!)もついてはいるのですが、
自分と子どもの精神衛生上、アレルギー専門店の食材ストックは切らさないに越したことはないデス。

 

長くなるので、いったん休み。

|

« 代替弁当2種 | トップページ | 続 今の私の弁当の作り方(すばやく大量に作る) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/10473915

この記事へのトラックバック一覧です: 今の私の弁当の作り方(すばやく大量に作る):

« 代替弁当2種 | トップページ | 続 今の私の弁当の作り方(すばやく大量に作る) »