« 小学校、宿泊行事の体験記3 | トップページ | この頃のちょっと »

自分で自分の感想文(アレルギーについて書く・・・再び)

ミッション、終了~~~・・・。

 

非常に個人的な課題が昨日まであったもので、
自分に縛りをかけるべく、ネットからも離れようと、
昔の文章をアップしたり、コメントつけられなくしたりして、本当に失礼いたしました。
その割りに、逃避してほかの人のページを徘徊して、人様にはコメントの足跡を残したりして、失礼の追い討ち。
とっても、失礼千万。ごめんなさいでした・・・。

 

前回までアップした修学旅行体験記は、
ちょうど、去年の今頃、依頼があって、書いたものです。
アレルギーのことを、人に向かって文章にするのは初めてで、
記憶の薄れ具合に驚いたり、
普段感情的に処理(心の中で)していることを、客観的に文章にすると、考え直すこともあったりして、
いろんなことを気づかせてもらえました。

自分としては、目をぎゅっとつむって、おそるおそる前に差し出したような文章だったのですが、
思いがけず、ほかのアレルギー誌も転載してくださったりして、
それは、ほかにネタがなかったからなのですが、
それでも、自分としては、意外で、「少しは人の役に立てるのかな?」とちょっとびっくりしました。

 

結局この体験記を書いたことをきっかけに、
自分の中の「感情的に処理」していたことを、
もっと整理してみたい、
という気持ちが生まれ、
去年の11月のブログ開設に至ったのでした。

 

自分の書いた文章というのは、
あとで読み返すと、
昔の自分に励まされたり、教えられたりすることもありつつ、
「なんじゃ、このわかりにくい文章は!」
と、穴があったら入りたくなることもあります。
この修学旅行体験記も、
今の自分を反省したくなるようなこともいろいろ書いてあったし、
「いや、それでも、今の状況から考えると、こんなにやるのはムリだし!
つまり、この体験記でやっていることは『やりすぎ』なん、ちゃう?」
と、反芻してみたり。
「この文章の構成、おかしいんだよ!」と、目をそむけたり。
過去に書いたことから、いろいろまた勉強させてもらえるものだなあ、
と思っております。

 

書き続けることで、
自分の中がだんだん整理されて、
整理されると隙間が開くので、
その隙間に沸いたエネルギーで、次のことに挑戦していける
というような効用もあり。

 

自分の中身吐き出し型ブログで、
堅い文章になってしまうことも多いし、
読みにくいところも多々あると思いますが、
自分の中を整理したい欲求は、まだ止まりそうにありませんので、
こんなブログですが、
また、よろしくお願いいたします。

 

今回、皆さんのところもいろいろ徘徊して、
アレルギーっ子母のエネルギーってすごいなあ!
と、
ほんっと、思いました。

|

« 小学校、宿泊行事の体験記3 | トップページ | この頃のちょっと »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/10768836

この記事へのトラックバック一覧です: 自分で自分の感想文(アレルギーについて書く・・・再び):

« 小学校、宿泊行事の体験記3 | トップページ | この頃のちょっと »