« おねしょ 考 | トップページ | 「化学物質過敏症」(あのときのこと その7) »

スポ少合宿。ぷしゅ~~・・・

 今日履いているズポンは、じつはテレビにも出ている有名な∽一部嫌われ者のK先生と「おそろ」です。
彼がこれを履いているのを目撃したときは、周りの音が聞こえなくなるほど驚愕しました。同じ柄のズボン(今風にパンツと言ってもいいが、おそろい、という点で誤解を招くといけないので、今日は「ズボン」といいます)を履いて、うっかり休日にどこかでで会ってペアルックになったりしたら、その場で舌噛んで死にたくなると思うので、宮城に暮らしているときには、二度と履きませんでしたが、今は山形なので安心です。あー、よかった(←あぶくたった風)。

 

ということで、ってわけでもないですが、この土日は、チクリン君とサッカーの合宿(他チームとの交流試合)に宮城に行ってきました。どへー。

 
いやー、たいへんだった。
ほんと、たいへんだった。
あれひゃれ、ほれひゃれ、たいへんだった。

 
外国旅行までしたんだから「もう怖いもん無し!」と思っていたのに、
行く前から、「おかしい?」「わからん?」「どうしたらいいのか?」と混乱していました。
今になればわかります。
このような外泊(アレルギー対応)は、まだ、私の手持ちの「カード」の中に無かったのです。

 
でも、事前にはそれがわからず、きっと手持ちのカードで応用できるはず。わけわかんなくなるのは、思い出すことを一生懸命やっていないからだー!と、自分を叱咤激励して、どうすればいいのかー?!と考えていたのですが、うまくできなくて、いろいろ失敗して、人からも面倒くさがられたりして(?冷たくされたりして?)、ちょびっと落ち込んだ。
でも、落ち込んだところで、どうしようもないので、前に進むしかないー! 誠実路線ー!
と、こなしてきました。
そして、一通り終わって、「この外泊は、まったく新しいカードであった」と悟ったのが、昨日の帰り道でありました。

 

やっぱり、スポ少のような、半ボランティア団体で、自分が役員でもなくて、上下関係も微妙にある中で、こういうことをこなすのは難しいよー!
役員は、みんな「先輩」だし。中心である監督はボランティアだから、あまり負担はかけられないし。保護者会もボランティアで、むこうの交流会の主催者もボランティアで、決して自主的というわけではない中で、ムリしてがんばっている部分もあって、企画・運営も付け焼刃的で、でも、一生懸命で、予算的にもカツカツで・・・。
アレルギー対応策の通し方について、対学校・幼稚園(交渉的)とか、対子ども会(民主的で対等)とは、全然違うやり方が必要だ!
また、「やり方」とは別に、多少のダメージを受ける覚悟もまた必要だ!(親も子どもも)
と、手持ちのカードをまた増やすことができました。めでたし、めでたし。

ほんとにめでたいのかーっ!

 
スポ少のような団体の場合、こうした方がいいのじゃないか?
と反省した点は、
8月後半のピカリンの「合宿」付き添いで、応用してみて、「カード」の検証をしてみようと思っています。
で、まとめてみようと思っています。
しかし、それなり重度アレルギーで、スポ少やっている人、ってどれくらいいるのかな?本当に、チクリンが異様にやる気満々だから、付き合ってるけど、まっこと、大変なり。
でも、たぶん、アレっ子子育てで、これが最後の山場だろうし、これを超えたら、もう子供も独立し始めちゃってさびしいだろうから、がんばんべー!

と、
今日は独り言でやんした。
(書いて、少しガス抜きしないと、やってらんないぜー)

 

ひとつだけ。
事前に、(安くて古い)旅館と電話で話していたら、
「前にアレルギーのお子さんを泊めたことはある。みんなと同じ部屋で、ほこりで咳が止まらなくなったことがあったから、タケさんとチクリン君には、狭いですが独立したお部屋を用意しましょう」と、「むこうから」提案くださいました。ありがたしー!
チクリンにとっては、経験として友達と一緒の方がいいと思うから、できれば大部屋にしようと思いつつ、「もしも」に備えて、部屋は確保しておいてもらった。
ら!
何じゃー、この部屋!
カビ臭くて、私の鼻水が止まらないよー!
げほげほ、ぐずぐず・・・
・・・・
難しいねえ、本当。
もちろんチクリンは、友達と一緒の部屋。
そのほうが全然マシでした。
高密度シーツと寝袋で、一番端の布団にしてもらいました。
それでも何が起こるかわからないので、対応を考えて、私はカビ部屋でひとりで寝てました。
いろんな場所でタバコは多いし、運動や移動もハードだし、心配したけど、
何事も無くて、良かったです。

|

« おねしょ 考 | トップページ | 「化学物質過敏症」(あのときのこと その7) »

心と体」カテゴリの記事

コメント

良かったねー、何事もなくて!
旅館の人、良い人で良かったね♪
カビ部屋で一晩耐えたタケ店長、オツです。
なんで学校で使う旅館はあんなに古びて
かび臭いところが多いのですか?!
団体だから、絶対儲けてるだろー!
布団くらい替えろ!と、毎回心の中で
激しく突っ込んでました(笑)

投稿: サトポン | 2006-07-24 16:20

>サトポン! ありがとう。

旅館の人、とっても良い人なのに、
やっぱり、これだけかび臭いのは、良くない、ってわからないところが、アレルギー疾患を理解してもらうのは難しいものなんだなー、と思う。
一言、言ったほうが良かったんだろうけど、言う暇がなかったよ・・・。
ちなみに部屋は、ひとつだけある洋室で、ベッドだった。
ここを、旅館の人は
「裏部屋」
と呼んでいた。
なぜに、裏部屋? 「裏」って?
こ、こわい。

カビは、特に、洋服ダンスのような作り付けの棚の中がひどくて、扉を開けたら、むせた。
中にバスタオルとか入っていたのが目に入ったけど、
速攻扉を締めて、二度と開けなかったヨー。
子どもたちの布団も湿っぽかったけど、
布団に顔を押し付けてかぐと、
カビやダニはそう多くないように感じた。
(人間リトマス紙ならぬ、人間ダニ測定器タケ。夫・・・一般人代表・・・にはわからないそうですが、私は臭いをかぐと、大体ダニの量が危険値かどうか、わかります)


本日になって、チクリンは、結膜炎ぽくなっていた。
この宿泊が原因だろうと思う。
想定の範囲内だ・・・。
それくらいですんで良かったずえ。

なんちても、安いからねー。
恐ろしく安い。
仕方ないのかなー、とも思う。
仲居さんも忙しいときは、殺気立っていたけど、
ちょっと余裕ができると、優しく対応してくれた。
・・・いろんな面で、気疲れしますた。です。

投稿: タケ | 2006-07-25 10:09

ごっ、ごめんっ!一言だけ突っこませて!
旅館の人、本当にいい人なのか!?
「裏」って気になるよ~~!
まあ仕方ないのかな、うん。仕方ない・・・。

ピカリンの合宿、がんばってください!

投稿: eri | 2006-07-25 11:51

>eri氏

するどい・・・
丁寧な対応。
こちらから言わないのに、「ハウスダスト」を考慮して、別室用意・・・。だから親切・・・ 「裏」部屋といっても、ほかの部屋と並んでいたしね。・・・しかしだからこそ、なぜ「裏」と呼ぶのかが、不安・・・
そすて!
「野菜をゆでるくらいならできますけど、どうしますか?」
とこれまた、向こうから言ってくれて、
ゆでた野菜を持っていくのは大変だから、ありがたいと思って「そうしてください」と言ったんだけど、出てきた盛り付けを見て、びっくり。
なんかさー、キャベツとか、丸い端3分の1をざっくり切って、それをたぶんゆでて、山の形のまま皿の上にふせて、縦横横横と切れ目を入れた形のままで出てきた。
フツー、これで食べる気しますか?
うちの子をなんだと思ってるんじゃー!
異性人か?家畜か?おぅおぅおぅおぅ!
と今なら言えるが、そのときは、他の子のお膳と比べて、胸がつぶれそうで、一気に自分の食欲減退! 
家に帰って話したら、食欲魔人のピカリンが猛然と怒って「うちだったら、調理室まで文句いいに行く!!」(←イヤ、できる人じゃないんですが)と言っていた。

親切なのか、
いや、
そう
親切でも、無神経だったな。
・・・世の中には、いい人悪い人、という分類のほかに
「無神経」な人がいる、
ということを、おぼえておこう!
アレっ子とは、相容れない種類であります。
eri氏。
するどかった・・・。

投稿: タケ | 2006-07-25 12:35

独立したお部屋=アレルギーに優しいお部屋 じゃーなかったのね~~~~(´□`|||)
独立しているだけに使用頻度も低かったりして、カビが倍サービスしてあったのか!?
心遣いはこの上なく嬉しいけど、うーん微妙。。。
まあそんなこともあるか・・・(^^;

K先生とおそろぱんつ、どんなのだろー。
すっごく気になる。おそろってことがわかるくらいのパンツ???うーん、気になる!!←ここを突っ込むなって?

ところで化学物質ネタ日記、本当にドキドキしながら読みました。どんな注意を払いながらどんな対策を講じるか指導できるDRって本当に少ない中、なんつーかな、やっぱK先生&石川先生すごいな。二年曝露されないようにか。。。とても具体的でわかりやすい指導かも。
でも曝露にしたって個人の意志だけでは実現できないだろうし、難しいね。
診断してもらえなかったり気付かないで苦しんでいる人っているんだろうなぁ。Kセンセが100人くらいいればいいのに。えええー←しかも全員お揃いズボン

そうそう、今日で以前からやめようとおもっていた日記をやめることにしました。たけしの日記、数年後にもひっぱりだして読みたいネタ満載なので、またちょくちょく来ます。
よろしくね~~!!

投稿: つなまよ | 2006-07-26 13:06

>ちゅなまよーーーっ!(号泣)

そうだよ、そこだよ、突っ込むところ!
フェリシモ・サニクラだよ!知っている人は知っている!
フツーの男には履けそもないズボンだよ!(結構派手)
もう、私はサニクラは買てないアルよ!

突っ込んでくれる人がいなくなったーっ!
あ・・・(涙、拭き)
いなくなるんじゃなかった。
そだそだ。
よかった・・・・

きょうたんとうちのチクリンくっつけたかったのにーっ!(ネットと関係ナシと思われ)
でも、
「アレルギーネタはもう書かない、」
と書いていたとき、ふと心の中に不安がよぎったんだYO・・・。

でもなあ、
私もこのブログは、書きたいことを書ききったら、やめようかな、と思っているから、
わかる気がします。

いつまでも、元気で!
ネタを繰り広げる毎日をっ!
いつか、どこかで、会おう!
必ず!

投稿: タケ | 2006-07-26 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/11082126

この記事へのトラックバック一覧です: スポ少合宿。ぷしゅ~~・・・:

« おねしょ 考 | トップページ | 「化学物質過敏症」(あのときのこと その7) »