« たまには、料理を。(カワハギの唐揚げ野菜あんかけ) | トップページ | 写真で通りすがる »

魚アレルギー(何を食べるか、何から食べるか!・・・答え、無し)

「抗原表」って、なん?

勉強不足の私を許してください。

はあーん。これが抗原表、っていうのか!
たとえば→http://www.mogumogu.jp/recipe/kougenhyou.htm
にゃーる。
東京近辺の患者の統計かぁ。

確かにね、
関西と関東じゃ、アレルゲンが若干ずれてくる、って言うし、
うちは東北だから!
って、そういう問題じゃなくて、ちゃんと知ってましょうね。→自分

似たようなのが、K医師の『アレルギーっ子の生活百科』にあるから、それは参考にしていましたが。

 

ところで、魚なんですよ!

 
今日は、ほんと、駄話だらだらなんで、忙しい人は読まないほうが良いと思います!

 

K医師がいた病院では、15年位前までは「負荷試験」の入院をやっていましたが、「子どもにかける負担が大きすぎる」というのを理由に、小児科医師団で話し合ってやめたそうです。当事は除去食自体批判されることが多かったから、進んでいるといえば、進んでいたんですね。

除去食解除は、医師と相談しながら親が様子をみてやることになります。

 

3年位前ですか、
「先生、そろそろ解除をしようかと思っているんですけど、何から始めたらいいですかねえ」
「大豆と魚で、様子見て」
「様子見て、って、試してみていい、って事ですか」
「そう。少しずつね」

ということで、
やることにしたんですが、
花粉の季節は避けたい、とか、
気圧の変化が激しい時期は避けたい、とか
教室に、冬物の服のダニが浮遊しまくりの時期は避けたい、とか
子どもの学校スケジュールがハードな時は避けたい、とかやっていると
ほんと
試す時期を見つけることが、まず大変ですよね。

一時期、
大豆方向行ってみましたが、
けっこう一般人の8割くらいの量(←予想)をとり始めたところで、耳切れが出ましたので、
すっと引っ込めました。(今、2割くらいで摂ってるかな)
ピカリンがハードなスポーツを始めたので、なおさらです。

魚、マジに行ってみよう、ということです、がっ!
むずかしいよ~~・・・。

うちの魚のアレルギーの出方なんですが、
ぐったりする
なんですよ。

ピカリンが年長さんのとき、
やたら疲れやすくて、ぐったりするので、
保育士さんと心配してたのです。
何もやる気が出ないくらい、病的にぐったりするのです。
で、
そういうとき、って、本当にわかるかわからないかくらいの薄ーい湿疹がうっすーら出ているのです。
つけていた食物日誌で調べて、原因は「鱈」(それからたぶん「鮭」も)と確信。
1ヶ月に1回くらい食べて、3回やって、全部同じ湿疹で同じぐったりだから、間違いないな、と思った。

つまり。
解除、って体の表面の様子などを見て試していくじゃないですか。
ピカリンは、あまり、表面に出なかったんですよ、魚。
だから、魚を試す、っていうのは、すごく難しそうで、本当に大丈夫なのか、すごく疑問になりながら、試すことになってしまう。
そういうことで、
魚をどう摂っていくのか、まず、我が家では判断が難しい・・・(こわい)

 

しかし、この魚をやめた時期のピカリンは、
もう、いろんな症状がぐっちゃぐちゃにこんがらがっていたので、
私は、鱈だけじゃなくて、魚という魚を全てさーっとやめちゃったんです。
自己判断はだめだというけれど、
とにかく、いちど、すっきりさせてあげたい!
って感じでした。
(当時日光を浴びてもがー!っと悪くなるので、家に軟禁状態)

 

だから、難しそうといっても、
たぶん、そんなに、食べられないものが多いわけじゃないだろう、とも思えるんです。
(ちなみにチクリンは、カレイの煮つけ(もしかして半生だった?)で蕁麻疹)
よし!
まじめに、魚に挑戦だ!

ってんで、
また、K医師に
「先生、魚、って何から試したらいいかな?」
と言うと、今の『生活百科 第3版』が出る前ですね、
この第3版に載っている「抗原表」ならぬ、「魚汚染度表」を下さって、
「これを参考に、汚染度の低い魚を試してください」

 

K医師は、化学物質や、汚染度で、アレルギーを考える人だから、こういうことです。

たぶん、その考え方は、私の家に合っている。
この汚染度表、と
東京医大の魚の「抗原表」って、かなり、ずれがありますよねー。
抗原表の「1」や「2」に入っているどじょうや鯨は、K医師は、全然勧めません。
K医師の勧める「いとより」は、抗原表の「3」だよねえ。
そんでもって、こちらでお世話になっている小児科の先生は(とってもいい先生です!)
「青味の魚じゃなければいいんじゃない?」
うーん。
そうなんでしょうか・・・・
どうなんだよーっ!

 

わかんねえ!わかんねえ!
わかんねえけど、毅然と魚解除をするぞー!

まずは、パック売りじゃない、新鮮そうな旬の魚だ!
どこだ!どこだ!と地元の魚屋へ。

 

「カナガシラ」

「ヤコ」

「沖ギス」

 

なんじゃこらーっ!

 

・・・・とほほ~・・・

でも、負けない。

確信のもてそうなものから、徐々に解除です。
食卓も豊かになるしね。
豚肉ばかりなのも心配だから・・・。

 

今のところOKなもの

●いとよりだいのすり身(K医師イチオシ) グリーンファミリーのすり身を弁当に多用しています。

  • グリーンファミリー
    アレルギー食品専門店

    東京都渋谷区恵比寿1-7-10
    山下ショッピングセンター内
    TEL 03-3442-7918
    FAX 03-3443-4227
    営業時間 午前11:00~午後6:00
    定休日:月曜日、日曜、祭日は午後1時より営業
  • うちは仙台のヘルシーハットさんまたは多賀城のはじめのいっぽさんから購入

    http://www.healthy-hut.co.jp/cgi-bin/cargo/goodsprev.cgi

    ●おなじく、いとより鯛の塩焼き

    ●かわはぎ

    ●しらす(医師によっては、あんまり良くないんだね)

    ●小鯛

    ●ほんとに天然の岩魚

    ●ワカサギ (日本のもの,ってここ数年でなくなったね。今は中国産ばかり)

     

    こんなところです。

    沖ギスって、キスだよね。つぎはこれかな。

    前に書いた手帳http://taketaketake.tea-nifty.com/cooking/2006/06/post_d8de.htmlのカバーの背中にポケットがついているので、ここに、「表」をコピーしたものを入れて持ち歩いて、魚屋でじーっと見ています。
    魚屋さんに相談するのが一番いいのかも。
    わかってくれる魚屋さん見つけるのが、いいかなぁ・・・

     

    ちなみに、上記↑手帳、来年版が販売になっております。
    宜しかったら、どうぞー!
    http://www.1101.com/store/techo/index.html

    |

    « たまには、料理を。(カワハギの唐揚げ野菜あんかけ) | トップページ | 写真で通りすがる »

    アレっ子育児」カテゴリの記事

    コメント

    はじめまして。いつも勝手に読ませていただいている、もうすぐ2歳のアレルギーっ子のママでございます。

    魚、苦労しますね。
    食べられる魚を探そうと、抗原表を見て、売場の魚を見ても、関西関東で売られてる魚と、東北(青森に住んでます)の魚って、違うじゃん!(特に私、出身は鹿児島なもので、ハタハタって何!という世界でして、売場の魚とはほとんど初対面でした)
    うちの子は、ミルク卵小麦と色々駄目なんですが、イワシなど青魚は夜かゆがる(検査数値は高くない)し、肉類は食べてくれないし(豚肉も蕁麻疹出る)で、売場にある白身魚を少しずつ試してきました。

    うちの子は、今の時期だと、真ゾイ、ハタハタ、カワハギ、金頭、平目、メバル、ホッケなどを食してます。最近は見かけないけど、夏場はキスやキウリ、ワカサギなども食べてました。油目は大丈夫だったり、ちとかゆがったりで保留ですが、タラや鮭はやっぱり駄目ですね。遠洋漁業で捕獲された後に冷蔵(冷凍)されてくるからでしょうか?
    やはり、地元近海で取れた、刺身用の鮮度の良い物が一番のようです。高いけど!(泣)

    今日も、お刺身用に売場で三枚におろしてもらってきました。刺身2枚だけパパ夕食用に取り分けて、残りはゆでて冷凍です。
    大変でしょうが、食べられる魚を少しずつ探してあげてくださいね。
    いきなり長くなってすいません。(他人事ではないのでつい書いてしまいました。。。)

    投稿: にゃあ | 2006-09-19 15:18

    ほほーう!そう言えばこんなものがあったネ←忘れてた
    これ見てなんだか今ならなんとなく書かれている意味が
    分かる気がする…昔はイマイチよく分からなかったけど。
    姫は系統でダメらしいので、結構深く追求するとまさに
    この表の通りなんだよね。

    ぐったりするのは怖いよね…食べさせて見ないことには
    何がダメなのか分からないのが非常にブルーよね(-_-;)
    よりよい新鮮な魚をゲットできることをお祈りしています♪

    投稿: サトワカ | 2006-09-19 15:31

    ホント魚は難しい。
    うちも鱈ダメですよ~
    アレルギー、やっぱり、出方はひとそれぞれですね。
    うちは、蕁麻疹(うっすら)と意味なくハイになったり、やんちゃ大魔神(いつもはやんちゃ星人)。
    毎日見てなきゃわかんないよっ!って出方なので、辛い~(T_T
    除去の先生は、汚染度より系統重視かも。
    鯨勧められたし、魚の系統表くれたしねぇ・・・
    でも、内湾産の魚はダメって言うし、養殖ダメって言うし、
    うなぎ(養殖)は産地によっては、70~80種類薬を使ってるから気をつけてとか言うし、アサリダメって言うし、ってことは、汚染度も気にしてるのか?です。
    今住んでいるところは、新鮮な魚も手に入るところではないので、ホント食アレ的に(も)住み辛いです。

    投稿: ゆうこりん | 2006-09-19 17:21

    前の記事での疑問にさっそく答えて
    いただいた感じでありがとうございます!
    タケさんの言うことは、ただの表と違って
    経験談混みだから、なるほど!ということが満載。

    その昔、白身の刺身を買ってきては
    焼いてた頃を思い出しました。
    うちは以前、鮭とかダメだったんですよね~。
    でも、認知度の高い5大アレルゲンと違って
    「鮭がダメっぽいんです」と保育園に言っても
    「ええ?鮭?」と、ありえない風の反応をされたっけ。

    K先生と東京医大、魚なんかはホント違いますよね。
    なにを信じたらいいんじゃい!って感じ。
    うちの場合は汚染度というよりは、
    脂肪の多い魚がダメだったのかなあ~。
    いや、汚染度の高い脂肪だからよくないのか。
    種類だけじゃなくて産地も見なきゃいけないし、
    ホント奥が深いですよね(~ ~;

    息子が好きだっちゅーだけでアジの干物を
    やたら買ってくるのはやめてください、おばあちゃん。
    「だからこういう加工魚はさー」
    と説明しながら、すっかり食品オタクと化している
    自分に気づき愕然・・・。

    投稿: eri | 2006-09-19 19:23

    うちも、魚は、食べられるのを言った方が早いです><
    鮭と鱈とツナ缶のみです。(ホントは鮭も鱈もアレルギー起きやすいんですよね?)
    青魚は毎年サンマの時期にちょっとだけあげるけど、怪しい・・です。
    それと、やはり、今住んでるところのスーパーの魚って、私自身があまり知らないのも多いのかな?
    って、やはり、自分の育ったところのじゃないからなんだ~と、今、今更ながら知りました><
    実家の方は新鮮な魚がいっぱいなのに・・・といつも思ってしまいますTT
    うちも来年の給食に向けて少しでも食べれるものを探さなくては!と思っているのですが、何から食べ始めたらいいの?とか、どこで買ったらいいの?とか分からないことだらけです><

    投稿: アン カフェ | 2006-09-19 21:42

    なるほどーー。
    確かに並んでる魚が違いますものね。
    ハタハタ、たらはフツウな気がしてた東北育ちですが、
    四国育ちの旦那にはなじみがないらしく、
    食卓にはのぼりません。
    四国にいったら、白身でたべられるのが結構ありました。
    小さなフグもOKで、おいしかったです。
    山形の実家では、ロハス弟が天然岩魚、鮎を釣ってきてくれます。
    どれもカンタンに手に入んないんだよーーーーーー・・・・(あっても高いんだよっ!!)。

    ほぼ日手帳、ワタシも愛用してます♪
    一言コラムにぐっとくる日もしばしば、です。

    投稿: こむぎこ | 2006-09-20 00:21

    >にゃあさま!はじめまして!コメント書き込みありがとうございます!!

    そうそう!
    ハタハタ!ハタハタ!ハタハタ!ハタハタ!
    って、だから、なに、って、ハタハタって、こちらではすっごいメジャーですよね。全然知らない魚でした。
    ハタハタ食えれば、かなりラク!
    と思ったんだけど、どのドクターか忘れたけど、「ハタハタはねぇ。う~ん。他の方がいいんじゃない?」と言われて、なんだヨ~・・・と思った記憶が。
    カナガシラって、金頭って書くのか!ふぅーん。
    子供の頃食べた魚と言えば、鮭・秋刀魚・いわし・あじ・さば、それから刺身、くらいなもので、全然、わからない魚だらけでございます。
    でも、にゃあさまも、異国の地(?)で少しずつ試していったんだね!
    怖がらず、少しずつがんばって、魚博士になろう!
    じゃなくて、家族みんなで魚を楽しもう!と思えるコメント、すごくほんとに、ありがとうございました!

    投稿: タケ | 2006-09-20 05:09

    >サトワカちん! ありがとーー!!

    系統、うん!
    始めの頃、見る気もしなかった・・・。
    でも、よく見ると、ぴったりなこと、って良くあるよね。
    前にお世話になった保育士さんが
    「タケさん。りんごとかさくらんぼとか食べると、すごく調子悪いんだけど、そんなアレルギーある?」
    と聞くので
    「バラ科かなぁ。桃とかもダメなんじゃない?」
    「あ!そう!そう!そうなんだよ! そうか、バラ科っていうのがあるのかあ。タケさんに聞けば、、もう医者に行かなくてもいいや」
    と言われ、嬉しさ半分、すっかり系統表オタクとなっている自分に気づき愕然・・・

    めざせ、系統オタクに抗原表オタクに、魚博士!
    (あんま、嬉しくないね・・・)

    投稿: タケ | 2006-09-20 05:15

    >ゆうこりん、

    いつも有益な情報をありがとう!
    魚アレルギーの話題は、どこかのサイトで十分な体験談が出尽くしたこともあったのかもしれないけど、私にとっては、初めて他人と話してみたことでした。
    やっぱり、みんな難しいのか!
    とか
    いろんな出方・食べ方があるんだなー
    とか
    初めてわかって、わかると、なんだか気持ちも落ち着いて、元気が出てくるなあ!
    ゆうこりんの、白身全滅の話は、すごく教訓だよね。いろいろある!っていう。

    私も、この夏埼玉の実家に帰って、魚の少なさにびっくりしたよー。今の自分は恵まれているんだなーと気づいた。
    カナガシラにびっくりしてないで、ちったあ頑張らな、お天道様からばち当てられます。

    それにしても、ゆうこりん、ホント頑張ってる!!
    私も、今日も(は)、ちゃんとやろ!

    投稿: タケ | 2006-09-20 05:23

    >eriしゃん、おはようございます!

    みんながいろんなこと書いてくれて、
    すごく勉強になったよねー。
    私も、話を出してみてよかったなー、と思っているところ!
    eriしゃん、前の記事へのコメントも含めて、ありがとう!

    思うんだけどさー
    医者も、たぶん個々の患者に何が適切か、は、特に魚に関しては(ほかのアレルゲンに対しても多かれ少なかれ、だろうケド)、何も断言できない状況なんじゃないかねー。
    一応、系統表渡したり、自分の考えを言ったりはしても、あくまで全て「参考にして」って事なんじゃないかなあ、と、今回思った。
    いや
    K医師に「汚染度表」をぶっきらぼうに手渡された段階で、「へ?」と思ってたんだけどね。
    私は、わかんなくて、不安だったけど、
    実はみんなそうなんだ、そんで医者もたぶんそうなんだ、
    って、思ったヨ・・・。

    あとは表とか
    自分の子供の傾向とかを総合して、
    親や家族が判断していくしかないんだろうねえ。
    魚は、ホント、種類×産地×育て方×保存の仕方で、
    何通りもあるから、
    実は適当に試して行きそうな自分に1万円。(おー、なつかしー!)

    投稿: タケ | 2006-09-20 05:36

    >アン カフェ さん、こんにちは!

    鱈と鮭とツナ缶。
    うちとは真逆って感じです~。
    ほんと、いろいろなんだねー。
    K医師、って静岡の漁港近くの出身で、
    その妻も、魚で有名どころの出身で、
    Kは、魚をいっぱい食べるところは、魚アレルギーも多いんじゃないか、って思っていらっしゃるようです。(K医師の娘さんは、赤魚でアナフィラキシーを起こしている)
    むずかしい~~~ねーーー!
    昔は、「魚」がどこで採れるか、なんて、考えてもみなかったのですが、今、海が一番汚染されているから、そう考えると魚介類は、要注意食物なんだよね!
    手遅れにならないうちに、安心して魚が食べられる環境になるといいな、と本気で思う。

    来年給食かー!
    「うちはこの店で○○を買う!」って、決めるまでが、ホントメンドイよね。
    店を探す苦労、って、アレっ子親にはあるよねー。
    うちは、あと、化繊でない冬物の服を売っている店(しかも安い)を探すのに、昔は苦労した・・・。
    きっと、いろいろ心配が山積みだと思う。
    秋には、学校説明会もあるのかな?
    応援してます。
    あせらず、ひとつずつ、頑張ろう!

    投稿: タケ | 2006-09-20 08:17

    >コムちゃん

    まず、ごめんーーー。
    ときどき、急いでコメントレスすると、人を取り違えていることがある!!
    こんなに失礼なことはない!!
    ふかーく、ふかーく、反省しています。
    失礼の数々、どうか許してください!!
    ちゃんと頭の中では、一人一人の像があるんですが、たまに錯綜してしまうことがあり・・・。ごめんなさいでした。

    でっ!
    旦那さん四国!
    いいなー、行ったことない。
    あっちも、魚はすごいもんねー。うちのダンナが何の実習かわかんないけど、四国に実習に行って、いっぱい魚を食べた話を良くしています。
    魚、って、子どもがアレルギーになるまで、「魚を食べてえらいぞ」「いわしもさばけるぞ」くらいの食べ方しかしてなくて、種類とか産地とかあんまり考えていなかった。
    野菜以上に、場所によって種類が全然違うんだねー!

    ほぼ日手帳。なかまー!!
    今年はあまり好きなカバー色がなくて、でも今のは汚れているので、ナイロングレープブルーにしました。
    一言、ぐっとくるよね。よくわからないのもあるが。
    ヘビーユーザーなので、しおりがすぐ取れてしまうのが、難です。

    投稿: タケ | 2006-09-20 08:32

    この記事、リンクしちゃいました♪
    よろしくお願いしまーす(^_-)-☆

    投稿: サトワカ | 2006-09-20 22:15

    >さとしぇ。

    こちらこそ、いつもありがとうございます!
    ごぼうの話、すごくためになりましたー!
    ごぼうとレタス、って親戚な感じもしないよね。

    投稿: タケ | 2006-09-21 05:23

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/11955863

    この記事へのトラックバック一覧です: 魚アレルギー(何を食べるか、何から食べるか!・・・答え、無し):

    « たまには、料理を。(カワハギの唐揚げ野菜あんかけ) | トップページ | 写真で通りすがる »