« 前記事コメントへのお返事(アレルギー用→鯛焼き・チョコバナナプチケーキ・フライ) | トップページ | 学校給食の話のタケにとっての大前提(何が同じで何が違う?) »

久しぶりで家族と遊べたのは・・・(「食べたい」より「納得して受け入れて欲しい」)

Dscf2495 日曜日は家族で磯遊びをしてきました。

以前は、よくこんな風に遊んだのですが、

部活とスポ少が始まってからは、全然遊べません。

今日は、中学生のピカリンが、定期テスト前で部活が休み、

チクリンは、スポ少の練習が短かったので、時間ができることがわかっていたので、

「ちょっとみんなで遊んで、夜は焼肉パーティーにしよう!」

ということになったのでした。

 

スポ少(サッカー)のみんなは、今日は午前の練習後に、監督のおごりで焼肉屋さんで焼肉パーティーです。毎年やっているそうです。

チクリンはどうするの?
という話になります。                       背景の左に見えるのが灯台
                                           右に見えるのが、くらげ水族館です。

Dscf2499

始め、彼は「家で焼いたものを持っていく」
と言っていたのですが
「やっぱり、行かない」
ということになりました。
「タレとか使えないし、焼いた冷たい肉を持っていくのもイヤだし、って言えば、みんなも納得するから」

この言葉の意味をよーく考えて、
初めて、彼の今までの言動がはっきりわかってきました。

親である自分は、「みんなと一緒のものを食べられないのがイヤなのか否か」が彼の行動を決定しているのかと思っていましたが、
実は
彼がいやなのは、彼がほかの人と別行動をしたり、違うものを食べることで、皆が「どうして?」と聞き、それがうまく説明できないとか、説明してもわかってもらえなくて、怪訝な表情をされたり、「ずるい」とか「わがまま」とか言われたりすることが、一番イヤなんだと。
それが、彼がどう振舞うかの決定要因だったんだと。

彼にとっては、人と違うものを食べることがイヤかどうかはその先の問題で、
まず、
今ある自分が受け入れてもらえるには、自分はどう振る舞えばいいのか、ということが、一番のファクターだったのでした。

今回
はじめに「自分なりの弁当を持って焼肉屋に行く」と言ったのは、
決してみんなと行動を共にしたいから(だけ?)ではなくて、
そうしないと、みんなが納得しないだろう、と思ったからにほかならず、
みんなが、納得してくれるのなら、
無理して参加することはないな、
という思考過程を経て、
「行かなくていいや」
になったようです。

本当は、
みんなと、ワイワイ焼肉を一緒に焼いて盛り上がれれば一番いいと思っているのだろうけど、それが叶わないのなら、じゃあ、どう行動する?

私は、代替食がどうとか、店の人やスポ少役員の人との交渉はどうする、とか、そういうことばかりに心を砕いていて、チクリンのそういった気持ちや思考の過程には、気がついていなかったなー、と反省することでした。

 

 

短い時間だったけど、家族(犬も入れて)みんなで、夢中で遊べて、とても楽しくて、良かったタケ家でした。
チクリンもそうだといいな、
まだ、私はわかっていないことがいっぱいあるのかな、
と思いつつ・・・。

|

« 前記事コメントへのお返事(アレルギー用→鯛焼き・チョコバナナプチケーキ・フライ) | トップページ | 学校給食の話のタケにとっての大前提(何が同じで何が違う?) »

アレっ子育児」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。小6の食アレ娘を持つハナママと申します。まずは、ご家族で楽しい時間が持ててよかったですね。
娘もスポーツクラブの飲食を伴う行事のたびにいろんなことがあったなぁと思い出すような記事でした。大きくなればなるほど別の課題がでてきますよね。
そのたびに子供の心を読みながら、深読みしたり浅読みだったりわからないことが多いですけど、納得して現状を受け入れて欲しいと願ってやみません。
来月には修学旅行もあり、学校と調整の日々を送っています。過去の記事も読ませてもらい(まだ途中ですけど)心当たりの多いことに驚いています。
我が家にも柴犬がいます。なんだか環境が似ていてウンウンといちいち納得しながら読ませてもらってます。参考にさせてくださいね。

投稿: ハナママ | 2006-10-02 12:25

家族での休日、すっごく楽しそう!
磯遊びか…いろんな生き物を発見すると
妙に嬉しかったりしますよね♪

チクリン、がんばってるね。
周囲を納得させるのって、難しいよね。
みんながみんな、友達というわけでもないし
好意的な人ばかりではないから、苦労することも
沢山あるよね。

今回、チクリンの気持ちに気がつく事ができて
良かったですね。
まだまだこれからじゃないですか♪
さすがタケ店長のお子さんなだけあって
すごく前向きな姿勢がカッコイイなと
思ってしまいました♪

投稿: サトワカ | 2006-10-02 12:59

>ハナママさん!はじめまして!ようこそ!

ハナママさんのところのブログ、ニヤニヤしながら読んでしまいました。
だって、会話が似てるー!
アレっ子(思春期)と親の会話、ってやっぱりどこでも似るもんですね。
私のブログは、話があっちこっちにいくし、長いしで、読みにくいことと思うのですが、
こちらこそ、どうかよろしくお願いします!

投稿: タケ | 2006-10-02 15:23

ニアミス行けるか?(笑)あ、書き込んでる時間のことね(^^;;;

たけさん、落ち込むこた~、ないっすよ、絶対に!
気がつけたんだもの!
立派です!

子供といえど、別の人格ですしね。
色んな経験しますね。
向き合うって、根性が要りますね・・・(只今、我も真っ最中・・・相手は旦那(爆)
でも、
その先にあるのは、明るい未来!そうに決まっていますわ!

と今日も尻切れトンボで、撤収!

投稿: さっかぐっち | 2006-10-02 15:37

>サトポン、実はね・・・

ここで採ったカニを食べた!
素揚げにして・・・
「え~、もっと食べていいでしょー」と、子ども。
「ばかっ。フツー、試す時は煮た汁から試すもんなんだヨッ! カニは今まで(症状が)出たことないし、たぶん大丈夫だろう、って思うから、とりあえず小さいカニを丸ごとあげてて、本当はこんな試し方、危険なんだからねっ(←だったらやめましょう) この程度で、様子を見てください」

いやー、
磯で「食べてみるか」と言ってからの、子どもの蟹採りへの
集中度執着度は恐ろしいものでした。

はっきり言って、おいしいんです。
チクリンは「アー、症状が出ませんように! 大丈夫だったら、今度はいっぱい食べられるね!」「いや。時々ね。少しずつね」

今のところ、皆なーんともなく、元気です。
(それから、「亀の手」と言われるものも採取したが、料理をする気が起こらず・・・)

スポ少づきあいは、難しい。
クラス担任から話してもらうようには、監督からは話されないしね(「アレルギーだからな!みんないろいろ言うなよ!」くらい・・・)
だから、友達への説明も難しいよね。
チクリンも9歳で、いろいろフクザツな思いも経験しているのだろうけど、細かい気持ちのひだまではわからないから、がんばってもらうしかない! と思いつつ、今回は、チクリンの思考過程がわかって、対応の仕方も考えられて、よかったです。本当に。

チクリンねー、写真ではハゲ(保育園時代からの本人のシュミ)ですが、モテ男路線を順調に走っている感じで、そういう路線から全く外れていたダンナは、すごく悔しがっています・・・。

投稿: タケ | 2006-10-02 15:38

>さかぐち!ニアミス! 画面に向かって、おこんにちわっ!

この記事が、珍しく夜に書かれていることにお気づきでしょうか・・・。
実は、チクリンでなく
ピカリンと、
正面から向かい合わなくてはならないしんどい会話が、この記事書き込みの直前にありまして。
全然関係ない話を書きながら、自分の気持ちを落ち着かせていたのでした・・・。

前に、ピカリンの勉強が遅れていたことを書きましたが、なかなか挽回は難しく、勉強が良くできるチクリンとの比較で(親は比較してないんだけど!)、すごくコンプレックスをもっていたことを知ったのでした・・・。
「そうだったのか・・・」
って思い知らされる、って
けっこう、きついよねー。
根性、根性。
(ダンナに思い知らされても、腹しか立たないんだけどね、なぜか)

カンケーないけど、
この磯遊びに場には、だんなもいますので、
ご安心を(あ、心配してなかった?)

投稿: タケ | 2006-10-02 15:45

↑うちの義弟、うちの夫に対してやはりそういうコンプレックスがあったらしく、今になって義母に「あの時はアニキが~~で母さんは~~だった!」とか話すことがあり、義母がショック受けて逆ギレしたりしてます(^ ^;40近くなっていまさらそんなこと言われても・・・!ですよね、
と言いつつ、私自身もこのまえ母に「あの時、私は~~だったのに全然わかってくれなかった!」と恨み言を言ったら同じく逆ギレされたのを思い出した!
今だから言えるっていうか・・・当時は「どうせわかってもらえない」と思って言わなかったんだよね。もう時効だと思って言っちゃったんだけど、親にとってはそういうこと、今さら言われたくないんだろうな~。
ピカリン、正面からお母さんと向かい合える関係なの、ちょっとうらやましいな。現在進行形で気づけたなら、いろいろ変えていけるはずだし。

チクリンの話、勉強になります。
うちの3歳児なんかは、まだ「みんなと一緒のものを食べられないのがイヤ」なだけの段階なのでしょうが、「みんなと一緒でないのはあたりまえ」と受け入れた次の段階として、「いちいち説明して受け入れてもらわなければいけないという葛藤」とかが生まれてくるんでしょうね・・・。
ふぇ~、道のりは遠く果てしないなあ・・・。

投稿: eri | 2006-10-03 13:21

>冒険家(何の?)eri嬢。おきゃえり! 報告を楽しみにしてるデー!

そーなの。
私は、ピカリンのがんばりを本当に誇りに思っていて、すごいなあ、すごいなあ、と思って、そう表現していたつもりだったんだけど、本人は、いろいろときつい思いをしていたんだなぁ、と、そう思って振り返ると、いろいろ考えの足りない発言もしていたやも知れず、反省&軌道修正中です。
まだ、あるのかも!
ぐえー!
でも、ピカリンのことを尊敬していて、大好きな気持ちには変わりないから、なんとか、やっていきます!

チクリンの方も、「そう思ってたのか!」って話だよね。
食べられるかどうか、行事に参加できるかどうか、って、ついそこばかり考えてしまってたんだけど、そうだよ、そっちの「受け入れ」体制もあったじゃん・・。わかっていたつもりだったけど、手を抜いたところでは、やっぱりいろいろ出てくるなー・・・仕方ないと思うけどっ!という感じです。

二人とも大きくなって、いろんなこと考えるようになって、それを言葉で表現されることで、アレルギーっ子の子育ても、どんどん・だんだん大団円となりつつあるんでしょーかねー。

みんなが元気で長生きして欲しいよー(←これのみですわな、究極)

投稿: タケ | 2006-10-03 14:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/12111793

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりで家族と遊べたのは・・・(「食べたい」より「納得して受け入れて欲しい」):

« 前記事コメントへのお返事(アレルギー用→鯛焼き・チョコバナナプチケーキ・フライ) | トップページ | 学校給食の話のタケにとっての大前提(何が同じで何が違う?) »