« おせち 2007 (中身編) | トップページ | 栄養士さん »

おせち 2007(語り編)

昨年の暮れも押し迫った頃、

「暮れと正月の過ごし方は、どうしようかな~」と、独り言をつぶやくと、
すかさず中1のピカリン
「天井から果物をぶら下げるヤツ!!  やろう!やろう!」
「毎回それ言うよねー。
あれはさー、除去が強くなって、でも、その頃のお母さんは、暮れは蕎麦とかスキヤキとかしか思いつかなくってさー、まだアレルギー料理がうまく作れなくて。それでも、何か、特別なことをやって、年末年始を楽しみたい!という中の苦肉の策だったわけ!! まだ、ピカリンもチクリンも小学校はいる前だったから、喜ぶかなあ、と思って考えたんだよ。
あんたさー、小学校も終えて、もう13歳じゃん!! 天井から果物ぶら下げて、おもしろいか? すぐに取れるしさー?」
「手を使わない、っているルールを作って、パンくい競争みたいにやる!」
「・・・・・・どーしても、やりたいんだな?」

本当、
除去食が一番厳しくなった歳の暮れは、いったい、食べ物抜きでどうやって過ごせばいいのか、もう泣きたい気持ちだったんですよね。

一般の人もそうだろうけど、「食べ物」を抜きにして、行事とかイベントとか考えられないようになっているじゃないですか。
私もそうで、いったいどうしたらいいのか、考えられなかった。
アレルギー対応料理をどう作るかも、まだ始まったばかりで、手持ちの札もすごく少なかったし・・・。
暮れと正月の過ごし方は、困り果てていました。

それで、部屋の端から端までビニールテープを渡して、
その途中に、食べられる果物やお菓子をぶら下げて、時々、頃合を見て取って食べる、
って、
ほんとーに、なんでもない企画なのですが、
おいしそうなものが始終「ぶら下がっている」という状況が楽しかったのか、ピカリンは、毎年それをやろう!と言います。
親の心子知らず、と言うか、親のネライ当たりすぎ、というか、
その頃の私はその情景がどこか物悲しかったのだけど、子どもには驚喜大爆発企画だったんだねー。

そのときの御節も、
まだお重も無く、お重を買ったところで、詰められる料理なんて考え付かなかったから、
食べられるきんとんぐらいは作って、ちょっと特別な感じの料理を小分けにして、広いお皿にちょっとづつ盛り付けたんだよな。
今思うと、さびしい料理だったけど、
その頃は禁止していたコタツ(布団のダニにやられる)を丁寧に手入れして出してみたり、とにかく「特別」を演出して、何とか楽しもう!って、「必死」だったような気がする。
楽しいは楽しいんだけど、
自分の中では、どこか悲しかった頃。

 

そんな頃から大体8年くらいたち、
できる料理も少しずつ増え、
自分の中にも「悲しさ」の微塵もない、満足至極の正月を過ごすにいたっています。

紹介した御節は、
毎回、ほぼ「完食」
すごいよね、食欲が。
「あと、御節どれくらい残ってる?」
「あと、1回か、2回分くらいかなあ・・・」
「じゃ、大切に食べよう」
「しまったー! 完食しないようにしようと思ってたのに、食べちゃったよー!」
「おいしいものは、なるべく長く食べたいじゃん」
「ああ、今日も、伊達巻はおいしいなあ!」
いろいろと嬉しいことを言ってくれる子どもたち。
「ほんとに、うまいよな」
と、毎回言ってくれる夫。
わたしも、おいしいですし、酒もうまい。
食べるものがたくさんあって、本当に幸せです。

こんな正月が過ごせるとは、
8年前はおろか
市販の御節を何でも食べられた頃も思ってもみなかった事。

それも、これも
アレルギー料理精進のおかげです。

今年は、ブログで知り合った方からの料理からヒントもたくさん頂きました。

お料理、本当にできなかったんですよ。
私の過去を知っている人は、今画面の前でうなづいていると思います。

前回、一気にいろんな御節を見せましたが、
(大したこと無いけど!、)でも、やっぱり、少しづついろんな技を身につけて、作れるにいたったんだよなあ。

昆布巻きひとつとっても、
肉をカツオだしで煮る技は、煮すぎちゃった肉でシーチキン風、を作り出したとき(このブログの初期で紹介)に思いついた技だし、
巻いているかんぴょうも、何の苦もなく戻せるのは、食材不足から転じて「乾物」にはまっていた時に、身についた技。

伊達巻だって、どういう風にカステラ風にするかは、パンケーキや蒸しパンやその他諸々で日々探求している中であみ出しているのだし。

「おいしい」だけじゃなくて、
そういう自分の中の歴史が映し出された御節でもあるわけで、
感慨ひとしおです。

もっとすごいのを作っている方もいっぱいいらっしゃるのだと思うけど、
今の私は、これですごく幸せです。

 

だから何?
って、うまく言えないけれど、
ここまで来れて、嬉しいなあ、と、御節の写真を撮りながら、思ったことであったことよ。

|

« おせち 2007 (中身編) | トップページ | 栄養士さん »

アレっ子育児」カテゴリの記事

コメント

3連続アップ、素晴らしいです。
すごい、というのも陳腐すぎるので、あえて語ってみると・・・
なんていうのかな、タケさんのところにくると、
単なる幼児期の、ダメなものだけ除去するっていう
苦行とは全然別物の、家族の体をよく知ったうえで、
よりよいものを、よりよい状況で食しながら楽しむっていう、
すごく晴れ晴れとした日常が展開されていて、
あっかるい気持ちになれるんだよね。
これが到達点であるのなら自分もがんばっていけるかな、と。
チクリンの小指と花開くマシュマロを見ていて
そう思いましたです。
今年も癒されにきますのでよろしくー!

投稿: eri | 2007-01-03 18:44

あぁ、なんか、いい正月です。
いい正月って、なんだけど、酔っ払ってるので許してください!
タケさんのところへ来て、eriさんと同じく、あっかるい、
すがすがしい気持ちにさせてもらってます。
タケさんのところで、強く思ったことは、
除去、代替以上に、おいしく、楽しく食べる食事、イベント。
これを忘れなければ、大丈夫!と強く思えるようになりました。

チクリン、ピカリンのセリフがぐっときました。
母として、すっごく嬉しいコトバですよね。

話は戻りますが、アイスバイン!ものすっごく食べたいです!
ドイツ料理の豚の塩漬けと一緒なのかな??
野菜と一緒に煮込んだのがものすっごいおいしそうです~~。

31、うちの記事のeriさんへのコメントに書いてました!
お役に立ててよかったです。
(近くにないので、早く食べてみたーい!)

投稿: こむぎこ | 2007-01-03 19:38

>eriさま、いつも、マジ涙が出るようなステキなコメントありがとうございます! eri嬢がお笑い系なんて、私には信じられません!(ホントにか)

いつも、私が思う以上のことをeri氏が展開してくれるので、かえって私が勉強になっております。

なにしろ、自分はナイーブで、すぐにつぶされちゃう方なんで、閉塞的な状況が訪れると、つぶされまいとして、とりあえず「穴」を開けにかかるんですよね。「穴」を開ける作業をしている間は、少なくとも「希望」があるわけで、「希望」が胸にあると、つぶされないんで・・・
は! なんか、語ってる!!
今朝、別件で、布団の中で考えていたもんだから、つい・・・。
壁があったら、穴開けて、また壁があったら、穴あけて・・・
と、歩いてきたら、今ここ?みたいな感じじゃないかと思います。
しょっちゅう書くけど、ピカリンが生まれて8年くらいは、人に表現するエネルギーが無いほど、困惑・迷走・落胆の連続でした。いつもいつもつぶされかけているような感じで・・・
と、書くのは、
まだお子さんが小さくて、
「うまくできない」「生活がうまく廻っていかない!」とつらい思いを日々されている方に、エールしたいからなんですが。
人生、ちびしいね。
でも、目の前に自分に笑いかけてくれる笑顔があるなら、その幸せは抱きしめていたいよ、その幸せはかみ締めていたいよ、と思って、ぎゃんばろう(←自分に言っている)

ちなみに、
チクリンの小指は、「遺伝」で、義ジジイも、小指立ててお茶飲んでます。やれやれ。(夫とピカリンの小指は微妙に曲がってる)

eriさま。本当にありがとう!!

投稿: タケ | 2007-01-04 07:09

>こむさま。

こむサマのところの鯛がよだれです!
つか、
美しい!
いやさー、私も今年は、松とか南天とかね? お重の中に入れて少しは飾りたいと思っていたんですよ!
いつも紅白の敷物とかもしているんですよ!(はいはい、言い訳始まったヨ)
だけどさー、スーパーがすごく混んでて・・・言い訳になっとらん!
こむぎこ氏のブログは、本当に眼の保養になって、工夫満載・想像力の泉・センスぎっしり! で、これからも期待しています!展開が楽しみです!

アイスバインはドイツの塩漬け肉だから、同じものだと思うー。なんつっても、生協共同購入だから!(←この辺りからの情報しかない田舎) よくわかりません・・・。

31アイス!ありがとう!
31のHPも、かなり良心的だよねー。
ナッツとかほかの原材料も書いてくれると嬉しいんだけど!と、ちと思いますが。
そのようなお願いと同時に、フレバーの提案もしてみるか?
酒米発酵ソルベ練餡抹茶マーブル・・・うーん、結構good?
牛皮チップも捨て難い。

投稿: タケ | 2007-01-04 07:22

タケさん、あけましておめでとうございます。
お節、すごいですね!!!どれもおいしそうです。私なんて、アレッ子は4歳の3番目だけなので、そろそろアレッ子対策のお節を考えなくちゃなあ・・、って思ってたところです。いいかげんごまかしがきかない年齢になってきたので。
来年!?から是非参考にさせていただきたいです。伊達巻きなんて喜びそうですね。東北は寒いんでしょうね。どうぞお大事に。
あまり寒くない、テキサスからでした。

投稿: takumarina | 2007-01-04 09:53

アイスバイン、生協で取り扱ったりしてるのですね!
うちの生協もチェックしておかねば~~。

そういえば、ジェラードですっごくおいしかったのがあって、
カルテットっていうんだけど、
きなこ、抹茶、小倉、牛皮、が入ってるんです。
このラインで行ったら、豆乳ホイップや、ライスドリーム使ったアイスがすっごいおいしくなるんじゃなかろうか。
(豆乳ホイップの時点で充分ウマイんだけどーーww)

ところで、こまち麺発見しました!
リンク頂いてしまいましたが、よろしいでしょうか?

投稿: こむぎこ | 2007-01-04 22:57

>takumarinaさん、こんにちは! 今年もよろしくお願いします!!

今年の東北は、去年ほどは寒くなく、
「あったこいの~」(温かいね)「たすかるの~」というのが枕詞になってます。
内陸山形市よりも、日本海側のこちら庄内のほうが、暖かいんですよね。
テキサス!は、真冬でもかなり暖かいというもんねー。3月に行った時は、在米中の弟が残念がるほど涼しかったのですが、あちらの人は、ノースリーブの方とかいて、「体の構造が根本的に違うんだよ!」と弟君がなぜか毒づいていたのを思い出します。大晦日のテキサスの写真、海がすでに温かそうだもんね。こっちは、「津軽海峡冬景色」といった風の海です。

アメリカの食材の少ない中で、御節を作るのは、すごい!
年越し蕎麦のかき揚げとか、よく頑張ってるなー!と思いました!!(なぜか頭の中にはそちらのうるさい換気扇の音がしている・・・) アレルギーで食材が限られた上に、外国で食材が限られる、っていうのは、やってみなくちゃわからない「ストレス」ってあると思う。のに、takumarinaさんは、前向きだよなー!といつも思っています。
なかなかコメント書き込めませんが、元気をもらいに遊びにいってますんで、また、よろしくお願いいたします!!

投稿: タケ | 2007-01-05 06:29

>こむさま。

牛皮入りのジェラート、すでにあったのか!
さすが・・・(なにが?)
あー、これ、是非ライスドリームでやって欲しいですよね!

農友こまち麺!!
忘れてた・・・。こちらの「こめきり」ばかり食べていたので・・・
リンク、ありがとう!ございます!
実は親戚が、こまち麺の販売に強く関わっていたことを最近知りました。彼にも知らせておこう、っていうか、現場でこむさんと顔合わせてたりして!!聞いてみよう・・・。

投稿: タケ | 2007-01-05 06:33

遅くなりましたが明けましておめでとうございます。
御節工夫がいっぱいで良いですね。
アレ食って除去の仕方+家族の嗜好が絡んで来るので、
本のとうり作ったからって良いってもんじゃないのが難しいですよね。
タケさんがお料理が苦手だからではないと思います。
今のようにネットで調べることも出来なかったよね。
ブログで簡単に情報が伝えられるようになったから、
コツとかがあっという間にわかるようになったと思う。
HPの時代はここまでじゃ無かったよ。
でも、PCの向こうには同じ気持ちの人がたくさんいる。
繋がっているって感じられるてすごいよね。
未だに自己流のどんぐりでした。
今年もよろしくです。

投稿: どんぐり | 2007-01-05 10:03

>どんぐりさん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

そうだよねー、昔は、情報無かったです、本当に。
得られても、ほんの一人か二人の一つか二つの情報だったりして、今みたいに、あちこちのHPやブログをわたって、それらを総合して、というようなことは、できなかったですね。ホームページを作る技術は特別な人しかもってなかったし。
「パソコンは情報の宝庫で、どんな情報でも取り出せるんだ!」って思って購入して、そうそう、あのころは、DOS時代で(きゃー!)インターネットも無くて、「なんだよパソコンて、全然情報無いじゃん?」という感じでした。
シロウ性湿疹とアトピー性皮膚炎のピカリン抱えて、子連れの人に郵便局でも街でも、片っ端から声をかけて、「アレルギーのことに詳しいお医者さんて、知ってる?」とか、やってました。

地域だと、下手にかかっているお医者さんの悪口もいえなくて居心地悪かったりするけど、
ネットだと、情報のほかに、そういうところを超えて、分かり合えるようなところがあったりして、かなり救われています。
つながれる、ってホント、すごいです。
アレっ子かかえて孤独や苦しみで押しつぶされそうになっている人が、少しでも少なくなればいいなー、といつもいつも思っています。

ということで、
どんぐり様には、今年もつながっていたいと思っております!
よろしくお願いいたします!

投稿: タケ | 2007-01-05 20:47

あけましておめでとうございます。
8年前は~~とおしゃってるいますが、ほんとうに??とおもってしまうわたしです。いやいや、ならばわたしも8年後にはこうなってる??とおもってもみたりして。
端っこにうつってたちょろぎがかわいくって色、見た目、味もポイントだなっておもいました。わたしもさがしてたんですけどみつけられませんでしたー。
タケさん、ことしもよろしくおねがいします。

投稿: あき。 | 2007-01-05 22:13

久しぶりにコメントします。
御節がとってもおいしそう!だんだん中身を変えていくなんてすばらしいですね。タケさんのイベント料理はいつも品数豊富で尊敬します。
昨年は、タケさんのブログと出会い、アレルギー子なのに海外に行く?!ホントに行っちゃったよー!って観覧専門のときから一人で盛り上がってました^^ アレルギーだからって諦めずチャレンジしていく母の姿があってこそ、子供自信の希望と可能性を広げてあげられるんだなって前向きになれました。

これからもパワフルで明るい家族の姿を楽しみにしていますので、お忙しいとは思いますが更新頑張ってください!

投稿: sizuku | 2007-01-05 22:35

おせち、すごい!日替わりで少しづつ変えるなんて
オシャレですねー♪♪今年は御節が四種類しか
入っていなかったとか、うっかり寝正月になったとか
寝ている間に写真を撮る前にあちこち食われてたとか
そんなこと今更恥ずかしくて言えません。←言ってるじゃん!

伊達巻、すごいね♪私は作ろうと考えた事が
なかったです。常に給食の代替は考えても
その他に頭が回らなかった…(-_-;)

天井ぶら下げ争奪ゲーム?ちょっと楽しそうです。
うちの娘もやったら絶対大喜びすること間違いなし!
それこそ毎年やってくれと言いそうです。
↑常に刺激を求める女

色々書きましたが、最後に
今年もよろしくお願いしまーす♪


投稿: サトワカ | 2007-01-06 00:14

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
おせちすごいですね~中味がかわるのがまたすごい!
アイスバイン食べてみたい~

師匠のブログとっても楽しみにしています。
私のアレっ子育児の心の師♪(と思ってます)、色んな意味で癒されてます。
今年もよろしくお願いします。

投稿: ゆうこりん | 2007-01-06 16:42

七草がゆの日ですが、あけましておめでとうございます。
PCの向こう側の人にメッセージを送ってるとわかっていながらもウンウンそうだったそうだったと懐かしがってる私です(笑)
タケさん、きっとお料理苦手なんかじゃないと思うよ。すっごい頑張ってると思う。イベントはなかったことにしようと思って過ごしてきたことをちょっと反省。
でもネットのおかげでイベントも楽しめるようになりました。

遅ればせながら今年もよろしくお願いします♪

投稿: ハナママ | 2007-01-07 13:13

>あき。さん、今年もよろしくお願いします!

ちょろぎ、私も好きなんです。
色も味も。
絶対欠かせないので、真剣チェック!です。

実は、よーく見ると、大したことない御節なんですヨ・・・。
いろいろ、ごまかしています!
8年後は、絶対大丈夫!もっといいのができると思います!

投稿: タケ | 2007-01-07 19:46

>sizukuさん、こんにちは! 本年もよろしくお願いいたします。

御節は、微妙に変化させていくことが、かなりのポイントだと思います!
全部御節に詰めないで、隠し玉を冷蔵庫に入れておいて、二日目にだれている家族の顔を驚かせるのじゃ!fufufu・・・。
隠し玉は、買った出来合いのものでも、目先が変わるので、これにだまされるんですねー、家族の気分が。ッテークニック!
「隠しておいた」だけなのに「お母さんて、お料理上手だよねー。いつもおいしいよねー」なんつて、うけけけけけ! ころ!と、だまされてしまうので、おすすめの詐術です。

sizukuさんのコメント読んで、またまた海外旅行編を再読。やっぱりいろいろ忘れています。書いておいて良かった。
ピカリンの海外旅行熱は覚めやらず、英語の勉強だけは本当に一生懸命やっています。それだけでも、やってよかったなー、と思えます。
やって良かったこと、これからもいろいろやってみたいと思っています! よろしくお願いします!

投稿: タケ | 2007-01-07 19:55

>さとぽん、すでにいろいろお世話になっているけれど、やっぱりご挨拶!今年もよろしくお願いします!

耳鼻科争奪じゃなくて、ぶら下げ争奪。
争奪させると、血を見そうなので、ぶら下げたものを、1時間後はどれで、その1時間後はどれを食べるか?! と、ぶら下げた食品の下で、選択悶絶させるのが、結果。というか、だからさー、それの何が面白いのか、よくわかんねえ。
でも、たしかに、刺激を求める姫には、1回くらいは良い企画かもしんない!
うちは、あとにも先にもあの1回こっきりだけど、もう一回やると、「なーんだ」とかえって興ざめするかなあ・・・。

伊達巻、すでに伊達巻にあらず。
今後の御節の中身の行方もどこへ行くのか、かなり微妙!
と書きながら、どっかにいっちゃおうか、来年!と目論んでいたりして。
ということで、また今年もよろしくお願いいたしますと、重ね重ねお願い申し上げます。

投稿: タケ | 2007-01-07 20:11

>ゆうこりん、こにゃちは! 本年もよろしくお願いいたします!

いつもドタバタしている日常を書いているので、人を癒しているらしきことが、自分ではうまく自覚できないのですが、今後もどたばたしていきますので、どうか、大目に見た上、よろしくお願いいたします。

ゆうこりんの生き方自体がリアルに映し出されたようなブログで、ドキドキ読んでいます。
アレルギー状況が、うちと似たところも多いし、これからも語り合いたい!!と、とても思っていますので、ぜひ、よろしく!って、何回「よろしく」と書くんじゃ。
でも、ほんとうに「よろしく」なの。4649!

投稿: タケ | 2007-01-07 20:18

>ハナママさん、こんにちは! 今年も「大きい子ども」同士、よろしくお願いします。

お料理ね。
アレルギー料理を作る前、フツーの女の子(?!)だった頃から、すごーくニガテで、手際は悪いし、時間がかかるわりにまずいもの作るし、本当にね、そんな私を知っている人は、今の私におったまげーしょん、なんですよ、マジ。
周りも料理がうまくない、って思ってたし、私もそう思ってたし。
「料理」って、なんだかよく意味がわかんなかったんです、変だけども。調理実習も、なんだか、イライラしてね。野菜が何グラムで塩が小さじ何杯、が、何?!みたいな。料理上手な人やプロがいっぱいいて、完成された料理がいっぱいあるのに、自分が食事作りを追求する意味、って何?!みたいな。
でも、アレルギー料理、って未開拓分野だから、そういう「なに?!」が何も無くて、純粋に楽しめるところがあると思う。
それは、見方を変えれば、ラッキーなのかな、とも思っています。それが、うまく今の料理に反映しているのかな・・・。
あれ! またなんか、語ってしまったよ!

すんまへん。
こんな私ですが、今後もお付き合いくださいませ(ぺこり!)。

投稿: タケ | 2007-01-07 20:33

出遅れましましたが、
『あけおめ、ことよろ』です(苦笑)

タケさんの画像を見て、改めてお重が欲しいと思いました。
伊達巻風、アレッ子レシピだと大抵白身魚で作りますが、ワタシはアレが上手く作れません。玉子焼き器で焼くと必ず焦げてくれます。伊達巻、既に伊達巻ならず。とは言え、どうしても黄色い彩りが無いのがアレっ子料理。来年は魚に拘らず、お節らしさを取り入れてみたいと思います。

なんかタケさんとつなまよさんがどうしてもダブります、
まるで姉妹のような口調に引きつけられてなりません。
今年も遊びに来ますのでヨロシクお願いします。
(リンクいただいてもよろしいですか?)

投稿: nous-avons | 2007-01-08 00:06

>nous-avonsさん、今年もどうか、どうかよろしくお願いいたします!

つなまよさん。
エーキョーされたところはあります。ありが10とか、○○に○円!は、交流していた頃の名残。(名残、ってなんじゃ)
でも口調はたぶん、二人ともネットの見すぎなんじゃないかな。(あは!) 見すぎとは言わないまでも、「ネット語(口調)」の影響は受けてるかもなー。かな? あと「おもしろがるコト」が同じなのかもしれないです。で、同じような方向に走る・・・。
つな様の頭の回転のよい文章には、しばしば舌を巻いて感心至極でしたので、「似ている」と言われると、光栄です!(・・・なんか、「光栄」とかいうレベルの話なのか一抹の不安が)
ちなみに、私の実妹も、文を書くと同じ感じだと思うので、ワタクシめも、つなまよさんとはどこかできっとつながりがある!(3代前くらい?)と思っております。

お重を買うとき
「年に1度か2度しか使わない割には高い」
「本当に、『詰める』のか?」
と、悩んだです。悩んで○年。清水の舞台から・・・って古いよ!買いました。
運動会の時も、意地でも使っています。
「気分」が出て、買ってよかったな!と思ってマス!

明日から、また怒涛の日常です。
どれくらい更新できるかわからないのですが、書きたい「ネタ」はある・・・
こんなブログでよかったら、なんだかとても申し訳ないような気持ちなんですが、リンク、ありがとうございます!

投稿: タケ | 2007-01-08 06:58

かな~り出遅れましたが、今年も宜しくお願いします♪
(ホント、夫の休み中は、夫の目が痛いです><)

と言うことで、久しぶりに来て見たら、美味しそうなご馳走がいっぱいでお腹が空いてきました^^;
御節、凄い!!です。
ホント、私も後8年でこんなに手際が良く作れるだろうか・・?と、思いました><
かまぼこに、黒豆に・・と、殆んど手作りですからね。
息子が生まれる前は夫の実家に帰省していて(生まれてからはいろいろあって、帰省してなかったのです^^;)御節作りのお手伝いを少々したけど、かまぼこなどは市販品でしかたから。。
あれ以上なんだと思ったら、想像を絶してます><

私は、まだまだこれから勉強しなくちゃいけない事があるので、今年も訪問させて頂きますので、宜しくお願いします。
(海外も、行ってみたいなぁ。。)

投稿: アン カフェ | 2007-01-09 01:35

>アン カフェさん、返事が遅れまして、大変ゴメンナサイ! それもこれも、うちのダンナが・・・ あ!人のせいにしてはいけない・・・。申し訳ありません、こんな私ですが、どうか、今年もよろしくお願いいたします。

自他共に認める料理べたの私が、曲がりなりにもここまで来れたのは、やっぱり、「弁当作り」の鍛錬の賜物ではないかと思います・・・。今から思えば(今もやっているけど)これは、ほとんどスポーツ。もしくは武道!(←コッチの方がかっこいいな) 鍛錬や修行に近いよね。毎日積み重ねているうちに、いつの間にかうまくなるという・・・。たくさん作るということが、だんだん苦でなくなってきたのは、代替弁当作り(多メニュー)という訓練によって、自分の底力がレベルアップしてきたからにちがいないと思います。
アレルギー食道・・・。
あれっ、これじゃあ、器官か、食堂みたいじゃのう。
ぬぬぬ、いいネーミングがぱっと思いつかないが、考えておこう!

新年に入り、ちょっと入学のドキドキが増す今日この頃。
寒いけど、体元気で、乗り越えてください!
応援しております!!

投稿: タケ | 2007-01-11 05:39

大変遅れましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

秋からも、本当にいろいろなことがあって、読み逃げばかりになってすみません。
携帯からよくのぞかせてもらっていたのですが、
コメントが多くて、途中で、「表示できません!」が出てしまうので、何度か悔しい思いをしました!

おせち料理、お正月はいつも夫の実家に戻るので、ほとんど作った事がないです。
夫の実家は東京、すでに義母と義妹だけの家庭で、
おせち料理、ほとんど何も作りません。
お雑煮はさすがにありましたが…。
基本的にはお料理上手な義母なので、私が作りますとも言えないし、
お正月から、義妹の希望で、シチューでした!
パンやケーキ作りの好きな義母ですが、小麦の吸入の危険なnonが行くと作れなくて、ストレスを溜めさせているのかもしれません。

タケさんやみなさんのおせち、大変そうですが、憧れます。
私もいつか作る日が来るのだろうか?
作るとなったら大変そうですが、お重に詰めるのも楽しそうですよね!

投稿: たんぽぽ | 2007-01-11 13:56

>たんぽぽさんこんにちは!

忙しさにかまけて、皆さんのブログ徘徊もままならなかったのですが、新年早々、いきなり「さび」持ってきました!みたいなできごとで、お疲れ様&ご苦労様でした! 淡々と書いているけど「あぁー、どうしよう」とか「ああ言えば良かったか?」とか「こうしないほうが良かったか?」とか、思いはさまざまに乱れて心労あったことと思います。 だんなさんの協力があって心強かったね!ナイスカップル!(←自分で書いて爆笑)

うちの隣に住む爺婆(義父母)は「アレルギーの御節なんかは食べられないから、うちは買う」ということで、高島屋とかから高級御節を買っています。が、「段々おいしくなくなってきてる・・・」とかで、「タケ氏のところの御節を食べようかな・・・」と、年々その思いが強くなってきているように思われます。「いいよ? うちの家族はおいしいって言うけど、爺ちゃんたちもおいしいかはわかんないけど、少し買い足したりしてそれなりにできると思うよ。」なんてエラソーにあご突き出してふんぞり返って言っていますが、どうなることやら・・・です。
うちの爺婆は、結構な歳で、いつお迎えが来てもおかしくないんで(!)、来年あたりは頑張って、いっしょの御節で歓談するか!な・・・(弱気になる)

たんぽぽさま、今年もどうぞよろしくお願いいたします!

投稿: タケ | 2007-01-12 08:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/152981/13315544

この記事へのトラックバック一覧です: おせち 2007(語り編):

« おせち 2007 (中身編) | トップページ | 栄養士さん »