« 新学期(チクリン料理修行始まる) | トップページ | もうひとつ、やっぱり整理しておくべきこと »

新学期進行中報告

今年は、アレルギー対応についてのコミュニケーションをしっかりとる!

が、目標のタケ氏です。

 

今のところの途中報告。

 

小4チクリンのクラスも担任も変わらなかったけど、去年産休代替で途中から担任になった先生なので、もう一度連絡帳で、ご挨拶。
去年から今年にかけて、校長・教頭・教務主任・養護教員のすべてが変わったのに、これらの方たちと、まだ一度もアレルギーについて話したことがありません。
その点の不安も書き添えて、いつか話せる機会を作っていくつもり。

チクリンのスポ少(サッカー)総会に出席。
終了総会では、前年度お世話になった保護者会会長さんにお礼。
新年度始まり総会の懇親会では、監督と、新保護者会会長さんに、きちんとお酒をついで挨拶。一人一人のときの自己紹介のときにも挨拶。・・・・本当は、アレルギー以外の自己紹介もしたいんだけど、長くなってしまうので、アレルギーのことしか言えなくなってしまうのが不満。うちの子は、「それだけ」の子ではなくて、いろいろな性格も持っているのよー!と言いたいけど、なかなか、限られた時間では難しい。

チクリンクラスの保護者会。
まだ2週間先。
はずせない仕事があるので、参加できるか微妙。
昨日、職場に打診したけど、厳しそうかな・・・。
チクリン、時々、お弁当のことを「ずるい」と言われているようなので、
親からの理解がほしいところなのだけれど、ここははしょるしかないのかなあ・・・。

中2ピカリン。
担任もクラスも変わる。
担任の先生には初日に手紙。
「書くと長くなるので、会ってお話させてください」と申し込み、来週の火曜日に学校に行く予定。
今年度は、沖縄修学旅行もあるし、調理実習も始まるし。
何より、先生自身にアレルギーのことを知ってほしいので、自分の頭の中もちゃんと整理して話さなきゃなあ。

ピカリンは、今年も自分でアレルギーを自己紹介。
「どうやってやんの?」 
と家で私が聞くと、ふざけて体をくねくねさせながらブリッコ声で
「ピカリンでぇっす。アレルギーなのでぇ~、今日もお弁当なんですケド、よろしくお願いしまーしゅっ!」と言ってました。
頭の固いタケ氏は爆笑。
実際のところ、弁当初日は、誰も何も聞いてこないので、かえって不安だったが、
二日目は、弁当を覗いてなにやら言っていく子がいて、ほっとしたとか。
「何か言われるといやだ」より、「何か思っているのに何も言わないで無視されている」状態の方がいやだ、という風にピカリン自身も思ってきた様子でした。

部活。
今年のバスケ部は県大会優勝を狙えるチームなので、顧問の先生が、合宿形態の遠征試合をどんどん組んでいます。
落ちこぼれバスケ部員、絶対試合に出ないピカリンをそれに参加させるべきかどうか、考えると頭が痛いので、もう、全部、一泊で、5食くらいの弁当を持って参加するつもりのタケ氏。
ところが、先生のほうが、「・・・・無理しなくていいぞ。弟も家にいて、家族も大変なんだろ?」と言ってきたとかで(昨日)、確かにそうなんだよねー、でも、じゃあ、どれとどれの合宿に参加すれば、いいのかにゃ?先生っ!
ということで、今日長いお手紙を書いて、先生へ提出。
一つ一つ、互いの理解を深めるしかないからね。
いっぺんに、「最良の対応をしろ」という方が無理。
こちらも、理解してもらう努力をしなくては・・・。

 

あと、何があるんだろ?

ピカリンの中2学年主任の先生とも、この間偶然会ったので話ができて、よかった。

小学校の養護の先生には、やっぱり挨拶したほうがいいな。

あと、給食担当の方にもお手数おかけするので挨拶。

チクリンの学級懇談会に出られなかったら、保護者のみんなにお手紙書こうかなあ・・・。そういうやり方もある、と昔から思っていたけど、大げさな感じがして、やったことがない、けど・・・。

子ども会は、旦那が役員会議に出席するようにしたから(策略?)、連絡の点では不安はないな。

 

7月に、我が市にやってくるワシントンの高校生のホームステイを打診された。
「我が家の生活自体が、かなり変わっているので、できたら、ほかのご家庭のほうが高校生にとっていいと思う。けど、もし食事の困難を抱えている子がいたら、我が家が積極的に対応させていただきます」とお返事。
去年、すごく偏食の子がいて、出されたものが何も食べられず、1週間、ペプシとポテトチップスですごしたそうで、別方向の「食事」にちょっとびっくり!
こちらもどうなることでしょう。

 

タケ家の新学期対策は、目下進行中であります。

種まき!

|

« 新学期(チクリン料理修行始まる) | トップページ | もうひとつ、やっぱり整理しておくべきこと »

アレっ子育児」カテゴリの記事

調理実習」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。
新学期になると、担任が変わる。クラスが変わる。いろんな変化があるんですね。
先生や保護者の方、アレルギーに理解のある方や、全く知らない方など、様々な人と接していかないといけないのですよね。
今はまだ幼稚園始まったばかりで、なんとも言えないのですが…。
どのように説明すればいいのか、日々考えています。
ムスメは卵除去中ですが、つなぎとかOKなので、給食は献立見ながら。できればすべてお弁当にすればいいのでしょうが^^;
少し様子見ながらやっていきます。
来週は『保育参観』があるので、そのときでも、保護者の方々と話す機会があったら「うちのムスメはアレルギーで『卵』禁止されてます」と伝えるつもりです。
今からドキドキ。
どういう反応されるかこわいです。
でも、ムスメが友達できて、遊びに行くときなんかのためにも『種まき』してきます。ムスコもこの幼稚園に行くかはまだわかりませんが、ムスメよりも食べ物制限の多いムスコのためにも。
タケさんの言うように『種まき』しなければ、芽は出てこないですものね。
と、自分を励ます^^;
長くなりましたが、ゆったりがんばっていきます!
それではまた~。

投稿: ぼにゃはは | 2007-04-13 16:14

アレルギーっ子の母をやっていると、
人見知りとかいってられないですね~。
自分では、多少人見知りはするけど、
けっこう人づきあいの許容範囲は広い方かな~と
思っていたのですが、けっこうそうでもないんだな~というか…
アレルギーのおかげで、わ~苦手なタイプ!
近づかないでおこー!と
今までなら思ったような人とも否応なく
お付き合いしなきゃならない状況になったりして、
実に新鮮な体験をさせてもらっているぜ、
と感謝することしきり。
○○才にもなると、日々の生活にそうは
真新しいこともなくなってくるわけですが、
どうしてどうして、アレルギーのおかげで
そうでなければできなかったような貴重な体験ができている。
これだけ刺激があれば若々しくいられるんじゃないかしら!?

投稿: eri | 2007-04-13 17:39

>ぼにゃははさん、こんにちは!

初めての幼稚園・保育園は、アレっ子母でなくても緊張するからね~。
皆さんと食べるものが違います、と、カミングアウトする必要がある、というだけで、緊張の度合いも倍増だよネ。
↓のeriさんのブログの「あいさつ文」はすごく参考になると思う!
やっぱり、一番「みんなに伝えたいことは何か?」を考えて、それに肉付けする形で話すのがいいんじゃないかと思う。
で、本当に一番言いたいこと、って、結局「みんなと仲良くしていきたい」とか、ほかの保護者も思っていることだったりして。で、そういうことをアレルギーの話といっしょにきちんと伝えると、「伝わる」と思っているタケ氏です。
伝わんない人もいるけど、そういうのは気にしない!
結構クラスの人数多いよね。
ぼにゃははさんも、その子どもも、新しい旅の始まりだね。いろいろ面白いことを見つけていこう!お互いに!

投稿: タケ | 2007-04-14 07:55

>eri氏!おはよう!

あいさつ文を、新たにアップしようかと思ったら、なんと、すばらしい文が、eri嬢のところにあるではないか。
もー、わたしは、すれきって、すれっからしとなっていて、ダメでぷ。むかーし、「ちゃんと」書いていたころの気持ちを、「うんうん」言いながら思い出して、書いたりしゃべったりしています。

え?

若いよ!
ダイジョブ、ダイジョブ!
刺激だらけで、若さを保つどころか、一気に白髪やしわが増えるような気がするこの頃だが、
「ワタシって、活動的っ! いっぱい考えて、いっぱい動いて、いっぱい人に会っているから、ほ~ら、なんて生き生きした肌、生き生きした表情!」
と、鏡を見て、無理やり自己暗示。
ええい、私は、生き生きしているんだ、若いんだ、わかったかっ!
と、無理やりねじ伏せる勢い。
勘違いしたまま、今日も出かけよう。
はっ!   ・・・・これが、おばさん道そのものなかっ?

投稿: タケ | 2007-04-14 08:01

昨日、除去の先生のところを受診して、
「子どもが卵アレルギーだけど、食べても全然症状が出ない」と言うお母さんに遭遇。
あの・・・私から見たら「治療が必要レベルの症状」が出ているように見えるのですケド・・・という事態に遭遇し、今更ながら食物アレルギーの壁にぶち当たった気がします。
来年幼稚園入園なんだけど(←既に園選びで暗礁に乗り上げてる気分。もうすぐ願書提出なの。普通秋ですよね~)、上手く園関係者や園ママさんたちに説明できるかしら?と不安になっていたところの、タケ師匠の記事。
そうだよね、説明あるのみ!
頑張ります!

投稿: ゆうこりん | 2007-04-14 16:35

>ゆうこりん、コメントありがとう!
 
いろいろとねえ、現在進行形の事柄には、悩みも多いので、ゆうこりんからのコメントに元気づけられました。

「自分の子がアレルギーだとは絶対認めたくない」という心理が働く親、っているようです。私も始め信じられなかったけど、どうしても「そう思いたい」ようだ・・・。
アレルギーだから不幸なんじゃなくて、どういう状態が、この子にとって幸せか、を考えることが大事だと思うけど、なかなか、アレルギー!どーん!がーん!絶対やだー!という雰囲気はあるんだろうなあ・・・。
まあ、一歩一歩なのかなあ、と、私も本当は手探り中です。
「問題」が「解決」に向かう途上にいる私たちだから、わけわかんないことを味わうのは仕方のないことなのかもしれない。
と、この部分では開き直りつつ、やるっきゃないですか!ってところの、タケです。
あしたも、がんばろ・・・。

投稿: タケ | 2007-04-14 20:23

こんばんは♪♪フラリと立ち寄ると
まあ、ここには日々悶々としていることが
つらつらと書いてあり、おおーっ、そうなんだよと
まるで喫茶店に来て週刊誌を読むごとく
ガッツリ見入ったりするわけです。
↑なんだか私も歳をとった…乙女なのに
週刊誌だって。がっかり。せめてJ○とかに!!

最近、色々思ったり凹んだりするわけですが
書きかけのコメントつけられない記事を読み
おおおーーっ!!わたしの疑問がここに!!
みたいな。
続き、非常に気になります。

文を書くって本当に難しいですね。
なかなか、まとまらない。
思いが深ければ深いほど、うまくまとまらない。
タケ店長も今頃そんなジレンマに悩んで
いるのかしらー?と勝手に想像しつつ
この辺でお別れしたいと思います(笑)


投稿: サトワカ | 2007-04-14 21:30

タケ先輩こんばんは。
昨夜、幼稚園向けのアレルギー紹介文を書こうとして
とりあえず思いつくままに書きなぐり
出しきった~と思えたところで文章をまとめることを諦め
なぜかお酒を飲み始め、よっぱらったところで
タケさんにコメントしようとして、いや、やめよう。
と日を改めて出直した次第でございます。

食物アレルギー私達はそれに気づいて除去を選んで
こうやってがんばってるわけですが、
実は症状出ていてもそれがアレルギー反応だと気付かずに
(ゆうこりんさんのいうように認めたくなくて?)
いる人もいるような気がします。
私も食アレの診断を受けたとき、特に小麦にアレルギーがあるとわかったときは
もう世界が信じられませんでしたよ~
「誰か、これはウソだといって~」なんて。
でも、こうやって除去をしてなんの症状も出さない状態ってすばらしいな、と
卵や乳製品の解除を始めて改めて思いました。

うっ、いろいろ書きたいことがこみ上げてきたので
文章が下手な私は退散します。
でも、懲りずにまたおじゃまします♪

投稿: まめ | 2007-04-15 00:08

上の記事にコメント入らないからこっちに来ちゃった♪
え?反則?
きゃ~ゴメンなさーい!
すぐに退散するので許してーーー!
牛乳だけ数値にまったく出なかったせいで
粉ミルクがんがん飲ませて悲惨な0歳代を過ごした
わが家なので、↑の記事には共感しまくりですよ。
園に出す診断書のためだけに複数の医者にかかってるしね~。
「途中」のことに意見や質問をされてもってわかるような気がします。
うちなんかろくな記事ないんすけど、それでもやっぱ、
「重」系の記事って、時間たってからまとめて長文、になること多いし。
反則なのに長くなってきてゴメンなさいっ。
とりあえず続き待ってますよーとエールを送ってひとまず退散。
レス不要ですよーん。

投稿: eri | 2007-04-15 03:44

こんにちは。
夫の仕事の都合で自宅を離れ、関東地区に数週間滞在予定です。
畑仕事は順調ですか?私は、そんなんで畑もほったらかしです。
出先のネット接続を待って、タケさんの次の記事のときに
リンクのお願いをさせてもらおうと思っていたらコメ保留との事。
失礼とは思いましたが、コチラにカキコさせてもらいました。
ということで、リンク都合悪かったら、ご一報下さいませ。
何故か、新しい記事とても楽しみです。

投稿: umi | 2007-04-16 10:45

こんばんは。
そうですね。そうですね。
私はあまり自分の思いを書いたことがありません。
子供の頃から苦手だったのもあるけど、治療法いろいろあるもんね。。。反論とか怖いのもあるんです。
でも、いつか書きたい書きたいと思いつつズルズルきています。
・・・てなわけで、タケさんの記事の完成お待ちしております。

私も今、担任他、保護者にも説明の日々です。
担任は新しく来た先生ですが、初めてのアレルギー児ということでとても真剣に聞いてくれて、教務主任は年齢的にも頭固いと思ったけど、意外や意外に聞いてくれて・・・
滑り出し順調です。
うちも数値出ないわ、粘膜系の症状が多くて説明に苦労しますが、説明あるのみですね!!
心強くなる記事でした。

ところで、
>「何か言われるといやだ」より、「何か思っているのに何も言わないで無視されている」状態の方がいやだ

こうなるんですね!!!
今は何か言われるのが苦痛で仕方が無いそうなんです。だからこの辺を保護者の方にも先生にもお願いしてきました。
普通に接してくださいって。
いつの頃から変わるんだろう~
気持ちの変化もちゃんと受け止めていかないと~!!
長くなってごめんなさ~い。


投稿: もあっしゅ | 2007-04-18 21:57

>さとぽん。

ジレンマに悩んでる、悩んでる。
考えちゃってるよー。
返事が遅れたのは、悩んでいるからじゃなくて、時間がないからなんですが・・・ごめん。

もう、悩んでいるなりに、ぶっちゃけた話を書いていくつもりなので、ごめんなさい。え、なにが?
いろいろ、むずかしいもんねーっ!
(すでに混乱)

投稿: タケ | 2007-04-19 09:37

>マメ氏! どだ、元気ですか? ブログ見たけど、がんばってるじゃん!


アレルギーについてまとめられなくて、うっかり酒飲んじゃうところがいいね! わかります。わかります。 やってられない、ってふてくされるほどでもないんだけど、何気に飲んじゃったりしますね、うん。

>>こうやって除去をしてなんの症状も出さない状態ってすばらしいな

こうして「すばらしいな」って、単なる「いいな」以上の受け止め方ができる、ポジティブな感性が、マメ氏のすばらしいところだよねぇ。って思う。

ところで、石鹸作ろうと思う、と、宣言しておく!

投稿: タケ | 2007-04-19 09:45

>eriぽん、ごめん、反則ワザを繰り出すキャパの小さい私を許して。

eri氏のコメント読んで、
「私からのレスポンス無しで、コメント欄つけておけばいいじゃん? いろんな意見・経験が読めるのはいいことだ!」と思ったりしたんだけど、
私も、考え込んじゃったりしそうなんで、
しばらく、コメント無し記事(コメントあり記事もアップの予定)でいくことしました。
すまソ。

5月は特に忙しく、
忙しさにまぎれて、悩みなく、どバー!と、記事を書き散らせそうな気がしたり、
忙しさのあまり、何を書いているのかわからなくなったりしそうで、
自分で、
きょわい・・・・。

投稿: タケ | 2007-04-19 09:50

>umiさん、こんにちは!

返事が遅れてしまって、ごめん!なさい!
リンク、ありがとうございます、光栄です。
こんな自己満足的ブログで、いいのだろうか・・・と、かなり恐縮しております。
すんません。

畑!
たがやしてる、たがやしてる。
夫と子ども(チクリン)が・・・
私は、激忙しくて、雑草を時々抜いたり、石ころ拾ったりしているくらいだよ・・・
そのくせ、ノートに、「今年の栽培野菜計画」として、「絶対葉ものに挑戦しようよ!」とか 夫がやりたがらない「ジャガイモだって、何年も挑戦しようよ!」と勝手なことを言っては書き込み、責任は全部夫へ。
はたけ、はたけ!
今年は、マジで、やりたいぞー!

投稿: タケ | 2007-04-19 09:57

>もあっしゅさん、こんにちは。

批判や反論、怖いですね。
わたしも、ずっとそうでした。
今もそうだけど、
今住んでいる土地柄が、まったくアレルギーについて感心が薄いというか、それが困ることでもあるのだけれど、かえって自分なりの考えをのびのび展開できるような気もしています。
前に住んでいた宮城では、どこから批判の矢が飛んでくるかとビクビクしていたもんで・・・。

ピカリン
「いろいろ言われるのはいや」
でも
「理解もしてほしい」
と、思っていて、
「理解」されるには「説明」しなきゃならなくて、
「説明」のきっかけは、やっぱり相手からの「質問」「関心」なので、
このあたりのジレンマは、やっぱりあるようです。
小さいころは難しい問題だと思う!
このあたりは、それぞれがどう処理していくかを決める分野だと思うけど、ピカリンは、「聞かれる」方を選んだということなんだと思います。
「聞かれ」たり、「うらやましがられ」たり「こちらからも表現」して自分の立ち位置を決めていく、と言うか・・・。
「私という人間を、クラスではこう位置付けてください」という作業をやらないと、落ち着かない、ということみたいです。
人それぞれだと思うけどne~。うん。

子どもが大きくなってくると、子どもという独立した人格が、どうアレルギーと付き合っていくかを見ることができ、それもこちらの勉強になります・・・。

投稿: タケ | 2007-04-19 10:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新学期(チクリン料理修行始まる) | トップページ | もうひとつ、やっぱり整理しておくべきこと »