« 閑話休題(タケの通勤路) | トップページ | 私たちが子どもだった時代 »

またも5月がやってくる(アレ体質の自分を大切に)

いつも適当につけている「カテゴリー」だけど、
今日は、迷った。
 

これは、「整理されてきていること」・・・?

 

ついに5月が近づいてきました。
5月の末には、
去年、写真もアップしたお祭りと、http://taketaketake.tea-nifty.com/cooking/2006/05/post.html
運動会がある。

今年は去年と違って、いろいろ「労働」しているし、
こっちの「祭り」系の仕事は削りたいのですが、
早くも、「小学生の踊り指導」のために、職場の勤務時間帯をずらす始末。

運動会のリレーは、絶対走らない!
毎年、ひざに水ためたり、肉離れしたり、
接骨院代、シップ代、テーピング代も馬鹿にならないのよ!
こんなガタガタの老体を走らせるなんて、鬼よ、若人よ!(若い母へ)
しかし、元陸上部で、
きれいな校庭の「トラック」を見ると、むずむずしてきてつい走ってしまうので、
あまり練習もいかないようにしよう。

 

そう!

自制が大切な時期

これが言いたかったのデスよ。

 

体験的アレルギーエキスパートに成長しつづけるゆうこりんが、
最近自身のブログで書いていたhttp://youcorim.blog72.fc2.com/blog-entry-90.html#moreこと。

 

思い当たるよ、考えると、いろいろ!

 

とにかく私は、乳アレ、小麦アレだったと思う!(もちろん今も)

つまんないことだけど、
私は、小さいころから、どうしてもうつぶせでないと、眠れなかった
「ねぞううらない」(爆!)などを見ると、うつ伏せで寝る人は、「悩みがある」とか「神経質な人が多い」とか、「暗い」イメージじゃん(知らねーよ)

「仰向けで大の字になって眠れる人になりたいな・・・」(続、爆!)
と、やってみるが、
どうしてもダメ。

天然明朗性格の旦那と結婚したので、だいぶ開放的な性格になったのですが、
それでも、うつぶせ寝からは離れられなかった。 

 

しかし、

ここのところ、

どんな風に形で寝入ろうが、
絶対、仰向けになっとるんですよ

 

いや、ね、
腰が痛くてね(よぼよぼ)

仰向けで寝ると、痛みがくるので、横向きに寝たいのです。
なのに、いつも仰向けに!

 

なぜ、今・・・

 

胃が、楽なんだよなあ。
うつ伏せで寝るとき、って、なんだか内臓が重い感じがして、仰向けで寝ると、体の上に何か乗っているような居心地の悪さがあって、うつぶせになっちゃってたんだと思う。

いま、自主的に小麦や乳を食べないでいるんだけど、
内臓の重さを感じないんだよ・・・・!

 

と、
なんかくだらない側面で展開しておりますが、

うつぶせ寝を始めとして、
体調維持には、小麦・乳・(もちろん卵も)除去!
これをやると、ぜんぜん違うんだよね、一日の活動量が。

これを、鉄の決まりとして、これからの1ヶ月を乗り切りたいと思う!
ビールを注がれそうなときは、
あらかじめ日本酒を持っていっておく!グラス持参!ビール代替だね。うん。
違うよ、ウーロン茶にしろよ。
はい。

と、

去年のブログのコメントと、まったく同じ展開をしておりますが、
去年よりさらに、確信を深めつつある今日この頃。

 

鉄の決まりで、
周りからの誘惑・周りに合わせてその場をしのぎたい衝動
に、
打ち勝とう!

自分のために!!
(ほとんど、自己アレブログ)

|

« 閑話休題(タケの通勤路) | トップページ | 私たちが子どもだった時代 »

アレルギー界をとりまく状況」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
本当に早い時間のblogアップですね。
我が家には、5月は誰かが怪我をするというジンクスがあって、
家族中妙な緊張感があります。
リンク遠慮なくさせて頂きましたデス。

ゆうこりんさんのblogも、早速読まさせて頂きました。
先日のタケさんのドクターへの?記事でも同じような事を感じていましたが
最近、気づく事と自分の体を信じる事が、どんなに大切かと実感してます。
私も体が弱い子として育てられて、病は気から=精神的に弱いせいだなどと
親に言われ続け、とにかく体の弱い私が悪いと思っていました。
なんで、食べ物や環境に問題があると考えなかったのか
なんで、医者に見てもらっても治らず年中鼻水たらしていたり、
すぐ気持ちが悪くなったり、四六時中下痢したりする自分の体の方を
信じなかったのかなって。年齢とともに体力が落ちたせいもあってか、
最近子供の頃のような不調が時々あります。
皆さんのblogを読んでいるおかげか、待てよ?と思える自分があって、
調べた食べ物に、こんなものが入っているのかなどの発見や
それを食べなくなったら楽になったと思う事が良くあります。体調によって
良かったり悪かったり、アレルギーの人に限って起こる事ではないと思えます。
それならは、なおさらアレルギーの人にとっては自分のセンサーを信じる事が
何よりも大切だと、いまさらながら思うのです。
医者にNOと言っているわけでは有りませんが…。
ではでは、運動会に向けて頑張ってください。


投稿: umi | 2007-04-21 09:09

小麦・乳・卵完全除去かぁ。ムスコはそうだけど、ムスメに関しては…。パンも牛乳・ヨーグルトも好きなのであげてました。
それでいいと思ってるところもあるので^^;
ちびっ子たちもうつぶせ寝です!
子供たちなりに神経つかってるのね。そりゃこんな母ではね(笑)
それにしても、タケさん多忙ですね!体には気をつけてくださいね~。

投稿: ぼにゃはは | 2007-04-21 09:26

えーーーっ!?
タケさん陸上部だったの!?
私なんか50m走で10秒以上かかっちゃうから
運動会のリレーが超憂鬱で、いまだに
「トラック」見ると内臓が重い感じがして吐きそうだよ!
「さっそうとテープを切る人になりたいな」
といくら願ってもダメなもんはダメよね。
同じく運動神経が断線した旦那と結婚したので
子どもたちはきっと苦労するんじゃないかと…。
アレルギー以上にそっちが心配だ!

くだらない食いつき方ですみません…。

投稿: eri | 2007-04-21 20:31

あ~~~~~、ずっとうつ伏せ寝だった~~~。
そういや妊娠授乳からあお向けだわ。
てっきり腹と乳のためにあお向けになれたんだと思ってたけど・・・。
胃が軽いって感覚、感じたのはこの頃からだし。
(妊娠中、助産院で食生活の指導も厳しかった)
あってたんだなぁ。

ゆうこりん氏の記事で、手湿疹もなんとかなるんじゃ?と追求したくなってきました。

ついでに・・・トラック見ると走りたくなるタケ氏そんけー。
学校で走ると結構な率で蕁麻疹出てたんだよね~。
・・・・それって・・・・。
あぁ、自分のことを理解できない大人が一人・・・。

投稿: こむぎこ | 2007-04-21 21:41

>umi氏。コメントありがとう!

そんでもって、ついでに(?)
ゆうこりんところでコメントしていたこともあわせて、かなり脳みそに刺激がきてしまったので、次記事でちょっと書いてみたいと思お!
(短く)
よろしく!

投稿: タケ | 2007-04-22 05:23

>ぼにゃ氏、おはよー!

わたしも、上のピカリンが、卵やパンやヨーグルトやアイスや、食べてもほとんど何ともない(と思える)時期のころは、食べさせてた。つか、食べていたものを食べさせるの、って普通のことだよね。いいとか悪いとか以前に、やっていた「生き方」を踏襲する、ってのが「普通」ってもんだ!
アレルギーっ子で苦労したり、経験が長くなってくると、どうしても「環境」系に頭が入ってくる。私がアレっ子母になったばかりの頃も、ずっと先を歩いているアレっ子母は、そっち(環境問題)の話ばかりになってしまって、新しく(?)アレっ子母になった人の気持ちと、乖離しちゃっている雰囲気が、いろんな対談を読んでいても感じていたことだった。
そのあたり、同じアレっ子母同士でも、語り合うのに難しいところがあると思うのだけど、それぞれ、直面している問題に一番関心がある、ってことで、私の記事も、テキトーに読み流してね!
なかなかこのあたりの書き方が難しいので、まず、ここで、お断りしちゃいマス!

多忙・・・
やばいんだよな・・・
どうしよう・・・

投稿: タケ | 2007-04-22 05:33

>や、eriぽん! ちょっとこだわってみたところ(?)に見事全て食いついてくれてあにがと!

陸上部、陸上部。
怪我ばっかりで、大会とか、ほとんど出られなかったけどね~。
はじめはバスケット部だったんだけど、過呼吸症とか繰り返して、団体スポーツ(どうしても人に合わせてしまう)ではない陸上部に鞍替えしたのだった。
中1のころ、って新校舎で1年たっていて、体育館はできたばかりで、ゴムをコンクリートに貼り付けたタイプのもので、すごいにおいだったんだよなぁ。あのころ、どうして自分ばかりがこんなに疲れるんだろう・・・・?とおもってたけど、関係あるのかなあ、と、今になると・・・
話がずれたぜ!
あ、いいんだった、はじめからずれてたんだった。
ところで、うちのピカリンも、自分がアレルギーであるということよりも、ピカリン父がピカリンのいる中学2年の学年PTA長になり、友達の前に出現して寒いギャグを飛ばしまくることのほうが、重く苦しいことのようです。今のところ。

投稿: タケ | 2007-04-22 05:46

>こむぅ~! うつぶせ寝だった?うつぶせ寝だった?
どうなんだろ、関係あるのかに?

でも、胃、だけじゃなくて、とにかくおなか全体が重い感じがしてたのは、本当なんだよなあ。
走ると蕁麻疹!
今聞くと、「ひ~! よかったねぇ。セーフだったねぇ!」ダヨねぇ~。でも、そんときゃ、ぜんぜんわかんないもんね。

ピカリンの友人で、某スポーツ全国大会優勝君がいるんだけど、時々蕁麻疹が出るらしく、そのお母さんが「蕁麻疹が出ているときに大会に出たら、医者に、絶対止めてください!と言われた・・・」と相談してきたので、「たぶん、お医者さんは、運動誘発性アナフィラキシーの心配をしていったんだと思ーよー」「そうか、そういうことだったんだー。でも、どうしたらいいんだろ?!」「何しろ、全国レベルの期待がかかっているから難しいよねぇ! ふだんから、どうも体に合わない食べ物は、これだ!って見極めておいて、」「あ!焼き鳥食べると、よく出るんだよ!」「うん。大会とか、それからどうも体調悪そうだな、ってときは、こっちでそのあたりの食べ物を控えたりして、管理していったほうがいいかもしれないねえ」と、ふにゃりと言ってみたのだった。
こむ氏もスポ少だったんだよね!
「蕁麻疹」くらい、っていう話なんだけど、わかってくると、難しいこと、いろいろあるよね。

投稿: タケ | 2007-04-22 06:00

そっかーー、運動を続けていくにも、食べ物って大切だよね。
でもそのお母さん、すでに焼き鳥ってわかってたんだもんね。
やっぱり見てるんだな~。

あ、ワタシの蕁麻疹、一定の条件の元に出てた気がするヨ。
マラソンの授業、4、5時間目にやると必ず。
しかも真冬でもブルマ。
スポ少や部活ではたま~~にしか出てなかったと思う。
こっちは4時以降が多くて、ハーフパンツにハイソックス。
でもさ、蕁麻疹見せても取り合わない教師もいるんだよ~。(だから意地で走ってた)
どうして自分はこんなに走れないんだろう、って不調の時は悩んだなー。
あの息切れとか動悸って、皆と違ってたかもしれないんだ・・・。(←すっごいショック!)

それと実弟ですが、近年ジャンクフードを卒業(やっと)。
水のように飲んでいた牛乳を最近飲まなくなったそうな。
久々にあったらお肌がつるつる・・・。
下○もしないらしい。
「俺も・・・乳ダメ・・・?」
とムスメのことを聞きかじった知識でビビったそうです。

ところで、うつ伏せ寝って、ヨダレすごくない?
枕はいっつもシミだらけだったよ。

投稿: こむぎこ | 2007-04-22 09:45

多分、私も食アレ気味です。
中学生の頃から、ピーナッツを10粒以上食べた翌朝は必ず物凄い吹き出物が。しかも、激痛を伴う。他のナッツ類やチョコもそれに準じた症状が出ます。ナッツの遅延だと思われます。
これに関しては以前から自覚してセルフコントロール?してきました。

息子の食アレで、漢方医に「正月は餅にも気をつけるように」と言われて、はたと気付いた事。毎年正月になると、肌荒れ、顔の痛み、が出るんです。
今年は「息子のカイカイに悪いから」って餅を三賀日で1個にしたら、快適♪毎年正月が憂鬱だったのが嘘のよう。
考えてみれば赤飯も餅も、好きではなく、ご飯もモチモチ系は苦手です。もしかしてこれって米アレ?

タケさんも過呼吸経験者なんですね。私もかなり、やってます。最近は、義実家に長期滞在すると出ます。

横ですが。
タケさんのK医師に関してのコメント、ツボです。彼の事は知らないのですが、なんだかよく似たキャラの医師を知ってるので、なんだか気になります。(アレ関係ではありません)

投稿: メロンパンナ | 2007-04-22 23:17

師匠、おはようございます。
リンクありがとうございま~す。
私、子どもの肌状態を常に気をつけるのは、
実体験からなんです。
体の外の目に見える部分(肌とか鼻水とか咳とか)に症状出ていたら、体の中(目に見えない部分、皮膚とか内臓とか神経系とか)には、どれだけ症状出てるんだ!って思いがあって、過敏と思われるほど気をつけてしまいます。除去しなきゃ!と思うのもそのせいです。

私も昔はうつ伏せ寝でしたよ~
仰向け・横向きでは、寝られませんでした。
今は朝起きると仰向けです。寝るときは横向き(娘のセクハラ←おっぱい触りから逃れるため)ですが。。。

最後、私と娘が罹ってる除去の医者、なぜか近所の小児科医全て、彼の名前を出すと黙る・・・そして、カ○○にはまってる人を見る目で見ます。おせっかいな医者は大学病院を紹介するとか言ってくれます。除去の先生、どうやらk医師系(←どういう括りだ)扱いなんですよね~

投稿: ゆうこりん | 2007-04-23 08:19

すみません、↑記事の目に見えない部分
皮膚とかと書いてありますが、誤記です。
皮膚は目に見える部分です!
正しくは、粘膜とか、です。

投稿: ゆうこりん | 2007-04-23 08:21

>こむ氏。


よだれたらしてました・・・。

あと、うちの妹も、我が家に泊まって、除去食食べると、お肌つるつるになる。
実母は、除去食食べると、食べ過ぎるのに、いつも3日で1キロやせて帰っていく。
除去食エステ、って、ありかもしんない!

投稿: タケ | 2007-04-23 09:30

>メロンパンナさん、こんにちは!


吹き出物が出て、「痛い」って、その吹き出物が、痛い・・・んだよね?
ハゲシーつらさだね、それは。
「子どものアレルギー」について考えたり悩んだりしているつもりが、
ふと自分のことも考えてみる機会になったりして、
自分の実感としてもわかると、
なんだか、先の方向も見えるような気がするこの頃。
こうして、メロンパンナさん始め、皆さんが、自分の振り返り体験を書いてくださると、なんだか自分が深まる気がします。
ありがとう!

投稿: タケ | 2007-04-23 09:33

>ゆうこりん! コメントありがとう。


K医師系括り・・・わらった・・・
やっぱ、引いてるよね、ほかの医師。
「いえいえ、あの医師を崇拝しているわけではないんですが、成り行きで・・・」なんて、いちいちなぜ私が言い訳したり、取り繕ったりしなくてはならないのか・・・っ!
大体、そんな言い訳すること自体が変なので、私もちょっと押し黙っちゃったりして。
そういうことが、今いる目の前の医師との治療方針についてのやり取りにも影響しちゃっているんじゃないか、とか、妙に心配になったりして、いらん苦労じゃのう。
医師ごとに、いい点悪い点合う点合わない点、いろいろあるんだけど、アレルギーって、語りにくいところがあって、(医師も自信がない?)、難しいよなあ、と思う!

表面に出ているなら、内臓にも影響しているはず。
激しく同意。
このあたり、あるよね、一語り。

投稿: タケ | 2007-04-23 09:45

タケさんおはようございます。
小麦アレの息子、大人になったらビールってどうなの?と常々疑問に思っていたので、
今回のタケさんビール自粛のお話が聞けてよかったです。
うちの旦那はお酒が飲めない体質なので、息子も飲めないかもしれないんだけど~

私も、慢性胃炎のころは、うつぶせ寝でした。
ひざも抱えて丸くなって寝てましたわ。
今は、基本的に上向いて寝れます。快適。

あと、メロンパンナさんと同じく、ピーナッツで大変な思い出が!
子供の頃、薄皮?みたいなのがついたままのピーナッツをたくさん食べたとき、
鼻血はでるは、全部吐くは、で大変でした。
食べすぎだと思ってたけど、実は違うかも~
しかし、ちょこっとつまむくらいなら問題なく今日に至る気がします。

アレルギーの皮膚反応、内側の見えない部分が強く反応しているから
その部分の皮膚に反応がでるのじゃよ
という話を昔聞いたことがあるような。首とかだと喉にキテル、とか。
全然違ってたらごめんなさい!

私走るの苦手なのでトラックで興奮するタケさん、尊敬します。
ちなみに私はマットや鉄棒見ると興奮します。

投稿: まめ | 2007-04-23 10:38

3度目のコメントすみません~~。
えっと、本日初コピー給食の新米ですが、
タケ師匠のウィンナーロールで乗り切りました。
リンクさせていただいたのですが、よろしいでしょうか?

投稿: こむぎこ | 2007-04-23 11:42

>まめくん、こんにちは!


去年の記事のコメント欄で、
アレっ子の母は、ビールダメ党が多い!ということが判明していました。
わたしは、のどの中が腫れたようになって、食道が狭くなったような気がして、翌日頭がいたい、などという症状が、「調子の悪いとき」起こります。何ともないときもあるので、これがクセものです。クーっ!とおいしいときもあるし、やっぱりビールジョッキで乾杯する雰囲気は盛り上がるしね。断るのは、やっぱりそれなりの意思がいるぅ・・・。

ということで、
皮膚に現れなくても、内臓、出ます。
下痢したり、いろいろあるんだから、
皮膚症状だけがアレルギーじゃない、というのは、そろそろ通念化してもいいように思うけれど、アトピーか、せいぜい喘息どまりだから、進む議論も進まないのかなあ・・・。

マットや鉄棒!
痛そうでやんす。
子どもに逆上がりを教えようと思って、鉄棒を握るだけで、もうつらし。
握る、がもうすでにできないんだよ!
ふぁあ~あ~あ~。

投稿: タケ | 2007-04-23 17:04

>こむぎこ氏!

非常に「らしい」おされな料理になっております!
もちろん、リンク歓迎、恐縮の至り。
みんな、見に行ってみて~!

投稿: タケ | 2007-04-23 17:06

私も除去しだして、気がつきました。
自分もたぶん、食アレあるかも・・と。
乳製品なんですが、、幼少で、鼻炎だったのは、これなんじゃ・・とか思ってしまいます。
大人になってから、春と秋に色々悪化するのも、多分、関係してるんだろうな~~と思います。

この前、帰省したら、夫の家族、義父、夫、義妹、みんなして、胃腸薬飲んでました。
(前の日、焼肉を食べに行った)
前から思ってたけど、夫の実家、かなり食アレっぽい。けど、いまだ、除去食否定組です。
(食べれば治ると思ってるフシがあり)
陸上部!カッコイイですね。
私は早く走れなかったので(運動オンチ)、
陸上部の友達とか、恋する瞳(笑)で見てました♪

投稿: ふわりふわ | 2007-04-24 16:30

タケさんも仲間だったんですね~
私は物心ついた時から牛乳飲むとお腹痛いって言ってんのに、親は正露丸やビオフェルミン常備するだけでした~
それからはもう、慣れっこで。。。
妊娠中も飲まないと子どもの成長に関わると言われ、下痢しながら飲んでいた私。
長男生まれてすぐに酷かったので3ヶ月ほどで検査したら乳の値メチャ高かったです。
(通常6ヶ月まで・・・としてくれないところ先生からしましょうと言われた血液検査。その後ボロボロ出てきましたが^^;)
長男によって発覚できた私の乳アレ。
そして、最近の咳が治まらないのはパンの隠れ食いだと思う。。。ビールでお腹壊すこともあるから、小麦もダメかも???
仲間だ!!という訳でもっぱらチューハイです♪・・・話ずれてますね^^;すみません。

投稿: もあっしゅ | 2007-04-24 17:37

>ふわりふわさん、こんにちは!

自分のアレルギー体質って、除去して初めて気がつくよね。
アレ母の新米だったころ、「子どもに合わせて除去食をすると、親の体調が良くなることがある」という記述を見て、
除去食の大変さばかりで頭がいっぱいだったので、
「ふん!(そんなことで、除去食作りの大変さがまぎれるかと思ってんなら、大間違いだよっ!)」
てな感じでしたが、
自分のことを振り返る余裕が出てくると、しみじみしますわ。
さらに、年をとって、体力的にやりたいことがやれなくなってくると、体力維持に慎重になり、そのとき初めて「除去の威力」を思い知った私でございます。

「食べれば慣れる」ってよく言われるよね。
本当なんだろうか?
体力がついて、症状が出なくなる、ってことはあると思うけど、
「慣れる」って、あるのかにい?
あー、減作療法だったか、減感療法だったか(調べろよ)もあるから、「慣れて」良くなるケースもあるのかもしれないけど、全員に合った方法、ってわけじゃないしね。
「食べさせて、慣れさせろ!」って、根拠もないのに妙に説得力があるセリフで、言われるとちと困るセリフです。

投稿: タケ | 2007-04-25 10:14

>もあっしゅさん、こんにちは!


もっぱらチューハイ
・・・話、ずれてません!
核心直球どかんですよー!
私の住んでいる地域は、とにかく、「酒」「酒」「酒」なので、多団体に所属しているタケ氏にとって、行事目白押しのこの月は、整理しないと、毎日「酒」になってしまう勢いで、切実な問題なんですよ!マジ。
そのたびごとに断りを入れたり、手配してもらったりするのももう面倒くさくて、マイボトルを持参しようかと本気で思う今日この頃です。

うちの下のチクリン君。
生後2ヶ月で、見えない血管から採血してアレルギー検査だったよ。見た目明らかにアトピーだったから。
上にピカリンさんがいたので、妊娠中も「それなり」に気をつけていたつもりですが、「それなり」だったから、ダメだったのね。
でも、このときの私は「出たら出たで、そんときゃそん時」みたいな感じになっていて、判明してから初めて「それなり」除去から「厳格」除去に切り替えたのでした。(良い子は真似しない。悪い子は、真似してヨシ)
今から思えば、その時に自分のアレルギーにもっと気がつけばよかったよ。
食べられない、飲めない、はあっても、
もっとやりたい別のことがあれば、
我慢できるもんだね、と思う今日この頃です。

投稿: タケ | 2007-04-25 10:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 閑話休題(タケの通勤路) | トップページ | 私たちが子どもだった時代 »