« 「治療」と「生活改善」、と・・・ | トップページ | 閑話休題(タケの通勤路) »

除去は医師の指導を受けて慎重に。(混沌の4)←いきなり番号

(コメントがつけられないようになっています。ごめんなさい。理由→http://taketaketake.tea-nifty.com/cooking/2007/04/post_e0dd.html

 

書けば、いくらでも出てくるタケ氏です。

 

さっきの記事のついでに、小記事で。

 

勝手に除去食を進めてはいけません。医師の指導のもと、慎重に行ってください

どの口が言っとるんじゃ、ごるあ!
とは言いませんが、
はじめは違和感があったという程度のこのセリフも、今となって、は人差し指で机トントンしながら聞いちゃいそうです。

 

こんなこと言うけどさ、
「本当に」「きっちり」栄養指導しきっている医者、ってどんだけいんだよ?な?

あとさあ、
親が「反応出た」と言っているのに、
「医者が判断できなければ、除去しちゃダメ」
って、わからなくね? だよなあ?
だったら、おめえが、ずっと我が家で食事見てろや! できねえべ?! デスヨ。

いや、勝手に除去をして、栄養失調の子どもを作ってしまうお母さんがいるんですよ。

というのが、
この「セリフ」の根拠らしい。

わたしも、医者にかからず、勝手な除去をして、「そそそれで、だいじょうぶ?」という食生活をしている人は、実際に見たことがあります。

 

がっ! 

 

ちょっと、考えてみましょう。

 

「親の勝手な判断の」「献立で」「栄養失調に近い子ども」

って、
実は、アレルギー児以外にうようよいっぱいいるんじゃないの?
スナックばっかりとかさあ。

そいつら全部、医者が指導しろよ!

 

と、すいません。逆ギレっぽいです。

寿司のえびを食べたら蕁麻疹できて、「これから、生のえびを食べるのは控えよう!」と普通に思っている人、っていっぱいいるんじゃないの?
「だめです。医者の前で生のえびを食べて、反応でない限り、食べてください」って、言うかよ!
(すいません、逆ギレっぽいです)

 

何で、アレルギーっ子だけ、あーだこーだ、言われなきゃなんないのでしょーか。
そのたびに、親がウロウロしなきゃなんないんでしょうか。
ちょっと、このあたり、整理してくんないかな!
と思っているのは、私だけでしょうか。

 

勝手にやらせてくれ、とは言いません、
が、
ちょっと方向ずれてるんじゃないか、とは思うんですよ。

 

「食事を制限する」ことを制限することに、神経質になりすぎているのではないかと。
これでは、どこが「神経質」なのか、わからないですよね。

 

と、鼻息荒く、今日は退場。

(コメントつけられなくて、すみません。この記事は、喋りたい人がいっぱいいるような気が・・・

注;今日の記事は、K医師の事では、ありませーん。

 

|

« 「治療」と「生活改善」、と・・・ | トップページ | 閑話休題(タケの通勤路) »

アレルギー界をとりまく状況」カテゴリの記事