« 食べられる料理;世界編(難易度AAA) | トップページ | またもお休みの予感・・・ »

180度転換 ホームステイ

草アレルギーだということで、
日々、庭のどういう個所が危険ゾーンかをチェックしていたタケ氏。
シルバー人材センターに草取りも依頼いたしました。

 

さて、昨日、ホームステイ受け入れ説明会に行ってまいりやした!

 

 

すると・・・・・・

「タケさんのうち、アレルギーじゃない子になりました(ニコっ)」

「・・・・?!」

頭の中を切り替えきれない中で、昨年のステイの体験談やアドバイスが他のホストの皆さんの間で楽しそうに交わされていました。カッコ内はタケ氏の頭の中。

 

「とにかく、フライドポテトを食べる量が半端じゃない。」(大豆油!)

「コーラを2リットル、ビンに口をつけて一気飲み」(いっぱい買うのか・・・)

「うちで預かる子のプロフィールにジュースアレルギーとあるけど、自己紹介欄には、ダイエットペプシは1日に7本は飲む、と書いてあるのはどうしてかしら」(・・・!)

「きっと、フルーツジュースのアレルギーだと思います」(柑橘系フルーツがダメなのかな。果物の農薬?それにしても・・・・)

「ハンバーグを作ってあげればいいわ。大好きな子が多いから」(卵もパン粉も使わないハンバーグでもおいしいと思ってくれるかな・・・。それとも、それらを購入する?)

「1日目の夜、何を食べさせました?」(会場で初顔合わせが終わるのが夜の8時すぎ。朝早い我が家は9時過ぎには寝るというのに、そのあと夕食・・・・?)

「マクドナルドに行きたい、というので、買ってきてあげました。(笑)」(え?わざわざ買いに行ったの?)

タケ氏があらかじめ、我が家の食事状況について説明してあり、それでもいいか?と質問してあったので
「別なものを作ってあげればいいわ。」(別なもの、って、卵と小麦と乳製品と大豆油を使った、我が家と真逆なもの?)

(媚を売るようにサービスなんかしなくてもいいのでは?!我が家なりのやり方で・・・)
「この子達は、京都、大阪、東京、といろいろ回ってくるの。でも毎年、鶴岡が一番いい!という評価なのよ」 (プレッシャー!!!)

 

 

 

どんどん引きつるタケ氏の顔。

この企画はあまりに無謀だったのか?!

もともと、食事アレルギーで苦労している子がいたら、助けたいという意図の申し出をしたつもり、そのためになら努力したい!と言ったつもりでしたが(そう何度も言った)、ふたを開けてみれば、ステイする子を気遣いつつ、自分の子への配慮の必要度が10倍くらいに一気にアップした感じがする!!

卵も小麦も大豆油も、我が家に持ち込まないようになって○年!

別に他の一般家庭でも、全然オッケーな子を、
危険を冒してまで、我が家がホストになる必要があるのか?

少なくとも、何かしらのアレルギーのある子は、我が家の状況も少しは理解できるだろう。
だからこそ、そういう子の受け入れを条件にしたのであった。
でも、そうでない子に、わかってもらえるのかな?

不安になり、説明会終了後も個人的にいろいろ説明する。

 

が!

アレルギー自体を、関係者もよくわかってない

どちらかというと「何を今更ごたごた言うのか?」という態度。(←中心になっている方は、私がお話をした国際村の人ではない)

いや、拒絶しているわけではないんですが・・・。

「やってみましょう、まず。それでダメなら、なんとかしましょう」(「ダメ」、って・・・・?)

「楽しみましょうよ!」(いや、それはわかってるんすが・・・)

・・・・。

自分の頭の整理の仕方もわからず、退却。

一緒に行った家族の方が「なんとかなるでしょ」と、涼しい顔なのが助け。

 

 

・・・・・・・きっとやれるはず! 私なら!!

と思いながら、帰ってきたとたん、バタンキューで寝てしまった。夜9時前。

だいじょぶか、こんなんで。

 

ステイ予定の子は16歳の女の子、シドニー。

日本語と歴史が好き(国史出身のタケ氏)

鬱薬飲んだりするそう。(うつ病経験者タケ氏。弟はアメリカで外来もこなした精神科医)

ファンタジーが好き (ピカリン、ファンタジー大好き)

シャイな子らしいけど、そういうのは、うちの天然ダンナが得意。

あとは、緊張感ゼロ、さらりと異国の人とも付き合えるチクリン。

 

たぶん、食事以外のもてなしは、

絶対うまくいくと思う。

その子がどんな状況であっても、、たぶんどこよりも良いステイが作れると思う。(←自信)

 

あとは、食事だ・・・。

今から、いくつか想定して材料について検討しておこう。

人助けのつもりが、

自らに新たなハードルを課すことになってしまった・・・180度の転換!

 

とりあえず、シドニー(ちゃん)に、メールを送ってコンタクトを取ろうかな、と思ってます。

ピカリンは「私もメール書く!」と張り切っています・・・。

 

 

そして・・・

一夜明けて、今朝になれば、
昨日のショックもどこへやら、やる気満々、超楽しみになっているタケでした。あははー!

確かに「危険」かもしれない。けど、やめておく?と聞かれたら、
いんや、やっぱ、やってみたいっす! と答えるでしょう。
ということで、全ての困難は乗り越えられるハードルである、ということで、
あらたな、チャレンジ!

 

 

すったもんだ、

開始~~~~!

 

 

 

P1010015 そんな我が家の、

カナガシラ(金頭)の具沢山みそ汁

グロテスク?

でも、おいしいよ。

器は、普通のみそ汁の器よりも大きいものです。

魚は、なるべく「対面式」で「氷の上に乗っている」鮮魚を買います。
いつも、キュー○イの青汁に出ている八名信夫みたいな爺ちゃんが、アドバイスしながら魚をさばいてくれます。

|

« 食べられる料理;世界編(難易度AAA) | トップページ | またもお休みの予感・・・ »

国際」カテゴリの記事

コメント

タケさんなら楽しめることまちがいなし!といいながら今年は非常に消極的になっているハナママです。
今朝もダンナに「頼まれたら引き受けよっか~」と言った次第。我が家は、アレっ子じゃない上の子に、アレっ子の下の子で併用があたりまえだから誰が来てもOKだけど、言葉の壁がね~。
それとやっぱ食事の壁。出した食事にはほとんど手をつけず、ダイエットだかなんだかしらないけど、ポッキーが主食だもんね。勝手にして~って感じ。
日本を知りたくてきている子なら歓迎するんだけど、企業が自分とこの名前を上げるためにやってるプログラムなもんだから、鼻もちならないヤツが来たときにゃ~ムカっとするのよ。
ハーバードの学生または卒業した子だからさ。お家もいいとこ育ちなわけで・・・
いろんな子がいるよ。←あたりまえか。
ピカリン・チクリンの反応も楽しみ。ステイなんだからタケさん流でいいと思いますでふ。
なんといっても16歳、純粋な目で日本ライフを満喫してくれるよ。

投稿: ハナママ | 2007-06-14 17:49

>ハナママさん、ありがとう~~~~~!!(涙)

このコメントに、どんだけ元気付けられるか!
結構、不安なものですね。
よく考えてみれば、全然知らない人を家に泊めてご飯出すんですから(←よく考えなくても)。
しかし、さー。人の家に泊まったら、出されたものを食べるのがスジ、だと思ってたんだけど、
なんで、そう、マイペースでよい訳なんでしょうか?
よくわかんないす・・・。
わがままに見えるけど、お国柄なんですかねえ。

でも、ナイーブそうな16歳の子なんで、
ハナママさんおっしゃるとおり、いろんなことを感じてもらえたらな!と思っています。
エキサイト企画、リラックス企画、コミュニケーション企画、体調と気分に合わせてセレクトできるよう、いろいろ考えてんだ。全部、空振りかもしれない、という覚悟も含めて!
また、教えてくださいね!!

投稿: タケ | 2007-06-14 18:23

タケさん、はじめまして^^。
時々遊びにきていたんですが読み逃げ?していました^^;すいませんっっ。umiさんのblogから再度飛んできました。
タケさん、以前宮城にいたとか、k医師のこととか色々書いてたので。私は宮城だしk医師のうわさも聞くので(わが子の主治医は別です)、なんか身近に感じてました。(勝手に・・・)でも読み逃げ。すいませんっ。
ところで、ホストファミリーになられるんですね!すごい☆
私も高校のころアメリカにホームステイしたことがあるんですけど、その家のペースに合わせるのが普通。
日本人は遠慮深かったり気を使ったりしすぎなんだなぁとギャップを感じました。
最初に文書で、香水はダメとか食べ物は持ち込まないでとか、そういう注意がきしておけば理解してくれるハズ。
きっとシドニーちゃんといい思い出が作れると思います。また、楽しいお話期待してます^^

投稿: み~まま | 2007-06-15 14:19

金頭の味噌汁の画像にうけてしまいました。おいしいですよね♪
人様の家に泊めてもらうなら、出された物を食べるのが筋だと私も思いますが。ただ、お魚ぶつ切り入りの汁って、先方には許容範囲なんでしょうか?と興味がわきました。魚のフライやソテーなら普通でしょうけど。
中学時代、米国人の英会話教師が、お汁粉だけは生理的に受け付けないんだ!(甘く煮た小豆、て許せない~!)と力説していたのをふと思い出しました。
報告、お待ちしてまーす

投稿: にゃあ | 2007-06-15 16:33

>み~ままさん、こんにちはー!! はじめまして!書き込んでくださって、とってもありがとうございます!!


早速つたない英語でメールを送ってみたのですが、つたなすぎて、うまく伝わってないかもしれない!と、心配してま~す。・・・・・・(ーー;)
早く、会いたいなー!

み~ままさんのブログ拝見させていただきました!
すげぇ、がんばってますよね!
とりわけ、掃除の重曹使い・石鹸使いに痛く共感&尊敬!私も使ってはいるんですが、なかなか徹底はできないですね。私の場合、使う以前の問題というか、「もっとこまめに掃除しろよ!」って感じ、っすか・・・。
私も、もうちっと、がんばろう!そうすれば、こんなすがすがしい感じのブログ内容になるんだなー!と、反省&励ましになりました!

アドバイスありがとうございました。
勇気付けられたよ。(←勇気なかったんかい)
また、よろしくおねがいします!

投稿: タケ | 2007-06-16 05:27

>にゃあさん!わーい、こんにちは!
カナガシラ見てくれてありがとう!(笑)

いやいやいや、ぜーったい、許容範囲ではないでしょう!同朋の日本人ですら、あやしいし!

わたしもさー、無理難題を押し付けるつもりもないし、なるべく合わせよう、と思ってはいるんだけどさ。
それに、相手の体調だってあるでしょう?
長旅で、合わない食事ばかりじゃ、体調崩すしね。
配慮しよう、って思ってはいるんだけど、
周りの(みんなではないだろうけど)ホストさんのお話の「奉仕ぶり」(?)にちょっと驚いた、というか、
印象として「いいなり」みたいな感じがして、
「卑屈」さすら感じた、というか・・・。
でも、「この地域の人はみんなやさしい」という評価があるらしく、その「やさしい」って、どーいうことなんだろう? 私もやらなきゃダメ?とか、つい考えちゃって!
なはー。
今は、マイペースで楽しもう!
きっと、我が家は楽しいヨ・・・。と思っているところデス。

しかし、シドニーさんが、チャレンジャーで、カナガシラを食べる!!と主張したら、もちろんお出しするつもりです!(ありえない気が・・・)

投稿: タケ | 2007-06-16 05:36

すっごい頭のなか大混乱なのに
バタンキューと寝ちゃって
起きてみたら「やっぱやってみたい!」って
いうのすっごくよくわかる!
人間、夜に考えちゃダメなんだよね。
一晩寝れば大抵のことはうまくいくようになる(!?)
やってみる前に退却、じゃ人生つまらないもんね。
シドニーちゃんからいいお返事がくるよう
一緒に祈ってます。

カナガシラ、豪華でゴージャスな感じがいいですね。
今日のお料理シリーズ素敵です!
是非続けてくださいまし~♪

投稿: eri | 2007-06-16 06:38

タケさん、おはようございます。
カナガシラ、食べた事ないですがあら汁みたいでおいしそう♪
東北にいるときは魚の頭や骨だらけの汁物よく食べてたな~

そして何よりも、ホストファミリーがんばってください!
シドニーちゃんが「マックが恋しくて…」と一筋の涙を流したら
ウォークラリーみたいな感じでマックへ行く、とか。
タケさんの日常には楽しみがたくさん詰まっていそうだから
シドニーちゃんもタケさん一家も楽しく過ごせると思います!

あ、私もほぼ重曹石けん生活が板についてきました。
自分で合成する感じ、この上ない幸せです(笑)

投稿: まめ | 2007-06-16 07:29

>eriちゃん、こんにちは!

バタンキュー!って、ものすごい久しぶりでした。(わはは)
やはり今回のことはね~、ステイの仲介者とのコミュニケーション不足の問題だったのよねぇ。
はじめから「この人たちは、アレルギーのこと、わかってないな・・・」と思ってはいたけど、
どーせ、そういう「困難」な子は来ないだろう、と踏んでいてたので、あまり説明もしなかった私が悪い。
予想していた子と違う子が来るという突然の変更にびっくりしたけど、
やっぱりそのアバウトサは、アレルギーに対する理解度の問題にあったのだー。(後は日本にあって、異国のアバウトさがかもし出された感じもする!)
と、整理して、この点は、すぐには理解してもらえないから、だんだんと話していきたいな!と、思っているところ。
そんで、それとは別に、縁あって我が家に紹介されたワシントン州の高校生と、交流を深める努力をしたいな!と思っているところなんだぁ~。あー!

今日のお料理。そのうち「いつも同じ食器」「いつも同じよーなメニュー」というのが、とってもよくわかる画像アップになっていくよ・て・い。

投稿: タケ | 2007-06-17 06:44

>まめさん、こんにちは!


ウォークラリーってなんだっけ・・・と、一瞬目が宙を泳いだほど、うちんとこは、ウォークとマックが結びつかないのよー!
3軒あるマックのうち、2軒は、スーパーの中。スーパー閉店と同時に閉まります・・・。もちろん、郊外の巨大駐車場完備スーパーなので、歩いていけない・・・
やっと最近、24時間のマックが1軒できた。
ソいえば、そこは自転車で5分くらいだ!
いいね!ウォークラリー!
いただきます。
ありがとうね!
石鹸ネタ、あるので、そのうち、あっぷしまーす!

投稿: タケ | 2007-06-17 06:51

こんにちは~
私も、今日のお料理が楽しみです!

もしかして、山形はお客さんを「おもてなし」する文化なのかしら?「ホームスティの子=お客様」という感じで接している方が多いような気が・・・
ところで、師匠の家の田舎度は私の実家と同じ程度と思っていましたが、師匠の家の方が、都市化していました。私の実家では、24時間営業マックがないのですよ。大変失礼してました~


投稿: ゆうこりん | 2007-06-17 16:53

>ゆうこりん!こんにちは!!

なーるほど~。
おもてなし文化。そうかもしれない!!
我が家の日常とかけ離れた「内容」の数々に、「う・・・うちにはできない!」とビビって、「何で、そんなに・・・!」っていう風に発想が走っちゃったけど、基礎は「おもてなしするぞ!」にあったのかもなあ!と、落ち着いた気持ちで、反省だー!

先日、「この文房具屋にいつかは行こう」と思っていたその店に入ってみたら、そこは文房具屋じゃなくて、スーパー。しかも、フライドポテトやハンバーグや塊肉をバンバン売っている「業務用」のスーパーでした。「おお、これは使える!」と思っているところデス。
この店で、都会度アップか?!
ちなみに、ロッテ○アはゼロ。ケ○タッキーは、隣町のジャ○コ内にあるだけだよ~ん。ミ○ドとモ○は1軒ずつ有。数が把握できるというのがすごいね!

投稿: タケ | 2007-06-18 04:59

は~、緊張が。。。
タイトル見て、タケさんどうしたの!?と、思ったら、なるほどぉ。くじける師匠なわけなかった!
一緒の食事楽しんでくれる子だと最高ですね
味噌汁おいしそう、ジュル
そっかぁ、頭もこうすればいいダシでるしいいっすねぇ。アジの塩焼き食べたくなってきた。。。

投稿: ぼにゃはは | 2007-06-18 08:55

>ぼにゃははさん、こんにちは!

ほんと、くじけにくくなりました、御年○歳!
歳とって良かったことは、落ち込みにくくなったことと、落ち込んでもすぐ浮上できるようになったことと、落ち込んだ原因をすぐ忘れられるようになった(!)ことです。
その理由は、経験値が上がったからか、はたまた鈍感力が増したのかっ!

ま、いいとして。
「カナガシラ」は、写真からはわからないけど、体長25センチくらいあるんですよ。
半分にザクっと切って、汁にぶっこんであります。
「魚嫌い」の理由の一つに、「骨を取るのが面倒くさい」というのがあると思うのですが、
「魚除去」から、魚に対して憧れがあったうちの子は、こんな面倒くさい汁物も喜んでくれるので、ちょっと、ラッキー。
一番面倒くさいと感じて、汁の中に魚の骨も身もをザクザク残してんのは、私です・・・。

投稿: タケ | 2007-06-18 13:43

ホームステイ受け入れ、タケさんのおうちなら、
きっと楽しそうですね★
同じく、他の何もアレルギーがない子に、
お菓子とか、料理を出すとき、、ちょっと緊張したりします。
美味しいと思ってくれるかな?
とか。。。
カナガシラのお味噌汁。
具沢山でおいしそう!
北海道には、ごっこ汁ってあるんですが、
これが深海魚なので、グロテスク。
でも、美味しいんですよね♪

コーラ2リットルを一気飲みとか、
ダイエットペプシ7本とか、信じられないですよね。。
そんなのまで合わせないと駄目なのかな。。

投稿: ふわりふわ | 2007-06-20 15:33

>ふわりふわさんこんにちは!

コメントありがとうございます!
深海魚のごっこ汁・・・。いろいろあるんですねぇ!

そーなのだ。
2リットルとか、7本とかにビビッちゃったんだよね~。あまりに想定の範囲外だったので、「ムリ!」と思っちゃって。
今は、その考え方にも馴染んで、「なんとかなるでしょ!文化の相違!」くらいになっております。
だんだんに、メニューも考えよーっと!

投稿: タケ | 2007-06-20 20:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食べられる料理;世界編(難易度AAA) | トップページ | またもお休みの予感・・・ »