« 思えば遠くへきたもんだ。(ついに空気のような存在に達したか?) | トップページ | どったんばったん(ブログ不更新の事情) »

新たな生活体制

ネタの切れないタケ家です。

こんにちは。

皆さん、いかがお過ごしですか。

 

アレっ子対応家事はうまくいってますか?

さぼりたくなりませんか?

泣きたいこともありますよね。

ゆっくりしたい!と、どこに向かって叫べばよいのでしょうか、みたいなこともあるでしょう。

一方、自分の家事能力向上に気づき、誰もそれを気づいてくれないけど、自分で自分を褒めたくなったりね。

 

 

え?

どうしたのかって?

うえーん!

頑張んなきゃいけなくなったよー、またー・・・。

 

さぁて、どこから話せばよいのか、難しいが。

 

家庭事情暴露だが、
じつは、夫が転職します

ヤツが転職することで、家の中の家事体制が、一気に変わるんだよね。

 

なにを隠そう、
ヤツは、この間1年以上無職だったのだ!(失業です)
いや、そこだけじゃないな、問題は。
3年前にこちらに引っ越してきて、夕方五時半には家にいられる仕事をしていたが、その会社が消滅し、無職となって家にいて、この5月の連休明けにまた5時過ぎには家にいられる仕事についたが、諸事情により、今日より10日後あたりから、ほとんど家に不在の会社に就職することになったんじゃ。

無職だった時、金銭面が苦しく、
わたしも、リサイクルショップで服を買い、
しょうゆも米しょうゆから本醸造大豆しょうゆに変え、
アレルギー対応お菓子も買わなんだ。
そんで、学習塾でも始めてみたりしてたんだにゃ。

が!

一方!

夫がかな~り家事をしてくれていました。
そりゃ、お弁当作ったり、掃除をしたりは私だけど、
茶碗洗ったり、洗濯したりしてくれたし、
子どもとも遊んでくれたし、
病院に連れて行ってくれたり、私が料理に手が回らなくなると、黙って作ってくれたりしてたんだ(満点パパ)。

 

それが、なくなる!
私は、塾も開いているというのに!

あー、そうです。
私は恵まれていたので、好き勝手なことをやれていた面もあったんです~。

子どもが小さかった頃は、全面的に私が家事をやっていたのだから、
またその生活をすれば良いだけで、やれるはずなのですが、
「がんばんなきゃな~」と思うと、気が重いです

 

この春は、中2ピカリンのアレルギー状態悪化したし、
昨日は花火をして、
いつもはうるさいくらい煙について注意するのに、それを怠ったら、
いきなり、チクリン痰がらみヒューヒュー。

あ~・・・。
まだまだ、いろいろ手を抜いてはいけないのだよね、我が家は。

 

でも、夫。就職おめでとう。

二人(夫婦)で、あと10年はしゃかりきに頑張ろう!と決めました。

 

でもさ・・・・

日中夫がいないのは(今も至近距離の職場のため、お昼ご飯を食べに帰ってくる)、結構ラクかもね!

 

 

P1010041_1 給食代替用のサラダ。

うちは、ドレッシングも手作りですが、
ほんのちょっとをシャカシャカ作るの、って時間がない時大変です。

テレビの普通のお料理番組で紹介していたのですが、
ドレッシングを混ぜ合わせないで、野菜にかける方法。

ボールに食べる野菜を入れ、

まず、油を入れて野菜に絡ませる。→塩気で野菜の水分を取ってしまわないようにまず油でコーティングする。 それから、お酢や塩など味付けをする。

知ったときは、目から鱗でした!

|

« 思えば遠くへきたもんだ。(ついに空気のような存在に達したか?) | トップページ | どったんばったん(ブログ不更新の事情) »

アレっ子育児」カテゴリの記事

コメント

きゃ~!大変そう~!
ですので今回は手短にいきたいと思います。
がんばれ!
ご主人、就職おめでとうございます!
体にはくれぐれも気をつけて!
サラダやってみま~す♪

投稿: eri | 2007-07-08 23:27

うんうん!
まさに!!!
アレルっ子ママはみんな同じ気持ちで頑張ってるんですね。

毎日の仕事、給料換算したらかなり高月給だと思うよ~。

新体制、大変だと思うけど頑張りすぎずに。ねっ☆
私もそうだけど自分の体のことは二の次になっちゃうもん。
時々は岩盤浴とか。。

投稿: み~まま | 2007-07-09 05:50

>eriぽん、こにゃちわ~。

夫が本格的に働き出す今月下旬より前に、新しいリズムを作るべきなのだろうが、
夫が本格的に働き出す今月下旬より前に、片付けておかねばならないことをやりまくり、今、ほぼ全ての家事を夫に押し付けている。
胃がいてー!
体を大事に。
とにかく寝ることだけは、死守しようと思ってる!
あと、子どもの健康も!(←付け加えかよ)

投稿: タケ | 2007-07-10 20:56

>み~ままさま、コメントありがとう!

なぜか、岩盤浴にウケタ!
いいね~、岩盤浴。
ただ、エステの知り合いによると、
岩盤浴の「岩盤」は洗ってはいけない製品なのだそうで、
ゆえに、いろいろたまっているんだそうだ!
本当かに?
アトピーに、蒸し風呂やサウナがいい、ともいうよね!
むかーし、アトピーに良い、と薦められた岩盤浴のプレハブのような掘っ立て小屋を、「怪しいような気がする・・・」と、何度も指をくわえて眺めていたことも、同時に思い出した!
小さいピカリン・チクリンを連れてはいることは、とうとうできなかったな・・・。

体のこと、心配してくださって、ありがとうございます!
気をつけたいと思う!!

投稿: タケ | 2007-07-10 21:03

師匠、大変ですね~
でも、師匠なら乗り越えられる、気がします!
体壊さないでね!

タケ家とは全然違うけど、夫の転職は2回経験あります。
わが家は子どもが1歳くらいのとき
夫が2ヶ月ほど無職でした。
私は、はっきり言って「うざ」かったです(←鬼嫁)。

だってね~
その半年前にも転職してるんですよね。
「どうせ仕事するなら好きな仕事したい」とか言って。
たった半年でその「好きな仕事」も辞めてしまった上に、辞め方も悪くて、その他イロイロあって・・・
私、不眠症になって実家に避難したら、
夫親の中では離婚話になってて、勝手に話が作られていて、私の実家に夫から
「(私の)実家のお父さんが別れさせると言ってるなら別れる」と電話がありました(@_@
弟家族もいるので、実家にも居辛くて10日で戻ったけど、夫は辞めた会社の残務処理を家でしてる(会社には行きたくないという理由で)か、自分の趣味のHPを作ってるかで、家にいるからって家事するわけでもなく、子どもと遊ぶわけでもなく、ふら~と外出して夜まで帰ってこないときもあったり、「僕のことウザいよね?」とか分かりきったこと聞いてくるし、うざかったです(←やっぱり鬼嫁?)
さらに、夫親も頻繁に電話&家庭訪問。なぜか、夫が勝手に会社辞めたのに私が責められたし・・・
唯一助かったのは、
私の祖母のお葬式がその間にあって、
子どもも一緒にお葬式に出られたことですかね。

毎年子どもの誕生日が来るたびに思い出します。
多分一生忘れられませんね・・・
なぜか行事ごとに忘れられない(嫌な)思い出を作ってくれる夫です。他にも一杯あります(笑
すみません、また愚痴ってしまいました。
「人生いろいろ」でも歌って気持ちを切り替えます。。。


投稿: ゆうこりん | 2007-07-11 16:46

こんな時は…

『転職おめでとうございますっ!』と
お伝えすればいいのですよね。
ワタシも独身時代に転職を経験したことあります、
仕事を辞めるのも、新たに転職するのも、
とってもとってもパワーが必要でした。
ましてブランクのあった旦那様は
さらにお疲れになると思います。
それを見守る家族も疲れてくると思いますので
タケさんはご自身の体調を整えながら、
たまには息抜きをして家族で新しい生活を
乗越えてくださいね♪

投稿: ナオ | 2007-07-11 20:31

こんにちは。
タケさんの記事、うなづける事や自分を思い返す事や
気づける事なんかがあって、
アレルギーに関した記事なのに、
いろんなスパイスが入ってるって思って読んでます。
いい意味でも悪い意味でも色んな局面があって、
エピソード(タケさん流に言うとネタ?)の度に
乗り越えて行かれる姿を勝手に想像して、
勝手に励まされたり、励みにしたりしています。
どの記事にも、コメントしたくなるんですが、
ついついアレルギーの話以外に話が飛びそうで…。
ともかく、私もこんな風に助け合える夫婦に憧れます!
お互い感謝しあってる様子が伝わってきます。
タケさんファミリーだけでなく、アレっ子家庭は
そうでない家庭より絆が強い気がしますね。
アレルギーでも楽しく生活しようという希望?願い?が
日常の不満や苦痛を、修行みたく思わせてくれるのかな…。
頑張るという言葉は、あまり好きではないので
新しい環境もタケ流でエンジョイしてください!

投稿: umi | 2007-07-12 11:53

うちも勤務の都合で、日中家にいることが多いので、
色々手伝ってもらってるのですが、、
この支えってかなり、私の中で重要かも。
タケさんの日記からは、ダンナ様の優しい空気が
時々、ほんわかと伝わってきていたんですが、
いつも一緒にいらしたからなんですね♪

ドレッシング、最初に油で。というのは初耳!
試してみますね★

投稿: ふわりふわ | 2007-07-12 16:05

おにょ~~~
タケさんたらお子さんたちのために全力で
アレっ子の先輩としても勇気をもらえるあたたかい文章やコメント書いて
そりゃそりゃ忙しい(人のために、いい意味で★)と感じていたけど
いろいろ気苦労があったのにそんなこと表に出さずにおられたのですね。

でも。このたびは旦那様の就職おめでとうございます★
生活ペースに慣れるまでは大変だと思いますが
新しい生活もエンジョイしてください!

投稿: ゆうあんみぃ | 2007-07-13 04:15

>ゆうこりん、こんにちはっ!


当地は、一応「街」なんですが、貧しい地域でね~。
「実は夫が今・・・」
と言うと、「うちも失業してたよ~、1年くらい」という話がごろごろ掃いて捨てるほどあります。

妻は「うざい」と「不安」。なにしろ、本当に仕事が無いので!
それから、夫のほうが
「ふらっといなくなる」
というのは、良くあるみたい。
一説では、家族に当たらないようにするために、外に発散にいっている、ってことらしいです。

我が家は、夫も1年も家にいると、なんだか人格が壊れかけてきているような感じがして、金銭面と同時に、精神的健康に対する不安がでかかったな。
今は、結構生き生きしているから、良かったです~。
ゆこりんとこの旦那も問題ありつつ(?!)元気だといいね!

結婚したての頃、何かちょっと齟齬があると、旦那方の親が「うまくいってないんじゃないか?!」って騒ぐの、ってうちもあった!(笑)
ちょっとした連絡が伝わらなかったくらいで、「会話が無いんじゃないか」→「夫婦の危機なんじゃないか?」→「タケさんは家にいるのか?」→「実はすでにいっしょに暮らしていないくらい破局してるんでないか」まで話が進んでいて、びっくらこいたよ(笑)

投稿: タケ | 2007-07-13 12:51

>ナオちゃん、コメントありがとー!

うん。
今回の「転職」は、「良かった」んだ。
こちらに引っ越してきて3年。どこか旦那の職場は「仮住まい」的だったんだけど、今度の職場は、夫が生き生きできそうなところで、すごくほっとしているんだー。
ただ、長時間労働、長距離通勤(東京都心に比べれば大したことないけど!)ということで、私自身が、家事を一手に引き受けつつ、夫の支えとなれるのか?! なれないだろう!!
と、不安に思うより先に、「なれない」と決め付けて、心の安泰を図っています。
ナオちゅんのやさしいコメントを読み、しばし反省。
確かにそうだよな~。と思った!
時々、いたわることにしよう!

投稿: タケ | 2007-07-13 13:00

>umiさんこんにちは! 励まされるコメント,恐縮です。ありがとうございます!

エンジョイ!
そう。エンジョイ!
まず、車を買う!(どう考えても2台目が必要なため)
今、中古を物色しているところだが、小さめでもそれなりの馬力がある、私専用になる予定! 名前も決まっている。「アシオ」君だ!
旦那さんもやさしいとは言え、家にいるときは、なんだか遊びにいけなかったのだが、これで、遊びにいける! 隣村の農協までシフォンケーキ買いにいける!(←小さい望み) と、隣村の山の緑を頭の中に描いて、エンジョイ液を、体内に出すようにしております!
「助け合っている」んだろうなあ・・・。いつも自分のことで必死になっていて、やさしく温かい包み込むような余裕を伴った感情はなかなか持てないが・・・。
ここで、旦那のプロポーズの言葉を突然思い出したので、のろけついでに(?)紹介!
「人生の大河の向こう岸まで、何とか泳ぎきろうと、おぼれかけながらアップアップしているときに、そばに同じようにアップアップしている人がいて、それがタケ氏で、がんばれ!がんばれ!と声をかけあいながら、一緒に向こう岸まで泳ぎきりたい。そんな感じ」ってなことだったと思う。
は~~~~~~~~。ずっと、おぼれかけているよねぇ、ほんと。

投稿: タケ | 2007-07-15 07:05

>ふわりふわさん、こんにちは! お返事が遅くなってごめんなさい・・・。

「やさしい空気」ありましたか?!
なんだろ、バルタン・・・?
いっしょにいて、助かっている面あり、
うっとおしい面あり、ですが、
後者は、なるべく自分でも意識しないように、幕を下ろしています。
結婚前は懸命に短所を見つけよ、
結婚後は懸命に長所を見つけよ、
みたいな言葉、ありますよね。まさにあんな感じで、「やだな~」と思うことは、自ら心にシャットアウト。暗部を作っております・・・。
一人になれたら、解放されるかなー!
と、思ってみるものの、やっぱり不安のほうが大きいです。
1週間後から、その体制に入ります。
ふわりふわさんも、助け合い夫婦なんですね!
アレルギーを乗り越えるためには、重要なポイントだよね~、やっぱり・・・。

投稿: タケ | 2007-07-16 06:15

>ゆうあんみぃさん、こんにちは!

このブログは、アレルギーネタ限定!と自分で決めているので、自分の中ですごく重要なことがあっても、書かないことがあります。
でもそうすると、リアルな雰囲気というのが伝わりにくいかな・・・と思うこともあって、ちょっと小出しにしたりもするのですが、やっぱり、書けない事、ってありますよねー。
1年以上前に、旦那が毎日家にいることになってから、ブログを書きにくくなっていたんですよ。「またネットやってんのか!」っていわないけど、思われていそうで。
それが、かなり苦痛だったなー。
その割には書いていたけどね! (でへ!)

無職状態も、始めはのんびり構えていたんだけど、
今年になってからは、いよいよやばいよ、生活していけんのか?!と、かなり緊迫していました。
生活していけるような仕事が無いんだよね。マジで。
書いたことあったかもしれないけど、旦那、片足義足なもんで、そこも仕事選びのネックになるしね。
な~んて、さりげなくいろいろ内情書いてたりして。

3年前に引っ越してきたとき、最大のマイナス点は「旦那のやりがいのある仕事がない(とりあえずの就職はしたものの)」だったのです。
それが、少しは面白そうな、自分を生かせそうな仕事が見つかって、私は心底ほっとしているので、
多少時間的、肉体的に大変なことがあっても、
工夫して乗り越えたいな!
と思っているところです。

いろいろありがとうございます!!
エンジョイするよ。
これからもよろしく!

投稿: タケ | 2007-07-16 06:26

いろんな記事にコメントしたい、と思いつつ、
すっかり遅れてしまいました~~。

旦那さま、転職おめでとうございます!!
やりがいがある仕事、時間のこと、
いろんなことを折り合いつけるのは大変ですよね。

タケさんの家のことへの負担も大きくなりますね。
どうかあまり無理しすぎず、
ブログの記事もお願いしマース♪(←無理させてる!?)

という我が家も新婚当初、旦那が無職でした。
コドモもいなかったし、ワタシは仕事で午前様だったので、
不安定になっていく旦那を見るのは辛かったなぁ。
そんな状態を見たから、家に帰って来れない日が続いても、
やりがいのある仕事をしている旦那を笑顔で見送れるのかもしれない。
と、思うことにしている・・・・・・・・・・。

投稿: こむぎこ | 2007-07-19 22:43

旦那さん、就職おめでとうございます♪♪
生き生き働ける職場が見つかって良かったですね。
タケ店長も、慣れるまでは大変かとは思いますが
がんばってくださいね。

最近よく思うのですが、意外とどの家庭にも
ドラマのような、はたから聞いていると
びっくりするような出来事があったりしますよね。
意外とドラマよりも濃かったりして人に話すと
驚かれる事、ありますよね。

投稿: サトワカ | 2007-07-20 10:53

>こむちゃん、コメントありがとー! 体調はよろしいですか? 心の調子は・・・?

このコメントを読んだのは、20日。
その時書きたかったコメントは・・・
「本日より、旦那の仕事が始まりました!
昔子どもが使っていたピーターラビットのプラスチックのカゴに、自分の好きな電卓やらスケールやらを詰め込み、さらに割り箸も10膳くらい入れている旦那。「なにしてんの。それ。もってくの?なんで?」「え、弁当の箸、忘れた時用」「ホンなら、ふりかけも持っていって」
と言いつつ、驚れえた! 弁当かよっ?!そうだ、弁当かっ!
旦那が失業状態になったのは、ピカリンが中学に入ったときで、給食が2種類になったとき。
でも、旦那の失業で、旦那用弁当は消滅していた・・・。
これから、3種類?!
オイオイ・・・。
でも、ま、工夫しましょ。子どもの弁当を流用すればいいわけだし。
なにより、ピーターラビットを使う「のびのびさ加減」が、彼の心の健康をあらわしている(←彼の場合、です)
これからやっていけるのか、すごく緊張していますが、
がんばるぞー!!」
というのが、20日朝の心境でした。
つづきは、記事で・・・。

投稿: タケ | 2007-07-21 05:46

>さとぽん!こにゃちわ。 ヒールのミュール(カナ?)は、買うたとですか? 

サトポンのメールを読んだのも、20日の午前でした。
その時書きたかったコメントはこちら

「なにが大変、て、夏休み開始時期と、旦那の勤め始まりが重なる事だよん。
旦那は一生涯無職!という、悲壮な決意のもと始めた学習塾。の夏期講習。びっしり予定してんだよne・・・。子どもはうちにいるしさー。どうするんじゃろう。洗濯物を腐らせずにこの夏を過ごすことはできるのだろうか・・・。子どもの食事を作りきれるのだろうか・・・。
不安で、講習の準備をしゃかりきにやっているため、ブログ更新もままなりません・・・。
がっ、
思ったんだけど、子どもの食事にしろ、洗濯にしろ、全て私の支配下でルーティンワーク化できるんだよね。今までは、私の作りたい家事リズムを旦那が壊しまくっていたのですが、もう、それがない!。
しこうして、ちょっと手抜き気味だった料理の分野も、しっかり管理できるぜっ、と、ちょっと気分は↑
大変かもしれないけど、がんばるぜ!」
というのが、20日の午前の心境。
続きは記事で・・・。
人生は、メイキングドラマ。

投稿: タケ | 2007-07-21 05:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 思えば遠くへきたもんだ。(ついに空気のような存在に達したか?) | トップページ | どったんばったん(ブログ不更新の事情) »