« 日常料理 | トップページ | 寝具選び(布団掃除機かけ我が家流4) »

「一応」ケーキ(除去→小麦、卵、大豆油、固形油、乳製品、ナッツ類。オーブン無使用)

「一応」ケーキ、ってなんだ?!

9月5日のピカリンの誕生日に作ったケーキです。

このたびは、全く構想がなく、どーしよーか?と思いながら有り合わせで作りました。
その上、この日は山形市内まで日帰りで買い物(ピカリンと)に出かけたりして、考えたり、作ったりする気力がもうなかったんだ。

それが証拠に、その日に食べたケーキの味を覚えていない

ヘンなものを作ってしまったかもナー、という感じだけが残っていたのですが、

翌日残ったケーキを食べたら、

けっこう うまい!

なーんだ、大丈夫じゃん。と思って、写真掲載。

P1010070  

気力ナシでしたが、一応ピカリンに「どんなケーキが食べたい?」と聞くと、「ワンホールの!ワンホールの!」と連呼。

友人が、先日ケーキをワンホール分ひとりで食べたという話を聞いて(友人=ピカリンの部活のマブダチ。小学校時代ちびっ子相撲全国大会女子の部6位)、すっかりうらやましくなってしまったらしい。ひとりでワンホールは無理でも、ワンホールの形状は頂きたい!ということのようでした。

解説しますとP1010073

スポンジ部の基本は、まめ式ケーキ配合。
ここにオレンジキュラソーとオレンジピール
を結構大量投入。オレンジジュースも入れたかったが、あると思ったのに冷蔵庫になかったので、「ただの炭酸水にレモン」という生協商品を入れた。

焼きは、フライパンに丸いケーキ型を置いて、薄いパンケーキ。もちろん「蓋」アリ。蓋がないと膨らみにくいのです。(by つなまよ師匠検証済み) 型の内側に油を塗っておくのをお忘れなく。

このとき、弱火で焼いて、底部が少しこげた感じになったのが、
良かった。
ほんのりした苦味が、アクセントになりました。

クリームは、サツマイモ!妥協です。
前回、チクリンのときは「植物油脂」入りの豆乳クリームを使って、状態悪化したのですが、どうしてもサツマイモだけというのは我慢できず、「無調整豆乳」を混ぜました。
ハレの日料理として、このくらいなら良いでしょう、という判断。

そして、自分的にはこれはポイントだと思っとルのですが、
真中にはさむクリームには、レモン汁を混ぜ
上に載せるクリームには、さらに砂糖を混ぜて甘くし

クリームの味の違いを出しました。

真中クリームには、小さいマシュマロ(単に家にあったので)を入れました。

上は、レモンと砂糖で煮たリンゴ。この、「リンゴ」が、手抜きね。
リンゴだけじゃさびしいとは思ったんだけど、もー、限界でしたので・・・。

で、またここで手抜き。
クリームの絞り器が見当たらん!!
ということで、手でクリームを縁取り、フォークでスジをつけました。

ここに、「焼き目」をつけたかった・・・

そこで、フォークに油を塗ってから筋をつけ
「チャッカマン」(!)であぶったり、グリル(電子レンジの)で焼いてみたりしたんだけど、ダメだった・・・。 思わずネットで調理用バーナーを検索。多分そのうちに買う。

上には、
サトワカシェフご教授のhttp://taketaketake.tea-nifty.com/cooking/2007/01/post_8724.html(←ここのコメント欄。しかし、この記事の題名も「ケーキ?」だ。いつもこんなことしてんだな、私) ナパージュ風。うまくいったぜ!サトポンありが10!

 

食感は、ちょっとどっしり。

でも、それが素朴風でおいしくて、
ダージリンなどと頂けば、ちょっとした喫茶の「お茶」にお出ししても恥ずかしくない!
と、自分では思った、お味でした。 

 

「また作って!」
とピカリンにも大好評でしたが、
私、、て二度と同じケーキ、って作ったことないんだよな。

おいしいから、とか、まずいから、とかじゃなくて、そのときの心身・環境の状況で作るから・・・と、心の中で思っていたら、
ダンナが
お母さんのケーキは、ライブだから
とのたまった。

たしかに。

ライブ、です。

だから、こうして記録に残さないと、
わかんなくなるんだよな・・・。P1010076

 

今回の勝利要因→「オレンジピール」「レモンサツマイモクリーム」「スポンジの軽い焦げ」

|

« 日常料理 | トップページ | 寝具選び(布団掃除機かけ我が家流4) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

ピカリン、お誕生日おめでとう!うちのと1日違いだったんですね!
タケさん作のケーキ、美しい!ライブだし、即興も見事ですね。経験と努力と才能のなせるわざっす。ピカリン、ワンホールやりたかったのね。かわいいわ。わかるわ~。女子の夢だよね!

投稿: コフ | 2007-09-06 09:45

お~!おいしそうじゃ。
そうか~、ピカリンちゃんお誕生日だったんだね!
おめでとーございますー!ピカリンちゃん。
そしてタケさんにも。。。お誕生日は、親の記念日だよね。
よくぞここまでやってきました!ってワタシが言うことじゃないか。。。

投稿: saki | 2007-09-06 10:07

>コフさま。


ほんとにぃ~~~?!
すると、こむぎこさんのところのぽち子ちゃん(+もしかしてぷっぷちゃん)が4日で、ピカリン5日で、コフさんところのTKくんが6日だー! おとめ座トリオ(もしくはカルテット)と呼ぼう! ボケはピカリンとTKくん・・・?
あ、漫才じゃなかった!!
しかし、奇遇だね~。

ケーキ、思いのほかきれいな丸になった。
昔はこうはいかなかったヨ・・・。
やはり、経験なのかなぁ・・・。
って。言うほどのしろもんじゃないだろ!と、思わず自己突っ込み。

投稿: タケ | 2007-09-06 12:53

>Sakiちゃん、コメントありがとー。

いや~。ほんとですわ。
この誕生会のときには、生まれたばかりの両手のひらに乗るように小さいピカリン(低体重児だった)から、今までの14年間を思い出し、今目の前のたくましい(ついに先日私の背丈を追い越した)ピカリンを見ていると、まじ、涙が出ました。
よくぞまあ、14年・・・。
ピカリンもそうだけど、自分も!と思ったら、本気で号泣しそうになったけど(疲れてたし)、しらけるので、ぐーっと我慢してました。
なんだか、ここまで泣きそうになったのは初めてでした。
それだけ、ピカリンがたくましくなったからかなあ。
どこか、不安を持っていた昔。
今は、ほとんど不安がないから、泣けるのかもなあ。
なーんて、思いました。
Sakiちゃん、ありがとうー!

投稿: タケ | 2007-09-06 16:07

ピカリンさんの誕生日でしたか、おめでとうございます。
しかし、タケ先生、疲れて気力なしとのたまいながら、なんでケーキのデコまでできちゃうんですかー!
スポンジ焼くだけならともかく、クリーム作りに、果物煮に、ゼリーのせに、って。。作業手間考えただけで、現在気力ゼロの当方、なえそうになりましたです。なんて、ほんとは言ってられないんだけど!うちの一番目、今月27日に誕生日控えてますので。
9月は、3月ひな祭りの時のように豆乳ホイップ&苺という手が使えず、食べられて絵になる果物が限られてしまいます。ゼリー塗って果物飾る手法、私も練習しようと思いました(←去年は、食用菊とレーズンを飾ってごまかしただけ(汗))

投稿: にゃあ | 2007-09-06 17:58

ピカリンお誕生日おめでとう♪

テキサスでも9月に誕生日を迎えたアレっ子がいるらしい。
9月多いのかな~
そっちのケーキもおいしそうだったけど、
こっちのケーキもおいしそうだ♪
使えればココナッツミルクをさつまいもクリームに混ぜると美味だが、
重くなるしチクリンには無理かな?
私は豆乳で十分おいしいと思う。

「お母さんのケーキは、ライブだから」にうけてしまった♪
どんぐりの料理はなりゆきだからと旦那さんにお伝え下さい。
ほとんど覚えていないところは一緒なり。


投稿: どんぐり | 2007-09-06 18:07

す、すごくおいしそうですよ!!!
こ、これはモンブラン用の口金を使ったのですか?
と聞こうかと思ったのにまさかフォークだったとは!
あっさりスルーしてますが、
ナパージュってけっこう難しくないか!?
すご~く美しいですよ、光ってますよ、ナパージュが!
さつまいもクリームいいよね…
実際、手をかけて豆腐クリームなんか作るよりも
ずっとおいしいんじゃないか!?
ピカリンおめでとう!
お母さんの味、今度はピカリンが再現してくれることに期待!!!

投稿: eri | 2007-09-07 05:32

ピカリンさんお誕生日おめでとうございます☆
タケさんもママ14歳おめでとうございます☆
すごくおいしそうですねこのケーキ!
画像3つ、ズームインズームアウトしつつまじまじと見せていただきました~。
これがライブだなんて・・・やっぱり経験と努力の積み重ねってすごいですね。

投稿: yoyo | 2007-09-07 07:11

>にゃあさま、こんにちは! 台風一過。 今日も蒸し暑そうだネ。

気力がなかったのでねー、ケーキを食べ始めたのは夜の9時半近かった。
できれば8時前には食べたかったのに、すんごくのろのろ作っていたのではないだろうか。
この季節は夏の疲れが出るのか、去年も「ぶどうパーティー」とかいってケーキを作らなかったし、とにかく、何か作らなくてはー!と、いう使命感のみで作ってました。
朝の弁当3種類に比べれば、手順が少ないのですが、
よく考えると、フツー一般の「手作りケーキ」って、スポンジ焼いて、クリームをあわ立てて塗るだけだyone。たしかに、手が込んでいるかもしれない!
自分としては、「創意工夫」度が低くて、ちょっと残念だったのだが、まあまあ、おいしかったからいいか!

27日の誕生日、頑張ってください!ゼリー液を濃く作るのがポイントだとサトワカ先生がおっしゃっておりました。

投稿: タケ | 2007-09-07 08:20

>どんぐりさん、こんにちは!

ほんとだ!テキサスにも9月5日生まれのアレっ子が!
すると、5人として、え~と? あ、クールファイブだ!とうっかり思ってしまった年配者タケ氏。

ココナツミルク!確かに、それで作ったこともあるのに、なぜか思い出せなかった。(←気力ナシのため)
8月に豆乳ホイップクリームのあわ立て前のものとサツマイモを混ぜたときのあまりのおいしさに引きずられて豆乳の投入になってしまった。
でも、ケーキがさわやかさっぱり系だったので、それでよかったのかもしれません。ココナツミルクだとコクが出るよね。
大豆系がダメな人には、お勧めだよね!

次のライブは、クリスマスの予定。クリスマスライブ。ふぅ~・・・。

投稿: タケ | 2007-09-07 08:27

>eriさま!

たしかに!
って、何がたしかにかというと「モンブラン用の口金」なるものがこの世にあるのか?確かに、あったほうがいいかも!と思ったからでございます。
なぜにゃら、そーいえば、いつも普通のクリームの絞り袋とかを使うと、サツマイモクリームの空気抜きがうまくできず、絞り出しながらプスッ!プスッ!っと、なんだか、みょ~ナものを連想するような音と形状になってしまい、きれいにできないんだよね。
今回、手で周りに粘土みたいにくっつけていったほうが、結局うまくいくのかもしれないです! 目から鱗!

ナパージュは、アガーで作りました。
分量の三分の一ほどの水で(でも調合をだんなにやらせたから非常に怪しい! 水は50ccね、と言っているのに、なぜかスケールを出していた・・・見て見ぬふりをした)ガーッと煮て、ちょっとだけ冷めたところで、、タラーと、直接鍋からたらしちゃったよ。写真で見た感じより、分厚くできているんじゃないかな。簡単だったよ。トリックシューができる人には、絶対簡単。

ずーっとサツマイモクリームだから、もうやめたい!と、あがいて数年。久しぶりのサツマイモクリームは、レモンの風味が手伝って、結構おいしかったです!

投稿: タケ | 2007-09-07 08:36

>yoyoさま、こんにちは!

いや~、お恥ずかしいです・・・
BPは、古くなると膨らみにくくなる、と、サトワカシェフが以前教えてくださいましたが、このとき、まさにそんな感じだったようで、あんまりふわっとしなかったんだよネ・・・。でも、それがまた素朴な感じで(ナチュラルケーキ、って感じで)良かったんだけど・・・。

うちの子どもは、スポンジケーキの中にオレンジピールが入っているのが、良い!と、一致して主張してました。

オレンジピールの素朴なスポンジで、すっぱいサツマイモクリームと、甘いマシュマロとクリーム(上のヤツ)と、さっぱりしたリンゴとナパージュで、ハーモニーがおいしかった気がします。
が、それは狙ったわけではなくて、いっつも「グウゼン」なんだよね~、作りながら、ちょっとは考えているんだけどサー。
いつかまた、大失敗すると思っているので、まだまだ「経験」と「努力」とはいえないような気がシマス・・・(うつむき)

投稿: タケ | 2007-09-07 08:44

お誕生日、おめでとうございます♪
思いつき、とは思えないほど、凝ってるような!!

オレンジピールを使ったんですね。
クリームの味も違うなんて。
我が家の次男も9月誕生日です。
長男いわく、丸いケーキにしてね。とのこと。
(四角いケーキは、誕生日ケーキじゃないそうで・・)
オレンジピールのアイデア、真似させてもらってもいいですか!?

投稿: ふわりふわ | 2007-09-07 15:49

ピカリンちゃん、お誕生日おめでとう♪
家族思いの素敵な女の子に成長していますよね、
ワタシのムスコにもピカリンちゃんのように
成長して欲しいとここブログに来るたびに思います。
小麦、卵、大豆油、固形油、乳製品、ナッツ類を
除去してケーキを作るのって大変なことです、
でもそれをあたかも簡単にやりとげてしまう
タケかーちゃん(←タケママって感じではないでしょう?!)、
本当にすごい人だと思います。
愛情1000%、世界で一つのオリジナルケーキ、
しっかりと母の味を記憶してくださいね♪


投稿: ナオ | 2007-09-07 19:17

ピカリンちゃんお誕生日おめでとう!!
ケーキすごい~!おいしそ~~!!
クリームの味が違ったりオレンジピールを使ったり、
アイデアの詰まった愛情あふれるオリジナルケーキ♪
さすがタケさんだわ~~!
しかも思いつきでライブってとこもさすが(^^)

↑モンブラン用の口金ありますよ~!
半年くらい前に買ったのですがまだ使ったことなし。
この秋に出番があるか!?

投稿: ゆうあんみぃ | 2007-09-08 01:25

タケさん こんにちは。ピカリンちゃん、14歳おめでとうございます。
娘と同じ誕生日だなんて、何かの縁でしょうかね。
ブログをやっていなかったら、わからなかったですね。何だか2倍嬉しい気持ちになりました。お誕生ケーキ、見栄えもよくって、世界に一つしかない、スペシャルですね。それでおいしくて。

日本って食材が豊富だから、アレッ子にとっては恵まれてると思います。
和食の調理法も変化に富んでますよね。
アメリカのアレッ子達は一体何を食べているんだろう、って思います。アメリカ人の主婦の多くは仕事を持っている為、料理には時間をかけないらしいし、野菜の種類や調理法も限られてるし。知り合いにアレッ子がいないので、現状がわからないのですけどね。日本の海の幸山の幸が恋しい今日この頃です。

投稿: takumarina | 2007-09-08 06:14

>ふわりふわさん、こんにちは!

「オレンジピール」がまさに思いつきの端緒で、
ここから構想(妄想)を膨らませていったという感じです。
どんどこ使ってください!

子どもって、丸いケーキが「誕生日のホンモノのケーキ!」と思っているところ、ってありますよね。うちのは、14歳にいたっても・・・っちゅー感じですが・・・。

なんにしても、子どもが喜んでくれると、苦労も吹っ飛びます。買ってきたケーキをまずそうに食べられるよりもいいかな。
ふわりふわさんのところも、楽しみですね!

投稿: タケ | 2007-09-08 16:26

>ナオさま、こんにちは!

う~~、ほんと、ナオさんちのスイーツに比べて、お恥ずかしい限りなんですが、おいしかったし、ま、いっか!デス。

ピカリン、素直じゃない時期もあり、「この子とずっとうまく付き合っていけるだろうか・・・」なんて思い悩んだ時期もあります。
今は、反抗期ではありますが、心根の良い子に育って、かつ、適度にジコチューにも育って、安心しております・・・。
彼女はしばしば、「こういうケーキを作るといいんじゃない?!」と妄想を膨らましているので、そのうち、何か作り始めると思い、私も楽しみにしているんですが、いつになるかなー?

投稿: タケ | 2007-09-08 16:29

>ゆうあんみぃさん、こんにちは! ケーキ、ほめてくださって、ありがとう・・・。

このケーキ記事は、記事として立てるつもりはなくて、
いつもの「日常料理」として、記事末に載せるつもりだったのですが、
ちょっと解説を付け加えようと思ったら長くなったので、記事にしたものでした。ですので、褒められると、なんだかすごく恥ずかしくて、すみません・・・。(←なぜか謝りたい)

クリームの味違いもねー、
前の記事で、サラダ菜だけのサラダがあるでしょう?(爆!
あれに使うつもりだったレモン・・・。
このままいくと、冷蔵庫の中で腐るのが見えていたのですね、私の手にかかった場合。
で、「おぉっとお! ここで、このレモンを混ぜてしまえ! このケーキのコンセプトにも合うかもしれない!」みたいな?
入れた後は、そのクリームを食して、
「しまったぁああああ!また、ヤッテしまったか・・・?!」的に気分は落ちてしまっていたのですが、
ケーキ全体を食ったら、うまかった。ということで、どこでなにが「ライブ」なんだかわかりませんが、結果オーライ料理というところでしょうか・・・。

こんだけ、サツマイモクリームを何度も使用しておきながら、「モンブラン」ケーキ、ってその昔一度作ったことがあるようなないような・・・。私も秋の味覚として、9月23日あたりに作ってみようかな(←なぜ、具体的な日付が・・・)

投稿: タケ | 2007-09-09 08:42

遅くなりました~
ピカリンお誕生日おめでとうございます!
ホールケーキに憧れる・・・
順調に乙女の階段を登ってますね!
ケーキ、とっても美味しそうです。


投稿: ゆうこりん | 2007-09-09 11:54

>takumarinaさん、こんにちは! コメントありがとうございます!


「海の幸」「山の幸」ってことば、確かに日本にぴったりなような気がします。といっても、だいぶ外国からの輸入になっていますが! 他国にも豊かな食事情の国があるのだろうけれど、日本は、食材も、そしてその食べ方の工夫も、きっとトップレベルですよね。
だからこそ、アレっ子にきつい状況もあるし、
逆に、アレルギーでも、工夫次第で豊かにできる、ってありますよね。
貧しい国に比べれば、アレルギーで食物制限されても、相当豊かな食べ方ができる!だから、不幸ではない、と、時々思うのです。
アメリカはアメリカで、日本にないアレルギー対応食品もいろいろあるし、残り少ないアメリカ生活を、いっぱい楽しんできてくださいねー!!

投稿: タケ | 2007-09-09 16:54

>ゆうこりん、コメントありがとう!!


乙女の階段上っています。
先日、いつもパンツ姿のピカリンですが、オバサンの結婚式に、と、試着室でミニのワンピースとパンプスを履いてみたら、まあ、なんと、娘さんなんでしょう!びっくり!と、実は本人が一番びっくりしていました。
「を! うちって、カモシカの足じゃねえ?!」
言葉を直しましょうね、お嬢さん。

最近ちょっと落ち込むことが会ったのですが、ゆうこりん始め、皆さんとコメント欄で話しているうちに、気分が晴れてきました!
ま、アレルギーやっていると、いろんなことがあるわな!
いつも、ありがとうございます!

投稿: タケ | 2007-09-09 17:02

遅くなりました~やっとかけたわ
ピカリンちゃん お誕生日おめでとうございます
そっか~いつの間にか 乙女の階段上っているんだ
しかし素敵なケーキですね ライブで アドリブケーキとは思えませぬ 見惚れてしまいました
ワンホール いいよね
その昔 うちの姉妹は ワンホールを スプーンでほじって
一個完食していたの思い出しました
結構 これうれしいよ~(行儀作法は 目をつぶってね)
9月23日といえば うちは朝から 大量のおはぎ作りに 没頭する日だわ。。。もち米と米少々 一升炊いちゃうんだよ~ おはぎの山ができます

投稿: 祐たんママ | 2007-09-10 00:02

>祐たんママさん、こんにちは! ありがとう!


ワンホールをスプーンでほじって食べる、って、昔長靴下のピっピで見てから激しくあこがれているけれど、一度もやったことないんだよなー。
米粉のケーキは「重い」ので、ワンホールがつがつ食いは、かなり無理っぽい。よーくかんがえると、砂糖入りサツマイモご飯を大量に食っている、という計算だからね!(笑
でも、そのうち、小さめ、薄めで、実現してみようかな!
と、コメント見て思いました。
それはきっと楽しいに違いない。

23日って、御彼岸だったねー!
うちは、新人戦だよ。で、夜が、意味不明の「パーティー」。ついでにチクリンはサッカー県大会。でも私は自然教室の磯釣りに行きたい。
悩ましい!

投稿: タケ | 2007-09-10 07:37

大変遅ればせながら、
ピカリンちゃん!お誕生日おめでとう♪
そして、タケさんもお母さん14年目おめでとうございます!

心のこもった、本当にステキなケーキですね!
お料理ならば、その場の気分で適当にという気になるのですが、
イベント時のケーキって、失敗したら…と思ってなかなか作れないのですが、
ライブのケーキか…、それも素敵かも…と思ってしまいました。


タケさんのブログをこそこそと読ませてもらっていて、
いつもいろいろ考えさせられています。
少し前の給食の記事に、コメントつけさせてもらったつもりだったのですが、
どうも送信してなかったみたいで(爆)
もう一度は書けそうにはないのですが、
ただ、今いろいろな意味で、一番悩んでいる問題で、
頭の中が整理できたような気がします。
いつも本当にありがとうございます。

投稿: たんぽぽ | 2007-09-10 11:08

>たんぽぽさんこんにちは! そして、ありがとうございます!


母やって、14年経ちました。
子どもを産むか産まないか。まだ子どもを持っていないとき、一瞬考えたりすることありますよね。
そのとき、「一生子どもを持たないか、一生お母さんか。どっちと言ったら、一生お母さんのほうが面白いに違いない!」と思ったとおり、
面白い人生歩ませてもらってます(泣き笑い)
想定外の展開しまくりですね~。アレルギーっ子かもしれない、というくらいの覚悟はしていたんですが・・・。アレルギーっ子がどんなもんかわかってなかったっすね!(わはは!)

給食ブログ。
記事をつけられなくてごめんなさい。
ココログのせいかもしれない。やっぱり引っ越すかなあ。
私も、あれだけ吐き出したら、自分の頭の中も結構すっきりしました(自己満足)。
むずかしいよねえ。
今も、いろんなことがあります。
おもわず、明日のジョーになって、唸りながら歌っちゃいそうです。
「あしたは~、どぉっち だー・・・!  ダダダダダン!」

投稿: タケ | 2007-09-11 08:32

結局、生きてるってことはなにかしら
「大変なことがある」ってことなんだよね。
だから、「大変ななかにも喜びを見つけていけるかどうか」
が人生を楽しむポイントなんだよね、きっと。

「一生子どもを持たないか、一生お母さんか」

これって自由な選択というよりは、
「一生お母さん」を願ってもなれない場合だってあるわけで、
「一生お母さん」なだけで、ずいぶんたくさんの、
人生を楽しめるエッセンスをもらってるわけだよね。

大変なら大変なほど人生はおもしろいに違いない!

…と、↑のレスを読んでいたらふとそんな強がりが
頭によぎったので思わず書きこみ。
横レス失礼いたしましたーーー!

投稿: eri | 2007-09-11 16:18

>eriさま。


深い!
そのとおり!と思ってから、
また読み返し、もっと深いと感じて、唸り、
さらにまた読み返して、いやそれよりもっと深い、と思って、唸っております。

「一生お母さんか・・・」
は、難しい表現でした。
途中で、子どもを失う人もいるわけだし・・・。
でも、産むか産まないかの選択肢がある!と、自分では思っていた時代のたわ言でした。
(そんでそのあとすぐ流産して、泣いたし)

大変なことがある → 喜びが得られるように工夫する選択する → おもしろい&幸せ

コフ様の前の言葉と合わせ、そゆことなのかな、充実した人生というのは・・・

(オイオイ語りだしちゃったよ)

投稿: タケ | 2007-09-11 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日常料理 | トップページ | 寝具選び(布団掃除機かけ我が家流4) »