« 宿泊施設の違い 7 | トップページ | タケ家流、アレルギー対応ホテルのお泊り!1 »

なぜ書くか

放置! 2週間以上・・・

このブログを始めて、もうすぐ2年になりますが、こんな事は初めてなのではないだろうか・・・。

 

「なぜ書くか」というお題は、ブログのつけ始めのころに2度ほど書いた記憶があります。

そこに書かれたことと、今の心境は変わっていません。

 

今は、ネットを通じて多くのアレルギーっ子を抱える母たちと語り合えますが、

その前までの12年間は、アレルギーに関する思いや、日々の感想を一人の心(頭)の中にためまくっていました。

誰にも一言も話せなかったのか、と言えば、そんな事はないのですが、

料理でこんな工夫をした!
とか
こんな嫌な思いをした!
とか
こんなに頑張った!
とか

あまりにもたくさんのことが日々起こるのに、それを共有する人が本当にいなかった。

だから、
朝、料理を作ろうと包丁を手に持って、「今日の料理の調理法は・・・」と思うだけで、
今までのいろんな雑多な事(アレルギー関係)が、頭の中をグルグルグルグルして、もういっぱいいっぱいだった。

アレルギー対策は、毎日の、しかもあらゆる時間・生活にかかわってくるので、そんなグルグル状態が、ほとんど1日中みたな感じになってきてしまって、もっと他の事も考えたいのに、考えられない、というような、そんな状態になってきてしまっていました。

 

ブログという形式は、
ある程度の責任はあるけれど、出版物に文を載せるというようなことほど大げさじゃないし、自分のこの頭の中を吐き出してしまって、整理するのに合っているように思った。

頭の中や心の中にたまっているものの棚卸をしないと、どうにもこうにも進めないような感じがした。

 

だから、私のブログは日記と言うよりも、「過去のまとめ」的なものが多くなっている。
2年近く書きつづけた、これだけの事が、誰にも放出されずに一人だけの頭の中でグルグルしているのは、やっぱり、精神衛生上よろしくなかったなあ、と、今になっても思う。

 

まだまだ、棚卸をしていないものはいっぱいある。

 

でも、棚がいっぱいいっぱいで、もう何も詰め込めなくて、棚も壊れそうになっちゃってて・・・

みたいな状態は脱したんだと思う。

 

それが証拠に、今は、アレルギーのことで大変な思いも未だにするけど、
他の事で頭をいっぱいにして、頑張れる状況になってきた。

 

わたしのこの14年余りの思い(まだあるんだけど!)を受け止めてくださった、ブログ読者の皆さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。
「生きさせてもらった」
大げさなようだけど、真実、そういう感じがします。

 

まだ書いておきたいことはあるし、
書き散らしたものを、きちんと整理しておきたいな、とも思っています。

自分の中から 「これを書かなきゃ生きられない!」みたいな(いやホント、そこまで!な感じだったのです)そういう熱烈な思いは以前ほどではなくなってきたかなあ、と思っています。

 

更新がゆっくりになると思います。

今何に夢中かと言えば、やっぱり、学習塾経営です。
やってもやっても面白くて、
「もっと!」「もっと!」になっていて、
飢餓状態の人が食べ物を食べるみたいに、ガツガツになっています。
(とはいっても、家庭も回していかなきゃいけないし、それだけやれるわけではないけど)

家庭環境も、アレルギー以外の部分で、いろいろと困難が出てきそう・・・?な感じで、ま、それは、アレルギーのいろいろを乗り越える中で培った根性と手段で乗り越えられるとは思うのですが、そういうことでも時間を取られています。

 

 

「たな卸し」する素材はいろいろあるのですが、
残りはどういう風におろそうかなあ、と思っています。

何かまた事件が起こったり、
他のアレルギー関連のブログの記事に触発されたりして、
整頓していくのかなあ。

ダニ・ハウスダストもまだ途中だし。

解除のあり方についても考えているし、

一番のトラウマだった、「医療機関との関係」については、時々毒を吐くぐらいで、
きちんと向き合った事ないしね(でも時々の毒出しで、だいぶ楽になっています)。

 

というわけで、ポチポチ書いていくと思います。

このブログを書き始めたとき
「誰も読んでくれなくてもいい。私は自分の気持ちを整理したいだけだから!」
という思いでいて、
今も、その基本スタンスは変わらないのですが、
それでも、思いもかけず、たくさんの「友達」が出来て(うっかりすると、リアル友達以上のリアル友達になってるかも!)
本当にありがたいと思っています。

そんなところにも思いを馳せながら、
ゆっくり更新で行くと思いますが、
今後とも、どうか、よろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・

Dscf0725 Dscf0726更新していなくても、当然弁当は毎日作る。

この日の弁当レベル→普通。(難の日・易の日もある)

左、チクリンの弁当。

ひき肉の炒り煮(ほうれん草・たまねぎ・にんじん・コーン入り。ひき肉ではなくて刻み肉。)
中華サラダ(きゅうり、みかん、もやし、ハム。焼肉のタレでドレッシングを作るのがミソ)
お魚のお好み焼き(すり身と米粉、キャベツとウィンナ)

右、ピカリンの弁当

豚と大根のうま煮(大根、こんにゃく、にんじん、凍み豆腐)
ほうれん草とちくわの和え物(ほうれん草、キャベツ、もやし、ちくわ)
根菜バーグ(ひき肉たまねぎに、砂糖と味噌で味付け、レンコンの薄切りではさんで焼く)

|

« 宿泊施設の違い 7 | トップページ | タケ家流、アレルギー対応ホテルのお泊り!1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

それで良いよ~。
私も今でこそブログだけどノートの記録が、メンテしやすい形にかわった結果だから。
手探り状態の中、確信を持てるようになるヒントが一杯あって助かりました。
今は、勝手に同志みたいな気でいるハナママです(笑)
我が家と重なって涙なくては読めない日もあったし、これからもあるだろうけれどタケさん頑張ってるな~と応援してますわよん。
塾経営も!
実は安定収入と体力・気力の限界から、教室の共同経営から足を引いた身なのでそちらの面の楽しさも苦労もチットはわかるような気がするよ。
これからもボチボチの更新よろしくデス!

投稿: ハナママ | 2007-10-25 18:12

はい!
こちらこそよろしくお願いします。

投稿: eri | 2007-10-25 19:24

タケ先生、5年前もネット検索かけても
欲しい情報は全然ありませんでした。
日本中探しても重度のアレルギーっ子は
ムスコしかいなのか?!とさえ思えました。

ワタシも何故ブログをやるのか、
まずはアレッ子を育てる戦友が欲しかった、
そしてワタシ自信は探せなかった情報を
ワタシ自身が発信する事で役に立てると
思ったからです。
実際アメブロ時代は過去の経験ばかりが
記事になっています。
経験者は語る・・・・ですよね。
現在FC2のブログ内容は現在進行形
ばかりですが、ムスコより小さい子を
育てる人たちにとっては良い意味でも
悪い意味でも未来図であり、お役に
立てているかなぁ~なんて思います。

タケ先生はワタシにとっての未来図、
ムスコがタケ先生のお子さん達の様に
強く明るく逞しく、そして母のワタシも
そのように生きていきたいのです。
ワタシも今目指すものがあり、
日々勉強中です、そのせいで疲れが
全く取れないのですが、今だからこそ、
アレルギーの事ばかりを考える日々から
抜け出して、ムスコにとってもパパに
とっても輝く母でいたいと思います♪
タケ先生なんて輝きすぎて眩しいですっ!!

投稿: ナオ | 2007-10-25 19:26

>eriさま。ありがとうございます!

いつも助けてもらってます。
いつか会えると思う!

投稿: タケ | 2007-10-26 05:24

>ハナママさま! (前後してしまった、ごめんなさい) ありがとー!

「勝手に」同志ではなく、「両想いで」同志だヨ!
生活の場の中では、こんくらいのアレルギーっ子を持つと、孤独に陥りがちだけど、でも、自分のような「点」の存在が、全国には、あっちにもこっちにもいて、そんでもって頑張ってるなー!と思うと、よしやるか!って、気持ちになるよね。

塾も山あり谷ありだと思うけど、
一生懸命やってみるよ。
微妙にアレルギー知識に強い塾だったりして。
ダニ・ハウスダストアレルギーの子は、実は多い・・・ってことで、保湿ティッシュ常備の塾だったりして。 気分転換用にちょっぴりお菓子が置いてあるんだけど、うちの子の食べられるお菓子しか置いてなかったりして。

投稿: タケ | 2007-10-26 05:32

>ナオさま、ぬざぽんさま、ありがとうございます!

アメブロ・・・ってなんだっけ?と、一瞬考えて、おー!ぬざぽん!と思い出しました。

ここにきてくださる方には、もう何年もブログをつけている人、つけ始めた人、つけていない人、いろいろだけど、それぞれに、いろーんな歴史があるよね、アレルギーとのかかわりについて。やってきた事もいろいろだけど、思ってきたこと、考えた事にも、変化もあったりして、たった今のその人を見るだけでは計り知れない何かが、その背後にいっぱいあるんだよね。

ナオさんが、5年前にいろいろさがしても「何もなかった!」と、つらかったその思いも、共有している人が、たぶんネットの中にはたくさんある。
ナオさんのブログで救われている人はたくさんいると思う!

私自身は自分の事でいっぱいで、自分の書いたものが人の役に立てているのか、客観的に見れなくて、人に感謝されるとびっくりしちゃったりするのですが、それでも、何かの役に立てているのなら、嬉しいです。
考え不足や言葉足らずで、人を傷つけてしまうんじゃないかと思うこともあります。
いつも半分おっかなびっくりで書いているところもあるのですが、
これからも、どうぞヨロシクお願いします!!

投稿: タケ | 2007-10-26 05:42

スキー場の近くはお弁当を作ってくれるところ多いかも。
以前長野のノスタルジア(ペンション)もスキーで行ったとき、
お弁当を作ってくれました。

やりたいって意欲があるときはやったほうが良いよ。
やりたいって気持ちがあるのは意欲があることだよ。
最近、ご近所の方に言われました。
同じ言葉をタケさんにも伝えたいと思います。
応援しているよ♪

投稿: どんぐり | 2007-10-26 08:06

>どんぐりさん、ありがとうございます!

長野は全体として、アレルギーに理解があるような気がします。誰か、長野の人読んでないかな? どうですかね?

時々、やりたくなくなるんだけどね・・・(笑
どんぐりさんも、忙しくしながら、いつもお花を頑張っていて、素敵だなあ!と思っています。
やる事なすこと1から10まで泥臭い私ですが、応援を受けまして、頑張ります!
ありがとうございます!

投稿: タケ | 2007-10-26 12:26

これからもどうぞよろしくお願いします
田舎暮らしの祐たんは どうしても子供の数が少ない=アレっ子の人数も少ない
情報が欲しい 知恵をお借りしたい
今何ができるのか 未来にどう向かっていけばいいのか PCを開いて 出会えた方々は タケさんをはじめ とても暖かく素敵な方でした

ここがね。。。とか 最近あれががね。。。
そんな投げ掛けを 受け止めてくれる
ブログで であった方々ですが 今は大切な存在です
私もゆっくりの更新になっていますが どうぞこれからもよろしくお願いします

投稿: 祐たんママ | 2007-10-26 23:47

>祐たんママさん こんにちは!

温かいコメントありがとうございます!

私は以前、全然別のネット交流でかなり傷ついた事もあり、ネットでのやりとりは、いろいろと恐いところがあるなあ、と、懐疑的な部分がありました。

でも、なぜかここで出会った方々は、ネットでの付き合い方もすごく賢くて(と思える)、アレルギー関連はもとより、「人間、出来てるなー!」と思うことがしばしば。
いろいろな面で勉強させてもらってます。
祐たんママさんも温かくて素敵な人だよー!

様々な点で雑であったり、いい加減な私のブログですが、これからも、どうぞよろしくおねがいします!

投稿: タケ | 2007-10-27 05:20

タケさんをはじめ、先輩方にはいつも励まされてます。時々、「え、そんなに大変なの〜」って凹んでますが(笑)
皆さん、それぞれに魅力的な方々なので、「いつか、そんな風になれるならいいか」と思って、頑張ることにしてます。

アレっ子母がネットのマナーがいいのは、「ネットに慣れている」けど「依存してない(してる暇がないとも言う)」という要素もあるかも。

投稿: メロンパンナ | 2007-10-29 21:53

アレっ子育児、想像もしなかったことで日々あっぷあっぷしながら生きて行っていますが、それでも私はこうしてネットが浸透した時代で、アレルゲン表記が義務付けられた後で、ほんとにありがたかったなぁと実感する日々です。
遠く離れていても思いを共有できる仲間がいるって涙が出るほど素敵ですよね。
14年・・・改めて数字で拝見するとただただ頭の下がる思いです。
タケさんが「やってもやっても面白い」とおっしゃる学習塾経営に興味津々です。
備品管理で雇っていただきたいくらいです。
今までのこと、また少しずつお聞かせ下さい。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: yoyo | 2007-10-30 22:35

>メロンパンナさん、コメントありがとう!!

「ネットマナーがよい」
そう!それです。
確かに忙しい中で、何とか時間を捻出して書いているし、そのためか、少なくない場合、家事育児をしながら書く文章を練っているし、ネ(笑
いつも、ありがたく思っています。

私が、上のピカリンを産む前から「除去食」という治療法はあったので、その内容を聞くと、
「そんなにたいへんなのか!」
と思い、
もし子どもがアレルギーなら、子どもを産んで育てる自信がないし、
結婚したら、「やっぱり子どもを・・・」と言われるなら、結婚したくないなぁ・・・とまで思っていた私です。
(だから妊娠中から気をつけていたつもりだった・・・・)

確かに、周りに素敵なお母さんがいっぱいいた。アレルギーっ子の親とは限らないけど、あんなふうに素敵になりたい!と思って、頑張ってた部分は大いにあるなあ・・・。
ちっとも、なかなか、そういう風になれず、くじけまくっていましたが・・・。
今、ここで知り合っている人も、みんなすごくて素敵な人ばかりだよね。
自分もそうかと言うと、かなーり自信がないが、でも、ブログから「いいところ」だけ見て、メロンパンナさんの参考になれるのなら、本当に嬉しいです!!
これからも、よろしくおねがいします!

投稿: タケ | 2007-10-31 05:31

>yoyoさん、こめんとありがとうございます!

まじ、想像しなかった事の連続だよね。
育児自体、「想像できなかった」んだけど、それでも一般育児は、子育て雑誌もいっぱい出ているし、自分の育ってきた事の経験からなんとなーくわかるけど、
アレルギーっ子育児は、育児雑誌に修正!自分の育ちに修正!かけまくりの作業で、ほんと、しんどいと思います。
私は14年だけど、もっと先輩もいっぱいいるからね~。ただ、私より前の先輩は、今以上に少数派であり、かつ、今以上に困難(特に精神的部分)があって、そしてだからこそ今現在は、「突き抜けちゃっている」んだろうなあ、と思う。だから、あまり語らない、というか・・・。(わかんないけど!)
そういう積み重ねがあって今がある。
進歩部分もいっぱいあるけど、同じ悲しみ・苦しみが繰り返されているところもある。
もっともっと、「理解」が広がれば~と、思います。

塾・・・生徒が笑いさざめきながら塾への道を歩いてくる、その声を聞いただけで、ものすごく嬉しくなる、っつー性格の私ですので、通常人から見まして、塾経営がドンだけ面白いかと言うと、わかんないっす・・・。
子どもは未来への希望の原石だからね~。
光をくすませるより、もっと光っていて欲しい。
アレルギーっ子も未来への希望の原石。とりわけ、色合いが新しいと思う。
いっぱい、光っていって欲しいと思うんですよ。(語ったな!)

投稿: タケ | 2007-11-01 08:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宿泊施設の違い 7 | トップページ | タケ家流、アレルギー対応ホテルのお泊り!1 »