« 「こけおどし料理」にしたかった・・・ | トップページ | 宿泊施設の違い 3 »

宿泊施設の違い 2

急に寒くなりました。

しまってあった衣類や布団を慌てて出して、くしゃみ連発のタケ家。

今はまだ暑い!地域の皆さんも、この分だと、寒くなるときは、「いきなり」です。

ダニ・カビに弱い人は、秋物冬物の洗濯をして、落としておく事をお勧めします!

・・・・・・・・・・・・・・・

今、イモウトのケッコンシキがらみの旅行で宿泊する施設と、食事交渉などをしています。
アレルギーの人でも受け入れます!と、はじめに言ってくださっている施設なので、非常に好意的にお話をしてくださり、私もどこまで図々しくしたら良いのか!遠慮したら良いのか!わからなくなっていますが・・・。嬉しさと、安堵が混じった幸せな気分です。

 

外泊交渉をした事のないアレルギーっ子持ちの家庭の方へ

「お話」はたいがい

受付・事務方

調理関係者

2本立てで進む

のが、普通です。

はじめに話をするのは、もちろん受付の方ですが、
すべてそこが窓口になるより、アレルギー食については、調理担当者と話したほうが、こちらにとっても向こうにとっても間違いがなく、かつスムーズなので、向こうが心得てそうする場合もあるし、受付の方が戸惑っているようなら(アレルギー扱い初心者)こちらから、「調理の方と直接話ができるようだと、こちらも嬉しいのですが」などとさりげなくお願いして、そのようにした方が良いと思います。

二方と連絡をとるのは、面倒な感じがしますが、
連絡が食事担当の人にどのように伝わっているか不安になるよりも、ずっとストレスは少なくなります
では、食事担当の人とだけ話せばよいかというと、
アレルギーの程度によっては寝具の話もしないといけないし、
「特別食」を提供していただくことによって、追加料金(もしくは減額措置)などがあるばあいがあり、受付・事務担当の方との会話も不可欠です。
また、あくまで、対応の始まりは「受付」なので、今後、どんなアレルギーっ子が利用するとも限らないと思って、出来るだけ礼を尽くすように心がけているつもりです。が、根がずぼらだから、失礼しまくっているかもしれん・・・。

 

さて、これが大々前提の基本中の基本、ということで、話があるわけだ!

 

いろいろ御託を並べるより、経験談を話したほうが、わかることもあるかもしれない、
ということで、
書いてみるか!

人によっては「ひどい~・・・」という感想もあるかもしれませんが、私は相手の対応に不満を持った事はあまりなく(あまり不満をもたない体質)、「悪口」を書きたいわけではないので、そのあたり、どうかおくみとりくださいmase!あくまで、事実、ということで・・・。

 

ケース1

某年、某団体といっしょに泊まった某施設は
「以前もアレルギーの子を泊めたことがある!」「遠慮なさらないで是非来て下さい。できるだけの対応をします!」と温かくおっしゃってくださっていました。

我が家は除去品目が多いし、団体宿泊受け入れの厨房がどんなに大変か、なんとなくわかっていたので、アレルギー食提供打診ははじめからせず、こちらからの持込を前提に話していました。

先方「わかりました。あの、では、たとえば、お野菜などはこちらでお出ししましょうか?それくらいなら出来ると思います

もちこみだと、どうしても野菜類も減るので

タケ「できるんですか? わー、ありがとうございます! とても嬉しいです。御手数かけて申し訳ありませんが、是非よろしくおねがいします」
向こうから申し出てくださった事がとても嬉しかった。

 

ここでの話はもうひとつ。

大体似たような料理を持っていきたかったので、メニューを教えてくださいとお願いしたのですが、

メニューは直前に決め、また、厨房も忙しく、送る余裕はありません

今なら、これに食い下がりますが、このときは、「団体を泊めるようなところの食事は、大体あんな(どんな?)感じだろうから、こっちも適当に作ればいいか」と思って、
フライとか、ミートボールとか、そのあたりを見繕って野菜は向こうに期待して出かけたのでした。

 

さて、お夕飯。どんなものが出ていたかと言いますと、

「ごはん
アサリの澄まし汁
おそば
茶碗蒸
から揚げ
海老チリソース
小鉢
ローストビーフ
ポテトサラダ
さしみ
煮込みハンバーグ(固形燃料の上で鍋を煮るタイプ)
ブレープフルーツ」

なにっ?!
かなり豪華絢爛です!容器だけでも10個くらい卓に乗っています
あまりに驚いたので、思わず手帳にメモしたのが残っておりました。

さて、みんなの座卓の末席に置かれた我が子の座卓の上を見てみましょう

「ごはん
ワカメのみそ汁
グレープフルーツ」

 

そして

Photo 写真がないので、スキャナ読み込み画像。

え?何かって?

私も目を疑いました。

左が、キャベツ、右がほうれん草です。

キャベツのほうは、丸のまま端を切り落とし、それを皿の上に置いた上で、切れ目をいれてレンジでチンしたまま?! キャベツの円球の端の形そのままで出てきました。

ほうれん草も多分、レンジでチンしてザクっと切っただけ。

「胡麻あえがでるのか? いや、鰹節のおひたし?」

と、遠慮がちに予想していたのですが、
これには、びっくり! 鰹節すらかかっていなくて、心臓が凍りつきました。

 

うちの子は、家畜じゃねえよ! 

アレっ子を何だと思ってんだよ!

あ、

悪口ではなく、ちょっとそう思ったのです。

 

今思い出しても、そのときのごはんをかきこむ我が子の様子に涙が出てきます。

鰹節を持参していたので、それで和えてやりましたが、
私が持っていたおかずも、明らかに遜色!!施設の3皿程度分くらいしかない!

 

でも、この贅沢なおかずを残す子は多く、
完食した上、おかわりまでした我が子は、
「よく食べる、いい子だ!」と、団体責任者に褒められました。
それが、せめてもの救い。

 

もし、「メニューは直前に決まるから見せられない」と言われても、
では、先週に出したものを参考にするので見せてください
位のことを言って、
その宿泊施設の食事「レベル」ぐらいは把握していこう!!

これが、このとき得た教訓です。

 

 

まだまだつづく。うえ、多分コメントお返事する余裕がないので、このシリーズの区切りのいいところで、まとめてコメントお願いします! 図々しくてすみませんが、今回は、コメント欄なし、です!

・・・・・・・・・・・・・・・

P1010088 スペアリブのココナツミルクとパプリカ。

ブイヨンでじっくり煮込んだだけ!

そんで、最後汁気がなくなるくらいになったところで、ココナツミルクとパプリカ(粉末)を投入して味を調えてからめて終わり

期待はずれでゴメンナナーい・・・。でも、味はふわっとやわらかく、風味もあって、おいしいのだ!!

これ、むかーし、NONNOお料理ブックかなんかで、鶏肉とチンゲン菜のパプリカクリーム煮で、同じようにやっていたものの応用なんだ。パプリカを最後に混ぜるだけで、なんだかおしゃれっぽくて、こけ脅せる料理だったのでした。

P1010079 じゃあ、恥さらしついで。

豚のから揚げ

モモ薄切り肉を広げて、だししょうゆなどを手で塗って、くるくる巻いて、片栗粉で揚げたら、食べられるふりかけをかける

ヲー! 手抜きね~! お弁当におススメ!

|

« 「こけおどし料理」にしたかった・・・ | トップページ | 宿泊施設の違い 3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「こけおどし料理」にしたかった・・・ | トップページ | 宿泊施設の違い 3 »