« 息抜き | トップページ | 最近の三題②(「幸せ」の尺度) »

最近の三題①(アレルギーの世界を感じた)

一ヶ月前にのどの風邪をひいてから、
なかなかすっきり治りきらず、
そうしたら、自分のアレルギー度が上がった気がする・・・。

まず、小麦粉はどうしてもダメ。
どんな摂り方をしても、だるくなって頭痛がしてきて、元気が無くなる。
もう大丈夫か?と思って摂取しては、やられている。
ちなみに、湿疹等は出ない。

咳が出ると思っていたら、どうもダニやカビに反応している。
夫の布団に寝たら(敷きっぱなしだったので昼に体調が悪いときに寝た)、胸の中が痛痒くなるような感じがして、苦しくて、咳が出ても出ても苦しかった。これが喘息か?! 
ためしに自分の布団を敷いて寝てみる(手入れ済み)と、すっきりさわやかなんともない。
ジジババの寝室に入っても、夫の布団と同じ症状になる。
いつもは反応しない、除湿機のフィルターのほこりもすぐに感知。
胸の中が痛痒くなったような、ダニが居るような気がして、チェックすると、しっかりほこり。排除すると、何とも無くなった。
完璧なダニセンサーになっていると自覚。

 

歳をとって抵抗力がなくなると、またアレルギーが出現すると聞いたことがあり、
子どもがこれだけのアレルギーもちで、その親である私は、老人になったら、重症アレルギーになるかも! と思っていたのだが、
体調を崩す事を契機にその事を実感。
この頃に限っていえば、子ども以上のアレルギー度の高さ。

 

「子どもの感じていた世界って、こういうものだったのか・・・」
と、こんなところで開眼。
痒いとかそういう以上のものがあるのではないか、と予想はしていたが、
ウチの子がそうであったかどうかは定かではないが、
こういうアレルギーの世界があることを知った1ヶ月であった。(今も続いている最中。ゴホゴホ・・・)

|

« 息抜き | トップページ | 最近の三題②(「幸せ」の尺度) »

アレっ子育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 息抜き | トップページ | 最近の三題②(「幸せ」の尺度) »