« タケ家流、アレルギー対応ホテルのお泊り!1 | トップページ | ホテルの料理!1 »

今日は調理実習

中2のピカリンは、今日は調理実習です。

調理実習というものは小学校からあるわけで、本人も慣れたもので、本人が先生と打ち合わせをして、家から材料差し替え(うちのグループだけ)品を持っていくパターンと、全くみんなと同じに作って、試食の時用に代替品を作って持っていく(実習の自分の分は友人にあげる)パターンと、いろいろ使い分けています。

今までのところ、ほとんど、前者のパターンなのですが、今日は、ハンバーグと人参グラッセ(バターが入る)なので、試食用の代替を持たせました。

「今日も、卵を割るぞー!」

と、卵割に燃えるピカリン。

他のみんなと変わりなくうまく割れるのが快感なようです。

「ハンバーグということは、生卵を入れて、手でこねまくるよネ。・・・大丈夫かな・・・。」
と私
「だいじょうぶだよ!」
と、根拠なく、ピカリン。
「そーだね。やってみ。で、やばそうだったらすぐやめて手を洗うんだよ。負荷試験!

どこで、どーいう負荷試験だよ。
蕁麻疹、出まくったらやばいっすね。
でも、付着だから、洗えば何とかなるでしょう!

 

ピカリンが小学校3年生くらいのときは、将来くる「調理実習」におびえまくっていましたが、
該当学年になると、はじめこそ、先生が我が家に問い合わせてきましたが、私も先生もピカリンも、「先生とピカリンの打ち合わせだけで大丈夫」という認識にいたるのはすぐで、私はピカリンにいわれたことだけやってます。

たまーにそれでも心配して、職員室などに行った折りには、家庭科の先生と言葉を交わしたりしていましたが・・・。

中学校では、全然家庭科の先生と話しておらん!
「いい先生だよ。だいじょうぶ」
とピカリンが言うので、任せっきりですが、まぁ、いいか。
先生との打ち合わせをするのを忘れている事を、私が怒ったり、
先生をつかまえようと、何度職員室に足を運んでも会えなかったり、
と、いろいろ苦労もしているようです。(小学校と違って中学校は先生自身もあまり気を使わない)
が、それくらいの苦労は、今のうちから、少しずつしておいたほうがいいかな、と思っているので、頑張ってもらっています。

 

本人であるピカリンが、使った事のない食材の料理に興味津々なので、救われているのかな。

・・・・書いているうちに、もう少し、先生と話したほうがいいような気もしてきたので、機会をみて、話してみよう!

(中学校の先生は、今や「親恐怖症」とでもいうべき状態で、何を言っても「文句をつけられた!」とおもって、こわばってしまうので、こっちも声をかけるのに考えてしまいますne)

 

・・・・・・・・・・・・・・・

Dscf0731 火事場の馬鹿力料理

・・・とは、切羽詰ったときに編み出す料理。
私の新作は、大体、時間がない、食材がないなどの切羽詰った状態から編み出される。

このハンバーグもそうで、見たところフツーだが、味が、ヤバうま。でした。

冷蔵庫にひき肉以外何もなく、イトヨリのすり身とたまねぎナツメグなどをあわせて焼き、フライパンの肉汁(イトヨリ鯛のうまみエキス入り)に赤ワインとソース・ケチャップ・米しょうゆを入れて炒め合わせる。冷蔵庫でしなびていたトマトを輪切りにして上に乗せ、その上からソースをかけた・・・のが大ヒット!

ソースと、熱いソースにほろりとしかけたトマトがハンバーグにすごく合いました。

冷蔵庫の野菜室の底に眠るくず野菜のスープとあわせて。

おいしいものを食べると、元気が出るね!

|

« タケ家流、アレルギー対応ホテルのお泊り!1 | トップページ | ホテルの料理!1 »

アレっ子育児」カテゴリの記事

調理実習」カテゴリの記事

コメント

師匠、お疲れさま~
そして、お忙しい中での記事アップ
ありがとうございます!

実は私、ずーっと先の調理実習のこと
すっごく心配しています。
まず幼稚園の心配しろよと自分に
突っ込みつつ、とても心配。

ところで、ピカリンちゃんとチクリン君、
何歳頃からアレっ子の自覚ありましたか?
来年幼稚園入園を控えた娘、
自分がアレっ子の自覚が全くありません!
地道に教えれば理解するものでしょうか?

投稿: ゆうこりん | 2007-11-02 08:55

>ゆうこりんさま、こんにちは!


調理実習、生卵入りのハンバーグの種に手を突っ込むのは、なぜかピカリン、やらなかったようです。
何気に負荷してみたかったのだが・・・。

アレっ子の自覚!
早かったと思います。
といいますのも、アレルギーっ子対応保育園に行っていたので、「アレルギーの人はこっちのお皿ー!」とか普通にやるところでしたので。

あとは、病院に行ったり、除去方針を変えたりするたびに、わかるとわからないとにかかわらず、説明する努力はしていたと思います。ピカリンは、私がうまくコントロールできなくて、いろいろ症状だしまくりでしたし・・・。チクリンはそれを見ていたし・・・。
だから、自然と・・・かなぁ。

今朝、久しぶりにチクリンが蕁麻疹状の湿疹および目の周りのハレ、を出したので、ビビリました。そんなこんなで彼はまた「オレはまだまだアレルギー体質だ!」と自覚した事と思います・・・。

投稿: タケ | 2007-11-02 12:57

タケさんこんにちは!
ゆうこりんさんへの横レス気味でもありますが…

うちの幼稚園年少児はアレルギーの自覚あります。
それは入園直後の給食で誤食があったからですが!
「みんなと同じ小麦パン食べて苦しくなって病院行って点滴をした」
という図式のようです、彼の頭の中は。
それ以来、小麦アレの認識を持ち
みんなと同じパンやクッキーは食べられなくても
ママが作ったパンやクッキーなら食べられる!
と違いを認識しているようです。
そんな彼ももうすぐ4歳です。

そして12月、幼稚園ではクッキー作りの実習があります。
舞う小麦粉で絶対反応すると思われるので
もちろん欠席させる予定です。
延長保育でもホットケーキとか作ってるようで
気軽に延長保育を頼めないでいます。
まぁ、頼む必要もいまのところないんですけど。

アレっ子を預けるとなると、食事に関して
たくさんの打ち合わせが必要で大変ですよね。
命に関わる事なので省略もできないですしね。
もっと食アレの理解が広がってほしいと思う今日この頃です。
そしてタケさんの今までの努力が関わった全ての人の
食アレへの理解を深めるきっかけだったりするのだろうな
と思うと、私もへこたれないでがんばらないと!と思うのでした。

投稿: まめ | 2007-11-02 17:05

>まめさん、こんにちは! コメントありがとうございます! 元気、ダイジョブですか?

自分で症状を出したか出さないか、は、関係あるかもしれないですね。
チクリンも、確かに、症状を出していないときは、自覚が薄かったと思います。
一度、アレルギーの定期診察で、待合室にいるときに、彼の太ももに蕁麻疹が広がった事があって・・・それは多分、保育園の古い粘土の詰まった爪で腿を軽く掻いて、その粘土に入っている何かに反応したのだろう、ということになったのですが・・・小さい頃だったけど、本人もはっとしてました。「こんな事くらいで!」みたいな。

あと、「アレルギー症状を起こさないように気をつけよう!」というのは、自分だけでなくて、アレルギーの友達の症状を見て、というのもあるようです。
まめさんちのミート君、ひどい症状だったのに、しっかり覚えていて偉いね。医師にアレルギー症状が強く出るとき(アナフィラキシーに近いとき)は、頭もボーっとしているので、自分の身に起こったことがどういうことがうまく自覚できず、自分の教訓にしにくい事がある。みたいなことを言っていました。
(自分でお菓子とか食べてアナフィラ起こした子は、自分がどんな症状を出したかわからず、またお菓子を食べてしまう可能性がある、ということで)

私たちは、アレルギーっ子でも楽しく暮らそう!と思って工夫しているわけだけど、そういう楽しい工夫が、もっと一般にも広がるといいよね。多分、それは、今の食・住環境のゆがみを直して心地よくしていく事にもなると思うんだけど・・・。保育園の延長保育のすごし方を読んで、なんか、そう思いました。

投稿: タケ | 2007-11-04 05:37

ご無沙汰してます!
ワタシもゆうこりん氏への横レスですが・・。

まめさんのところと同じく、今年から入園の年少のムスメ。
やぱり誤食後からアレルギーの自覚が強くなりました。
食べて症状が出たことよりも(その時はぼうっとして、薬で眠ってしまい、バームクーヘンのおいしさしか残ってません・・・痒みはあったみたいですが)、
その後のワタシと園とのやりとりや、園での生活が変わったことが大きかったみたいです。
先生が本人にも、周りにも、ことあるごとに説明してくださっている様子。
何より園との話し合いが長くなり、ワタシが落ち込み、体調不良のあげく園にいかなくなったことが大きかったんだと思います・・。

誤食から夏休みを経て、いろいろありましたが、
今は和解というか、しっかりとした対応、姿勢にムスメもワタシたちも安心して園生活を満喫しています。

オトモダチも、「これは食べられる?」
とワタシに原材料表示を見せに来てくれたりww。
ほんとありがたいです。

ムスメのことで、確実に周りはアレルギーのことを考えてくれてるなー、と思うし、
知らない人には伝えて行きたいな、と思ってます。
理解してもらうまでは時間も労力もいるけど、これからですよね。
タケ師匠の14年、4年のワタシタチはまだまだだ!とどこへでも出て行くぞー!と意気込んでます♪
(ときどき塞いでこもるけどー!)

投稿: こむぎこ | 2007-11-05 23:49

>こむさま、こんにちは!


めずらし~く風邪をひいて寝込んでいました。
こむ様は、お元気ですか? まだまだお体大切になさってくださいね!
そーだ・・・誤食事件、あったよねー! 
小ポチちゃんにすっかり気を奪われていました。
妊娠・出産や、体調不良もありながら、園との関係も粘り強く築いていくこむ氏に乾杯!
みんな、たくましいな~。
ぽち子ちゃんも、そんな母を見ながら自覚もするし強くもなっていくのだろうなあ!(そしてこむ家の場合は、おしゃれにもなる)

風邪をひいているので、元気が出ない・・・
が、私も引き続き、一歩一歩行きたいと思うyo! 

投稿: タケ | 2007-11-07 05:03

師匠、まめさん、こむぎこさんへ
そして、師匠、横レスお許しください!
経験談、ありがとうございました!

うちの娘、常にうわの空なので(自閉だから?)、
この娘が私の姿勢を見て、アレルギー児の
自覚を持ち得るかは、見当もつきません(涙
私ができうる種まきはしようと決意しま
した!
娘への働きかけは、負荷して×のときは、
本人の前で○○だめだったよ、と言ったり、
ママが良いと言ったものしか食べてはダメ
と言ってますが、効果のほどは不明です。
(↑返事しないので聞いてるかも疑問です)

投稿: ゆうこりん | 2007-11-08 12:52

>ゆうこりん!

うん。うん。
私の考えではあるけれど、
かれんちゃんには、きっと伝わっていると思うよ! かれんちゃんを思うゆうこりんの気持ちは半端じゃない! 「いや、そんなことない」とゆうこりんは言うかもしれないけど、ものすごくあふれる愛情があると思うよ、私は! だから、伝わってます。必ず。と、思うんよ!

投稿: タケ | 2007-11-08 20:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タケ家流、アレルギー対応ホテルのお泊り!1 | トップページ | ホテルの料理!1 »