« お休みのお知らせ(お詫び) | トップページ | 2008年もどうぞよろしく! »

クリスマス

いい加減タケ亭。

まずは写真を徐々にアップ。

さらに説明を徐々に載せるよ・て・い・・・・

(この記事は12/26~少しずつ書いています)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Dscf0787_2

  今年のクリスマスは、
 去年好評だったアイスバインのポトフと、
 ケチャップライス。(チキンライス風)
 

 それから、体に悪そうな!チョコレートケーキです。
 除去→小麦・乳・卵・大豆。ナッツ。など
 悪そうなもの→チョコレート(もちろん乳なし)・マシュマロ(ゼラチン)

 チョコレートは、「うちの子はアレルギーかもしれない」と思った頃から、ずーっと摂らないでいた食品です。

当時、片っ端から立ち読みしたアレルギーの本を総合すると、「チョコレートは良くない」というのが多数の医者の一致した意見だったので、「除去をするにしろしないにしろ、チョコレートは食べない事にしよう」と決めたのでした。

でも、一方、
高校時代に友達が食べさせてくれた、チョコレートが生地にもねっとり入っている手作りチョコレートケーキのおいしさが忘れられず、いつまでも「食べたいナァ・・・」と思っていました。

ちょこちょこと、純ココアなどを生地にちょっぴり混ぜたりしていましたが、
今回は、大目!に、「ごはんでケーキ」に混ぜて、ホットプレートで、ケーキ形の枠を使ってまずは、2枚焼きました。

Dscf0774_2  

 間にはさんだのはコーヒーマシュマロ。

 マッシーーパイ・・・今はエンゼルパイね!風にするつもりです。 

 

 

Dscf0778  

 もともと「ごはんでケーキ」はレンジで作るものなので、
 はさんだものを、軽くレンジでチンして、マシュマロを溶かしました。

 溶けたところが、金色に筋を作っていて、子どもはそれだけでうっとり。

 

 

 Dscf0775   

  さて、ここが! 本日のケーキの核心です!

秋の妹の結婚式の際、長野の友達のところに寄ったときに頂いた、杏のシロップ煮(手作り)。大事に大事に少しずつ食べていましたが、そろそろ一気に食べてしまった方がいい雰囲気が出てきましたので、思い切って煮詰めました。

種と一緒に煮て、とろみを出し、冷めたときは、水あめのようにねっとりするようにしてみました。これをケーキの上部に塗り、(これで、ワンホール1000円いかないケーキが、一気に5000円以上に跳ね上がった感じがする!)

Dscf0780_2 さらに、湯煎したチョコレートをたっぷり・・・とはいかず、ほんのすこーし薄く塗りまして・・・(この写真、大好きなので、小さく掲載。ちなみにピカリンの格好=パーティー用と称して、5年前の9歳のときに買ったスカートを出してきてたキテレツさん)

 Dscf0792

 溶けないココアパウダーをふって出来上がり。(にしてしまいました)

 

 

 

Dscf0792_2  待ちきれずに、まだマシュマロが冷め切ってないときに切ったので、とろけだしています。

上部のチョコレートのところが光っているのは、杏のシロップ煮のジャムです。

うまそー!

 

Dscf0804_2

 

 これは翌日の様子。

マシュマロが固まってます。

うまー!

 

 

 

今回の「唸った一言」

チクリン君いわく

「やっぱり、アレルギー食はベテランが作るに限るね~!」

|

« お休みのお知らせ(お詫び) | トップページ | 2008年もどうぞよろしく! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お休みのお知らせ(お詫び) | トップページ | 2008年もどうぞよろしく! »