« ジクロルボス | トップページ | 愉快な事でエネルギーを使いたいッ! »

食品冷凍 考

むぅさん、まるさん、モモさん、ハナママさん、アンカフェさん、メロンパンナさん

その節は、助けていただいて、本当にありがとうございました!

 

Dscf0882 (←本文とはまるっきり関係がありません)

 

 

 

 

本日の夜、ピカリンが帰ってきます。

最後の土壇場に来て、やったこともない冷凍物を作るという無謀を、助けていただきました!
実際のところ、どうだったのか、
それは、この記事の最後に、後日にアップしたいと思います!

しかし、
冷凍、って奥が深いんですねーー!!

私的には、解凍後の作業、というんですか?
むぅさんやハナママさんがおっしゃるように、冷凍は調理途中まで、解凍後に仕上げ、とか
まるさんがおっしゃるように、蒸し器で解凍、とか
考えた事が無い観点だったので、「そうかー!」と目から鱗でした。

アンカフェさんの、冷凍枝豆はそのままでも、とか
メロンパンナさんの、かぼちゃとサツマイモは、大丈夫、とか、なるほど!だったし(使いました)

片栗粉のとろみは、むぅさんがおっしゃるように、とろみはなくなりました。
うーむ!いつも自分の料理は片栗粉に頼っているんだなー!と認識。
かなり、封じ手をかけられました。

ももさん紹介のページは大いに参考になり、こんにゃくを入れようとしてやめましたし!

先方に送るメモ書きにも皆さんからのアドバイスを参考に、解凍法について書くことができました!

ほんっとうにありがとうございました!

 

クール宅急便で、「冷蔵」で送る方法もあるのですが、ここからだと沖縄は2日かかるので、「冷凍」にしたのでしたが、
その二日かかるということを、途中から忘れてしまい、2日前の朝、布団の中でその事を思い出したときのショーーっ苦!
思わず、リアルタイムで取り乱して相談してしまい、ごめんなさいでした。

 

<考察>

ですが、
自分でやった実験では、トマトスープの中の人参は、ちょっとキシキシする感じでしたが、ジャガイモは大丈夫っぽかったんだよなー。冷凍しつづける時間にも関係あるのかな?

それから、春雨サラダは、マリネ液だったのですが、春雨は、撃沈でしたが、汁に浸かった生野菜は結構いけたのです。でも、「生野菜はアウト」というのは、どこでもかかれていることなので、恐くて、実際にはやりませんでした。

してみると、
「水分に浸かっているかどうか?」
が、大きく関係しているのだローか?

と、考察いたしました。

肉類は、ハンバーグや加工肉、煮豚なども、大丈夫でした。煮豚は、表面がやっぱりちょっと乾いた感じでした。フリーズドライ、っちゅーくらいだから、水分との関係がやっぱりメルクマールなのかな、と。

 

今回の食事は、ホテルにて解凍して盛り付けて出してもらうものと、そのままお弁当として持たせるもの(ごはんはホテルにおにぎりを握ってもらった)・・・つまり自然解凍と、
二通りの解凍方法があったので、
それぞれの場合に合わせて料理したつもりでしたが、実際どうだったんでしょうね。

ピカリンが、面倒くさくなって、教えてくれないほうに500えん。

 

それから、今後タケ氏が、冷凍を追及するかについては、しない方に100円(低め)。

 

すべては、裁判官ピカリンに聞いてみることにしよう。

 

ということで、っつーか、例の校舎の廊下改修問題が再炎していて、何気に疲れているので、とりあえず、記事をあげました。
仕上げは、後ほどー!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ありがとうございましたー!

ピカリン、無事、沖縄から帰ってまいりました。

2泊目のホテルは8階の部屋で、シャワーがほとんど出ず、そういう点で、体の痒みが増していたようですが、それ以外は、問題ナッシングでした。

「ごはんはどうだった?」

「ばっちり、ばっちり」

「解凍されて、ヘンじゃなかった?」

「えー? 普通のお弁当のおかずだなー!って感じだったよ? おいしかったよ」

ということで、冷凍したものは、以下です。↓

カワハギのから揚げ

それにかける野菜アン、にしようと思ったが、アンは苦しいので、ほんの少しタレの入った野菜煮(玉ねぎ、人参、ピーマン、エリンギなど)

肉と野菜のトマト煮(スープでなく) イタリアントマトとジャガイモ人参玉ねぎ、イトヨリ鯛のすり身とロース肉の塊を煮ました)

グラタン風 (デュラムセモリナのペンネに、マッシュしたジャガイモと玉ねぎ、ココナツミルク、コンソメ味であえる)

ウィンナー

切干大根

薄切りもも肉のオーブン焼き(焼き肉風)

から揚げ

ハンバーグ

コーンと枝豆の塩

金平ゴボウ

ハムステーキ

イトヨリ鯛のすり身とかぼちゃパウダーにお砂糖を混ぜて、甘い卵焼き風

ミートボール

スパゲッティナポリタン風

サツマイモのサイコロ切りと大納言の甘いまめをあえたもの

ごはんdeケーキをホットケーキのように焼いて、餡子はさんだやつ等インナーをはさんだやつ

向こうで握ってもらうおにぎりの具として、佃煮昆布、しいたけと豚ももの甘辛煮

 

大体こんなところです。

写真は無いです。余裕がなかったです・・・。

向こうで出たものも食べました(サラダとか、牛肉の登板焼きとか)

学校が、沖縄風バイキングを選ばずに、なぜか「洋風バイキング」を選んだので、食べられるものが少なかったんだよね。

それから、100均とかで売っている携帯用クリーム入れに、おいしい塩とか、ピカリンの好きな塩コショウ。それから、携帯用ケチャップ、佃煮のり、アレルギー用コーンスープ、みそ汁のもとなどなどは常に携帯しました。非常用にお煎餅も携帯。

行く前は、レトルトとか、そぼろ肉とか、缶詰とか、ほかに考えていたものもあったのですが、結局、全部冷凍でやっちゃいました。

 

「食事の事で、ホテルの人にいろいろ聞かれたけど、そういう対応も、ちゃんとできた!!」

と、本人は、誇らしげ。

よかったねー!

これでもう、どこにでも行けそうだね、ピカリン!

 

お土産と、お土産話に花が咲いたのでした。

 

みなさん、ありがとうございました!

|

« ジクロルボス | トップページ | 愉快な事でエネルギーを使いたいッ! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

タケさんお疲れ様でした!
そしてピカリンちゃんおかえりなさ~い!!
良かった!無事で、楽しい旅行ができたようですね。
これが大きな自信となって、ピカリンちゃんがどこでも行けそうですね。
冷凍、今回、自分がやっているコトを、きちんと人にわかるように説明しようとして、いかに「感覚」でやってきたかわかりました。
でも、整理して考えてみると深いですよね~。
我が家のアレっ子、いろいろ食べるようになってきたので、ぱぱっと外出できるように、冷凍ストックを考え中です(冷凍庫大改造です)。
今回の「考察」すっごいためになりました。
タケさんも、少し「ほっ」とできるといいですね~。ほんとーにお疲れ様でした!

投稿: むう | 2008-02-10 19:28

ピカリン、食事面楽しく旅行できてよかったね!
これは、ピカリンにもタケさんにも大きな自信になりましたね♪
やっぱりね何事も経験よ!
経験値と自信で今後もいろんなことをこなして行って欲しいと
願いますよね。
チビの目標は、一人海外旅行だそうですよ。
東南アジアか中国にでも行かない限り、無謀としか思えない野望なのですが、もしかしたらできちゃうのかも?!って
ケースバイケースで、事象を増やしていきましょうね。
学校改修工事の方も大変でしょうけれど
頑張ってください!

投稿: ハナママ | 2008-02-10 20:59

>むぅさん、いつもありがとうございます!!happy01

わたしも、今回の一件で、「もう少し冷凍庫を大きくしたい」と思うようになりました・・・。

ピカリンもおかげさまで沖縄で様々な事を学べたようです。
温かさ、海の美しさ(魚が本当に普通にいるんだよ!とコーフン)、黙祷を捧げているときにアメリカ軍の飛行機がキーンと飛び立った事。
しらない土地を訪れた事で学べる事がたくさんあって、やっぱり、食事の問題をクリアできるなら、どんな事でもさせてやりたいなー、と思うのでした。
お互いがんばロー!

投稿: タケ | 2008-02-11 06:35

>ハナママさん、こんにちはー! おかげさまでしたー!!

夢中で過ごしてきたけれど、そーだよ、自信になったよ!(おそ)

今回、ネット以外でも、「長距離旅行体験記」を聞く機会があったのだけど、
重症アレっ子で、フランスに留学している人もいるそうで、その人が言うには「飛行機の機内食が面倒なだけで、現地に行ってしまえば(暮らすのなら)何の問題も無い(アジアン店)と言っていたそうです。
チビちゃんなら、できそうだ!
ピカリンもやりたいのだろうケド、実は、すごくナイーブなので、恐がりを克服しないと、ダメかもなー・・・・。
元気に育っていって欲しいよね!!

投稿: タケ | 2008-02-11 06:41

わあ、良かったですね。
タケさんおつかれさまでした。
そしてピカリンちゃんも楽しい修学旅行になって良かったですね。
食事のこともちゃんと出来たってすごく自信になったでしょうね。
もちろんタケさんのフォローあってのことですが、だんだん自分で出来るようにとなさっている姿を拝見して、子育てってこういうことだよな・・・と教えてもらっています。
そうなんですよね、食って基盤だから、食の問題って大きいですよね。
でも、いろんな経験をさせられるようにバックアップできる親になりたいです。
息子も視野を広げて大きくなって欲しいし。バックパッカーとかね、いいと思うんですよ。世界を放浪旅する息子。ちょっと憧れます。
何よりタフな精神の持ち主になってもらいたいものです。


投稿: いくら | 2008-02-12 00:35

>いくらさん、こんにちは! ありがとうございます!wink

>>だんだん自分で出来るようにとなさっている姿
これを噛み締めながら読んで、ちょっと反省しました。
というのは、最近「こうしていきなさい」という「指示」ばかりで、ピカリンが小さい頃のように、そうしたくなるような環境作りとか、しかけ、とか、そういう配慮をしなくなったなあ!と。
なかなか自分に余裕が無くて、子どもの気持ちに沿って考えてあげられていないなあ!なんて、思いました。
ということで、昨日の夜から、子どもに対して、ちょっぴり「寛容」チックな私でございます。いくらさんのおかげです。ありがとがんす!

バックパッカー、いいですね!
そーいえば小4のチクリンが「オレは中学を卒業したら高校へは行かないで、世界中を旅して回るんだ。働きながらお金作りながら」と言っていましたっけ。
「ほー、ほー。いーんじゃない?」
と言いつつ、脳裏には、いろんな困難が箇条書き状に流れてくる。それは、歳をとった証拠なんだろうなー。
子どもが成長して、自分でできるようになることが増えて、なんでも自分でやるようになると、失敗もただ見守っていかなきゃならない部分もあり、それもつらかったり。
親業は、大変だ!

投稿: タケ | 2008-02-12 08:25

ピカリンちゃん、おかえりなさい!
充実した旅行になって何よりです。
タケさんのお料理も普通に平らげたようで
その「どうってことなかったよ」ぶりが本当に良かったですね。
母の努力が報われるときっていうのは、
特別感じゃなくて普通にさらっとこなせちゃった感がいいんですね。
こういうの、ピカリンちゃんが大人になって子どもを持ったときとかに
そのものすごさに気付くんだろうなあ。
実はすごく大変な配慮があるのに自分は何気なく過ごしてきた、
っていうのは、そのことに気付いたときに感動するだろうなあ。
わたしもタケさんに続いていけるようアレっ子母道に精進します!

投稿: かずみ | 2008-02-12 09:42

楽しい修学旅行だったようですね!
本当に、これでもうどこへでも行けると思います。
事前準備は必要でも、それも経験すれば慣れていくし!
きっとチクリンの修学旅行までには、タケさんの冷凍技ももっともっと極まっていらっしゃることでしょう。
(↑プレッシャーじゃないですよぅ)

「アレっ子」でも、「親がついていかない」で「修学旅行に参加」できるって、すごく勇気をもらいました。
記事を読ませていただくたびに、色々な勇気を頂いています。

投稿: まる | 2008-02-12 13:21

お疲れ様でした!
シャワーの出がイマイチなんて、なにが起こるかわからないですね、旅というものは。
ピカリンちゃんの誇らしげなお顔を思うと、きゅん♪(表現、古いね~)私まで嬉しくなっちゃいました(^^)
いつか我家にも来るだろうミッション、タケさんの大活躍ものすごく参考になります。
どうしても母としては、食にばかり目がいっちゃいますが。。。
それ以外に楽しい事がたっくさんあるんですね。
アナフィラ怖くて、半径10キロを日帰りでうろちょろしている場合ではない!と思いました。

投稿: じゅん | 2008-02-12 23:55

>かずみさん、こんにちは!
コメントレスが遅くなり、ごめんなさい。

ピカリンも私も、もうかなり「外泊」をこなしているので、「持込」「集団」「一人」「遠距離」と、全て合わさったものは初めてでも、それぞれについては経験しているので、困難さを感じにくかったのかもしれません。
「初めて」は、受け入れるホテル側だったり、旅行会社だったり、学校側だったりするので、その方たちの緊張を受け止めるのが、(そしてその緊張の「出し方」がいろいろ) 一番、しんどかったかもしれません。
準備期間中は、電話対応がいまいちだったホテルの方が、当日は、満面笑みで、すごく温かかったようで、あの「いまいち対応」は緊張からくるものだったのかなー、なんて、今ごろ思います。

ピカリンは、性格上、一生「どうってこと無い」と思いながら過ごしていくのかも・・・。母のやっていた事をどう受け止めるかわからないけれど、どちらかといえば「どうってことない」と思いながら、ずんずん進んでいってくれるといいなー、と、ピカリンの背中を見ながら思います。

投稿: タケ | 2008-02-14 09:26

>まるさん、こんにちは!


私も、今回の旅行まで、
「親なし修学旅行アレっ子 体験」て、ふりかけもって行ったとか、缶詰もって行った、とかしか聞いた事がなくて、今回の旅行も「それ」になるか?と思ったんです。で、そっち方向の探求もしていたのですが・・・。
冷凍技術の発達、私じゃなくて、パックとか、宅急便やさんとかね、そういうのがあって、うまい事できて、よかったなー、と思っています。
ほかに、「冷凍もの送った!」というアレっ子母にも出会えたし(リアルで)。自分もやろうと思っていた事だけど、ほかの人もやった、と聞くと、なんか自信が出ましたよ!
もし、まるさんにこの先そういう機会があったら、ぜひ、頑張って!実は見えないだけで、仲間、っていないわけじゃないから!
・・・そういう声を、もっと聞けるといいんだけどね!

今回の修学旅行は、まだ書けないでいる「チクリンの校舎タイル補修騒ぎ」と「ピカリン悪化の経緯」の方が私の中では大きくて、ちょっと脇に追いやられている中でこなしている感じでしたが、何とかこなせてよかった~・・・です。
まるさんの元気なコメント読んで、私も勇気出して、頑張るよ!

投稿: タケ | 2008-02-14 09:34

>じゅんさん、こんにちは!


ほんとー、シャワーは想定外だったわ。
古いホテルでしたので、カビっぽさを心配していたのでしたが、「そっちからきたか!」でした。
今、悪化させてしまった肌の黄色ブドウ球菌やら雑菌に反応を連鎖的に起こしている感じなので、痒いところができてそれを「掻く」って、避けたかったんだよねー。おかげで、旅行から帰ってきたら、背中に新しく湿疹できてまった・・・(ハー)

実はじゅんさんの「半径10キロ以内」の部分にピンときて、きのう、記事を書いたのですが、誤って全て消してしまい、ソートー沈んでました。そのうち書きますが、私も子どもが小さい頃は同じだったよ!! 無理ないよ!って、書きたかったのでした。
ちーっと、ワタクシ元気がないので(人が見たらそうは言わないだろうが)、気力のこもった記事を書くのは先になっちゃうかもしれないですが、そのうち、また、よろしくおねがいします!

投稿: タケ | 2008-02-14 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジクロルボス | トップページ | 愉快な事でエネルギーを使いたいッ! »