« CSで、字が読めない?!けど・・・ | トップページ | ちょっとのお知らせ »

(幼少)アレッ子母は四六時中休まらない

Dscf0915 ←前回の記事を書いていた私の横で、チクリンが製作した「ブロック」?

こういうのです。デルタックスhttp://epoch.jp/fr/deltax/

あと、ジオマグとかも大好きっ子

 ジオマグ メタル60 ブルーブロック好きなナや。

 

 

 

さて、ひさしぶりに

Dscf0924 弁当。

あと、ピカリンさん用の黒パン。もあります。

朝ご飯のおかず↓

Dscf0922 しょぼいね。

いいの。

あと、みそ汁ね。

これを、けさは、1時間20分かけて作ったが、どーなんだろーか!

この写真プラス、米パンとみそ汁なら、けっこーえらいのではないだろうか!

というのも、私が、ピカリンの弁当を作り始めた頃は、1種類の弁当なのにもかかわらず、

3時間

かかっていたからなのだ。

あの当時は、ケチャップも使わず、赤ピーマン蒸して酢と・・・(もう何回も書いててごめんなさい)とかやっていたから、手間もかかってはいたのですが。

このごろ、またしても朝起きるのがメンドくなってきているので、これから、「朝ごはん+弁当作り 最速記録」を作ってみよーかなー。と。そういう「遊び」が入ると、元気が出るかなーと。
「挑戦」しないと すぐ元気がなくなる女・・・だったのかも・・・。今が気がついた。

 

 

アレルギー親歴も長くなってくると、いろいろ変化がある。

前々々回の記事で、じゅんさんが「半径10キロメートルを出られない」と書いていらっしゃいましたが、
昔は、私もそうだったー!
というお話です。

 

昔できなかったこと。

1.夫婦でお酒を飲む

とにかく、夜中の病院に駆け込む事が多かったため、いつでも対処(車を出す)できるように、夫婦どちらもがお酒を飲んでいる状態、というのは避けていました。
飲まない、か、どちらか一方のみ。数年間、続いたなー。

私たちはなぜ結婚したかというと(←ヲイ)、こたつに入って、うだうだするのが二人とも好きだったからで、
ダニ関係で、こたつは廃止、二人でお酒もなし、ってーんじゃ、なんで、結婚したのかわからん!ってなところまで思いましたが、二人でコタツでうだうだより、子どものほうが大事でしゅから、仕方ありまへん。

「この頃子どもも丈夫になって、コントロールもうまくいくようになってきたし、そろそろ二人でお酒を飲んでもいいんじゃない?」とたけ夫が言って、「そうかな?」と、恐る恐る二人で晩酌をしたときの幸せは忘れられないなー。

今は、あまり深く考えず、晩酌したい!と思ったときにしています。

 

2.電車で一人で買い物に行かない

じゅんさんの「半径10キロ」みたいな感じ。
車で駆けつけられない状況は作らない!

たまに、一人で仙台の町でお買い物heart01というのも、あったのですが、
無駄に走って買い物してましたね。
とにかく一刻も早く帰りたい、不安だから・・・。
いつ、何が、どうなって、呼び出しがかかるかわからないから・・・
結局、呼び出しがかかること、ってほぼゼロだったのですが、
なんだか、不安で不安で、・・・でした。

ピカリンが小学校に入ったばかりの1学期は、アホのように電話のそばにいました。
今のように携帯電話も普及していないので、電話のそばを離れられない!
そんな事をしても大して意味はないのですが、電話の向こうの職員室の向こうのピカリンの教室で何かが起こるんではないか!と、一人で想像力をたくましくしては、じーっと電話を見る、
いいかげんにせえ!
ですが、どーしても、不安はぬぐえなかったです。
2学期からは、そんな事もすっかりなくなりましたが!!

 

3.風呂に入れない

結構いらっしゃるのではないでしょうか。

冬ね。

私は寒がり冷え性なので、熱いお湯にゆっくり入りたいのですが、
湿疹のできている子どもに熱いお湯はご法度です。
私が入ったら、もう一生出られないくらいのぬるい(と感じる)お湯に子どもは入っておりますので、
わたしも、当然風呂場にはいっしょに入るものの、体はぬらさない。
体をぬらしたら、一気に寒くなり、アウトだからです。
で、頭だけ洗う。
子どもを洗ってやって、温まらせたら、そのまま一緒に上がってしまって、寝かしつけるまで風呂に入らない。
寝かしてしまうと、いつ咳き込むかと心配で、一人で湯船に浸かっていられないので、やっぱりお風呂に入れない。旦那はチョー遅いので、待っていられない。
そーいう感じで、1週間もすると、微妙に体が黒っぽくなってくる。(洗ってないからですヨ)

いくらなんでもこれはまずい、ということで、
使ったのは、銭湯でした。
反則わざと思いつつ、週に一度、子どもを保育園に預けた足で、銭湯に直行し、体を洗って、速攻で出ていました(いつ呼び出しがかかるかと不安なので)。週に一度なら許されるんじゃないか!と思って。

どこまで自分のやっている事が馬鹿な事なのかわかりませんが、
混乱してたかもしれないし、自分を甘やかしていたかもしれないし、不安がりすぎていたかもしれないけど、
なーんか、そんなことやってました。

今は、一人でのーんびり(←時々だけど)風呂に浸かれます。
しあわせだ~~。体も洗えるし!
必死だったなー、あの頃・・・。

 

 

ほかにもあったかもしれない、昔できなくて、今できるようになったこと。

アレルギーっ子の親は、病院通いや、アレルギー食作るのも大変だけど、何が大変、って、気が休まるヒマがないということ。人によりけりだとは思うけど、不確定部分が大きい人ほど、先が予期できず、いつでも24時間微妙な不安があると思う。
そーいうの、って、なかなか、人には理解できないかもしれない・・・。

それでも、子どもが大きくなると、子どもが自分で判断できるようになるし、何より「不確定部分」が少なくなるから、「いつ何が起こるかわからない」状態が少なくなって、親の自分の自由度が増える気がします。

小さいアレルギーっ子を抱えているお母さん(お父さん)たち、がんばれー! ・・・オマエもな。

|

« CSで、字が読めない?!けど・・・ | トップページ | ちょっとのお知らせ »

アレっ子育児」カテゴリの記事

コメント

いいねぇ、夫婦で晩酌♪
うちも酒飲み夫婦だから、それが待ち遠しくてしかたないっす。
アホみたいにのんで、へべれけで寝てみたい。
小ぽち妊娠前まで、飲んではいたけど酔っ払うことはなかったなー。
すっごい冷静。
逆に旦那が酔っ払って寝られるのが不思議。
お風呂もゆっくり入りたーい!
ささっと洗って、出ると、風邪ひきやすくてツライですっ。
(湯船に入らない、って手だね!と思ったけど、小ぽちは抱っこで入れるしかないな・・・)

半径10キロ生活、かぁ。
ぽち子の時も、一度篭ってしまったら、きっと二度と外に出られない!と
ジュクドロの顔をさらして出歩いていました。
(両手持ってるから、出ても歩くだけ)
母乳だったので、干し芋とおにぎり、ルイボスティーもって。
今はママ友につきあってもらって(というか、連れ出されて)、
真っ赤な顔の小ぽち連れて出歩いています。
園の送り迎えもあるし、どのみち出るんだ、どこへでも出てやる!みたいな。
鞄にはやっぱ芋とおにぎり。
二人目だからか、ママ友がついていてくれるからか、
何か言われてもある程度は気にしないでいられてるかなぁ。
時々モウレツに落ち込むことがあって、
出歩かなかった日の夜中に来ることが多い、と気付いたのも出歩く要因かも。

と思って地図見てみたら、行ってるのはだいたいが10キロ以内だわ・・。
あ~~、旅行したいっ!
フードマイレージは少ない方がいいけど、
マイレージはためていきたいワ♪

投稿: こむぎこ | 2008-02-21 15:38

人間を育てるってそれだけでも大変なのにそこにさらに余分な要素が加わって、私たちってやっぱ頑張ってるよねー、そうだそうだ!と思いながら読んでいたら泣けてきました。
こんなことが大変だ、常にこんな不安を抱えている(何も起こっていなくても)、ってなかなか外からは見えないしアピールするわけにもいかないし。
私も最近子供たちが2人で湯船で平和に(?)遊んでくれるようになって、やっと「痒いところはありませんか?」って聞かれても「ありません!」と言い切れるくらい頭をしっかり洗えるようになりました。
夫は週末しか帰って来ないので、とにかく無理は禁物!睡眠時間重視!で生活しています。
ネットがあってケータイがあって、私たちはいい時代にアレっ子を授かった!とはなかなか思えませんが、でも感謝しないといけませんね。
夫婦で晩酌♪が可能になった時、夫婦で晩酌♪っていうテンションをお互いに保っていられるように、精進いたします。
タケさんご夫婦、やっぱり素敵☆

投稿: yoyo | 2008-02-21 17:22

エールに応えて(?)頑張りまっす!
何が食べれない?より何か食べれるものある?状態の
1歳前半ですが、本人が元気なので頑張れる。
「あむあむあむ」って食べ物を催促されても
すぐに出せれるものがないのは毎日ちょっと胸が痛むけど。。。
今はとにかく朝まで起きずに寝られるようになってほしいな。
気の休まるときがないというのは本当に同感です。

投稿: かずみ | 2008-02-21 20:55

私もお風呂は入れませーん!!!!
よ、良かった。
そんなの私だけかと思ってましたよー!!!!

自分が温まるまで一緒に入ると、やっぱり子供達掻き毟っちゃうし、かといってちゃんと温まらないと私すぐ風邪引いちゃいますし。
それでも結構お湯の温度は高めかも。アレっ子家庭にしては。
40度はあります。
で、湯船に入れる前に、洗い場にでっかいたらいを置いてまして、それをぬるめにしてて、そこで洗いながら暖めて、湯船につかる時間は短めにしてます。

それでもやっぱりいつまで持って訳には行かないので、土日やらパパの確実にいるときに入っていますが。
でも、お風呂出てから保湿→薬のことを考えると、やっぱりゆっくりは入れません。

自分の頭は、姫が園に行き、王子が昼寝している間に、洗面台で洗っています。

ところで、横ですがこむぎこさん、私天使君がお空に言ってしまった直後、まったく同じように「家の外に出なかった日の夜中に、猛烈に落ち込む」ということが続いていました。
なので、一人で外をガシガシと歩いていました。
だんなちゃんの会社の近くまで行って一緒にご飯を食べてもらって(これだけは今も感謝しています)、その後、半蔵門辺りから四谷を経由して新宿まで歩く、とか、半蔵門から東京タワーまで歩いて六本木を経由して青山抜けて迎賓館見て新宿へ抜けるとか…。
あほのように歩きまくってました。
外を歩くと、体が疲れるから眠れるというのもありますし、ウォーキングセラピー、なんて適当なこと言って歩いてました。
外を歩くのって、凄くいいことだと思いますー。

投稿: まる | 2008-02-21 23:24

>こむちゃん、こんにちわー!

たけ夫クンの(昔の)上司の奥さんが、ひどいアトピーだったそうで、子どももそうで、全然外に出ない、買い物も行かない、という話をしていました。
人に見られる、っていうのはつらいよね。
私も真っ黒などろどろの顔のピカリン連れて歩くのは、もうピカリンに物心ついていたし、かなーり、バクバクしながら出歩いていました。本人が出歩きたがるから、もう、その笑顔だけ見て、周りはあんまり見ないようにしてたかも・・・。
そういう緊張感だけでも、結構疲れるしね。
でもこむちゃん、友達もいっぱいいるし、ステキな道やお店もたくさん知ってるし、その楽しみ方も知っているし、なんか、そういうの、すごくいいなー、と思ってます。
小ぽちちゃんも、方針が見えてくるといいね!

投稿: タケ | 2008-02-22 07:45

ずっと「ケータイなんか、ロクなもんじゃねーよ」ぐらいに思っていましたが(その割に、持ってるんだけど)、そっか、ケータイある今の生活って、ありがたいですよねぇ・・・。
うちのチビはお風呂は大丈夫ですが、上がった後がタイヘンです。もう、おかあちゃん、パンツ一丁・・・みたいな(きゃ!)。

今日、通院だったんですが、前にタケさんが仰っていた本県の医療事情・・・はよくわかりませんが、食アレといえばこの病院、みたいなところに行ってます。待合室にK医師の著書が2冊ありましたヨ。タケさんのお友達と同じ病院カモ?

みんなそうだと思うけど、いつも自分で自分に「ご苦労さん」なので、人様から「がんばれ」って言ってもらえると、なんかうれしいでっす!!がんばるぞ~!お~!

投稿: むう | 2008-02-22 14:33

おおーっ、お風呂入れない仲間がいっぱい♪
はい、私も普通にお風呂入れない日が
つい最近まで続いてました(爆
医者から、娘の風呂の温度は38℃でと言われ、
それを守らないと、途端に蕁麻疹の娘・・・
でも、私は今、湯船の適温が43℃超なので、
とても一緒には入れません。
一度一緒に入ったら、冷えておなかが痛くなり、
以来娘を入れるときは、私は服を着たままです(T_T。

そーそーそー、気が休まる時がないんですよね~
特に子供が赤ちゃんのころはそうでした。
授乳で時間が取られるし(うちだけ?子供は一日
12時間以上おっぱいにくっついてました)、
まとめて寝られなくて思考力低下してるし、
あと、夫が厳しくて(←ここポイントです)
子どもに手が掛かって家事ができなかったなどと
言ったものならば、途端に「怠ける理由に子どもを使うな」
と、言い捨てるヤツでしたので、
意地になって家事をこなしていて、
うわーっとなってるのところに、食アレ→除去となり
栄養不足でとってもマイナス思考になりましたね。
子どもが5ヶ月で水疱瘡に掛かったときは、
このまま子どもと一緒にしんじゃおうかな~
なんて一瞬思いましたけど、そんなことしたら、
夫が楽になるだけじゃん!と思いとどまり、
(この数日前に、もう私の精神的なフォローは
できないから、娘と一緒に出て行ってくれと
言われたので)今に至ります(笑

ところで↓記事、
私の叔父と叔母(二人とも食アレ)は
文字を見ると目がチカチカ(方言?光が点滅する
まぶしい感じです)すると言います。
二人とも中学生の時には、既に症状を自覚
していたそうで、この叔母が様々な辛さから
修験道に入信したのも、最近は理解できる
ようになりました。

と、ながながと自分のことばかり書いてすみません。
今は、少しでも前に進みさえすれば
道は開けると信じています!
がんばろーっ!

投稿: ゆうこりん | 2008-02-22 22:22

>むぅさん、こんにちわ!


私も、実は、ケータイ苦手なんです。
「いっつも出ない!」とよく怒られます・・・。今は、昔の緊張感が無い・・・。だめじゃーん!

そうそう、お風呂上りが大変だったよなー!と思い出しました。
この記事を書いているとき、「私は夫のいる土日はどうしていたのか?」と思いましたが、結局、子どもといっしょにお風呂に入ると、子どもが出ると同時に出なくちゃいけなかったんだよな・・・と思い出しました。どーもなかなか、夫に任せきる事ができなくて・・・・(信用してなかった)

その病院、友人が行ってた病院ぽいですね!ははは!


なかなか、人から、「ちゃんとわかってもらった上で」がんばってるね、がんばれ、て言ってもらえること、ってないよね。
ほんと、ほんとに。
ネットの文字上でですが、
お互いに、励まし合おうじゃ、ありませんか!!
頑張ってんだよ、私たちは!ホントーニ!!
今日もまた、きっと、絶対、お疲れ様でしたっ!!おつかれーーーっ!!

投稿: タケ | 2008-02-24 19:52

>ゆうこりん、こんにちわっ!


久しぶりに、キタねー!「吐き出し」コメント。
吐き出せ、吐き出せ、どんどん吐き出せ!!
もー、ゆうこりんの苦労はね、筆舌に尽くしがたい、って気がしてんだよ、本当を言うと。
それでも、時々ギャグかませながら、マンガ読みながら、むおー!って進んでいる、ゆうこりんが大好き!
なぜか、ゆうこりんのおばさんにも詳しくなりつつあるタケ氏だが、おばさんも、きっと大変だったんだよね、今と時代が全く違うし。

道を拓くと信じて歩く事が、道を開くよね!!
涙は出るが、出るに任せて、歩くっきゃないっしょ!
ぬおーーー!!

投稿: タケ | 2008-02-24 20:15

こんばんは♪
まさしく、今の私の日常です。
友人宅に行って、携帯忘れたけど家に戻るの面倒で。
幼稚園に電話して、友人宅の電話番号控えてもらった事があります。(ちなみにちびはすこぶる元気で登園)
きっと神経質なお母さんだと思われているんだろうなぁ。
でも、タケさんにも、そんな~時代が~あ~ったのね~。
私も、これからの頑張り次第でほどよく力抜けるかなぁ。。。
私、一度無理だと認識すると、凝り固まっちゃう所があるので、ずーっと無理に思えちゃうんです。
日々、子供は急成長しているからどんどん変わっていくので、自分の対応も変えなきゃならないんですよね、きっと。
人に理解してもらえないかも?とは私も感じていて。
その分、今までは自分も理解してない事が沢山あったんだなと思ったし、そんな理解してもらえにくい事を抱えている方の優しい言葉に敏感になりました。
ちびが大きくなるまでに、私もそんな優しい言葉を言えるようになれたらいいな。
タケさん~、優しいエールをありがとうございます(^^)
今の時期、色々しんどいこともありますが、ゆっくり風呂につかれる日を夢見て39度のシャワーで頑張るね♪

投稿: じゅん | 2008-02-25 00:11

>yoyoさん、こんにちわ。レスが遅くなり、ごめんなさい。


小さい子を育て中のおうちは、多かれ少なかれ、本当にいろいろ大変だろうなー、と思うんです。
ただ、アレルギーって、「未知」の部分が大きい。全体的な治療法としてもそうだし、目の前の我が子についても、そう。だから、余分な(?)不安、てすごくあって、それは24時間、寝ている間すらも気にかかることであったりして(咳き込んだり掻いたりするから!)、
そういうのはねー、やっぱり、アレルギー(またはその他の障がい)をもっている子の親特有の事であろうナァ、と思うのです。
そんで、そのあたりの「不安感」て、なかなかわかってもらいにくい・・・というか・・・・。
そんでも、乗り越えていかなきゃいけないことなんだけどもさっ。

っつーことで、少しは乗り越えられたかもしれない立場で、書いてみたりするのだった!

夫婦の「晩酌」
って、どういうイメージだろう。
ラブ!ってイメージ? 
うちの場合は、飲み屋でクダ巻く同僚同士、ってイメージなんで、あんまり、テンション・・・っつーか、うーん・・・・。・・・・・・。

投稿: タケ | 2008-02-25 08:59

>かずみさん、こんにちわ! レスが遅くなり、大変失礼いたしました。ごめんなさい。



かずみさんのところのUちゃん、食欲あるよねー!
食欲ある子どもを持つと、なんだか幸せを感じない?
すぐ用意できなかったりするんだけどもさ、「ごめんね~」と言いながら、ちょっと嬉しいよね。
うちも食欲旺盛だったので、確かに食べられるものの制限は多かったけど、「うちの子、食べなくて・・・」という家より、なんだか、ちょっだけ、自分の子どもから幸せをもらえているような気がしていました。
作れば、食う。(基本的に)

ぐっすり眠れるようになるといいね。
今日も、今日とて、頑張るか!

投稿: タケ | 2008-02-25 09:09

>まるさん、こんちわーっ! お返事が遅くなりごめんなさい。


あー!たらい!
そーいえば、うちもベビーバスをお風呂に入れて、そこに子どもを入れて、自分の体を洗っていたことがあったなー!
↑上記記事は、子どもが大分大きかった。ピカリンがとても悪化したのが、4歳過ぎてからだったからね。
お風呂ひとつで、神経すり減らし、
自分の体や頭を、いつどこでどのように洗うか?!も、計算しないとやっていけないの、って、独身時代には想像もしていなかったし、想像したら、結婚できなかったかもしれないけど、
私の場合は、その時期、過ぎたわ~~・・・。

アロマのお風呂、癒しのお風呂、なんて、夢のまた夢、
と、いろんな情報を横目で見てたけど、
ほかほかの小さい子どもの体と、かわいい声といっしょにお風呂に入る事が、実は、癒しの一面もあったかなーなんて、今になるとそう思う。
ってー、ことを、義姉から何度言われても、なかなかピンとこなかったんだけどねー!

それよりも疲労感の方が打ち勝つ今日この頃でありましょうが、
引き続き、いってみよー! ですネ。

投稿: タケ | 2008-02-25 09:19

>じゅんさん、こんにちわ! なかじまみゆき・・・ふーん。そうきたか・・・(なにが?)

連絡先、ってさー、難しいよね。
だって、もしも何かあって、電話がきたのにいなかったら
「なんなの? あの、おかあさん。」って、なりそうな気もするじゃん!
心配もあるけど、責任もあるのかなー、なんて。
だから、じゅんさんが、友人の家の電話番号を伝えた、って、すごーくよくわかるよ。
「私はちゃんと、受け入れ態勢とってます!」って、なんだかやらなきゃいけないような気がするよね。とくに、いろんな物事を頼んでいる立場だと。

自分もなかなか理解できなかった事を、
当事者でもない人に理解してもらうの、って、ドンだけの努力が必要なんだろ? 無理だろ、わかってもらうの。だから、あきらめちゃお!って、私はすぐ思ってしまうー。
あきらめずに、どんどん進める人、ってすごいなーと思う。
あ? 私、進んでますか?
やー、妥協の塊です・・・。ぅあーー!(いろいろ思い出して身悶え)

いつでも全力尽くしました、って胸張ってられないよね・・・ ・・・・と、自分の中に入ってしまった!!
私も、まだまだ野を超え山超え、ですが、
いつも全力疾走はムリだから、ゆっくりゆっくり、前だけ見てすすもーか、ですね!

投稿: タケ | 2008-02-25 09:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« CSで、字が読めない?!けど・・・ | トップページ | ちょっとのお知らせ »