« なんとか・・・ | トップページ | 皮膚以外の症状との出会い2(負荷に入れない理由③) »

肌以外の症状との出会い(負荷検査・経口感作に入らない・は入れない理由②)

Dscf1160

←今年も大賑わいのおばけ屋敷

(写真と記事は関係ありません)

 

 

 

 

 

あくまでわたしの経験のお話です。
こういう話を読むと動揺して落ち込みそうだ!と思われる方、大した話じゃないんで、読まないように!!・・・と思います。

 

 

 

この春は、何人かの赤ちゃんを抱っこできる機会に恵まれました。

「あー、赤ちゃん、かわいいよね~! しっかりしてそうで、抱くとふにゃふにゃで、でもがっしりエネルギーがあってサー。また、抱っこしたいなー!」

と、私が言うと、子どもが大好きなたけ夫

「ほんとだよねー。君ってさ、ピカやチクを産んだ時より、今のほうが元気で体力あるよね・・・?」

・・・・・?!

????!!?

何をおっしゃるウサギさん?!

「わわわわたしは、もう産まないよ! 今はそりゃ、元気だけど、あのころの元気と比べたら、やっぱり、絶対、あのころのほうが本当は体力あったんだって!!」

「・・・そうだよね・・・」

 

私は、今、元気です。

うーん。

小麦粉を食べないと、本当に元気だ。

小麦粉を食べて、たとえばのどが腫れたようになるとか、そういう症状が出る率は、5%位かもしれない。
けど、
だるーくなるのは、だるーくなる。

それは過敏になってしまったからではないのか?
とも思うけど、
小麦を食べて、そのせいでだるいのかどうかわからなかった時期(普通に小麦を摂取していた時期)もあわせて考えると、体力・元気の図式はこうだ。

 

今、小麦を摂取する < 昔の状態 < 今、小麦を摂取しない

 

明らかに、こんな感じだ。
たけ夫君(他者)にも、そう見えるのであろう。
確かに、小麦を食べたから具合が悪くなった!と自覚するなんてことは、昔は無かった。
そういう意味では、「過敏になった」といえる。
が、
食べていない今の状態と、昔のしょっちゅう頭痛を起こしたり、疲れて横になってたりを繰り返していたころの状態を比べると、
絶対、食べていない今のほうが元気いっぱい!!
やりたいことがたくさんやれるし、前向きになれる。
だるくなったり、頭痛を起こしたりも減った。

今、やりたいことがたくさんあるので、それらをたくさんやるためには、小麦を採らないほうが良いのではないか?! そう思って、極力とらないようにしているこの頃である。

(このお話は、まだつづく)

|

« なんとか・・・ | トップページ | 皮膚以外の症状との出会い2(負荷に入れない理由③) »

治療」カテゴリの記事