« ほかに何を食べると・・・? | トップページ | 贅沢な一品?! »

アレルギーダイエット(勇気を出して実写!)

Dscf1071 およよ!

 

はい。

「美腰ダイエット」
本屋さんで平積みされていることも多いですね。

 

意識していますっ!! 根性でっ!!
・・・・無理だろ。どーしても。
だって、あの本を見たとき、なんだか、悔しかったんだもー。私だって、アレルギー食でダイエットしてるもん!
て、「だからなに?」的な発想で、{アレルギー食って、いいんだ!」「アレルギー食っていいんだ!」と、なぜか叫びたくなりまして、犯した暴挙です。ひんしゅくです。わかってます。でも、やっぱ、どうしても言いたい。

 

 

あー、そうですとも、タケですとも。
撮影者ピカリンに「胸にパット入れろよ。メリハリわかんないじゃん」と言われているし、
思いっきり腹筋で、おなか引っ込めてます。
廊下で、靴、履いてます!!
腕に、微妙にいろんな傷跡がありますよっ!

まー、でも、それなり、ってことで、許してください。
大したこともないのに、変な写真を出して、ごめんなさいねーーーーーーーー!!!!

 

今日の記事は、太りたくても太れない人、薬等の副作用で、どうしても太ってしまう方などには、失礼にあたる記事だと思います。
女性週刊誌系のノリということで、見逃してください。・・・・。

 

 

 

ほどほど除去から、「完全除去」に切り替えたころ、友人らに聞かれた。

「子どもと一緒のご飯を食べてるの?」

「うん。うちは家族全員同じもの」

「・・・・・でさ。実際どうなの? アレルギー食って。」

(どうって、何が?!)と思いながら、

「うーーーーーん。そうだねーーーー。

ま、一番は、私のおなか周りの肉がなくなったね

 

!!!

大体これで、彼女らの表情はガラッと変わる。
(それっていいかも!)という表情に変わるのだ。

おなか周りの肉の件は、真実である。
多品目完全除去食にしてから
当時、私の脇腹でドーナツ状になりかけていた贅肉は、するりと消えた。

 

私の実母や妹が我が家にきたときも、私たちと同じメニューを召し上がっていただく。

母は「子どもの勢いにつられていつもの倍も食べたのに、3日で体重が1キロ減ってるのはどうしてかしら!」

と言うし、

微妙にアレルギー体質の妹も 「あのー、この家の食事をすると、肌、ピッカピカになるんですけど!」

と言っていて、

我が家のアレルギー食の「美容効果」は、それなりに認められているのであるのである。

うむ!!
 

 

ということで、私も齢○歳。先日チクリンのクラスの保護者飲み会にて(そーいうのがある)、母たちの中で自分の年齢が上から2番目だ!ということにショックを受けているが、その年齢層の中ではスレンダーな方である。

友人 「タケ氏って、スマートだよねーっ! どうやったらいいの?」
と、という類の言葉があまりにしつこく続くと、イライラしてきて
「アレルギー食食べているからかね」と言って、黙らせてしまう。
(アレルギー理解の種を自ら摘み取るような行為である。反省したい)

 

でも、単に、除去がいいというのではなくて、糖分と油分に気をつける、というオーソドックスなダイエット方法が、重度系アレルギーっ子の求める食生活とマッチしている、ということなんだろうと思う。

 

実は、私は豚の脂身が好きである。昔なんか、大々好きであった。
でも、世の中には豚肉アレルギーというのもあり、我が家に唯一残されていた蛋白源である豚肉(ウサギとか蛙もありますが)がアウトになったら、そら、きつい。そして、豚肉アレルギーはその脂肪分が元凶である、と知ったらもう、やはり、避ける方向です。

苦しみました。

買うのは、基本的にモモ肉。
それも調理時に、端にある脂を切り落としていきます。
「くーー・・・。食いたい・・・。そして、私はこの脂にもお金は払っているわけなのよ、お値段は重量なんだから!」と、泣きそうになりながら脂を切り離す。

そして。

その切り落とした脂を全部、ぎゅっと手で握り、塊を作る。
「どお? この脂があなたの脇の皮膚の下にそのままつく。それでいいの?」
と、問う。

い・や・だ!!

「じゃあ、食べるのはおよしなさい」

と思って我慢する。

・・・・っつっても、時々食べるけどね!(要はバランス!と思います)

 

 

そのような生活を続ければ、あまり「太る」ということはないのですが、
ただひとつ、強敵が。
それは、子どもが食べられないのにもかかわらず、自分は大手を振って摂取できる

アルコール

です。

これはいかんです。
飲めば、皮下脂肪になります。
いくら、アレルギーダイエットをしていても、つきます。贅肉。

実は、この写真をとる前1ヵ月半、断酒しております。(保護者会飲み会は除く)
この写真は天神祭りの日。踊る前の写真です。
踊りが少し激しいので、体重があると膝にくるんです。
私の膝は、若いころの怪我などの影響で

60歳以上

の膝である。と、整形外科医に言われています。
ばあさんなんです。
だから、1キロでも体重を落として、膝への負担を軽くしようと、禁酒してました、そんな、
ベストプロポーション(タケ氏基準)
の写真だったわけです。
ンニャ。

 

 

除去食作りは大変。
でも子どもの笑顔のために!

というのもあるけれど、
「ダイエットになる」「肌や髪の調子も良くなる」
という、
自分のための動機も
家族全員でアレルギー食を続けるためには、大切な要素でした。

それだけにとどまらない「苦労」がアレっ子育てにはあるのだけれど、
でも、
そんなプラスの見方もある!

ってことで、

ども、失礼しやした!! すみません!!

 

ピカリンが、写真を撮ってあげたことをかさにきて
「コメント欄を開けろ」
というので、この記事では、開けます・・・。

タケの自己満足写真についてのコメントは無しで!!
皆さんの
アレルギー体験と美容
についてのコメントなどいただければ、うれしゅうございます。

|

« ほかに何を食べると・・・? | トップページ | 贅沢な一品?! »

アレっ子育児」カテゴリの記事

コメント

すみません、コメント欄あいたとたんに早速カキコ(笑)

アレルギー食、ええ、太れませんことよ!
野菜以外、何を食べろと?(←目が据わっております)

出産で実家滞在中、お野菜普段の3倍買いまくり&蛋白源は豚と新鮮な魚のみ!加工食品なんてありえない!お菓子?こどもに隠れてこっそり食べてね(証拠は完全隠滅すべし)食生活に実家の母もまきこみましたが、結果、量はしっかり食べる一方で、体重が少し減っただけでなく、お腹周りがかーなーりすっきりしたそうです。
私は、上の子と同じアレルギー食を食べるようになっていらい、思春期以来ずっと悩まされていた顔の吹き出物が一切でなくなりました。余分に排出するほどの油、とってないから当然といえば当然ですけど。ただ今授乳中ですが、上の子の時にひどかった乳腺炎、今回はなんとか再発せずにすんでます。
妊娠中の体重増も悩まずにすみました。出産すんだ途端に以前の体重に逆戻り。
美容には確かによかですね。欲求不満は、ありますが。

私、豚肉の一番好きな食べ方は豚骨(軟骨つきの味噌煮込み、といえばいいんでしょうか)と、スペアリブにハーブまぶしてオーブンで焼いた奴なんですが。たまーに、食しております。普段の赤身もも部位だけじゃ、物足りなくて!

投稿: にゃあ | 2008-05-29 17:45

にゃあさん、コメントありがとー---!!

野菜以外何を食べろと?!
共感、ありがとーーー!!
すんげく嬉しい、断酒が終わったタケ氏@日本酒飲酒中 です。
「やっぱ、天神祭りは飲まないとね」 たけ夫「もう終わってんだろ」

やっぱし、おなか周りに利きますよねー!
溜飲が下がる思いです。

欲求不満にはなりますねー。
でも、
ダイエットに、一般ピーポーより、一歩アドバンテージあり、ってことで!

にゃあさん、元気で嬉しいよー。

投稿: タケ | 2008-05-29 20:25

こんにちは。ポージングも決まってて素敵♪です。
ある程度までは、除去品目が多いほど
スタイル&ダイエットには良いのかなぁーって。
私の周りには重篤な食物アレルギーがいなくって、
その症状は家族に多い順に、
下痢>鼻炎系>アトピー&呼吸器>頭痛ってな感じ。
当然除去品目も少ないので、
症状が緩和される=下痢しなくなるが最も多くなって、太って?しまうぅぅぅ??
重篤な方は症状の重い時は全く食べられないでしょうし、
辛さに耐える為の基礎代謝?エネルギーも多いかなと思ったりして。
そもそも体を優先に考えケアする日常生活そのものが、
絶対良いと思います。

追:綺麗な指してたんだね♪で羨ましいぃ~。

投稿: umi | 2008-05-30 01:11

umiさん、こめんとありがとうございます!!


アレルギーで食事制限をすればどんなやり方でも、オッケーみたいなものではないけれど、
>そもそも体を優先に考えケアする日常生活そのもの
は、健康=「ダイエット」の本来の意味 に近づいていけるものですよねー!
世の中、ダイエット情報、ってあふれているじゃないですか。
その中のひとつとして「アレルギーダイエット」あっても良いと思うんですよね。
「アレルギー」と言われたら、忌み嫌って逃げる!より
「アレルギー」と言われたら、「これを機会にアレルギーダイエット!」という考え方もありだと思うのだー。ダミかに~。
不健康なやり方の「ダイエット」もはびこっている昨今、健康的なダイエットだと思うのでした。

このところのピカリンの様子をみていて、アレルギー症状って、体力を使うものだなー、とは、しみじみ感じています。
それについての、ピカリンの「名言」(?)もあったので、またそのうち紹介しよう!と、umiさんのコメント見て思いました。
ありがとうございます!

投稿: タケ | 2008-05-30 08:50

あ、開いた(笑)。
そうです!除去食は本来の意味での健康なダイエットです!
除去食と授乳はホント、やめられないわっ!!!
わたしは現在高校生の頃の体重になっています。
自転車で12kmを45分で通っていた頃の体重ですよん。
これはもうかなり自慢してます。
うらやましがられたら「アナタも除去食いかが?」って
おすすめしております。卵と乳製品は二次製品まで除去よ。

投稿: かずみ | 2008-05-30 12:04

かずみさん、こんちわ!!
元気でがんばっている様子、拝見しております!!

乳製品は、結構カロリー高いもの多いよね。
乳・卵・小麦あたりのどれか駄目だと、とにかく洋菓子系が駄目じゃん?あれは、カロリー、キてますよね。
そのあたりから、もう、効用があるように思います。

アラウンド40すぎると、ぐーっと皮下脂肪がついてくる人が増えます。なぜか。
アレルギー食を40過ぎてもやっていると、自然と「生き残れます」(何に?!)
フツーに食べられたほうがいいんだよ?!そりゃ。
でも、そういうこともある!!ってことだよね。
アンチエイジング!
なんか、みんなもそうなんだ、って知ったら、なおさら元気出てきたぞ。
仕方なく取り組む「アレルギー食」ではあるのだけど、
「自ら進んでやってるのよ」って気分も、嘘でも取り込めたら、前向きになれるよねー。

投稿: タケ | 2008-05-30 13:18

タケさんとお話したくてうずうずしてたので
コメント欄開いてとっても嬉しいまめです。

ブログを読んでいて、タケさんはなんてフットワークの軽い人なのだろう?
と思っていたら、やっぱり動ける美しい体形、考えの持ち主だったのですね。
写真をみて納得!
そして「アレルギー体験と美容」ですが
私自身も食アレなので、やはり食べられる洋菓子が少なかったり
食べて何か症状がでても(気の持ちようを含め)いやなので
今日は止めておこう、と思うときもあります。

出されたものを片っ端から食べるのではなく、
ちゃんと自分の意思で選んで食べる、というのもダイエットにもいいのかな、と。
食べれるものに限りがあるから、ちゃんと考えて食べようよ、みたいな。

まだまだ話したい事がたくさんあって書ききれないー!
そんな感じです。また来ます。イエー!タケさんイエー!

投稿: まめ | 2008-05-30 20:30

タケさん!これはコメントせずにはいられないっすよっ!!
ステキな立ち姿にうっとりしつつ・・・。
そういや除去食ってありえない量食べても太んないや。
かなり厳密な授乳除去だった第1子時は一日5合以上食べてもやせすぎてマイッタ・・・。
うっかり自作の甘いものを作りすぎたときは怪しいですがー。
これもだいたい冷えてたり、身体がゆがんでくると甘いもの欲求にでるので、
その辺もメンテしておくと大丈夫だったりします。
それと美肌になりますねーー。
焼けても戻りやすいし。
石鹸のみで保湿いらずだし。
今はひたすらおっぱいのための食事とメンテなのですが、
これは続けていきたいな~、とおもっとります!

アラフォー、腹八分目を守るくらいでは太るのを止められなくなるらしいですしね。

投稿: こむぎこ | 2008-05-30 20:47

OH~ そのお美しいポージンぐぅ~~っ!
除去食ってやっぱりバッチンぐぅ~~っ!なのでございます。
そりゃもう 釘付けでございますわ 奥様
美しいアラフォ~ それはやはり 良い食べ物を 良い食べ方で みたいな 日本食ばんざい~
祐たんの おかげで いろいろお勉強できましたもの
私も 頑張っていい体作りに励みたいと思います。
 

投稿: 祐たんママ | 2008-05-31 09:28

すばらしく美しいお姿に感動。

ワタクシ、姫の授乳期(我が家の第一次除去期)にはめちゃくちゃやせました。
あの頃何食べていたか忘れました。
食べるものない、と言いながら白米を食べまくり、でもやせていきました。
お友達のアレっこママと、アトピーダイエットだねー♪なんてお話していたものです。

ですが、現在王子に授乳中のワタクシ、ちっともやせません!
むしろ太っていきます。
動物蛋白は豚肉(あぶらみはがしまくり)・鶏ささみ・鶏胸肉(皮はがして)だけなのにー。

なぜでしょう、米粉が体につきまくりです。
ご飯でケーキ一人で1本とか食べてるからでしょうか。
米粉ばっかりじゃだめよね、とかいって、焼き芋3本食べたりしてるからでしょうか。
ほしいも一袋一気食いとか、蒸しかぼちゃ1/4個一気食いとかしているからいけないのでしょうか~~~!

でも多分、一番いけないのは食べられる市販品(おやつ類)をあれこれ試しているのが一番だめなのでしょうけれど。

つーか、授乳中で、しかも除去食食べて太っていく私…これで断乳したらどうなるのか、すごく怖いです。

(こんなコメントですみません。)

投稿: まる | 2008-05-31 10:49

今回激しい悪阻に見舞われて思いましたが
完全除去する(半ば強制的だったけど)と
激やせしたのに肌がつるつるなのには驚いたよ。
吹き出物、やっぱ一般ケーキ食べすぎだったのねー
(娘に隠れてドカ食いしてた傾向アリ)

そうそう、除去生活してると産んだ後
体重戻るのがすごく早かったわ。
変なところにも肉ついてないみたい。
骨盤開いちゃってるから少々腰がひっかかるけど
産後2ヶ月で5年前に買った礼服入ったのには驚いた。

私、そういえばすごく便秘も酷かったんですが
(1人目の時、あまりに酷くてbabyが下がった)
いつの間にか、随分改善されてました。
やっぱ温野菜効果でしょうかね。

以上、プロポーション抜群のタケ店長に捧ぐコメントでした!

投稿: サトワカ | 2008-06-01 09:38

こんばんは!
師匠、ほそい~~
私も授乳中は細かったなぁ・・・と遠い目です。
って、私の場合は、アレルゲンの米を
ドガ食いしてたので、食べても食べても
身に付かない感じでしたが。←今から思えば。
この経験から、アレルゲンのドカ食いも
ダイエットになるのでは?と思っとります(爆
↑お勧めしませんよ、もちろん!(笑
副作用がひどいですから~(私の場合は、蕁麻疹
とか、目のかすみとか、胃潰瘍とか、皮膚炎とか
とにかく全身症状でまくりでしたからー!)
でも、除去してないアレっ子で
すっごく痩せた子供を見ると、
アレルゲン摂取で体重減少もありえる?と
思うのです。。。

投稿: ゆうこりん | 2008-06-01 21:19

タケさん、ナイスバディー~!!
ボンキュッボンですね。

授乳除去中は私も激ヤセしました。
しかも当時は胸も大きかったので、
自分で鏡を見てうっとりしてました~。
(今は見る影なし)
以前雑誌か何かで「小麦抜きダイエット」なるものを
見たことがあります。
小麦のものは洋菓子はカロリーが高いし、
麺類やパンはあまり噛まずに食べられるので
ドカ食いの原因だとか。
ものすごーく納得しました。

で、現在。子供と同じ食事をしていますが、
どうしてもビールと隠れ食いが辞められない。
子供の前では食べられないと思うと
余計に食べたくなっちゃうんです・・・。

投稿: モモ | 2008-06-02 22:58

みなさん、こんにちはー・・・・っ!

すみません。
疲労回復する前に、次々と、やるべきことが・・・
ただ今、目がつぶれそう・・
なぜ?
しばし、お待ちください。
お返事したい気持ち、山々なり!ナのですが・・・

投稿: タケ | 2008-06-03 17:46

>まめちゃん、yeー!
お返事が大変遅れて、本当にごめんなさい。


フットワーク軽そうに見えて、そんなことない、思いつき突飛行動の女です。
PCの前にじとーっと座っておるよ・・・。あかんなぁ。

「自分で選んで食べる」って、今の時代、できそうで、できないよね。
だって、食べられるものがいーーっぱい並んでいるんだもの。
私も、子どもにアレルギーがなかったら、そんな「陳列食べ物」の波におぼれて方向が見えなかったろうなーと思う。
そんでいつも具合が悪くて「う~~~」とか言って。

スタイルもそうなんだが、健康に過ごす、って観点で、やっぱ、「食べ物」なんだよなー、って思うよね。

ところで、自分、大学時代よりは、やせてるぜ!

投稿: タケ | 2008-06-05 19:44

>コムちゃん、返事が遅れてごめんなさい。その後、元気ですか? 背中の凝りはどーだーい?

私も酒さえ飲まなければ(甘いもの油も控えめ)、朝ご飯茶碗3杯味噌汁2杯を毎日続けていても太りません。体質もあるとは思いますが・・・。
アレルギー食をしていて太らないでいる(もしくはやせる)と、「炭水化物を食べていると太る」という強い支持のある「命題」って、本当なのかな?と思ってしまう。ピカもチクもすごく食べるけど、やせてるもんなー。(筋肉はついていまっせ)
肌きれいになるね。
私も(しつこいけど)自分が小麦をやめてしばらくしたら、毛髪がしっかりしてきたことに気がついた。
野菜がたくさん入った汁は日焼け防止になる、と、かのK先生が言っていて、彼が言うとすぐ「けっ」「君に美容のことが分かるのかに?」と思ってしまう私だが、コムちゃんが言うと「やっぱそうなのかー」と、手のひらを返したように納得。

本当の意味で体に合ったものを食べると、人らしい美しさに近づける、ってことかもしれない。
あ! なんかいいこと言ったかも!
現代の文明国は、なんでも食べられるようでいて、それが幸せなことでもあるわけだけれど、自分で自分の美しさを損なう裏面もあるのかもしれないねー。

投稿: タケ | 2008-06-06 09:36

>祐たんママさん、こんにちは! 返事が遅くなってごめんなさい。

やーーー!!エドハルミ!出そうかと思ってたんですがっ!
あの姿が、かなり自分とかぶってしまい、彼女が出てくると、本当、笑えない・・・。 ということで、この記事にも使えなかったよーーっ!
うまく使えるところが、さすがだ!!

からだ元気かー!
リバウンド気味のタケ氏。

投稿: タケ | 2008-06-06 13:20

>まるくん、こんにちは!
最近仙台出没中のタケ氏。そんなこんなで、お返事が遅れてごめんなさい。

まるさん、たまってる。たまってるよ~きっと。
いや、贅肉じゃなくて、ストレス!!
そーではないかと、ご推察申し上げます。
そーいうときもあるさ、って思うんだけど、いかがでしょうか。
米粉は、お菓子系にして食べると、結構いけちゃって、
あとで「う、食いすぎたかも?」となりがちだよねー。
うちは、子どもが大きくなった分、あまりおやつも出さないですんでいるので、その点ラッキーかも。
子ども小さいころは、そうでなくてもいろいろ大変だから、なかなか自分の体のメンテ、ってできない。
わたしなども、10年位前は、もー、見るも無残な様相(お構いなし)をしていたと思います・・・。
しかし、焼き芋3本、干し芋一袋とは、もはや、胃袋が若い!というかんじがする、ないものねだり老人タケ氏です。

断乳すると、食欲が減ったりするじゃん!
そん時考える、ってことで!
まるさん、かーいらしーからなぁー。少しくらいポチャッとしてても、全然OKな感じがするのが、うらやまC-。っす。

投稿: タケ | 2008-06-06 13:33

とっても素敵なプロポーションに釘付けですが、どちらかというとこの写真を撮っている時の表情やピカちゃんとのやりとりを想像してぐふふとなってしまう私です。
うわーん。「本当の意味で体に合ったものを食べて本来の美しさに近づける」って、ヒットです。
その辺りですごく迷ってたんですよ。息子は数値に出ないけれど食べてダメっぽいものが多くて。でもそれらを止めていると調子が良いんです。でもでも気がついたら世間からは非常に外れた食生活をしていることになっており、集団生活の送れないはみだしっ子になってました。あははー。(←とりあえず笑っとけ)
その事実に気が付いて立ち直れなかったんですが、なんだか吹っ切れたかも。息子の肌つやもいいですしね。何より私も調子いいし。背中押してもらえたみたいで嬉しかったです。

投稿: いくら | 2008-06-06 23:31

>サトポん。お元気よう。お返事がとても遅れてごめんなさい。

2ヶ月で5年前の礼服!
なんだか、すごいキャッチコピーになるね。
「出産後の体重増加はありえない! 産後2ヶ月で5年前の礼服が入りました。Sさん。だから除去食ダイエットは止められない!絶大効果!!肌もつるピカ!!」
子育て雑誌に載せられるよなー。
やってもらいたいものだ。

こうしてみると、除去も真っ暗なことばかりじゃないってことにしみじみする。
サトポン。忙しいことであろうなぁ・・・。
名古屋にヨンさまの店ができるとか、見て、サトポンのことを思い出した。
いつか、行きたいなー!

投稿: タケ | 2008-06-07 16:15

>ゆうこりん、こんにちは! お返事が遅くなり、ご無沙汰しており、申し訳ありません。

>>アレルゲン摂取で体重減少もありえる?と
思うのです。。。

同意!!
まず、ピカリンがそうだった。
ピカリンは、今も標準から言えばスレンダーだが、健康的なスレンダーである。が、ほどほど除去のころ(完全除去の前)は、食も細く、「虚弱な雰囲気の」スレンダーであった。
今より、除去食物が少ないのに、うすーい体をしていたねー。
「以前、アレルギーで食べられなかったんだけど、今は大丈夫なの。でも、食が細くてねー」と言う親御さんのお子さんを見ると、「あ~・・・。アレルゲンを食べるのを控えると、もっといろいろ食べるようになるし、体もがっしりするんじゃないかなー」と思うことがある。
「食べる量が少なくて、体が細くて、弱い」というお子さんの中には、食べ方を工夫する(ぶっちゃけ除去する)ことで、元気になる子がいるんじゃないかなー、と、ついつい、そういう子を「じとーー」と見てしまうタケ氏@余計な事言わないように気をつけているおばさん、であった。
あくまで、「空想」的発想なんだがね! そう思うよね、ゆうこりん!!


えー、でも、ゆうこりんが、米を食べて具合を悪くしている頃も知っていたけど、今は、肉がついたのかに? それはそれで、おめでとう!!だよなっ!!
わたしも、やせてはいるけど「たくましくなった」と親戚縁者によく言われています。

投稿: タケ | 2008-06-07 16:24

>モモさん、こんにちは!お返事遅れてごめんなさい。


ややや!
ボンキュッボン!じゃない!
ボン、ない!
すかっ!しゅる!のらり。
って感じすか、あえて言えば・・・。(泣

私も、おっぱい出るほうで、桶谷の先生に「乳母ができる」「双子も楽々」といわれるほどの「豊乳」で、毎度、胸を冷やさなければならなかったのですが、その姿は、まるで峰フジコ!!
えええ~~~気持ち悪い~~~あんな体~~~
と思っていたものの、自分がそうなると、
ちょっと「うほほ!」気分でした。胸の痛いのも忘れて・・・。
胸が大きすぎて、ウエストがしまっているかどうか、見ることができなかったな・・・。その前に、ウエスト周りには、いつも子どもがぶら下がっていたともいえよう・・・。

「酒飲んでねーと、やってらんねーよ!」
的なことも多く、
疲れきった後の夕飯(除去食)作りなど、
どーしても一杯入れないと、泣きたくなってやれなかった、ってーのはあります。
飲まないとどーしても無理! って、アル中か!と、自己突込みでしたが、本当に、そういう要素を生活に入れないと、厳しかったと思う・・・。
そういう、ビールではないかと、ご推察申し上げます。
モモ!!
どんどん外に出せよー!
・・・なんか、言ってみた。

投稿: タケ | 2008-06-07 16:33

>いくらさん、こんにちはっ!!


いくらさんの書いたコメントを見て、
しばらく前から思っていたことを書こうかな、と思って、次記事アップしました。
いくらさんへのお返事というより、自分がこの頃思っていたこと、って感じで、少しずれちゃってますが・・・。
でも、書かせていただく機会がもらえて、ありがとう!です。

「はみだし」ている、という気持ちを持たせてしまうものが、この国にはあるよね。
「みんな同じ」で「みんないい」は、そろそろやめようよ、って思うけど、事態はどんどん「みんな同じ」でないと「ダメ」に向かっているよーな気もするこの頃・・・。
「みんな違って」「みんないい」に、ならないかなー!
みんな、そう思っているんだから!本当は・・・。

投稿: タケ | 2008-06-09 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ほかに何を食べると・・・? | トップページ | 贅沢な一品?! »