« guilty? or not guilty? | トップページ | なんとか・・・ »

疥癬のアレルギーってどんなん?

 

先日のぴかりんの通院には、タケ氏付き添い。

ちょっとこのごろ気になっていたので、聞いてみた。

「ここんとこ、痒いんですけど、私も疥癬ですかね?」

疥癬は、手に出て、顔や首にはあまり出ないといわれているのですが、タケ氏は、首が痒かった・・・。

K先生。秘密兵器(?)パソコンにつなぐタイプのマイクロスコープ(?)顕微鏡(?)を取り出し、肌の赤い部分に当てる。

 

パソコン画面に映し出されるタケ氏の傷。

掻き壊しまくっていてわからない!

私、掻き壊しまくるんです・・・。恥ずかしい・・・。
どこの部分を見ても、かさぶたばかりが出てきます・・・。

K  「うーん。わからないなぁ・・・」

そのうち、とある部分の傷・・・パソコン画面に映し出されていた画面、その傷口の真ん中で何かうごめくものが! もにょっ・むりょっと動いている・・・

タケ  「な・・・! な、なんすか、これ! う・・・動いてる? なっ・・・何が動いているんですかっ?! な・・・・! う・・・・?! 」

K   「滲出液(が出ているん)です。」

ぴか  「ドン!マイ!」

 

結局、ダニは見られなかったが、ダニが作ったと思われるトンネルらしきもの(1ミリくらいの長さの細い白い線に見える)が見え、「疥癬の疑い濃厚」となりました。

 

うーん。
ぴかりんと同じ「ムトウハップ」のお風呂に入っているんだけど、肩や首はつかっていないんだよね。そのせいか?!

 

 

 

と前置き長すぎ。

 

疥癬は、ダニは殺せても、卵は殺せないので、卵が孵ってしまうと、またぶり返します。
それをまた殺し、でも少し残った卵がまた孵り・・・。とやって、徐々に全体数を減らしていき、完治にいたります。これが、全体で1ヶ月くらいということです。

ということで、少し良くなったからといって、治療を怠ったり、いいかげんなことをしたりすると、全体数の減りが遅くなり、いつまでたっても症状が出る、ということになります。1ヶ月ではすまなくなるわけです。

 

ぴかりんの場合、疥癬による傷と痒みだけではなく、ダニがいることによるアレルギー症状がでます。
つまり、卵がいっせいに孵るときに、また一気にアレルギー症状が出るというわけです。

湿疹、ただれ、腫れ、赤み。
フケもすごいし、毛も抜けます。
そして、体全体もひどくだるくなるようです。

昨日あたりは、元気で、勉強したり、家のバスケットゴールにシュートを打ったりしていましたが、昨日の夜、体全体の痒みや赤味が増したかな?と思ったら、今日は、ぐったりです。朝いったん起きて、シャワーを浴びて、朝ご飯も食べたのだけれど、午前はずっと寝ていました。

 

 

やっかいだ!!

アレルギーの原因がわかって、治すばかりになったということで、安心感はあるのですが、それでも、やっかいです。

それにしても、どーして、疥癬になったのか?
非常に疑っているのが、「修学旅行」・・・・。

ま、考えても仕方ないんだけどね!

 

疥癬には気をつけよう!!

 

でした・・・。

 

|

« guilty? or not guilty? | トップページ | なんとか・・・ »

治療」カテゴリの記事