« たけ夫くん精進中 | トップページ | ここのところの生活点描 »

チクリン君語録(周りの人と比べなくなったのは)

チクリン君は、「ゾイド」が大好き。(たとえば→)
最近は、ネットオークションのチェックまでしています。

 ZOIDS RCZ ジークドーベル (仮)
ところで、先日届けられた大阪からの「ゾイド」の箱は
「サツマイモッキースティック」
の箱でした。
なんなんだろう、これは。このあたりでは見ない。
関西方面で限定販売されているのだろうか。
芋ケンピのようなものなのだろうか。
クッキーか?それともポッ○ーのようなもの?
気になるので,知っている方教えてください。

 

さて、このブログにあまり登場しない、チクリン君。ただ今、小5。

周りの人にも説明するのですが、
ピカリンは「冒険野郎」
対して、チクリン君は「慎重派」。
絶対食べない。事故が少ない!
ということで、アレルギーネタには、めったに出てこないのです。
ダニの季節に肌が荒れるくらいで、肌もすべすべです。
本当は、ピカリンさんより、過敏なのですが・・・。
私 「チョーっと大豆系統のものが入ってるな~。・・・ま、いっか。食べても!」
チク「オレ、昨日もデュラム小麦食べたし、明日試合だから、止めとくわ」
と、親以上にきちんと分析&自制するお子です。いやはやいやはや・・・。

 

そんなチクリン君に、唯一手を焼いたとすれば、
「給食は、なるべくそっくりにして!」という要求が強かったこと。
「おいしければ何でもいい。全然違っていてもいい」派のピカリンと違うので、
どうして?と思っていました。

そんなチクリンも、この頃、周りの人が何を食べていようと、自分がどう違っていようと、あまり気にしなくなってきました。
「別にいいし」と、言っています。

それで、ゾイド作りに熱中しているチクリン君の隣に座って、聞いてみました。

「チクリンはさー、給食のときとか、周りの子が、どんなものを持ってきているかとか、自分がどう違うとか、気になる?」

「べつに」

「周りの子の給食の様子とか、よく観察したりするの?」

「忘れたし」

「みんなのを確認してから、自分の食べたりする?」

「見ることはあるけど、別に違っても仕方ないし。うまけりゃいいじゃん。」

「昔はさー、すごく、同じに作って!って、言ってたじゃん。あの時は、どんな気持ちだったのかな~」

「俺、今日の弁当の中身もなんだったか、忘れてんだぜ? そんな昔のこと覚えているわけねーだろ!」

「もう、気にならないか」

「気にしたってさー、仕方ないじゃん! 気にし始めたら、どんどんなんでもかんでも気になるし、うらやましいって思ってたら、切りがないし」

「そーだよね。うらやましくなるようなこと、っていろんなことがあるもんね。・・・・。!。そーいえば・・・。おかーさんも、昔から、あんまり人をうらやましい、って思ったことないなー。若いのにスタイルいい人(早熟な人)はうらやましいなーって、思ったことはあるくらいで、そーいえば、人のこと見て、うらやましい、って思ったこと、無い!」

「だろー? 遺伝だよ、遺伝。

俺の事を知りたかったら、自分のことを、知れ

 

 

がーん!
わなわなわな・・・・
今、すごく真実、言わなかった?

・・・・・・・・。

何も言えなくなった母だった。

アレルギーだからどうのこうので、この子はどんな気持ちなのか・・・!
と、想像ばかりしていたけど、
自分の振り返り、ってところが、基本なのかもしれません・・・。
確かに、自分、
もしも、みんなと違う弁当を持っていったら、最初は気にするだろうけど、そのうち気にならなくなるタイプ・・・であろう、と想像できます。「めんどうくせぇ」とは思うだろうけど・・・。

小2の夏のチクリン君Photo (事情により、画像荒いです)

注;このスタイルは、決してうちの地域の基本形なのではありません。

|

« たけ夫くん精進中 | トップページ | ここのところの生活点描 »

アレっ子育児」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
つい先日うちのアレっ子を見ながら感じたことを思い返しながらウルウルしながら読んでいたのに・・・大きい文字のところでぷぷっとなってしまいました。失礼しました。
>自分の振り返り、
をしてみると、そういえば私ってすごく周りが気になる子供でした(涙)。
タイトルにある「周りの人と比べないこと、って、どうしたらできるの?」もチクリンくん語録?と思って読み始めたのですが、どうやら違うのかな?とも思ったり。
チクリンくん、今までどんな思いを乗り越えたり封印したりして来たんでしょうね。
それくらいの年齢になると、もう「自分のこと」として受け留めてしまってるんだなぁと思うと切ないような寂しいような。
にしても小5男子って
>忘れてんだぜ?
とか言うんですねー。いやーん男らしい!いやーん寂しい!です。
↑小1画像、虫網持ってサンダルはいて坊主頭で・・・って、うちの小1とおんなじですわ!

投稿: yoyo | 2008-07-17 09:25

チクリンくん、カッコいい・・・っ!
おばさんはこういう、ちょっとチャラチャラしていない男の子に、きゅんきゅんしちゃいます。
って、つっこみドコロが違いましたね。
>俺のことを知りたかったら、自分のことを、知れ。
って、すっごーく的を射てますよね。

以前、職場で私が「ウチの娘も、ぱんつ見えそーな、短いスカートはいて、チャラチャラするよーになったらどうしよう・・・。」って言ったことがあります。
「むうさん、そういう学生だったの?」と聞かれ「いやぁ~、真面目でしたよ~。」と答えたところ「大丈夫、だいたい、親と同じよーにしかならねーから。イヤになるぐらい、自分と同じよーにしかならねーから。逆に期待しすぎても、親と同じぐらいまでしかいかねーから。」
と、3人のお子さんをお持ちのおとーさんに言われました。
ナルホド。

「人と比べない」って自分の中に、ちゃんとした「何か」を持っている時にはできるように思います。
自分に自信とか目標とかがないと、つい人と比べちゃったり。
チクリンくん、私より大人かも!
いや~、こんな息子ならいてもいいなぁ!!

投稿: むう | 2008-07-17 13:31

@タケです。

2箇所訂正しました! スミマセン!

ひとつはyoyoさん、ごめんなさい! 副題が分かりにくかったので、書き換えました。
あと、写真ですが、散々悩んで、「小1」としてあったのですが、いろいろ考えると、やはり「小2」だったか?と思って、変えました。
3年も経つと、ずいぶん変わるもんです・・・。
「また、丸坊主にしよーよ(面白いから)」と言っているのですが、さすがにそれは嫌なようです。
それならそれで、母としてはもっとおしゃれして欲しくて、買ってあげたTシャツ、着て欲しいんですが、着倒したヨレヨレのばかり着ます。サッカーの試合用に「スポーツブランドのタオル買ってやる」と言っているのに、「いいよ。もったいね」と言って、浴用タオルを持っていく・・・。うう。母は嫌なんだけど、それ・・・。
アレルギーが彼をストイックにさせたのか、もともとそうなのか。
ずっと悩んだ母ですが、そろそろ、どうでも良くなってきました・・・。

投稿: タケ | 2008-07-17 15:11

いつも読ませて頂いてます♪
サツマイモッキーは芋けんぴ系です。
じゃがりこみたいなカップに入っているお菓子ですよー。

投稿: みにみなと | 2008-07-18 00:07

@みにみなとさん、はじめまして!

ありがとーーー!
やっぱり、関西限定? 関東圏にもあるのか。
そうしてみると、地方に遊びに行ったときは、スーパーで、「食べられるお菓子探し」するのも楽しいかも!
そういえば、こちらに引っ越してきたとき、おばあちゃんたちが好きそうな、でうちの子も食べられる和菓子系のお菓子がいっぱい売っていて嬉しかったものだわ~。
みにみなとさん、ありがとうございます!
ブログ、読みました。
共感することがいろいろあって、なんだか、知り合えて、嬉しかったです!

投稿: タケ | 2008-07-18 05:46

チクリン君、いつのまにそんなにかっこよくなってたのー!
ちょっとときめいてしまうわ♪将来、うちの娘をどうですか?(←ちょっと気が早すぎ(笑)
私、男の子の成長ってまだよく分かりません。女の子はね、わが身を振り返ると反抗期やら反抗期やら色々わが身に覚えがあるんで、将来、(絶対)喧嘩もするし、いつかは仲良くなれる可能性だってあるのは分かるんですけど。
男の子、走り回って暴れまわってばかりで、同年齢の女の子に比べて幼い印象ばっか強いのに、いつのまにか成長してたりするんですね。

子どものこと知りたければ、わが身を知れ、ですか。。。
えー、母親の希望としては、子ども二人とも、親よりお洒落になってほしいんですが。無理?でも、期待するのは自由よね(笑)

投稿: にゃあ | 2008-07-18 09:07

チクリンくん、いいね。男だね。
そうか・・私も自分を振り返ってみます。
自分だとしたら、最初は見た目すご~く気にする。
で、気にすることも疲れるから、今度はどうでもいいことにする。
でも、気にする。
そんなとこかな(笑)
息子たちはどう思ってるか、これからどう思うかわからないけど、、、ふぅ。
チクリンくんの頭、今の次男です★(もう少し長いけど、マルコメ君と言われてるそう・・・)

投稿: ふわりふわ | 2008-07-18 19:42

こんばんは。

いやぁ!
チクリン君カッコイイ!!
ウチもそんな風に育ってほしいと思いましたよ!
まぁでも、タケさんが育てたからそうなったのかもしれないし。
私の育て方では、ココまで「漢」って感じにはならないかもしれないですけど。。。

実は数日前、保育園でそうめん流しがあり、
その際息子がそうめんを触ったら、
太ももに蕁麻疹が出て電話が掛かってきました。
痒がる位で大したことは無く、
先生が小児科へ行ってくれて、
私は仕事を早退するほどではなかったのですが、
「まさか触れただけでそんなに反応するとは。。。」
とショックを受けてしまいました。
小麦はクラス6なのでありえる事なのですが、
今まで私の目の届く範囲ではほとんど触れず食べずだったので
そういう反応するかわからなかったのです。
そういう意味ではこの程度ですんで、
反応を知ることが出来て良かったのかも知れませんが。

おそらく長いお付き合いになりそうな小麦アレ。
これから成長していった時に、
ウチの息子もチクリン君のように自己管理が出来るように
ちゃんと教えていかなければと思いました。
が、そこは本人の性格もあって、
いくら教えてもダメだとわかっていても、
食べちゃう子は食べちゃうんでしょうけどね(笑)

投稿: 凹カエル凹 | 2008-07-19 23:18

@タケです。

皆さん、コメントありがとーございます!

この記事をあげて以来、しげしげとチクリン君を眺める母タケ氏。
サッカーで真っ黒になったチクリン君は、日に日に大人になっていくようで、その男らしさが、どこか、母は悲しい。
「でも、そのうち、それが自慢で、それが好き!になるのよ」
と、さらにタケ氏の先輩母が言っておりました。
そうなのか~~。

チクリン君が、「ほかの人と違う」というのを気にしていたのは、「自分だけ違って自分が悲しい」というより、「自分だけ違うのをほかの人が気がついて、何か言ってくるのに対応するのが面倒くさい」というのが、一番大きかったかもしれません。
そういう風によく言っていたし、「みんなと違って」も、みんなより「惨め」なほうが彼は良かったのです。「みんなよりおいしそう」を彼は嫌っていました。「いいな~」と言われるのがよっぽどいやだったようです。

全然関係ないけど、きのう、ピカリンが友達からペットボトルのお茶をもらっていて、その友人が「はい、はい! アレルギー物質入っていないよ!」と言って渡した場面に遭遇したのですが、その言い方がちょっと引っかかった。

私たちにとって、アレルギーがあるのは「痛み」なんだけど、周りの人はそれを「痛み」と感じないで、半分茶化すように言ったり、下手するとうらやんだりする。
アレルギーっ子はそれに対して、「反論するほどじゃない」けど「すごく引っかかる」。
そんなことが多いんじゃないかなー。と思った。
「アレルギーがあることを理解」はしてくれても、
「アレルギーがあることによる痛みに共感してくれる」ってわけではないんだよね。

チクリンの「同じにして」
は、
自分の心が「痛い」から、「形だけでも同じ」にして、
という要求ではなくて、
「友達関係を良くできるようにふるまいたい」
という要求だったように思います。

実は、これが結構きついんじゃないかと。

ピカリン、チクリン、がんばれ!

今、ブログで交流している母たちの子供同士が、将来偶然どこかであって、そんな気持ちを共有し合える友人になれるといいなあ。

投稿: タケ | 2008-07-25 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« たけ夫くん精進中 | トップページ | ここのところの生活点描 »