« 化学物質の少ない畳をどうやって入手する?(我が家のパートナーを見つけた?) | トップページ | 今日は、我が家の・・・ »

栃の実は食べられる?(地元の特産物とアレルゲン)

最近のニュースには、食べ物の「汚染」や「偽装」その他、体に影響を及ぼすかもしれない「悪いこと」のニュースばかりで、ほんと、やりきれなくなります。

これだけ、ひどい状態が蔓延しているのだから、
「これらと、最近増えているアレルギーに関係はないのでしょうかね」
くらい、頻繁にコメントしても良いような気がする。
コメンテーターとなって、ひとこと、口を挟みたい人、いっぱいいらっしゃるんじゃないでしょうか。

 

 

という話は置いておいて、最近軽い話題が続きますっ!!

 

先日、機会があって、和菓子製造職人さん(個人の和菓子屋さん)とお話する機会がありました。

みなさんは、「栃の実」って、知っていらっしゃいますか?
ここの地元では、「栃の実」を使ったお菓子が多いんです。

Img_0170 ←昨日のお菓子屋さんのお菓子。とちの実だんご、とちの実まんじゅう、とちの実かりんと。

ほかに、別のお店でも、とちの実大福とかいろいろ。

 

和菓子の方向に、お菓子の楽しみを追求している我が家にとっては、この「とちの実」は我が家の子どもたちにとって、オッケー食材なのか?というのが、悩みでありました。

なんといっても、アナフィラキシーを起こす「クルミ」を筆頭に、ナッツ系は、かなり危ない。
栗も一度蕁麻疹を出しましたが、それは、「栗」自体が悪いのか、「製品」が悪いのか分からなくて、でも、「警戒心」を抱かせるには十分だったりして。

よく、とちの実のお菓子をいただくのですが、我が家は心配で、子どもたちには食べさせていませんでした。大丈夫なのかな~・・・・、本当は食べられるのかな~・・・。と、いつも言いながら。

たけ夫いわく
「でもさー。調べると、クルミはアレルゲンで書いてあっても、「とちの実」は、書いてないんだよね~」

じゃあ、大丈夫、ってことになるのかな。

 

 

大体、とちの実って、なんなのさ。

お店にあったのを見せてもらいました。

こんなのでした。鶴岡市内の別のお店(今検索して初めて知った)のページ

 

お菓子屋さんによると、昔は「餅屋」があって、普通のもち米のもちのほかに栃の餅も普通に売っていて、栃といえば「餅」だったそうです。お菓子にされ始めたのは最近のこと。

で、栃というのは、全国的に自生しているが、それを食用にするかどうかは、地域差があって、食べるところと食べないところとあるそうです。
私見ですが、貧しい地域は食べている、という傾向があるのではないかと・・・。

 

さて、表題の問題の考察にいきましょう。

この、あくの強い「とちの実」が、アレルギー体質に良くない、って感じはすごくします。

しかし、アレルゲン表には載っていない。
それは、それが一般的な食べ物でないから!にすぎない

こんなところでしょうか。

こちらでは、あたりまえの(?)魚「カナガシラ」が一般には知られていないのと同じように。

 

頻繁にこの地域で見る「とちの実」の文字。

でも、一般的でないだけで、実は、ナッツ系のアレルゲンである!かもしれない。

つーことで、やはり、うちの子達は、とちの実から遠ざけられることになりそうです。

 

地域の特産物が、自分の子のアレルゲンであるかないか、って、難しいものがありますね。

ちなみに、こちらでの昔ながらの食べ物、映画「たそがれ清兵衛」にも出てくる「棒だら」および「からかい」は、魚の油の酸化が気になるも、じっくり煮込むし、昔から食べられているものだから大丈夫なんでないか?と、宮城のK医師におずおずと「摂取許可申請」をしたところ、「あれは(←やはり博識。ご存知か)、たんぱく質が手に入りにくい貧しいころの食べ物で、油も酸化するし、今、無理に食べなくてもいい」と、即座に却下。

はい。そうですね。クスン・・・・

|

« 化学物質の少ない畳をどうやって入手する?(我が家のパートナーを見つけた?) | トップページ | 今日は、我が家の・・・ »

アレっ子育児」カテゴリの記事

コメント

最近助成金情報などを暇なときに見ていたりするのですが、「野菜、果実中のアレルゲン定量法の開発」という研究に助成金支給決定されたのを見つけました。食物アレルゲンの増加の対策にするために研究するそうです。
大阪の研究所なんですが、同じ研究所で、ヒスタミン分析の開発にも助成決定ありました。
この研究所の所員はアレルギーに関心高い人が多いのだろうか・・・。
成果が気になるところで、栃の実のアレルゲンとかもわかるようになるかもですよね。

偶然、この前山登りした際に息子が拾った実、なんだろうとおもってたらタケさんの記事見て栃の実だと気づきました!
虫さんが中でお食事なさってたようなので、息子は捨てないとがんばっていましたが、持ち帰って翌日保育園で披露した後、処分してもらいました^^;
息子もあくが強いものって反応でやすいです。

ちなみに私の祖父が畳職人でした。
おじいちゃんが口霧吹きで作った畳はだいじょうぶだったけど、普通の畳の部屋に長時間いると涙がでてきます・・・。
なぜに化学薬品ばかり使うのかなー。
あとから体に影響でるってわかりはじめてるのに。
結構、自分の子供がアレッ子でも商売とそれは別って人が多いように感じます。
もっと考えてほしいけれど、無理なのかな。
せめて、過敏な人への別提案を用意できるようにどんな分野でも考えてほしいです。

長々失礼しました><

投稿: オビママ | 2008-10-02 12:49

@タケです。

保育園の話で思い出しました。

うちの保育園、どんぐりで、どんぐり団子(どんぐり餅のようなもの)をつくってました。
これも、た、食べられるのか?!・・・って不安に思って、小さいの1個だけ(といってもみんなもそんな程度)食べさせてみたら、大丈夫だったけどな~(くわばらくわばら)。
この保育園は、イナゴ取り(行事)をして、イナゴも糞出し→佃煮にして食べてました。虫は大丈夫なのか?!農薬入りの田んぼで育ったイナゴ(といってもイナゴがいられる程度の農薬だが)はどうなのか?!と、これまたビクビク少しだけ食べさせて、大丈夫だった・・・。

むずかしい・・・

面白い保育園は、おもしろいけど、難しいこともいっぱいある・・・
難しいことはかんらとやりこなし、面白いことをいっぱい楽しみたいものですね!!

投稿: タケ | 2008-10-02 13:11

栃餅食べたことありますよ~
子どもの頃ですが。
この頃はまだ、米食べても
無症状でした(遠い目)。
寒い地方出身の方に頂きました。
味は美味しいと思ったんですよね~
チョットクセがあって、それが
たまらん!て感じでした。

郷土の味!といえば、私の場合は
川魚なんですけど、臭みを消すためには
どうしても大豆系調味料が必要で、
大豆アレっ子のいる我が家では難しい
食べ物です。
一度キヌア醤油とキヌア味噌で作ったら
以外に美味しかったのですが、
娘、川魚にアレ反応(爆
しかも夫は、食物として見られないとか
ヘタレなことを言いやがるので、
一度っきりの味でした(涙。
どうも川の下流域で育つ魚はダメっぽいです。
だからか、内湾産も反応します。
上流域生息魚は、養殖でも大丈夫なんで、
娘のアレルギーは環境汚染のせいも
あるんだな~と実感してます。

投稿: ゆうこりん | 2008-10-02 14:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 化学物質の少ない畳をどうやって入手する?(我が家のパートナーを見つけた?) | トップページ | 今日は、我が家の・・・ »