« 遅れています・・・ | トップページ | ピカチク語録(食べられないものを差し出されたときの気持ち) »

「モノが食べられなくても・・・」?

先日、

チクリンのサッカースポ少のメンバーでの懇親会のこと。

還暦を迎えた監督が言いました。

 

「チクリンのかあちゃんや。チクリン、アレルギーがあって、食べられないものがいっぱいあるろ? でもや、足が、あんだけ速いよな! これはどういうことだろう、と俺は考えるわけ」

 

チクリンは足が速い。
同じサッカーの5年生の中ではダントツである。
私も陸上部で、足は速かったので、これは遺伝的なものもあると思う。

そしてこの監督。
前に、「通じない人」という記事を書いたことがありますが、
まさに、この監督は「通じない人」に入ってくる人で、
いい人なんですが、とにかく、アレルギーうんぬんの前の前の前のところから話さないと、わかんないだろーなー、
それに、自分より若い女の人に「教えられる」とか、好きじゃないだろうなー、
と思うので、
アレルギーの話は、私はいつも、流すことにしています。
せいぜい、ヒトコト二言、説明するにとどめることにしています。

監督の認識の中では、
「チクリン=アレルギー=食べられない=体が弱い」
となっていたようで、
他人にも「この子は体が弱くての」なんて説明しているのを、チラリと聞いたことがあります。

 

 

「思うわけ・・・」

のあと、

どう話が続くのか、と思っていたら

「他の連中はよー、何でも食ってるわけじゃん、肉だのなんだの、って。
それが、みんな、チクリンに負けるの、ってどういうこと?!」

 

このあたりで、アレルギーっ子を育てている方、食に健康的なこだわりを持っている方は、いろいろ頭の中でぐるぐるしていることでしょう。
私も当然、ぐるぐるしていて、一個くらい言おうと思いましたが、黙っていました。

(監督も、チクリンが体が弱い子、虚弱な子、という認識は変わったようだな・・・!)

というところを、進歩としてまず評価!
とりあえず、その他のことには、目をつぶろう・・・

 

 

「かあちゃんの、チクリンを思う気持ちが、ああして現れているんだろうなあ。熱情がヨ。
そんでさ。
あんだけ走れるんだから、
もう、何でも食べられるんじゃないか?!」

 

 

おー!

そうきたか。

「あはは」

とあいまいに笑って、おしまいのタケ氏。

酒の席ですし、くそまじめに話してもね。

だんだんに分かってもらえればいいよ、監督。

アレルギーがあっても、運動能力に関係ない、って分かったよね~?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

Img_0380  

昨日の3枚の扉のうちの2枚の部分。

解体が進み

奥の風呂は取り外されています。

|

« 遅れています・・・ | トップページ | ピカチク語録(食べられないものを差し出されたときの気持ち) »

アレっ子育児」カテゴリの記事

コメント

肉を食ったら足が速くなるんなら、アスリートはみんな肉食かっつーの!とPCの前でツッこんでみました。
私は足が遅いのですが(つーか運動オンチ)、食べ物のせいで…とは考えたことなかったなぁ~。ぷぷ。
ちなみにウチの二女アレっ子も大食いなのに小柄なので、ジジババには「病気(!)があってかわいそうに…。」みたいに思われています。しかし、実は小児科医のお墨付きで「強い」んですねー。やっぱ、ちぃとぐらい風邪引いても、まったく食欲落ちないし、非アレの姉よりいろいろなものを食べるし!
むしろ肉(うちは食べていますが)より、野菜をちゃんと食べている子の方がバランス良くてじょうぶなのでは???と思っていますよー。
添加物とかの少ない生活も体にいいしねー。

投稿: むう | 2008-11-03 09:40

っていうか、超有名スポーツ選手って
食アレ含むアレルギーとか、ひどい偏食
(私はアレルギーを疑ってる)の人、
多くないですか?
監督なのに、それを知らんのか?と
突っ込んでしまいましたよ。

今度、笑って(←ここポイントです)
現在自称「旅人」の元プロサッ○ー選手は、
主食がお菓子ってくらいお菓子ばかり
食べてるそうですよ~
(現に今、お菓子のプロデュースしてるし)
と言ってみるとか・・・
ムキになって反論されますかね???

投稿: ゆうこりん | 2008-11-03 12:38

ゆうこりんさんのコメント読んで驚き!
そうか、あの旅人の人はお菓子食べてたのか…

そうそう、最近だと体操の銀メダルの子
試合中にもチョコ菓子食べてたそうですが、
野菜とか全然食べないらしいですね。
チョコだけであんな筋肉できるもんなんだ~
と思いつつ、ダイエットしてるであろう
体操女子のいるところでチョコ食べる姿なんて
見たらものすごいイラつくだろうなーと
余計な心配をしていました。

やっぱり食べ物は、しかるべきものを
しかるべきところで食べるべきだとも思いました。

タケさんの、相手と場所を考えての発言方法も
大変参考になりました。大人だわ、タケさん♪

投稿: まめ | 2008-11-04 21:13

@タケです。


チクリンが、サッカーに入るとき、ベンチに座って練習を見ている監督の隣に座って話をした。
「アレルギーっていうのがあって・・・」「で、泊まりの試合のときとか、迷惑かけるかもしれないし・・・」「それでも大丈夫ですかね?」と、聞いた。
そのときの監督は「大丈夫」って言ってくれたけど、とんでもない子(もしくは親)が来たなー、と思っていたんじゃないかな。
でも、私は心の中で「でも、監督。どういう形でかわからないけど、たぶん、きっと、チクリンは、このチームのお役に立ちます!」と、自分に言い聞かせるように思っていたと思う。

監督はね~。愛すべきキャラ。
子どもに対する目配りや、「小学生にどうサッカーを教えるか」という点に関しては、本当に、ピカイチ級なんだろう、と思う。(よくわからんが)
だいたい、何十年もボランティアで、仕事の傍らサッカーを教え、鶴岡市内の少年サッカー全体を牽引しているような人だから、それだけでも、エライよなー!と思う。
でも、なんというか、たぶん家事は全般にダメ!セクハラなんて言葉の意味は知らない!みたいな、いるよね?そういう「おじさん」。そんな人なんです。
こういう人は、
ほんとうにアレルギー話が「通じない」んで、いっぺんに理解してもらうというのはもちろん、全体の8割方は理解してもらう、ってーのもあきらめてんだよなー。

ここまで「会話」するのに2年半。
本当に「いつかこうなったらいいな」と入団当時思っていたのレベルなんですよねぇ、これでも。hahaha・・・。

チクリンが強いのは、
「良いものを食べているからですよ!!監督!!」
と、
言いたいっす!!
広いサッカーグラウンドで叫びたし。

・・・・でも、お菓子ばっかりでも、強いのか・・・。ぬ。

投稿: タケ | 2008-11-08 15:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遅れています・・・ | トップページ | ピカチク語録(食べられないものを差し出されたときの気持ち) »