« 今日は、ピカリン受験 | トップページ | いつも春に思い出すこと »

生徒会長はアレルギーっ子

チクリン君

いわゆる「生徒会長」的職務につくことになりました。

立会演説とか選挙とかなくて、ほぼ、先生のご指名です。(ほぼ)

 

チクリンは、前に立って大きな声でみんなを「指示」したりするのが、苦手。
そういう仕事がサイコーに嫌みたいですが、
しぶしぶやることにしたようです。

チクリン 「でもさ、放課後、委員(生徒会のようなもの)の人には特別に、って言うんで、今学校敷地内に建設中の、児童館の中を見せてもらえたんだよ。でも・・・・、くっせーーー!かった

 

 

がびょーーーーん

 

化学物質(有機溶媒?)臭いという意味ですね。

 

以前、チクリン君が小学校3年生のとき、「責任職」と「アレルギー児の自分の仕事」と重なっててんてこ舞いした話(これです)を書きましたが、
また、何か似たようなことがあるんだろうかなぁ。
生徒会長の仕事と、アレルギー体質のハザマで悩むことが・・・。

その児童館の落成式に、児童代表でチクリン挨拶とか、あったりして!(十分考えられる・・・) 新築の臭いぷんぷんであろう・・・。
リーダー研修、とか、あったかな? それって泊りだったか?

よくわからないが・・・・

 

ということで、

今年は、ピカリンが高校生、チクリンが小学校生徒会長ということで、
また、新たなアレルギーライフを展開しそうです。

人はそれぞれの生き方があって、子どもから大人になるにつれその子の「生き方」が徐々に現れてくる。
スポーツ選手で泊りが多い人生になりそうな人は、子どものころから、そんな泊りが多くなってくるだろうし、
外国暮らしをしそうな人は、小さい頃から、そんなきっかけがあったりする。
チクリンは、いろいろとリーダーをしなくちゃならない機会が多い、そういう人生になるかもしれない。
それなら、やっぱり、責任職とアレルギー対応の関係をちょっとずつ学ぶことが大切になるのだろう。それが、チクリンなりに展開していく人生の「練習」になるんだろうなぁ、などと思っています。

それを、親は少しずつ助けて、一人で生きていけるようにしていくのが仕事なのだろうなぁ。

|

« 今日は、ピカリン受験 | トップページ | いつも春に思い出すこと »

アレっ子育児」カテゴリの記事

コメント

チクリンくんの記事を読んでいると、いつも長男がこれからどう過ごしていくのだろうか…と考えさせられます。
きっと、タイプは全然違うのですが、(長男は前に出て行きたいタイプなので…)
学校生活とアレルギー体質をどう両立させるか、
もちろん、私はサポートしかできないのですが、
本人なりに、対応していける日が来るのかなあとあれこれ想像しています。

ピカリンちゃんの給食代替も本当にお疲れ様でした。
私などは、まだ幼稚園から数えても4年目、
苦しくて涙が出ることはもうなくなりましたが、
この先、あと8年と思うとまだ気が遠くなりそうです。
振り返ると楽しかった思い出ばかりになるように、
もう少し必死に頑張ってみたいと思います♪

投稿: たんぽぽ | 2009-03-18 00:00

あぁ、タケさん。
これ読んで、胸がスーッとしました。

「そういう生き方なんだ」と思えば
何か困難があったとき、そこで終わりにしないで
そこからどうするか、ちゃんと考えることが出来ますものね。
あぁ、タケさん。ありがとうございます。
これからもがんばって生きていけそうな気がします。

そうそう、息子もね、プリスクールで言葉の通じない事で
もどかしさを感じているようです。ふふ。私と一緒。
3歳の娘も無口なようです。そもそも日本語通じないし
英語しゃべれないし、いまは辛抱の時期なのかしらね…

チクリン君、生徒会長かー!がんばれー!
なんか地区の代表が集まって合宿とかあるよねぇ、確か。
他の学校の人と一緒にさ。
で、中学とか高校で「あの時一緒だったよね!?」みたいな。
まわりでそんな話をよく聞いたような。(私は無縁)

タケさんのところも暖かくなってきたでしょうか。
ぴかりんちゃんの卒業、入学のことを考えたら
急にそわそわしてきました。
また近況お聞かせください。

投稿: まめ | 2009-03-19 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日は、ピカリン受験 | トップページ | いつも春に思い出すこと »