« アレっ娘の青春グラフィティ | トップページ | アレっ娘の青春グラフィティ(調理実習編) »

工務店さんたちに、化学物質過敏(CS)の話をしてきた話

Photo

(帰り際に撮りました。会場に入っているときは、心身ともに写真を撮る余裕まったくなし)

←今年の会場が鶴岡で、事務局に仲良くしている工務店さんが入っていたことから、
「タケさん、『予防医学と住宅の関わり』っていう分科会にパネラーとして、出ね?」と誘われ、
「お引き受けさせていただきます」と言って、参加してまいりました。

ネタは、言わずもがな「化学物質過敏」の話で、1年前のリフォームを軸に話をさせてもらいました。

前にも書きましたが、引き受けた理由は、「建築業者さんの前に出ることが大事」と思ったからです。

流れ的には、
家族の紹介(ここで、ピカチクは虚弱児ではなく健康である!と、強調)、
化学物質過敏とは何かの話(予防も治療も原因物質を避ける以外にない、ということと、揮発性物質が一番怖いということ。それから、やっと「病名」として認められたが、医者も患者もわからないことだらけである、という説明をしました)
それから、具体的にリフォームでどう気をつけたか、を、話しました。(季節とか、工事の順とか、素材選びとか、工務店さんのどういった配慮が嬉しかったか、とか)

依頼されてきた工務店のOちゃんからは「ひとりでも、ふたりでも、タケちゃんの気持ちが伝わることが大事だろ?」「工務店てね、ほとんどは、大手メーカーのいわれたままに作るだけで、一般ユーザーの人と会ったことも無い、っていう人が多いんだよ。だから、ユーザーさんの話しを聞く、ってだけでも大事なの。」「こういう人がいて、こんなにも気をつけながら生活しているんだ、って事が伝わるといいと思う」などなどアドバイスを受け、
上記のような話にしたんでした。

私としては、

化学物質過敏の人が、本当にいる、って知ってもらうことと、

超基礎的な知識。

それから

CSの人にとって、どんな方法や素材がいいのか悪いのか、というよりも、
コミュニケーションをとって欲しい。
それが、不安で孤独なユーザーを救うし、
互いに話しながら、よりベターを追求して生まれた家には、クレームはない。何か問題があるとしても、それは、「次の課題」と捉えられる。そして、こうして作られた家は、居心地がいい、暮らしやすい。
それは、CSだけでなく、どんな病気を持っている人の家にも、言えることじゃないかな、

なんてことを伝えよう、と思っていました。

 

質疑応答の時間に、
沖縄からいらした業者さんが、
「実は、今、お客さんに化学物質過敏の方がいる。住宅に使用する材料を『これはどうですか』と手渡していたんだけど、それはやってはいけないんじゃないかと、今すごく反省しているのですが、どうなんでしょう」
と質問されました。
(ここで、「おおお・・・」という会場のどよめき。CSの人、ってやっぱいるんだ!といった感じのどよめきでした。)

「化学物質過敏は、原因物質もその症状の出方も程度も千差万別。答えは無いから、『こういう風に考えていますが、どうでしょう?』と、聞いてあげてください。サンプルを見ただけで発症してしまうからと断る人もいれば、うちのお父さんは大丈夫だから、お父さんに見てもらうわ、サンプルを下さい、という人もいると思います。いいと思ったものを提供する、というより、こちらはこう考えている、という自分たちの事情を、メーカーもユーザーも出し合って、自分たちにとってのベターを選択していくことが大事だと思います」

と、答えたんでした。

 

そんでさー!!

ピカリンが、化学物質過敏であると診断されたときの話に、リアルさを入れようと思って、
石川医師(北里研究所)の言葉を引用して「おかあさん。この子はね、大変な努力をしていますよ。回りからはわからないかもしれないけれど、大変疲れていると思います。あまり怒らないであげてくださいね」と言われた、と、話しているとき、
ガッデム!
涙声になっちって~~~~!

嗚呼嗚呼嗚呼あーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!

また、やってもたーーーーー!

です・・・・。

みんな、びっくりするじゃんよ・・・(T T)。

そんで、だから一生懸命聞いてくれるんだけど、
やなんだよ~、そういうさ、涙で人を釣る、みたいなのっ!!

と、

自分では、自分にグオーッ!!と憤懣やるかたないが、

私の話は、「大反響だった!」「午後の分科会の発言の中にも、タケさんの話を聞いて考えさせられた・・・って、発言が多かったんだよ!」と、工務店のOちゃんが言っていた・・・。

 

なにか、少し影響が与えられたのなら、良かったな・・・

と・・・・

 

連日、自分にご褒美をあげまくっているので、
そろそろ、自分を甘やかすのをやめようと思います。

|

« アレっ娘の青春グラフィティ | トップページ | アレっ娘の青春グラフィティ(調理実習編) »

化学物質」カテゴリの記事

改築工事など」カテゴリの記事

コメント

↓祐寛マダム懐かし~~!一条ゆかり♪え?それじゃなく?

自分にご褒美いいじゃないですか!
自分を甘やかしてもいいじゃないですか!
「自分にありがとうと言ってみる」のは有効な処方箋だとどこかで読みましたよ~(^◇^)
パネラーおつかれさまでしたー!!

投稿: eri | 2009-11-09 19:43

パネラーお疲れ様でした。

これで年末を前にひと段落かな。
他所に何か影響を与える・・・そのパワー尊敬します。

この際、ど~んとクリスマスプレゼント!
自分にご褒美あげちゃってくださいnotes

投稿: ハナママ | 2009-11-10 20:46

気持ちを伝えるって大切ですよ♪
涙声良かったんじゃないかな。

私は県の教育関係者向けの研修会で話したとき、逆にさらっとしすぎたとご意見いただきましたので。。。
ある出版社の方がサークルに見学に来た時に、はじめて来たお母さんが涙ながらに食アレのことを語ったのがびっくりだったらしいです。
私たちからすると皆そこを通りぬけて、ここにたどりつくのよと思いますけどね。
その出版社から「保健室で読むアレルギーの本」が出ますがお陰で、
初校見ましたが子どもたちの気持ちが反映された良い本になりそうです。
機会をいただければ何でも受ける、その姿勢を我が家の子どもたちが見ていてくれるといいんですけどね。

投稿: どんぐり | 2009-11-11 22:48

@タケです。

eriちゅわん、ハナママさん、どんぐりさん、コメントありがとうございます!

どんぐりさんも書いていることが、そのものズバリ、というか・・・聞いているほうとしては「お涙頂戴」的な部分が一番ウケるんだろうけど、私たちとしては、決して、そうじゃないわけじゃない?
実際、この分科会の発言の中で、「一般パネラーの方が、大変ご苦労されているのを聞きまして・・・」という発言もあってさ。
「大変ご苦労?ご苦労してないヨ?」みたいな・・・
なんか、「不幸の塊!」みたいなの、嫌ですよね~~~。私なんか、かなり幸せいっぱいの部類だと思うもん。だからさ、説明は「さらっ」とするのが私たち的にはフツーなわけだよね。
でも、涙声になっちゃうのは、簡単にはくくりきれない、いろんな複雑な感情があるからだろうケド・・・。
はぁ~・・・。その場の雰囲気に乗って、即興で「リアルさ」の部分を付け足したら、そんなことになっちまったわけだ!
くわばらくわばら。
そんな日々を過ごしているうちに、そうか!ハナママさん、クリスマス、ってもう目の前的?! たけ夫に何か頼みたいが、普段から頼みすぎてるから、難しい。
eriちゃん、「何を」読んだのだろう・・・と、ふと考えたら、私にも心当たりがあった!!
でもさ~
今回の発言(20分)は、自分の頑張りというより、たぶん、このブログを通じて、みんなと語り合っていたことの成果だと思う。リフォームしたときに寄せられたみんなからのコメントも、部分的に紹介させてもらいやした!みなさん、ありがとうございました・・・!

投稿: タケ | 2009-11-13 11:46

ご苦労様でした。そんでもってありがとうございました。

とっても大胆な提案をさせて頂いた工務店のOです。
ちなみに血液型も見たとこもOです。(笑)

今回は、タケさんに頑張って頂きました。といっても
自分も自分の分科会があって聞けなくって・・・
とても残念な思いをしているのですが、周囲の反響が
大きかったので、それで良しと感じています。

自分も含め、世の中には自分が体験していないことや
わからないことが多いので、たくさんの事を何らかの形で
知っていくっていうか知ってもらうって大事じゃないかと
思うのです。なので、そんな機会があればバンバン出て
もらうと、そこからまた輪が繋がっていくんでは・・・。と
自分なりの考えで、タケさんを巻き込んじゃったわけです。
でも、ほんと大成功。happy02

あっ、そういえば先日習得した庄内弁。
『ん~め、かんするぅ~』(美味しい香りがする)は
ちゃんと使ってみましたか?

そのうち、反省会しましょ。beer

投稿: もの好き | 2009-11-13 19:53

@タケです!

もの好きさん、コメントありがとうございます!

本当にお世話になりました!
私は、ああいう集まりに出席したのは初めてだったので、よくわからないのですが、
きっと、一般ユーザーをパネラーに置くこと、しかも、いつもとは畑の違う化学物質過敏を喋るユーザーであることは、きっと一歩間違うと「大爆弾」だったんだろうなぁと思います! 私なりに、気をつけて喋ったつもりだったけど・・・。

始まる前、Oちゃんや、他のスタッフから、「フン!って顔をしている人のことは見ないで・・・」とアドバイスを受けていたので、はじめ、あまり聞いている人のことを見てなかったのだけど、途中、ふと見たら、みんなものすごく真剣な顔で、体を乗り出して聞いてくれている人もいて、「わぁ・・・」っていう気持ちで、つい、調子にのっちゃってぃ・・・

でも、とてもよい機会を与えてくださってありがとうございました。
話を聞いてもらえたのもそうだけど、
自分の内面でも、人の前で「このこと」について、きちんと話せた、ってことが、大きな一歩になったなぁ、と感じています。

「ぅんめかんするのぉ~」は、きっちり使ってるよ!
これまた、そのうち、家の外に向かって発する予定(笑

投稿: タケ | 2009-11-20 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アレっ娘の青春グラフィティ | トップページ | アレっ娘の青春グラフィティ(調理実習編) »