« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

できることは、少ない

夜、夫が一人でリビングでテレビを見ていて

「こんにちはぁ」と、ACのCMに返事をしているのを目撃してしまったら

みなさんなら、どうしますか@タケです。

 

By the way.

夕飯のとき

タケ 「今日、東庁舎の避難者相談受付に行ってきて、チラシおいてきた!」

タケ 「そしたら、本庁舎の6階の危機管理課で緊急会議が開かれるから、そこにチラシを持っていけば、配ってもらえるよ、って言われたんで、もって行った!」

タケ 「そんで、各避難所に配ります、って言ってもらえた!」

たけ夫「すげぇ~~!」

ピカ 「・・・・・・・・・・。それで。それで今度は何をしよう、ってーの、あなたは?」

去年、突然一人でニューヨークに行くと宣言して(実行して)以来、家族からは「何をするのかわからない女」という目で見られていることを感じる。

 

鶴岡に避難している人が600人強(自治体でつかんでいる数で)と聞いて、
万が一、生活上の制限が必要なアレルギーの子がいたら・・・
と思って、
連絡先を書いたチラシを作っておいてきたけれど、
今日は連絡はありませんでした。

公的避難所にそういう人がいるとは考えにくいけど、

でも、

万が一・・・

 

自己満足かなぁ、って思ったりもする。

でも、

やらないと後悔する!という気持ちの方が強かった。
ブログでの反応も、地元でのアレルギー子育てML のみんなの頑張りも、気持ちを後押ししてくれた。(ありがとうございます)

後で自分の作ったチラシを見直すと、
文面とか、後悔することがいっぱい・・・。

 

でも、行政の人数人が目を通してくれただけでも、良かったんだろうか。
アレルギー対応にとって。
と、やっぱり、自己満足しているのでした。

| | コメント (2)

アレルギー救援物資を求めている人探し

昨日の真夜中にコメントを残してくれた 米工房ひろおかhttp://shop.komekobo.jp/のぐ~たら母さんより、詳細を聞きましたので、整理して記事にあげたいと思います。

 

状況把握などの疑問点もあると思いますので、長い記事になるかと思われます。

以下の5つに分けて記事を書きますので、
必要なところを読んでください。

1.NPOみれっとhttp://www.saitamacity-shokuiku.jp/gnks14/mypage/index.php?gid=G0000008からのお願い。(この記事の主目的)

2.米工房ひろおかとタケ氏の関係

3.アレルギーっ子救援物資は、今、どうなっているか(知っている範囲で)

4.その他の救援物資も、今、どうなっているか

5.まとめ

 

・・・・・・・・・・・・・

1.NPOみれっとからのお願い

NPOみれっとは埼玉県にあるアレっ子親の会です。(タケ氏は埼玉県出身)
ここに、アレルギー関連会社等からアレルギー対応救援物資が届けられていますが、
それを必要とする人の把握が困難なため(理由は3で)、
個別情報で良いので、アレルギー対応食品等が手に入らず困っている人がいないか教えてほしい、いたら、その人と連絡を取りたい、ということです。(一本釣りです!)

連絡先は 米工房ひろおか tel 048-882-2942
                 fax 048-886-0937
                 E-mail 
shop@komekobo.jp

もし、アレルギーっ子を抱える親本人が連絡を取る場合、ファックスやメールのときは、
連絡のつく電話番号・携帯番号、住所を書いてもらえると助かるそうです。
宅配便も動き始めたし、宅配便とは別ルートで配達できるかも知れず(いろいろネットワークを持っている)、「どうせダメさ」と思っている方、連絡ください。

(広岡さんは、みれっとの代表ではありませんが、代表の久間さんにはさまざまな連絡が集中し、身動きが取れない状態です)

 

2.米工房ひろおかとタケ氏の関係

ひろおか夫妻(タケより少し年上)には、さかのぼること30年前、高校時代にお世話になりました。
夫妻が恋人になるところまで・・・も少々付き合ったりしてました・・・( ̄○ ̄;)!
つまり、個人的知り合いです。
その後、あまり連絡を取り合わなかったのですが、ひろおかさんちの子(現在20~25歳)が除去食が必要なアレルギーっ子で、わたしもピカが生まれてから連絡をまた取り始めました。
ひろおかさんが子育てしたころは、「除去」自体が非常に異端視されている時代で、「食べないなんて馬鹿じゃね?」的なことを「専門家」からも言われる時代でした。
そんな中、回転食や代替食の工夫などをこなし、ひろめてきた、大先輩です。
しゃべると、のったりしてて、見かけもすこぶる若いですが・・・(^^ゞ

そういう関係もあり、もともとの家業の米屋に加えて、アレルギー食材も扱っています。
「タケ氏を知っています」と言うと、商品は安くはならないと思いますが、スマイル(\0)くらいはサービスされると思います。

 

3.アレルギーっ子救援物資は、今、どうなっているか(知っている範囲で)

このブログでも、情報を上げている通り、
仙台のアレルギー食品取扱店(ヘルシーハット、坂病院、角田アレルギーくりにっくなど)
で、入手できる状況はありますが、

1.先日までは、宅配が無理だったので、足を運べない人には物資が届かない(という声が実際あり)
今も、ガソリンなしで動けない&ネット環境にない人は、注文ができず物資が届かないと思われる

2.仙台多賀城方面以外の困っている人の情報がつかめない

3.アトピッ子地球の子ネットワークさん、ヘルシーハットさんなど、懸命に動いているが、品物・情報が集中しすぎて、回らない
よって、各NPO(アレっ子の会)は「独自に動いてくれ」と言われている、および、言われる前にもうこれ以上を要求するのは無理だろう、と思われる

4.しかしながら、自力でアレルギー食品等を調達できない人がどこにどうしているのか、さっぱりわからない。個人の情報をつなぎ合わせて、一本釣りのようにして、届けるしかない状態。

これを読んでいる皆さんは、お分かりかと思いますが、
避難所で配られる「パン」「カップめん」「スナック菓子」を見て、冗談じゃない、今こそ動かなければ!という思いを持っておられるアレっ子保護者は多いと思います。

ぜひ、一本釣りアレルギー物資を求める人情報集約に協力してください。

TVでは大々的にさまざまな救援活動が伝えられますが、
実際は、こういう動きです。
以下、タケが知りえた救援物資の実際情報の一部を紹介します。

4.その他の救援物資も、今、どうなっているか

タケ氏は仙台の人が中心に参加する起業家のメーリングリストに参加しています。
起業家の集まりなので、エネルギーのある人ばかりで、このたびの震災においても、みんな被災しながらも、全力で復興・支援の側に回ってがんばっています。

情報のやり取りの中で「上村愛子さんたちが集めた毛布が○枚我が家に来たが、ガソリンがなく、届けられない」「スキー連盟から、スキーウェア等防寒服○着が我が家に来たが、輸送手段がない」(○は100の単位)「民間企業から、あるNPOを通じてヘリコプターを貸し出す申し出があったが、使い道がわからない。誰か必要ないか?」等々・・・。他にも「どこが必要としているかわからない」の情報が飛び交っています。
そこで、一番多く採られるのは「ここでやっているから、必要な人は来てね」というやり方です。

「自衛隊にいったら?」「自治体に持っていったら?」という話もあるとは思うのですが、
実際の情報網は、こんなふうに、最終的に個人の裁量にまかされている部分が多く、その個人が動けないと、まったく届かない、といった状況で、支援側も多くが試行錯誤の状態です。

アレルギー関連だけでなく、全てそんな感じなようです(私もはじめて知りましたが)

「届ける」「届けきる」それも、身動きが取れない人に。

そこが一番難しそうだと感じています。

 

5.まとめ

ということで、
「届けきる」ことが至上命題です。

物資は集まってきています。
何とかしなければ、という温かい思いが、物資の供出という形になっています。

しかし、
必要としている人はどこの誰か、という情報の集約

どう届けるか?

が、やりきれていません。

アレルギー関連物資もそうかと思います。

隣のあの人、
友達の友達、
そういえば、そういう人がいたな!
という「つながり」が大事です。

 

事態は刻々と変化しているので、
2・3日後には、この情報も古いものになるかもしれません。

今、動いてほしいと思います。

 

どうかよろしくお願いします。

また、他にも情報ありましたら、
小さいブログですが、発信します。

無断リンクOKです。どんどんお願いします。

「やりすぎ」てもいいじゃないですか。メールなら検討の余地はあるも、ブログからの発信はやりすぎてもOKなんじゃないか?と、自分にも言い聞かせております。

また、前出のML(200人以上参加)に流すこともできると思います。

お寄せください。

情報提供くださった ぐ~たら母さんありがとうございました。
記事に「やばい」ところがあったら、ご指摘ください。

| | コメント (2)

物流のストップ

アレルギー対応食品を、被災した方たちの役に立ててもらおう!
と、思って、在庫を整理してみたら、あまりなく、
よく考えたら、
東北6県は一律物流ストップなので、
アレルギー対応食品を入手する手立てがない!(山形県には専門店がないので歩いていくこともできない!)
我が家のアレルギー食品も枯渇する状態だったのかっ!
ということにようやく気がついたタケ氏です。
(しっかりしようよ、こんなとき)

今日から、ヤマト運輸さんも山形方面の扱いを開始したということで、
(でも、ストップの情報も開始の情報も、HPをアクセスしないとわからないんだよね。テレビでも全然やらないし・・・)
ちょっとだけほっとしています。

東北は、物流ストップの影響がじわじわとあり、
山形庄内は多くを宮城県に頼っていたりもして、
地元ではまったく被災の痕跡が見えないだけ、
「こんなところも影響が・・・!」
なことがいろいろおこります。

塾で必要な本も入荷されないし、図書カードも入荷されないし、
ピカの使っているコンタクトも入荷されないし、
爺ちゃんがリフォーム予定だったユニットバスも入荷されません。
米粉もないよ。昨日行ったスーパーには。
改めて代替品を入荷するような価値もない、と判断されているのだろうなぁ。

細かいところで生活の変更を迫られております。

生きてはいられます。
アレルギー対応食品がなくたって、米と野菜(地場物)と肉(庄内は豚肉がいっぱい)があれば、大丈夫。
電気だって止まってないし、水道も大丈夫。
だから、まったく不安も不満もないし、焦ってもいません。
カップめんの買占めも、パンの買占めも、ヨーグルトの買占めも、
我が家には全然関係ないしね。

でも、生活自体にはいろいろ影響があります。
いつもどおりのことをしようと思うと、いちいち躓く感じです。

 

さて、今日は、
ピカ(今度高校3年生)の部活の顧問が二人とも異動となるので、お別れ会だそうです。私は出ませんが、お食事どころで飲んだり食べたりします。(←なんか微妙な企画だよな・・・)
ピカに
「何か作ろうか。何、作ろうか」
と聞くと、
「豚しゃぶがあるらしいよ。他に何かあるかもしれないけど、ウチ、もう大人だから、食べられないものがあっても大丈夫だから」
「でも、デザートとか・・・」
「うーん。帰ってから食べるから、ケーキとか作っといて」
「えええーっ!やだっ!」

そんな
大人になったピカリン。
私が被災者の方に役立てようと思って確認しておいた
アレルギー用インスタントコーンスープを
勝手に
封を開けて飲んでいました。
(残骸が台所のシンクのところに・・・・)

くーーーっ!!

 

※気の抜けた記事でスミマセン。あ~あ・・・

| | コメント (3)

アレルギー用救援物資(かくたこども&アレルギーくりにっく)

多賀城市 かくたこども&アレルギーくりにっくでも
救援物資を配っています。

サイト

http://homepage2.nifty.com/smark/

具体的な数が書いてあり、わかりやすいと思います。

(今朝のN○Kアサイチに、出ていたのかぁ!)

| | コメント (0)

アレルギー対応粉ミルクを

sizukuさんのコメントの一部を、あげたいと思います。
sizukuさん、ありがとうございます!
調達する地域での粉ミルクに不足にならないように、バランスよく、協力しよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

被災地NGO恊働センターという阪神大震災のときから活動しているというNPOを知りました。

『被災地NGO恊働センター』
http://www.pure.ne.jp/~ngo/
粉ミルクを届けようプロジェクト~アレルギー対応の粉ミルクを募集します!~

薬局でアレルギー用ミルクの在庫を見つけたら送ろうと思います。

(続きです)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アトピッ子地球の子ネットワークとも連携されたようです。
アレルギー対応食も受け付けるとのこと。
下記、ブログのコピーです。


粉ミルクを届けようプロジェクト
……………………………………………………………
アレルギー用粉ミルクを届けようというこの企画、
さっそく共感の声をいただいております。
本日、次のようなお問い合わせをいただきました。
「関東からこの『粉ミルクを届けようプロジェクト』に参加したいが、
神戸に送るのはもったいないから、関東に拠点はないか?」

これを受けて、東京の「NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク」様と
連携させていただくことになりました。
アトピー・アレルギーを持つ被災者への支援に尽力されています。
***********************************
NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-9-19-207
TEL 03-5948-7891 FAX 03-5291-1392
E-mail : info@atopicco.org
火曜~金曜 10:00~17:00
URL: http://www.atopicco.org/
************************************
関東方面の方が、被災地NGO恊働センターの
「粉ミルクを届けようプロジェクト」にご参加されたい場合は
こちらでも受け付けて下さいます。
粉ミルクだけでなく、アレルギー対応食提供などの
お申し出も受け付けておられます。

http://miyagijishin.seesaa.net/

| | コメント (5)

仙台・多賀城・塩釜方面のアレルギー対応食関係

ヘルシーハットさんからのメールを「そのまま」貼り付けます。

書かれているように、運送機能はなく、また、現場での混乱も予想されます。

アレルギー児の母はたくましいので、大丈夫だとは思いますが、
アンテナを高くはって、がんばりましょう。

・・・書いていて、自分自身の無力感にとらわれますが、
昔の仲間ががんばっていると信じています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ヘルシーハット 社長の三田久美です。


□++++++++++++++++++++++++++++++++□
※本メールは、当社をご利用いただいたことのあるお客様で、東北6県
(宮城・福島・岩手・青森・秋田・山形)にお住まいのお客様にお送りして
います。緊急時につき、会員登録をされていないお客様にも送信しています。
ご容赦下さい。
□++++++++++++++++++++++++++++++++□


このたびの震災により、被害に遭われた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。
とりわけ津波に被害を受けた宮古、釜石、大船渡、陸前高田、気仙沼、南三陸、
石巻、東松島、塩竃、多賀城、仙台、名取、岩沼、亘理、山元から福島浜通りに
いたるまでの沿岸部にお住まいの方も多くいらっしゃいます。連絡がとれず、
本当に心配です。皆さまのご無事を祈っております。

ヘルシーハットでは従業員は全員けがもなく無事でした。うまた店舗も工場も
倒壊することはありませんでした。片づけをして、12日より仮営業をしてお
ります。12日夕方に電気が復旧しました。営業再開のご案内が遅れましたこと
お詫び申し上げます。

電気の復旧が早かったため、当社オリジナルの冷凍食品は無事でした。
そのため、常温品も含めそれなりの在庫を持っております。


下記ホームページにて随時状況をご報告いたしております。
http://www.healthy-hut.co.jp/contents/news.html


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃現在の店舗営業について                                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
物流がストップしているため、現在のところ店頭に取りに来ていただくしかありま
せん。被災で大変なところとは思いますが、自転車等でご来店下さい。

【営業時間】9:00~15:00
     (本日までは17:00までの営業でしたが短縮いたします)

 ※ご来店の際には、念のため電話で営業をご確認下さい。
  電話 022-292-0355
  携帯 090-2991-3337(柳井)

 ※アレルギーの患者本人(またはご両親)以外の方に、ご来店いただく場合には、
  患者様のアレルゲンについてきちんとお伝えの上ご来店いただきますようお願
  いいたします。またどんな商品が欲しいかもお伝え下さい。

 ※商品を入れる買い物袋などをできるだけご持参下さい。
     

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃仙台近郊の避難所等で生活をされている方へ                 ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
・ご来店できる方は、お店までお出で下さい。
・各避難所の担当者に、食物アレルギー対応物資を要望してください。ただちに
物資をお送りできるかどうかは分かりませんが、要望を出さないことには困って
いる人がいることを認識してもらえません。何らかの方法で物資がお届けできる
ように手を尽くしてみます。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃多賀城・塩竃にお住まいの方へ                           ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
アトピッ子地球の子ネットワークからの支援物資(米パン等)が、坂総合病院に
15日夜に届いています(いるはず・・・) 物資に、食物アレルギー患者用と
大きく明記しておりますが、非常に混乱している状況で、荷物を受け取った担当者が
うまく荷物を処理できているか不安です。
そのため、避難所などの担当者に、坂病院に物資が届いていること、これを配布して
欲しいこと(あるいは取りに行けるかどうか)を尋ねてみてください。


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃遠方の方へ(通信販売について)                        ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 物流が、完全にストップしているため再開の目処はたちません。
 状況が変わり次第、メール又はHPでご案内申し上げます。



………………………………………………………………………………………
ホームページで随時、状況をご報告いたします。
メールのご登録がない方や、パソコンを見ることのできない方もいらっし
ゃいますので、お知り合いなどで食物アレルギーの方がいらっしゃいまし
たら、今回の情報をお知らせいただきますようお願いいたします。
………………………………………………………………………………………


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

アレルギー対応食品&カフェ ヘルシーハット

有限会社ヘルシーハット
〒983-0803 宮城県仙台市宮城野区小田原1丁目4-26
TEL.022-292-0355 FAX.022-292-0357
info@healthy-hut.co.jp

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/






| | コメント (1)

仙台のヘルシーハット開いています

仙台のアレルギー店 ヘルシーハットさんが開いているそうです。

月曜日から米粉パンも作りたいということです。

(ヘルシーハットの三田さん発→どんぐりさん経由→タケ着情報)

 

知っている方に声をかけてください。

| | コメント (4)

地震

揺れは大きかったのですが、

ここ鶴岡市の市街地は、停電もなく無事です。

通信機能が全国と同様、通じにくくなっているだけです。

が市街地外、近隣市町村は、軒並み停電中です。

 

それより、宮城福島などの知人友人が心配です。

何かできることを見つけたら、動きたいと思います。

| | コメント (12)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年4月 »