« 化学物質と放射能 | トップページ | チクリンは元気なのか・・・? »

ピカリン 東京へ行く?!

高校3年生になりました、理系女子ぴかりん。

この夏、デートに勉強合宿に、そして大学のオープンキャンパス参加と、17歳の夏全開バリバリ中です。

 

先日、ピカは「志望大学」(本当に?)のオープンキャンパスに東京へ出かけ、一人でお泊まりしてきました。(ちなみに医学部ではありません)
受験時も一人で行かせる予定ですので、ホテルはこれでよいか、食事は自分で何とかできるかなどの下見も兼ねています。(朝食に和食バイキングのあるホテルを選んだ)

うまいスパゲッティ屋(ウェイターやウェイトレスがイケメンであるらしい)を見つけてコーフンしたメールを送ってきたり、
改札の「出口」を出るのに、切符を買わなければと思い込み(素晴らしい田舎者ぶり)、駅員さんに聞いて、笑われながら親切にされて感動したり、
あいかわらずの、プラス思考の天然ぶり爆発で、楽しんできたようです。

先日、タケ氏の住む地域が、豪雨で洪水になったニュースをご覧になった方もいたかもしれないのですが(ちなみにタケの家は、被害は何もありません)、
実は、これで新潟経由の電車や国道が不通になり、ピカは帰って来れなかったんです。

「さあ、どうする!どうする?!どうするーー??!!」

というメールがピカから来て、ドタバタした挙句、結局Uターンして埼玉のばあちゃんちに泊まり、翌日仙台経由で帰ってきたのですが、

 

そんな彼女の、東京行脚土産話のオチは

ぴかりん
「東京で、何が驚いたか、って言えばサー、
一番驚いたのは、電車で、目の前の人が、湿疹も何もない肌なのに、おもむろに
リンデロンVGを出して唇に塗っていた
ことだよ」

そこか!?

あ~・・・、あんたは、生粋のアレルギーっ子だよ。フツー「リンデロン」って何か、わからないですから! 
(リンデロンVGはステロイド強度3の薬で、普通、顔には塗りません)

 

様々なアクシデントやスケジュールにもかかわらず、タフネスに過ごしてまいりやした。
タフに育ってくれて、良かった良かった。
それでは、勉強もほどほどに頑張ってください。

リンデロンを語るアレルギー児17歳の夏でした。

|

« 化学物質と放射能 | トップページ | チクリンは元気なのか・・・? »

アレっ子国内お泊り」カテゴリの記事

コメント

ピカリンちゃん、いよいよですね。一人暮らし希望ですか。タケさんがしっかり育てたピカリンちゃんですものきっと大丈夫ですね。チビもオープンキャンパス巡り中です。地域性なのか家庭的事情なのか外に出る気はまったくなし。
ピカリンちゃんの希望が叶う事祈ってますから、頑張ってくださいね!
リンデロンを語る・・・まさにアレルギー児!

投稿: ハナママ | 2011-08-22 22:19

@タケです。

ハナママさん。休眠状態のブログにコメント、本当にありがとうございます!

こちらは、オープンキャンパスも大旅行。「行く行かない」をめぐって、親子喧嘩を起こす家も少なくありません・・・。

震災後、近場の大学志向、が若干強まっています。
なんとなく、一人になりたくない、というような、家族のそばにいたいというような・・・と、言われています。
うちは・・・関係ナイ・・・
三者面談のとき、まず担任に親として聞かれたのは「どこの大学でも行かせて大丈夫ですか?」「卒業後地元に戻ってほしいという希望がありますか」でした。東京のベッドタウン出身のタケ氏。地方ならではの会話だなぁ、と思ったものです。

さてさて、どうなることやら・・・
です。
見守るしかなくなってきた親業。
がんばろー!(^^ゞ

投稿: タケ | 2011-08-23 08:09

はじめまして。まると申します。(同じHNの方いますね、ややこしくてすみません。)

長文になるかもです。お許しください。

うちもアレルギー児が3人います。高2娘、小6息子はずっとお弁当生活しています。ショックはもってないのでタケさん家に比べるとずっと楽なんですけど。

で、小1の末娘なのですが、てんかんです。小児科の先生の話では前頭葉性の欠神発作のてんかんだということです。

ピカちゃんが小学生時代のエントリにてんかんのことが書いてあったので是非教えて頂きたいのです。

書いている様子から欠神発作だと思われるのですがでも部分発作だという記述もあったので、部分発作が全般化して欠神発作を起こしていたのでしょうか?

脳波は3Hzの棘徐波複合でしょうか?

上の子は2人とも農薬や化学物質、電磁波などに反応するので、末娘のてんかんもアレルギーの一種なのかな?と感じています。

ピカちゃんはどういう風に治療していったのでしょうか?薬は何を使っていたのでしょうか?

今はどうなのでしょか?

とてもとても気になります。

治療を始めて5ヶ月が過ぎようとしています。まだコントロールできていません。発作を起こすたびにこちらの方が倒れそうです。頻度はだいぶ少なくなってきたのですが、それでも一日に50回は発作を起こしています。

お忙しいのに本当に申し訳ありませんが、お時間のあるときで結構ですので教えて頂けませんでしょうか?

もし、もし、娘の病状を見ていただけるのなら名前の下のところにリンクを貼りますのでよろしくお願いします。

わがままなお願いばかりで本当に申し訳ありません。

投稿: まる | 2011-08-23 18:14

@タケです。

まるさん、初めまして!
コメントありがとうございます。
さーっとですが、ブログを読ませていただきました。

いろいろ共通点があるので、興味深く読みました。
今年、結婚20年とか(えーっ、まず、そこ?!)
弁当持参・化学物質過敏
「砂糖アレルギーってあるのか?」と疑うあたりも、まったく同じですね。(ウチも調べたけど、腸内に異常は無かったんだヨ・・・)
小学校プールの付き添いとか、なつかしー!(ウチは紫外線過敏が理由)
学校の先生、大変ですよね。私も付き添って痛感しました。

さて、お嬢さんのてんかんが判明したのは、今年の春あたりでしょうか?
夏休みが終わり、2学期になるところで、あせったり追い詰められたような気持ちになるの、わかるなー・・・。
と思いました。

そんな私ですが、たぶん、質問に答える資格がありません!なぜなら、
すっかり忘れてしまっている・・・
からです。

それでも、わかるところだけ書いてみようと思います。

まず、薬ですが、・・・わかりません・・・(-_-;)
一生懸命お薬手帳を探したのですが、見つかりません・・・(-_-;)
「テグレトール」は飲んだと思います。でも、効いた薬だったかどうだったか、覚えてない・・・
あとは「デパゲン」だったかなー・・・薬一覧(ネット)で見覚えのある名前を考えるに・・・
ウチの場合は、たしか2種類目で効果が出たんだったと思います。治療を始めて、4ヶ月だったか、6ヶ月だったか・・・(T_T)スミマセン・・・わからなくて・・・
ただ、薬を変えたら、かなり早く数日で効果を感じた気がします。

で、薬が効いて、発作が出なくなってきたのが小4の2学期(←これは覚えている)
小児癲癇は薬を飲んで発作なしで3年、が、ひとつの目安と聞かされ(最近は諸説ある?!)中学生のとき、薬を少しずつ減らし、発作がおきないので、止めました。
おっかなかったです。

それから、4年かなぁ。
私の目にも本人の自覚にも、「発作」らしいものはありません。(1年後くらいに脳波の検査はしたと思う。異常なし)

私の場合、アレルギー治療もぐちゃぐちゃだったし、化学物質過敏も、よくわからなかったし、癲癇症状も「よくわからない症状」と思って、その病名もわからず不安に思ってすごしていた時期が長かったので、
「癲癇」という病名がついたら、ものすごくほっとして、気が楽になりました。
時間はかかるかもしれないけれど、小児癲癇は「治療の道筋が確立されている」(by精神科医のタケの弟)と言われたので、後はそれに乗っていくだけだ、と。
治癒しない、というケースもあるとは思いましたが、それはそれで、治癒しなかったら治癒しなかったで、その症例もいろいろあるだろうから、それを参考にしながら、ピカリンらしく、生きていけばいいか!と思って、
たしかに、発作を起こすピカを見るのは本当に胸が張り裂けそうにつらかったけど、先行きについては、それまでの何もわからなかったときより、はるかに気が楽になってました。
だから、なんと言うか、
「治す」努力は当然するのだけど、
それは、生きるうえでは私にとっては「傍系」で、今、目の前のピカが目の前のことを楽しんでいるかどうかが主な関心事で、治療内容は、先生にお任せ的な感じでした。それで、記憶に残ってない・・・のかな・・・本当にゴメンナサイ・・・。

ピカの症状ですが、
私は欠伸発作、という言葉すら、よく知らないのです。
脳波の結果も見せられましたが、他の部分に比べて異常なところを指して、「ここが発作部分」と言われ「ほおお。」と思っただけで、3Hzとかも、よくわからないのです、ゴメンナサイ。
MRIは脳のいろんな部分(主に側頭部)に異常があったと思います。
それと、ピカの様子(意識が薄くなりながら、いろんなことをする)から「複雑部分性発作」と診断されましたが、
同じデータを見た、別の医者(引越し先の医者)は「小発作」だと思う、と言ってました。
私は、そのあたり、「どうでもいい」と、どこかで思っていて、「どうして」「なぜ」とか聞きませんでした。私としては、前者の先生の方が良く見てくださったので、そっちの診断を信じてますが。

あー、ごめんね。
こんなことしか書けなくて・・・。

「いい加減ライフ」って、本当に、いい加減で、ゴメンナサイ、という感じです。
ブログのどこの部分をご覧になったかはわからないのですが、カテゴリの「あのときのこと」の後半に、私が書いていることが、私がわかるほとんど全部じゃないかと思います。

ぜんぜん力になれることを書けなくて、ゴメンナサイ! 恐縮しています。

・・・と書いている途中で、「警察」が「聞き込み調査」に我が家にやってきた。
げーっ。初めてだ、こんなこと。

若干動揺しながら、まとめられずに、終わります。
重ね重ね、本当にゴメン。

と書きつつ、
アレルギーと癲癇の関係は、(←続き書くし)
私見ですが、根っこが化学物質じゃないか、と思っています。どちらも、そこから派生しているというか。
アレルゲンを食べると発作がおきやすいというのは、うちもあったかも。
アレルギー症状によるストレス(体内疲労?)で発作がおきやすくなるのかもしれないし、
アレルゲン食べると、発達障害のような症状を起こすことがある、というのも聞いたことがあるので、伝達神経に何か悪いことをするのかもしれないな~と思います。
大体、アレルゲン摂取と発作の関係は、そのあたりかなー、なんて、ウチも思っていたような気がします。
うーん。マニアックな会話。こんな会話ができる人が存在するなんて!
妙に親近感を感じています。

まだ、暑さが残っているのかな?
がんばりましょう!

投稿: タケ | 2011-08-24 14:06

こんなに丁寧にお返事頂いて恐縮です。ありがとうございます!!

ピカちゃん、今はもう治っているんですね!よかった!すごく励みになります!

今日は朝からすんごい粗食で発作の様子を観察しました。結果、激減!どう考えても因果関係があるとしか思えません。

・・・ということを今日、診察日だったので主治医に報告したところ、興味ありげに聞いてくれました。化学物質過敏症に関してもいろいろカルテに書き込んでいたし。とりあえず、発作は少なくなってきているのでほっとしています。

タケさんがご指摘されている通り、何かと共通点が多いな、と私も思っていました。実は結婚前、塾講師でした~。笑
家もアレルギー仕様でリフォームしたり・・・。笑
やたら洗濯熱心だったり。

今週末に化学物質過敏症の専門?のお医者さんのところへいってみようと思っています。末娘だけじゃなくて、息子も何やらアヤシイ感じなので。はぁ~~。

ところで、警察って一体??

お忙しいのに本当に感謝、感謝です。なんだか、希望が!!頑張ります!!

ありがとうございました。また、お邪魔させて頂きます。

投稿: まる | 2011-08-24 20:00

お久しぶりです!ご家族みなさまお元気そうで何よりです。

ピカリンさん、もう高3なんですね~

>受験時も一人で行かせる予定
この部分、大変感動しています。しっかり自立(自律)されてますねーーー。
シーズンになると都内で地方から出てきた受験生かなって方(男子)がママと一緒に行動しているのを見て、時代は変わったな~と思っていたのですが、そういう方々は目立つだけで、一人で受験に臨んでいる受験生は健在なのだと安心しましたよ!

投稿: ゆうこりんだったりおだまきだったり | 2011-08-28 18:07

@まるさん

コメントありがとうagain!
ピカリン、元気だよー。
また、最近の写真でも載せようかな。
癲癇は治療を続けていれば、きっと、見えてくれるものがあるんじゃないかと思う。
無責任なことはいえないけど、歩み続けよう!!

警察!・・・は、
車の置き引きなの。
「ウチの前に駐車した車から」
「肉 6600円相当が」!!!!
肉!
うーん。
ウチが怪しいね。肉ばっか食べてるし(^^ゞ
しかし警察の方が「では、この界隈に、そのような方はいないと・・・」
タケ「はい!そうですね!!」

どうなったのかは、まだわからない。
その車の某肉屋に勤める友人のAさんに、あとで聞いておこう。

投稿: タケ | 2011-08-28 21:13

ゆうこりんりんとかおだまきとか、どっちでも大ジョブ タケです。

久しぶりです!来て下さってありがとうございます!!

私も、「ママと一緒の男子」に、違和感を感じていた一人。
たけ夫は浪人の「予備校」のために上京したとき、
あまりの汚さとずた袋ぶりに、家出少年と間違われ、警察に2回連行された経験の持ち主。
そういう点で、基本方針は一人で・・・なのですが、
さすがに「不安だったら、私も行こうか?(むしろ東京旅行したい)」と言うタケに「絶対ヤダ。一人で行きたい!」ピカリン。
一人でやることの楽しさを知ることも大事だと思うんだよねー。
食事のハンデはあるけどね。
ピカリンとしての経験値を踏み続けております。

ゆこりんおだまき、時々ブログチェックしてるよ!
いつか、会おうね!

投稿: タケ | 2011-08-28 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 化学物質と放射能 | トップページ | チクリンは元気なのか・・・? »