« 大学浪人決定のピカの性格 | トップページ | 今回の教訓とピカの顛末 »

地方アレっ子の浪人時代の選択肢

さて、
アレルギー児お断り、の記述は、
今まで似たような目に遭っても、
「ざけんな!」
と、切り捨ててこれたはずのピカリンに、微妙な影を落としたようでした。
それはたぶん、前述したような「状況」のなせる業だったと思います。
それは、今までいつも前向きで、物事のポジティブな面しか見ないようなピカリンが、
まったく逆の、ネガティブな面ばかり見るようになったことにも現れていると思います。

「大学に行くなら寮に」と以前私が主張した折
「風呂と台所は、一人で使えるのでなきゃ嫌だ!下宿にする!」
と主張していたピカなのに、
「いいな、みんなは、寮に入れて・・・」
を何度も口にするようになりました。
「でも、下宿なら、台所も風呂も一人だよ?」と私が言うと、
「追い込まれているときの下宿と、そうでない下宿は違うんだよ!」
と、のたまいました。

私は私で、下宿するならアレルギーかかりつけ医(Kセンセ)の近くの仙台。
しかも、緊急時利用のため、「ヘルシーハットさん」の近く!
東京その他の都市部で、新たにこれらの病院や店を開拓する負担は排除!
(1年だけの生活だし)と、考えました。
が、前に書いたように、一人暮らし自体が心配なピカ。
一人暮らしの夢を膨らませるピカに、現実を見せなければと、現地で不動産屋を訪ねました。
このときの物件必要条件は
一位;台所のコンロは二口以上置けるところ。冷蔵庫と洗濯機が置けるところ。(←アレルギー的にはずせない)・・・こんなところも、食物アレルギーのない人とは違うところだと思います。
さて、時期的に物件は少なく、
とにかく生活の利便性を(あと費用を次に)考えて、何軒か下宿を下見。
そこで、ピカは「現実」というものの厳しさを初めて知ったのでした。

なにしろ、我が家は、
薪ストーブが燃え、ピカの部屋はホットマンでクリーン暖房。
ムダに20畳以上ある空間が2つもあり、一番小さい部屋で7畳半。好きなときに好きなだけ風呂に入り、洗面所にも日の光が入ってそこの鏡は畳1畳分(?)。玄関に鍵をかけなくても(本当はダメだけど)まず、大丈夫。大声で騒ごうが部屋の中で縄跳びしようが近所に迷惑かけない、学校へは自転車で5分!近所の人は皆良心的でやさしくていつもニコニコピカリンの味方。図書館には徒歩5分。鳥が鳴き、竹林がカサカサと風にそよぎ、空には青い空が広く広く続く、という桃源郷のような所なのです。
加えて、バスも電車もほとんど乗ったことがない。
スーパーは遠いので、買い物は車。
したがって、「一人で食材をお使いしてくる」経験も、高校生は気軽に出来ないので、あまりやったことがない。
このあたり、都会に住んでいる人とはかなり違います。

それらが全て180度ひっくり返る下宿生活に、ピカはまたしても「プチショック」を受けました。

そこで、生活が楽な地元で浪人することを考え出します。
地元に利用できる予備校はないのか?探し出し始めましたが、
・・・・ない。
本当にないです。
いくつか、予備校のサテラインをやっている私塾もあるので、ピカは何度か足を運び話を聞いたりしていたのですが、・・・これは、とても、浪人生が勉強する環境ではない、と本人は考えたようです。
もし、地元に残って浪人するとしたら、本当に完全なる「宅浪」で、模擬試験は高校に頼んで、高校生がやるときに一緒に受けるのです。
それでも、勉強以外の負担はまったくない「自宅浪人」
自宅浪人すれば、どーんな高い学習教材も買ってあげるよー、あれもしてあげるよー、これもしてあげるよー、と、心配なあまり、オプションをつけまくる親でしたが、(・・・今年このような形での地元浪人をして東大に入った人もいましたしね)
ピカは、
「・・・・。・・・仙台で下宿する!」と、悲壮な決意をしました。
「ウチ、とにかく回りに勉強する人がいないと、勉強できないの」

(そんな程度の勉強なら、大学行くなよ!、とキツイことを言うのはやめておいて・・・)

ここで、チクリンが
俺なら迷わず宅浪だけどな。そんなにしてまで食事の苦労したくないよ」と言ってたことを付け加えます。

このころ、ピカリンは、脈絡なくすぐ目を真っ赤にして涙声になる、若干神経衰弱の状態になっていました・・・。

 

さて、遅れに遅れている4月からの居場所探し。

手付金も払わないで来てしまった「下宿」があいていることを電話で確認、予約し、
もう、そこで生活することのプラスイメージを重ねながら、準備に入りました。

ヘルシーハットさんへは、自転車で15分くらい。
予備校へも自転車で15分くらい。
ドラッグストアとスーパーがすぐ近くで、
アパート乱立の地域だけど、道路でおじいさんが散歩してたり、子どもたちが走って遊んでいる、
畳6畳。風呂トイレ一緒。でも、台所は一人前。冷蔵庫洗濯機の置き場所アリ!という下宿でした。

(つづく)(コメント欄閉じています<(_ _)>)
(ここで、チクリンお泊まり準備が入ったため、連載(?)は小休止です)

|

« 大学浪人決定のピカの性格 | トップページ | 今回の教訓とピカの顛末 »

アレっ子育児」カテゴリの記事