« 16~21歳くらいの我がアレっ子(メモ書き) 5 エピペン 上 | トップページ | 台湾修学旅行 行けそう »

16~21くらいの我がアレっ子(メモ書き) 6 エピペン下

061
(というわけで、再度写真アップ。
小麦を使っていないピザ台、自家製ベーコン、うちの畑の味の濃いトマトとピーマン。自家製かまどで遠赤外線焼き。これにしっかりバジルと良質のオリーブオイルをかけるのが、極上の味のための必須事項。

このレベルの大きさを8枚くらい食べたのかな・・・

たーいへん、うまがんした。
これをバクバク食べても、一応(?)子ども達はなんともありません。今は、そのくらいになりました。・・・・運動を行わない日、しっかり休める日、もちろん1年に数えるほどしか行わない、というのが、実行の前提ですが・・・

それにしても、こどもがアレルギーでなければ、絶対こんなことができる家族にはなってなかっただろうなぁ、と思う。ここに引っ越してきてないかもしれない。薪ストーブだって入れなかったと思うし、イーストや酵母を発酵させるなんて自分の辞書には無かった。子どもがアレルギーだったことで、ぜんぜん違う生き方になったと思う。それを幸福な方向に持っていくのは困難てんこ盛りだとは思うけど、自分たちなりの幸福を感じる方向には、なんとかもっていけるのでないかなぁ・・・)

 

主治医の先生へのエピペンへのお言葉

「私は、アレルギーによる死亡例を3例見てきたが、あの症状にエピペンが効くとは思えない。
なぜこれほどにエピペンを強調するのか分からない」

だそうです。(聞き書き)

 

エピペンて、アレルギーをなくす薬ではないですよね。
血圧が下がるのを防ぎ、気道を広げる薬ですよね。
打って5分ほどで効き始め、15~20分効果が持続するという。
効き目が切れたら、またアレルギー症状は出てくるのです。
重症なアレルギー症状が出る場合には「緩和された状態を少し作り出す」「本格的治療までのつなぎ」です。
それが、有効な場合は、当然あると思います。

私は、この効果を否定するものでもないし、持たない方がいいと主張するものでもありません。それぞれの状況もあるし、なにより「少しでも安心したい」という気持ちは、大切にすべきものだと思います。学校や周りの人が協力し合うことも大切で、AEDみたいな役割もあるように思います。

が、

この薬の扱い、認識が難しいのも、また、事実なのではないだろーか。

もっとなー、

報告とか、実際の経験の中身を積み重ねたいものだよなー、
と思う。

 

うちの場合、ピカリンは
「持ってても持って無くてもいいけど、もしかしたら他の人に重症なアレルギーが出たとき、自分の持ってるエピペンが役にたてたら、って思うこともあるし(そうなると他の人も微妙に安心感あるだろうし)、泊まりの行事とかには持っていってもいいかも」
と思っている。チクリンは
「ぜってー、持ちたくない!」(彼は理解があやふやなコト、面倒くさいコトが嫌い)
と言っている。

チクリンの旅行については、普段は飲まないアレルギー用のお薬や、普段は使わないホクナリンテープは処方してもらうので、いつもよりは「対応」しているということで、とりあえず安心する(安心しとく)って感じでしょうか。

 

ただ、うちの家族は、なんか主治医の言葉を聴いて、「やっぱな、そうだよな」的な妙な納得感があったのは事実です。
これは、人によるのでしょう。

 

難しい問題な気がします。

|

« 16~21歳くらいの我がアレっ子(メモ書き) 5 エピペン 上 | トップページ | 台湾修学旅行 行けそう »

コメント

初めまして。
随分前からお邪魔しておりましたが初めてコメントします。
私と小5の息子にアレルギーがあります。息子は学校にもお出かけにも全て弁当持ちです。うちと考え方が似ているのでいろいろと参考にさせてもらっています。
アナフィラキシー症状には血圧の上がるタイプと下がるタイプがあると主治医から聞きました。私も息子も症状が出たときに分かったのですが、上がるタイプなのでエピペンを使ったら逆に命とりのようで・・・。
エピペン持つかどうかは即時反応の出る人には悩ましいところでしょうけれど、うちの場合は迷う必要がありませんでした。

投稿: pooq | 2014-08-18 17:04

@タケです。

pooqさん、初めまして!早速のコメントありがとうございます!

つか、
すばらしい!有益なコメントをありがとう!ありがとう!
まじですか。
血圧が上がるタイプもあるんですか。
知らなかった・・・・(無知・・・)
めったやたらにエピペン打ち込めばいいってわけじゃないんですね・・・coldsweats02
アレルギー科を標榜する先生でも、よくわからない方もいらっしゃるのではないかなぁ。と、思う~。
エピペンをお守りのように、いや「免罪符」のように扱いすぎるのも、どうかなぁ、ですね。
うちの場合に必要かどうかは、やっぱりよくわからないー。
でも、持つ気は無いかなぁ・・・
しかし、一昔前は「学校にエピペンなんか、置けません!」という高圧的な態度も全国的にあったと思うのだが、それはそれで非常に問題だと思いつつ、この変化には、なんだかちょっとぽか~ん。子どものことをどれだけ考えているのかな・・・どっちも・・・

投稿: タケ | 2014-08-18 17:25

エピペン、言われるがまま購入はしてはいますが、よく自宅待機しています(笑)必要あるのかなぁ〜?という思いは常にありますね。ヒューヒューが始まればいつも吸入器でしたから。今後娘が勉強し現場にでた時にどうするのか(携行するのかしないのか)動向を見守りたいと思います。

投稿: ハナママ | 2014-08-20 00:44

@タケです。

ハナママさん。
そーでしたかー、自宅待機・・・(笑
うちも、5年前の修学旅行前に買ったエピペンはその後ずっと戸棚の中でしたわ。「うううむ・・・これは、いかに・・・」と思いながら、そのまま・・・。
私個人としては、海外には持っていって欲しい気がしてきた・・・このブログ書いてから・・・(^_^;)

アレルギーとは関係ないけど、
韓国のセウォル号事件がね・・・チクリンと同じ高校2年だということもあって、私の深層心理で不安感を増加させていると思う~・・・

本人が独立した個人になりつつある中で、親が解決し切れなかった問題をそのまま子どもに移してしまうのは、申し訳ないと思いつつ、でも、社会的に解決されていないんだから、仕方ない!とか、開き直りたくもなる。
動向、見守ろう。選択肢を示しつつ・・・

投稿: タケ | 2014-08-22 15:50

お久しぶりです、師匠。

来年度、子供の宿泊研修を控えています。
うちは今のところ不参加の予定です・・・
アレっ子母でもある保健の先生から、
「宿泊研修はアレルギー的に見ると厳しいです。お宅の場合だとものすごく厳しい、参加は命がけになります」と言われて、あっさり「あきらめまーす」とか言っちゃいました。
ヘタレ母ですまぬ、と思ってるんですが、
当の子供自身が「参加は無理じゃね?」と言うのが救い(なのか?)です。

エピペンは、うちは効くタイプです。
アナフィラの症状はボスミン筋注しないと治まらない子なので、今のところ必携というか、どこに行くのも一緒になってますね。

投稿: おだまきゆうこりん | 2014-08-24 22:15

@タケです。

おだまきゆこりん、こんちゃーっす!ご無沙汰しておりましたっ

そして、そして、またもvery goodな書き込みありがとうございます!
いろいろあるんだなー、って、みんなわかるよね~。
うんうん。ためになる。
しかし、あの、ゆこりんをベランダに閉じ込めたお嬢様が研修旅行かー。で「無理じゃね?」って言う年頃かー。
おばちゃん、感無量。

投稿: タケ | 2014-08-26 16:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 16~21歳くらいの我がアレっ子(メモ書き) 5 エピペン 上 | トップページ | 台湾修学旅行 行けそう »