カテゴリー「アレっ子一人暮らし」の7件の記事

チクリン右肩を手術する 2016夏

チクリン、右肩関節手術で1週間ほど西の都で入院しました。 

お写真で軽くつづります。

 

<5月頃、主治医訪問>

今回の手術で一番心配だったのは、MRIの金属アレルギーと麻酔。

一応アドバイスを伺いに、幼少のころからの主治医を尋ねました。5月頃かしら。

1473642011605その病院のある駅前には スタバ図書館(という名前ではないが)ができており、15年位前、この駅前開発のために、当時のチクリンが通っていた(ピカリンが卒園した)アレルギー完全対応無認可園が立ち退きを余儀なくされたのでした。時の流れを感じる…

アレルギー大先生のアドバイスは
「やってみないとわからない」

なるほど!

でもとりあえず、チクリンの状況を大先生にお伝えできたので、万が一の時は相談しやすいだろう、ということで、おk。

 

<6月頃、ピカリン地元の中学で教育実習…チクリン手術と関係はない>

1473641952708今回、給食代替弁当は、 給食メニューには合わせず。

ピカリンいわく、「給食より少しみじめくらいのがちょうどいい」

なるほど、なるほど。

始めは自分で作っていっていたピカリンですが、当然(?)そんな余裕はなくなり、後半は私が作っていたと思うのだが、教育実習の間に、隣の義父が他界し葬儀。自分の仕事にも支障が出る始末で、なんか全然記憶なし。
写真の立っている白衣の人がピカリン。理科を教えてますな。

右の写真は、「久しぶりにちょっと乗ってみ?」とピカリンに自家用車を運転させたら、ブレーキ踏み間違えてたけ夫実家の垣根をぶっ壊した図(ケガはなし。車の修理代(T_T))1473648747881

 

<8月お盆のころ。チクリン、東北の地元ではなく大学隣の病院で手術を受ける>

1473641895991地元でも肩関節手術ができなくもなかったが、いろいろな不都合があったので、結局チクリンのアパートや大学から通える病院(O府は肩手術のメッカなんだそうですね)で、手術。

MRIの2回目も問題なく、
麻酔の先生も慎重にパッチテストをして、方針も決めて、とりあえず、おk。

手術は無事成功。麻酔から覚醒するときにちょっと暴れたらしいが(これは少し心配した)、
手術に関するアレルギー的心配はクリア。

問題は、食事。事前交渉は、チクリンが頑張って一人でやった
病院だから、アレルギー対応もそれなりにやってもらえるだろうと思ったら、
一応「対応する」と言ってくれたものの、ほぼ「除去のみ」の内容となる感じだったので、
ちょうど、夏休みがかぶっていたたけ夫がチクリンのアパートに泊まり込んで、肉類などを調理して病院へ持ち込むという、

まさかの修学旅行のホテルよりも入院先の病院食の方で苦労する

はめに陥る。ちょっとびっくりしたわ~
この地域全体の特徴なのか、アレルギー対応は遅れている感じしました~、いろいろなところで~。都会なのに~。たぶん、病院食は「外注」。私が直接交渉していれば、もう少し情報もあったと思うのですが、チク&たけ夫は、細かいことは気にしないので、よくわからん。

写真は、チクの「病院の毎日の朝ごはん」。
普通白米飯もおかずもほぼナシの、おかゆと梅干とジュース!毎朝!
別に内臓疾患も何もないので、特別食というわけではありません。
他の入院患者さんは、パン食だったのかな。(チクリン、見てないそうです…!)
19歳男子にはきつく、普通米飯にして?と頼んだが、断られたそうです。チーン
(写真はショックのあまり、めずらしくチクリンが撮影。)

退院後のリハビリがすぐ始まると思ったら、
2週間くらいはリハビリがない、ということで、(入院してからわかった…)
急きょ、東北の自宅へ帰る。

 

<最後の誕生会?>

1473641880457

ピカリンも、2,3日帰省できる日があり、
8月生まれのチクリンと、9月生まれのピカリンの合同誕生会を開く。

家族全員でケーキを食べるのも、ひょっとしたらこれが最後かもね。

ピカリン、来年就職だしね(アレルギーに理解のある会社に決まった)。
乳製品は、たまーになら大丈夫になっている(むしろ大豆使用のクリームの方が難)、ということで、米粉使った久しぶりのケーキ。

 

 

<右手が使えないまま、アパートに戻るチクリン>

1473494311534チクリン、料理や食器洗浄が厳しいため、

珍しく、タケが「お母さんぶり」を発揮し、5日間はしのげるだろう「おかず」を冷蔵&冷凍してチクリンのアパートに送りました。

昼ごはんは大学の食堂でなんとか。

5日が過ぎたころ、卒論のための調査で関西方面に行っていたピカリンが、チクリンのアパートを訪れ
いわく、
さんまのかば焼き、ドライカレー、ほうれん草のおひたし、豚汁の具、ニンジンとごぼうのサラダ、茄子とピーマンの肉詰め などを冷蔵&冷凍で大量に作り保存してくれました。(写真)

ピカリンいわく「卒論調査の交通費出してくれるなら、もう喜んでやりますとも! 4,5時間台所に立ちっぱなしの料理、って、別に苦でも何でもないの」
だそうですが、結構だらけていたらしく(?)、いろいろな時間に間に合わないのではないかと心配する しまり屋チクリンに注意されることがたびたびあったようで 「ブラック企業チクリン邸」「休みをくれない鬼上司」という報告あり。

 

 

手術のことは、多少心配したけれど、
まあ、二人がこれだけ育ってくれたことに、感謝かなぁ。
の、この頃です。

| | コメント (4)

除去食が精神面に与える影響

食材を制限することは、子どもの成長にとって精神面に与える影響が大きいので、なるべく除去はしないほうが良い。

というのは、ずーっと言われていることですよね。
私自身もそう思っていて、除去は最小限度にすべき、という方針だったし、
除去を指示するKセンセに「子どもに与える精神面も、考えなくて良いのでしょうか」と聞いたら「除去しても、ちゃんと(精神面のケアも)出来ているお母さんもいます」と言われ、心の中で血管ぶち切れまくったこともあります。
 
しかし、結果として、マルチ除去になってしまったピカリンとチクリン。
私が「ちゃんとできているお母さん」だったのか(?!)、どうなんでしょう。「精神面に与えている影響」は。
私が思う以上に、鬱屈した黒いどろどろしたものが、心の中にあって、そのうち爆発するのでしょうか。
泣きながら、「あの時つらかった!どうしてお母さんは・・・!」と私を責める日も来るのでしょうか・・・。
 
よくわかんないけど、
一番の困難は「外泊」と「結婚」かしら・・・
と思っていた母。
 
 
しかし、
夏にも書いたけれど、
大学生ピカリンは、今もお泊りしまくってます。
この2,3月もスノボーで温泉。それから、なんか知らんけど箱根。あとなんちゃらいう団体の研修に作文書いて応募して「2倍の競争率で勝ったぜ!(研修と宿泊料無料)」といって、これまたお泊り。
もちろん、食事交渉は全部自分でやってる、というか、何から何まで私は関知しておりません。
 
 
彼女は、興味の赴くままにやりたいことに挙手して前へ進み出て、その後のことはその後考える、というタイプだと思います。小さいころから!思い返すと!
 
「たぶん、たけ夫(ピカチクの父)に似たんだよ~。たとえば、何か問い合わせの電話をするとするじゃん? わたしが電話をかける前に何を言うか紙に整理して考えていると、たけ夫は『そんなことしてるからいつまでも電話できないんだよ。俺なら電話かけて通じてから言う事考えるね』って言うんだよ!」
と、チクリン(高1)にいいつけると、
チク 「信じられねー!! それで言い忘れとかあって、もう一度かけなおすことになったらヤじゃん! 恥ずかしいじゃん!」
と言った、

たけ夫に報告すると、
たけ夫「俺とピカはなぁ、数打チャ当たる、っていう考え方だから。おまえとチクは・・・・ワンショットワンキルだろ!」
と言い捨てた。
 
うーん。ワンショットワンキル。いいね。
 
すると、チクリンが言った。
チク 「まー、おれはお母さんほどじゃないね。おかあさんはワンショットワンキルじゃ済まないでしょ」
 
おお、確かにワンショットツーキルを狙うな、私だったら。
私の生き方として「災い転じて福となす」「転んでもタダでは起きない」というのがあるが、早速これに「ワンショットツーキル」も加えよう。お得な人生だ。
 
 
って、ことじゃなくてーー!
 
除去食したときに子どもの精神面に与える影響の話だった。
 
 
今のところ、こんな感じです。
 
それは何を意味するのか、何か結果は出ているのか、
皆さんの解釈にお任せします。
私は、よくわかりません・・・・・・。(-_-;)
 
 
ツーキルねらって、動けなくなっちゃう私。に似ているチクリンが若干心配。

| | コメント (6)

20歳のピカの現状(悪い側面)

アレっ子でも、元気にたくましく育って社会に飛び立てる!と言いたくて、前回までの記事を書いていましたが、

「じゃあ、アレルギー症状皆無か」

「生活をうまくまわして症状皆無か」

「生活上、何も困ってないのか」

と、聞かれれば、

それはそれは、いろいろあります。

今回は、いまだ引きずるマイナス面を書いてみます。

 

といっても、子育てというよりは、もう大人対大人としてピカとの距離がある状況ですので、あくまで「私から見たアレルギー状態」であり、ピカリンの本当のところは、どうかはわかりません。

 

さて、

ピカリンさん。
今の食物除去の状況はといいますと
私の中では、以前とあんまり変わらない、
けど
隠れ食いばかりしていたピカリンが、一人暮らしでどう暮らしているかというのは、かなり不明。
浪人時代は、絶対に体調を崩したくない!という追い詰められた状態で、相当自分に厳しくしていたようですが、今は・・・(以下母の予想を含む)

たぶん、時々乳製品摂ってる(特にチーズとアイス。牛乳は飲んでないな。彼女に言わせると「乳製品はもはやアレルゲンではない」)
小麦はとってないけど、小麦グルテンは時々摂ってる(デュラム小麦は結構とってるかも)。まあ、小麦製品も、うっかり食べても少しくらいなら大丈夫なんじゃね?と思ってると思う。
大豆は体調が悪くなければ納豆とか豆腐とかまあまあ普通に食べる。でも大豆油や油揚げ(大豆油であげたもの)はとってない。生クリームより大豆入りの植物性クリームの方が、ダメ。
卵は、微量の原材料であれば、まあいいかな、食べられると思ってるけど、積極的には摂ってない。ゆで卵あたりを丸々食べても見た目の症状は出ない。けど、気分が優れなくなるので食べないようだ。「おいしくないし」と本人は言っている。よって、そもそも卵は購入しない。加工品や外食のとき、「ま、いっか」と思って食べる、って感じかな。でもできれば避けたいな、と本人も思っている。

魚も、種類限定でとってる
牛肉は時々、
鶏肉はダメだろうなぁ、と思っているけど、時々我慢できずに(質の悪いものを)食べちゃう。

絶対摂ってないのは、そばとナッツ類と甲殻類。

こんなところかなぁ。

 

以上が食べ物ですが、

他に彼女の状態を悪くするものとしては、

一番大きいのが、実は「紫外線」
次がストレス。
それからハウスダスト類
あと、化学物質ですね。

 

 

以前ほど、ものすごく大変、というわけではないけれど、書いてみるとまだまだ立派なマルチっぷりです。

相変わらず、症状書くだけで、長文気味です。(もう本当にこれは前から・・・)

あと帰省しているときにどうしているか、というのと、私から見て、一人暮らしのピカが一番苦労していることは何か、というのがあるので、分けて書きます。

| | コメント (0)

この道は、いつか来た道

こーの道ーはー、いつか、来た、み~ち~
あ~あー。そぅだよーぉ。おかあさまとぉーお、歩いたぁ、み~ちー。 

 

去年、
たけ夫のお姉さんマンションに下宿していたピカリン。
もともとそのおうちにあるものを、多く使わせていただいたので、
今回のアパート暮らしに伴って、新しくそろえなければならないものがたくさんあります。

フツーの大学生のように
ベッドとか冷蔵庫とか?

ほかに・・・・

 

あ~あー、そぅだよ~お~。
今は、何の気なしに当たり前に使っている、ピカたちを育てるために必要だったものも、
必須なんじゃないだろうか?

たとえば

浄水器

きーっ!学生で浄水器って、生意気ー!
って、思うけど・・・
ピカ、今回の検査で、ダニ値は下がってたんすけど、
農薬系、上がってたんっすよね。
その原因はわからないけど、
浄水器、つけたくなるっす・・・・((・(ェ)・;))

 

あと、押入れの風通しや、風呂場に窓がないことを考えると、
どうしても、カビが心配になり、

除湿機?

2階だから、少しはいいんだろうけど、
なんか、いるんじゃないかなぁ、とか。

空気清浄機・・・

どうだろう・・・・

 

アレっ子って、
ストック多いじゃないですか。
食べ物しかり、
あと、薬も。
マスクとかね~。

そういうのを入れる収納、って絶対いるでしょう。

 

ピカたちを育てる途中で、
「こんなものもそろえなきゃならないの?」
「お金、かかるなぁ・・・」
「これも?」
「あると便利だよね」

そろえてきた、いくつもの物。

そして、それらの

は、
かならず、化学物質を扇風機で飛ばす!

おお

扇風機?

(新しく購入したものは、我が家で今飛ばし中ですが、今後の事も考えると)

 

あー!
この悩み方に覚えがあるーっ!
いつか、来た道ーーっ!

もう一度、そろえなおす、ってことになるのかな?!

がーーん。

 

| | コメント (2)

ピカの部屋のウリ

ピカとタケ氏は、合格発表があった日の夜行バスで東京さ行ぎ、(あ、なんか方言出た)
翌日、一番で下宿探しをしました。

合格発表の前から探す人もいると思うんだけど、
それには負けても(?)とにかく早く!
物件は良い順に埋まるんだ!(わかんないけど)

あせりの境地です。

案の定(?)
下宿探し会場には
「お安い物件を探す」
人が、多かった気がするなぁ。

 

さて、
必須条件
「コンロ二口(アレルギー食作りのため)
日当たり良(カビを作らないため)
洗濯機・冷蔵庫置き場あり(食事作り、粉石けん洗濯こまめに、のため)
学校近く(生活整えるのにそれなりに時間がかかるから通学は短く)
治安、良(女子だから)」
できれば条件
「風呂、トイレ別(やっぱりカビ対策。およびピカは体の手入れがあるため、ある程度使いやすい風呂が必要)
スーパー至近」

でも

共益費込みで4万円以下!(すまんの。貧乏くさい話で)

 

という物件は
無いでしょう!
と、
前回仙台でのアパート探しに苦労した経験から考えておりました。
それでも、
よりbetterなものを!

 

ということで、鼻息荒く(タケのみ)
不動産屋さんがびびっていたので、途中からは穏やかに、
物件探しスタート!

 

 

ところが!
とりあえず、見に行きましょう。アレルギーだと、カビない方がいいから、2階がいいですよね?
などと
出かけた途中で、
「タケさん。いい物件が、一つ、値段下げてきて4万以下になりました。見に行きましょう」
と、
急遽連れて行かれたところが、

上記条件を全て満たしているどころか、

追い炊き機能あり

大きいです!
ピカは、しょっちゅう「デトックス」といって、長風呂するんです。

普通のアパートなんだけど、
なんだか、目隠しもきちんとしてて、妙に安心感があり、
目の前に住んでいる大家さんも、なんだかいい感じ!
自転車置き場も、安心構造!(ピカは仙台で自転車置き場から自転車盗まれた)
大家さんは内装屋さんだそうで、部屋の内装もちょっぴりセンス良し。
でも、リフォームしたような化学物質のにおいもしないし!
「何で安いの?」
不動産屋 「うーん。いわくは無いですよ? ちょっとだけ他の下宿より距離があるのと、風呂の脱衣所にトイレがある、みたいな構造だからですかね? あと、ベランダ無いし」
別に、問題ないじゃないか。

「この物件は・・・いいんじゃないか?」

とピカと二人で思い始めたところで、
外に出た不動産屋さん
「そこ、図書館ありますしね」

どがーーーん!!

図書館!
我が家にはあまりに高いポイント!
そこには、田舎者にはあまりに眩しい巨大図書館が!
徒歩30秒!
何を隠そう、ピカは万年図書委員なんですよ!
イナヅマ、頭直撃~~~!くらくら~~~
ピカ「夏休み、ここで涼めばいいじゃん~~ うわ~ん(嬉し泣き)」  そこか?!

 

それでも、
金額面で苦しい我が家。
寮の「保険」のつもりの下宿探しでしたが、
本命にしたくなってきて、悩む
悩む
悩む
「大体、ピカさー、きちんとした生活しないと、(アレルギーにとって)最低の生活になっちゃうんだよ? 寮だと、台所も風呂も、みんなできれいにするから、荒れる事もないけど・・・。一人暮らしで、ちゃんとできるの?!」
「アパートだと、バイトもいるねぇ・・・(←アレルギーだと若干職種に制約あるかも)。大丈夫?」
何時間も、あーでもないこーでもないと
悩む
悩む

ピカ「あーーっ!悩むとストレスで、かゆくなるぅ~~!!」

と、掻きむしっているので、

タケ「じゃあさ、アレルギー占いじゃないけどさ、寮生活と、下宿の生活を想像してみて、痒くない方にしたら?」

冗談のつもりでしたが、
沈思するピカリン

しばしの、間。

ピカ 「うむ! 下宿の方が痒くない!!」

 

ということで
アレルギー占い(?)により、
ピカリンは、寮の申し込みも取り消し(もう申し込んでた)
某地でアパート暮らしをする事になりました。

一件落着。
お金が無くなったら、チクリン君、がんばってください(後から来る者にしわ寄せ)

 

しかし、
アレルギー児、初のアパート暮らしの住まい方探求はまだ続く・・・。

| | コメント (0)

ピカ、東京進出

ピカ、合格しとりました。(^o^)/
みなさん大変ご心配をお か けしましたm(_ _)m ありがとうございました。m(_ _)m

今、東京都国分寺駅近くのホテルに泊まってます。(早朝です)
寮の申し込みもするのですが、入寮許可されない場合に備えて下宿を探しにきました。
我が家の場合、家賃プラスその他希望する部屋の条件がいろいろあるので、早く来るに越したことはない、と、合格発表の日の夜行バスで来たよ。ガクブル(←歩きすぎて足が………)

そこに
ウンメーの部屋(?!)が!!

あまりにも希望に合う部屋だったため、健康上いくつかの不安要素のある学生寮よりいいんではないか?!
ということで
金額面、その他いろいろな面で比較検討して、ピカは悩みまくってます。
昨晩は隣のベッドで、うなされており
「それでさー! 自転車で何分かかるの?」などと叫び
ストレスからか、外食したせいか、体掻きまくってました。

さあ、結論や如何に?!

ちなみに(?)
中3チクリンは受験直前だというのに、母不在。
代替弁当を父が作っております。
父、すでに仕事をやめ、無職状態なので(このようなドタバタした事態を見越して、早めに退職した)、何とかなるかと……

チク「オレ、別にみんなと同じメニュー通りでなくていいよ。」
たけ夫「えええー。じゃあ、ゴハンとキャベツとケチャップでもいーい?∑(゚Д゚)」
チク 「それは…………」

結果は如何に?!

| | コメント (3)

アレルギーっ子の一人暮らし(居室編)再び・・・

Img_1115落ち着かない日々を過ごしております。

タケ家です。

 

ピカの合格発表はまだ。

でも、何事も早めに、って事で、

「もし合格したら住まいはどうするか?」

議論が進行中です。

 

受かったら、貧しいタケ家は「学生寮」を考えているのですが、
見学してきたピカによると、
居室がオールカーペット。

and 今、浴室が改築工事中で、つまり、ピカが入るときに出来立てのほやほやです。

 

うーーむ。

 

下宿するにしても、
食物アレルギーのピカに、電磁コンロ1個はありえない。
調理場の充実はゆずれない、
かつ、冷蔵庫、洗濯機も健康上の理由で必要!ってなると、
本当、難しいですわ。
生活費も、食事や電気代や何やかや、
アレルギーブログでは語り尽くされていますが、
お金かかります、アレルギー人が暮らすのは。

 

うーむ。

 

ピカいわく
「こういうのは、運とめぐり合わせだからさ。決め付けないで、大雑把に追求して、運やめぐり合わせがあったところに決めようと思うよ」

正しい。

で、奨学金は、どうするんだ?

 

みたいな話し合いが繰り広げられています。

 

写真は、
実は、たけ夫とチクリンがオーストラリア旅行をしているとき、
私とピカは、車で20分の公共温泉の昼部屋を借りきり(公共なので、安い!)
温泉と、勉強と、おきにいりアレルギー食いつでも食い放題、
ってーのをやったときのものです。Img_1119


| | コメント (0)